オドリオソラがフィオレンティーナにレンタル加入! 初のセリエAでキャリア再生目指す

2021.08.29 06:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは28日、レアル・マドリーからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(25)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「29」に決定した。

2018年夏にレアル・ソシエダから加入したものの、ケガにも泣かされ、レギュラーはおろかスカッド定着さえもままならないオドリオソラ。昨夏にレンタル先のバイエルンから戻ったが、公式戦16試合の出番にとどまった。

そのなか、カルロ・アンチェロッティ新体制に移行し、チーム内の序列は一新されたものの、スペイン代表DFダニエル・カルバハル、同MFルーカスバスケスの牙城を崩すことはできず。

そして、スペイン人DFポル・リロラをマルセイユに売却したフィオレンティーナからのオファーを受け入れる形で、セリエA初挑戦を選択することになった。

関連ニュース
thumb

ミレンコビッチを巡ってイタリア・ダービー勃発か

フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)を巡ってインテルとユベントスが争奪戦を繰り広げる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 来季でフィオレンティーナとの契約が切れるミレンコビッチに関してはこれまでプレミアリーグ方面のクラブから関心を示されていると報じられていたが、『カルチョメルカート』によればイタリアで新天地を探す可能性が高まっているという。 そんな中でもパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されるDFミラン・シュクリニアルのインテルと、チェルシーへの移籍が噂されるDFマタイス・デ・リフトのユベントスが、それぞれ穴埋めとしてミレンコビッチの獲得に動くのではないかと主張している。 両チーム共に状況次第となるが、ミレンコビッチを巡るイタリア・ダービーを制すのはどちらになるか。 2022.06.26 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、イタリアーノ監督と2024年まで契約延長

フィオレンティーナは22日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督(44)との契約延長を発表した。新たな契約期間は1年間の延長オプションが付随した2024年6月30日までとなる。 イタリアーノ監督は昨夏、電撃退任したジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の後任としてヴィオラの新指揮官に就任。今季は開幕から順調に勝ち点を重ねて中位をキープ。終盤までヨーロッパリーグ出場権争いを繰り広げると、7位でシーズンを終え、来季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場権を獲得。 また、コッパ・イタリアではクラブを3季ぶりのベスト4進出に導いていた。 なお、イタリア『スカイ』によれば、今回の契約延長で年俸は170万ユーロ(約2億4000万円)に昇給したとのことだ。 2022.06.22 23:05 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナとヨビッチが個人間合意か、クラブ間交渉は難航の模様

レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(24)がフィオレンティーナと個人間合意した模様だ。スペイン『アス』が報じている。 2019年夏にフランクフルトから6000万ユーロ(現レートで約84億円)の移籍金で加入するも、期待を大きく下回るパフォーマンスが続くヨビッチ。昨季途中に挽回を期してレンタル移籍した古巣フランクフルトでも振るわず、今季も合計549分という出場時間に終わった。 もはやマドリーに居場所はないという状況で手を差し伸べているのがフィオレンティーナだ。今冬にユベントスに引き抜かれたセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチの後釜を探しており、ヨビッチとはすでに個人間合意に達したと伝えられている。 しかし、大きな障害となりそうなのがクラブ間交渉だ。フィオレンティーナはレンタル移籍を希望しており、給与の500万ユーロの一部支払いをマドリーに求めている模様。また、買い取りオプションや買い取り義務に関する条件の合意も含め、交渉は長引くと予想されている。 2022.06.22 16:31 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル構想外センシの新天地はモンツァ?フィオレンティーナ?

インテルに所属するイタリア代表MFステファノ・センシ(26)の新天地としてセリエAの2クラブが候補に挙がっているようだ。 2019年7月にサッスオーロからインテルへと加入したセンシ。セントラルハーフとしての実力に疑いの余地はないものの、度重なるケガも影響し、これまで定位置確保には至っていない。今シーズンも昨年12月までにリーグ戦でわずか9試合の出場にとどまると、今年1月からはサンプドリアへのレンタル移籍を決断していた。 サンプドリアでは実質4カ月のみのプレーながら11試合1得点を記録するなど、コンスタントな出場機会に恵まれたセンシ。だが、レンタルバックする新シーズンのインテルではシモーネ・インザーギ監督の構想に入っていないとみられており、ここに来てインテルの首脳陣らもセンシを売却する方針で最終決定した模様。そんな中、モンツァやフィオレンティーナがセンシの新天地として有力視されているようだ。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、以前よりセンシに関心を寄せてきたモンツァが本腰を入れてインテルとの交渉に臨むとのこと。インテルがセンシに設定した移籍金は1500万ユーロ(約21億2000万円)とされており、ボーナス諸々を含めると2000万ユーロ(約28億円)が両者の合意ラインとなる模様だ。 一方、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、インテルがフィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)に関心を寄せており、獲得交渉の一部としてセンシの譲渡を提示するのではとの観測を示している。今シーズン限りでセンシがインテルを離れる可能性は高いようだ。 2022.06.20 12:13 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがイタリアーノ監督と契約延長で合意か

フィオレンティーナがヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督(44)との契約を延長することで合意したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 イタリアーノ監督は昨夏、電撃退任したジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の後任としてヴィオラの新指揮官に就任。今季は開幕から順調に勝ち点を重ねて中位をキープ。終盤までヨーロッパリーグ出場権争いを繰り広げると、7位でシーズンを終え、来季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場権を獲得した。 今回の報道によれば、ヴィオラとイタリアーノ監督の延長交渉はすでに合意に至っており、21日に同監督の代理人と最終的な会談を行い、現行の契約から2年間延長した2025年までか、延長オプションの付随した2024年までの契約かを選ばせるとのこと。 なお、イタリアーノ監督の年俸は170万ユーロ(約2億4000万円)になるとのことだ。 2022.06.20 07:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly