カマヴィンガが新天地マドリーでの入団会見実施 「チームメイトの経験を吸収したい」

2021.09.09 01:11 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは8日、スタッド・レンヌから加入したフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(18)の入団会見を実施した。

カマヴィンガは、父のセレスティーノさんと母のソフィアさん、そして兄妹、代理人を伴い、プライベートジェットでマドリード入り。シウダー・レアル・マドリードで実施された今回の入団イベントでは、まず背番号「25」のお披露目が行われた。

そして、カマヴィンガの入団会見を前にイベントに同席したフロレンティーノ・ペレス会長は、「今日このクラブは若きフランス人プレーヤーを歓迎しますが、私にはその才能、強さ、スピリッツへの揺るぎない信頼があります。今日、プレーヤーが家族とともにその人生の大きな夢の1つを達成するために戦い、可能な限りのことをしたこのフットボーラーの到着を、マドリディスモが感情的に受け止めることを私は知っています」と、歓迎の挨拶を行った。

また、カマヴィンガはイベントの冒頭で、「このエンブレムを守って行けるのをとても誇りに思うよ。会長の信頼と自分の全ての家族に感謝したい。数年前に誰かが僕にここにいることになると言われたとしたら、僕は信じていなかっただろう。アラ・マドリー!」と、新天地での意気込みを語った。

その後、メディアを前にしたオンライン会見の場では世界屈指の名門の印象や自身の目標、選手としての特徴など様々な質問に答えている。

まず初めに18歳のMFはマドリー加入の率直な印象、クラブに対するイメージについて語っている。

「ここに来られてとても嬉しいよ。子供の頃からレアル・マドリーに入ることを夢見ていたんだ。このクラブのため、家族のためにすべてを捧げようと思っている」

「自分がレアル・マドリーのプレーヤーになるとわかったときから、ずっと幸せだったよ。今までいろいろなことを経験してきた中で、家族と一緒にここにいることをとても誇りに思っている」

「(マドリー移籍の理由は?)まず第一に、お金ではなく、マドリーと契約するという子供の頃からの夢を叶えられる喜びがあったんだ。ここに来ることに迷いはなかったし、とても幸せだよ。家族と共に、将来的に何ができるかを考えた。本当によく考えた末の決断だよ」

「(マドリーに対する一番最初のイメージは?)チャンピオンズリーグ、(元ブラジル代表FW)ロナウドジダン、フィーゴなど、ここでプレーした偉大なプレーヤーたちのことを覚えているよ」

「(マドリーからの関心?)16歳の頃はフットボールしかしていなかったので、いかなるコンタクトも関知していなかったよ。レアル・マドリーが自分に興味を持っていたことは知っていたけど、僕の両親は、そういったことをすべて管理してくれていたんだ」

「(エースのベンゼマについて)ベンゼマはすべてのフランス人にとってのアイドルであり、彼は若手との関係もとてもいいんだ。ヴィニシウスとの関係を見てもわかるように、ベンゼマはいつも彼のそばにいるんだ」

また、マドリーではアンカーやドブレピボーテの一角、インテリオールでの起用が見込まれるカマヴィンガだが、カルロ・アンチェロッティ監督の要求に応じて求められるポジションでプレーしたいと主張している。

「この質問はよくされるね。僕はディフェンスの前でプレーするのがとても好きだよ。だけど、どんなプレースタイル、また監督から求められるポジションにも適応しなければならない。だから、どんなポジションでも全力でプレーするつもりさ」

「誰かに似ているというわけではないと思うし、僕はフットボールをするのが好きなんだ。守備的MFとしてプレーすることが重要なのか、それとももっと前目の方でプレーすることが重要なのかはわからないよ。ただ、僕自身は中盤でプレーするのが好きだよ」

最後に、マドリーでの当面の目標はできるだけ早くチームに溶け込み、自身の特長であるテクニックとアグレッシブさをチームにもたらしたいと意気込みを語った。

「できるだけ早くプレーしてグループに参加したいと思っているよ。それがプレーヤーとして成長するための最善の方法だからね。もし僕が定期的にプレーできれば、その後にフランス代表でのプレーも当然のこととしてやってくると思っている」

「競争は自分のモチベーションを高めてくれるし、チームメイトの経験を吸収したいと思っている。彼らは最高のレベルでプレーしているからね」

「チームには多くのクオリティがあるけど、僕は自分のテクニックとアグレッシブさを発揮できると思っている。この2つの資質が僕の持ち味だからね」

「起用は監督が決めることだけど、僕はプレーする準備ができているよ」

レンヌの下部組織出身のカマヴィンガは本格デビューとなった2019-20シーズンに大ブレイク。リーグ・アンでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュを果たしたチームの絶対的な主力に君臨した。

背番号を「10」に変更した2020-21シーズンも公式戦39試合に出場し1ゴール2アシスト。2020年には待望のレ・ブルー(フランス代表)デビューも飾っていた。

そのカマヴィンガは、移籍市場最終日に電撃的にマドリーへと完全移籍で加入。移籍金に関しては固定費で3000万ユーロ(約39億円)に加え、変動額として1500万ユーロ(約19億5000万円)で、2027年6月30日までの6年契約を結んだ。

なお、すでにチームトレーニングに参加しているカマヴィンガは、12日に久々のサンティアゴ・ベルナベウで開催されるラ・リーガ第4節のセルタ戦でのエルブランコデビューを目指す。



1 2

関連ニュース
thumb

アディダスがドイツW杯公式球「チームガイスト」をリメイクし、レアルやユナイテッドなど9クラブのアパレルに展開!

アディダスは2日、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)の公式試合球である「TEAMGEIST(チームガイスト)」を現代版にリメイクし、9クラブのアパレルとして展開することを発表した。 「TEAMGEIST」は、ボールのデザインとしても有名であり、当時もアパレルコレクションを展開。今回は9クラブで展開される。 その9クラブは、レアル・マドリー、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、アヤックス、バイエルン、アーセナル、セルティック、フラメンゴ、ボカ・ジュニアーズ。特別コレクションとなっている。(セルティック、フラメンゴ、ボカは日本展開なし) 商品は、ジャージー、スウェットシャツ、Tシャツ、ウーブンジャケット、ウーブンパンツなどで展開されている。 ジャージーは8490円、スウェットシャツは7690円、Tシャツは6490円、ウーブンジャケットは1万1000円、ウーブンパンツ は8990円で販売される。なお、12月2日18時から順次発売開始となる。 <span class="paragraph-title">【写真】9クラブのアパレルデザインをチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> 【発売場所】 <a href="https://shop.adidas.jp/item/?collection=teamgeist" target="_blank">アディダス オンラインショップ</a> 【レアル・マドリー】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【ユベントス】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【マンチェスター・ユナイテッド】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【アーセナル】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmZjk2Zjc3UiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 【バイエルン】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【アヤックス】 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw16.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw17.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw18.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【セルティック】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw19.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw20.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw21.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【フラメンゴ】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw22.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw23.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw24.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 【ボカ・ジュニアーズ】※日本展開無し <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw25.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw26.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211202_tw27.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.12.02 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

「発想がいちいち面白い」レアルFWヴィニシウスの独創的なテクニックにファンも喜び「見ていて楽しい」

レアル・マドリーは1日、ラ・リーガ第9節延期分でアスレティック・ビルバオとホームで対戦し1-0で勝利した。 リーグ戦6連勝、公式戦では7連勝を達成したマドリーだが、この試合でも攻撃を牽引したのは、決勝ゴールを挙げたフランス代表FWカリム・ベンゼマとブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールだった。 前半から相手DFに執拗にマークされるヴィニシウスだったが、絶好調のブラジル代表FWは自信を失わない。 1-0とリードして迎えた67分、左サイドでボールを受けると、細かいタッチでMFオスカル・デ・マルコスのスライディングをかわす。そのまま中へ切り込むと、カバーに来たFWニコラス・ウィリアムズに対し、軸足を使ったパスでベンゼマへとボールを通し、チャンスを演出した。 南米の選手らしい独特のリズムとテクニックで魅せるヴィニシウスには、「発想がいちいち面白い」、「いろんな抜き方するから見ていて楽しい」、「今日も無双」、「ヴィニシウス劇場だ」とファンも絶賛。さらに、「守備貢献も素晴らしい」とテクニック以外の面での成長を褒める声もあった。 アスレティック戦に続き、ここからも中2日での試合が続くマドリーだが、このまま連勝を伸ばしていけるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ヴィニシウスの独創的なテクニック集(アスレティック戦)</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW9gOqAF2p_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW9gOqAF2p_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW9gOqAF2p_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「7連勝したのは運ではない」苦戦も勝利掴んだアンチェロッティ監督「非常に大きな責任を持った選手たちがいる」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、アスレティック・ビルバオ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは1日、延期されていたラ・リーガ第9節でアスレティックと対戦した。 前節のセビージャ戦から中2日のマドリーと、グラナダ戦から中4日のアスレティックの一戦。コンディションに大きな差がある中、マドリーは40分にカリム・ベンゼマが3試合連続となるゴールを記録。このゴールを守り切り1-0で勝利を収めた。 これでリーグ戦6連勝、公式戦では7連勝を達成。首位を直走っている状況だ。 アンチェロッティ監督は、チームのパフォーマンスはあまり上手く行かなかったとしながらも、チームが諦めずに戦ったことを評価。チームとして戦えていることに手応えを語った。 「強度があり、ここまでアウェイで負けておらず、我々よりも2日間多く休息をとっている良いチームと対戦した」 「前半は上手くいった。後半はパスミスが増え、15〜20分は苦しい時間が続いた」 「自分たちのやりたいサッカーができなかったときに苦しむことができるチームだ。自分のやりたいことができないと諦めてしまう人もいる。ただ、レアル・マドリーはそんなことはない。彼らは今、非常に大きな責任を持った選手たちがいるからだ」 「7連勝したのは運ではない。自分のクオリティが出せない時は、他人のクオリティを利用する。とても満足している」 「前半よりも終盤の方が良かった。というのも、チャンスを作りたくないというエキシビジョンのように見えたからだ。最後の追い込みは、クオリティは落ちたが、こだわりもなかった」 <span class="paragraph-title">【動画】7連勝呼び込むベンゼマの3先連発弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW9FLn1tDsm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW9FLn1tDsm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW9FLn1tDsm/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 09:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンゼマの3戦連発弾で逃げ切ったマドリーが不調ビルバオを撃破!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは1日、ラ・リーガ第9節延期分でビルバオとホームで対戦し1-0で勝利した。 10月に開催されたカタール・ワールドカップ南米予選の影響で延期となった首位マドリー(勝ち点33)と8位ビルバオ(勝ち点20)による代替試合。 中2日での試合となったマドリーは、直近に行われたセビージャ戦(2-1で勝利)のスタメンからカルバハルに替えてルーカス・バスケスを起用した以外は、同じメンバーを採用した。 5試合勝利のないビルバオに対し、マドリーは7分、ボックス左から侵入したヴィニシウスがクロスを供給すると、ゴール右手前のベンゼマが倒れながらも右足で合わせたが、力のないシュートは相手GKがキャッチした。 対するビルバオは26分、ムニアインのFKからゴール前に抜け出したラウール・ガルシアがダイビングヘッドで合わせたが、このシュートはGKクルトワのファインセーブに防がれた。 ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続いたが、40分にマドリーが先制する。アセンシオのミドルシュートがGKウナイ・シモンに弾かれるも、こぼれ球をモドリッチが左足に当てると、右に逸れたボールを最後はベンゼマが無人のゴールに流し込んだ。 後半の主導権を握るマドリーは55分、ルーカス・バスケスのマイナスの折り返しをボックス右手前で受けたモドリッチがヒールパスで中央に送ると、ペナルティアーク手前のクロースがコントロールショット。しかし、このシュートはわずかに枠の右に逸れた。 1点を追うビルバオは60分、イニャキ・ウィリアムズのパスで右サイドを抜け出したラウール・ガルシアの折り返しを走り込んだダニ・ガルシアがダイレクトで合わせたが、これはルーカス・バスケスがスライディングブロック。 さらに69分には、バイタルエリアで獲得したFKからゴール前抜け出したウナイ・ヌニェスが決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠の右に外れた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ビルバオは86分にボックス右深くまで侵入したベレンゲルのクロスをゴール前のベスガが頭で合わせたが、このシュートはミリトンの顔面ブロックに阻まれた。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。ベンゼマの公式戦3試合連続弾で逃げ切ったマドリーが首位をがっちりとキープした。 2021.12.02 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「バルサでプレーしてみたかった」マドリー行きの噂もあったトッティ氏が告白

イタリアサッカー界のレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏が、現役時代にバルセロナでプレーしてみたかったという思いを明かしている。 現役時代は1993年から2017年にかけてローマ一筋を貫いたトッティ氏。ロマニスタからは『イル・カピターノ』という敬称で親しまれている。 引退後はスポーツ・ディレクターとしてローマに入閣したが、2019年6月に辞任。現在はマネジメント会社『CT10 Managment』を設立し、その代表を務めている。 新たな一歩に踏み出しているトッティ氏がこの度、スペイン『スポルト』に登場。バルセロナのお膝元である同メディアが、現役時代にレアル・マドリー移籍の噂があったことに突っ込むと、バルセロナでプレーしたい思いがあったことを明かした。 「今その当時に戻って『イエス』か『ノー』で答えるのはあまりに簡単すぎるだろう。ローマに残ることは私にとって最善の選択だった」 「キャリアの中でマドリー移籍に近づいたタイミングが何度かあったことは事実だ。だが以前にも言ったように、心の選択が何よりも重要だった」 「ローマでプレーすることは通常、マドリーとは異なり、チャンピオンズリーグを制覇することは難しい。しかし、ローマこそが私のチャンピオンズリーグだったのだ」 「バルセロナとの接触は一度もなかったよ。マドリーは私と契約するためにあらゆる手段を尽くしたみたいだがね。しかし申し訳ないが、私はアズルグラナのようなチームを見るのが好きだったし、バルサでプレーしたいとも思っていた。別の世界線ではそのチャンスはあったかもしれないね」 2021.12.01 19:31 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly