アトレティコ、昨季優勝の立役者マルコス・ジョレンテが2027年まで契約延長!

2021.08.19 05:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは18日、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテ(26)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。大叔父がレアル・マドリーのレジェンド中のレジェンドであるパコ・ヘント、父と叔父もマドリーに在籍したエルブランコの申し子とも言えるジョレンテは、その馴染みのクラブでキャリアをスタート。

その後、レンタル先のアラベスで台頭したものの、愛するエルブランコではポジションを掴めず、2019年にアトレティコへ完全移籍した。

そのアトレティコでは一昨季の後半戦にセカンドトップにコンバートされ、一躍ブレイクを果たし、可変式の[3-5-2]をメインシステムとして採用した昨シーズンは絶対的な主力に成長。セカンドトップや右サイドハーフ、インテリオール、ピボーテ、サイドバックと状況に応じて複数のポジションをこなし、驚異的なアスリート能力を生かした豊富な運動量と球際の強さを遺憾なく発揮した。

とりわけ、攻撃では“スペースをアタック”する絶妙なスプリント、飛び出しで決定機に関与し、いずれもキャリアハイとなる12ゴール11アシストを記録。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスやスロベニア代表GKヤン・オブラクと共に、アトレティコの7シーズンぶりのラ・リーガ制覇の立役者となった。

この活躍を受け、今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドやリバプールなど、プレミアリーグのメガクラブからの関心も伝えられていたが、2024年までの現行契約を新たに3年延長してロヒブランコスへの忠誠を示した。

関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第22節プレビュー】久保が古巣ビジャレアル戦! 上位陣は格下と対戦

コパ・デル・レイやスーペル・コパ開催の影響により変則開催となった第21節では、コパでのダービーで死闘を演じたセビージャの両雄に関して、ベティスが4-0の快勝を飾った一方、セビージャがバレンシア相手にドローと、明暗分かれる形となった。 インターナショナルマッチウィークの関係で1月最後の節となる第22節では、MF久保建英にとって古巣対戦となる16位のマジョルカ(勝ち点20)と、8位のビジャレアル(勝ち点29)の一戦に注目したい。 新型コロナウイルス感染者の影響もあり、直近のラ・リーガで3連敗中と苦境が続くマジョルカだが、直近のコパ・デル・レイ4回戦では久保の見事な直接FK弾を含むセットプレー2発でエスパニョールを破り、準々決勝進出を果たした。そのコパ勝利の勢いを生かしたい今回の一戦では、直近公式戦3試合未勝利も、中盤戦にかけて復調傾向にある難敵ビジャレアルと対戦する。この試合でもスタメン起用が見込まれる久保は、かつて苦難を味わったエスタディオ・デ・セラミカで躍動する姿を見せてほしいところだ。 スーペル・コパでバルセロナ、アスレティック・ビルバオを撃破してアンチェロッティ新体制で初タイトルを手にしたリーグ首位のレアル・マドリー(勝ち点49)は、トロフィーを引っ提げて初のホームゲームを戦う。その対戦相手は奇しくも直近のコパで対戦した15位のエルチェ(勝ち点22)。 守護神クルトワを始め、エースFWベンゼマらに完全休養を与えた上、一部主力を温存して臨んだ3日前の対戦では、0-0で延長戦まで持ち込まれた末、DFマルセロの退場にビハインドを背負う逆境に立たされるも、MFイスコ、FWアザールという伏兵2人のゴールで劇的逆転勝利に持ち込んだ。リーグ戦でのリターンマッチもタフな戦いが予想される中、休養明けのエースの爆発に期待だ。 スーペル・コパではその優勝チームとの接戦を落としたリーグ6位のバルセロナ(勝ち点32)は、トップ4圏内浮上に向けて降格圏の18位に沈むアラベス(勝ち点17)と対戦する。 スーペル・コパでは宿敵に屈辱の敗戦を喫し、コパ・デル・レイではアスレティック・ビルバオを相手に再び延長戦の末に2-3で敗れたチャビ率いるチーム。さらに、同試合では復帰したばかりのFWアンス・ファティ、MFペドリがいずれも負傷交代を強いられた点も気がかり。さらに、契約延長問題を抱えるFWデンベレとの関係が泥沼化するなど、チーム状況は決して良好とは言えない。そういった中、前回対戦でドローに終わった格下相手にきっちり勝ち切り、公式戦連敗の負の流れをストップできるか。 そのバルセロナと同様にスーペル・コパ準決勝で敗退となったリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)は、バウンスバックを図ったコパでもレアル・ソシエダに0-2と完敗し、公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続く。公式戦4試合ぶりの白星を目指す今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦する。ソシエダ戦では攻撃の手詰まりに加え、守備の緩さを露呈する今季を象徴とする拙い試合運びを見せてしまっただけに、準備期間は短いが、闘将の下で攻守両面の立て直しが急務だ。 首位レアル・マドリーを追う2位のセビージャ(勝ち点45)と、3位のベティス(勝ち点37)は、それぞれ12位のセルタ(勝ち点26)と、11位のエスパニョール(勝ち点27)という中位の相手との対戦となる。 連勝がストップしたセビージャは守備のソリッドさは健在も、フィニッシュの精度に加え、ビルドアップの局面で苦戦が目立っており、今回のセルタ戦では攻撃面の修正が重要となる。 一方、コパのセビージャ戦での勝利を追い風に直近のアラベス戦も4-0の快勝を飾って勢いに乗るベティスは、プレー強度が高いエスパニョールに臆することなく球際できっちり戦いたい。 《ラ・リーガ第22節》 ▽1/21(金) 《29:00》 エスパニョール vs ベティス ▽1/22(土) 《22:00》 レバンテ vs カディス 《24:15》 ビジャレアル vs マジョルカ 《26:30》 セビージャ vs セルタ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/23(日) 《22:00》 グラナダ vs オサスナ 《24:15》 レアル・マドリー vs エルチェ 《26:30》 ラージョ vs アスレティック・ビルバオ レアル・ソシエダ vs ヘタフェ 《29:00》 アラベス vs バルセロナ 2022.01.21 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダがアトレティコに完勝で準々決勝進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、レアル・ソシエダvsアトレティコ・マドリーが19日にアノエタで行われ、2-0で勝利したソシエダが準々決勝進出を決めた。 スーペル・コパ・デ・エスパーニャ準決勝でアスレティック・ビルバオに敗れ、失意の中での帰国となったアトレティコは、公式戦3試合ぶりの白星を目指し、難敵ソシエダと激突した。 アスレティック戦からは先発4人を変更。出場停止のヒメネス、コンドグビア、レマル、マルコス・ジョレンテに代えてレナン・ロージ、エクトル・エレーラ、デ・パウルを起用。前線にアンヘル・コレア、フェリックス、カラスコを並べた[4-3-3]を採用した。 試合はコンディションで勝るホームのソシエダがアグレッシブな入りを見せる。ボールを握って相手を押し込んでいく中、エルストンドやヤヌザイにボックス内で続けてシュートチャンスが訪れる。 一方、序盤のピンチを凌いだアトレティコは14分にビッグチャンス。カウンターから裏へ抜け出したカラスコがボックス右で粘りの仕掛けから右足を振り抜くが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 この決定機をきっかけにイーブンな展開に戻したアトレティコだが、以降はなかなか決定機まで持ち込めない。 すると33分、よりよい形の仕掛けを見せていたソシエダが先制に成功する。中央での細かい繋ぎから右サイド深くに抜け出したサルドゥアにボールが渡ると、滞空時間の長いクロスをファーで競り勝ったヤヌザイがヘディングシュート。GKオブラクが触ったボールが右ポストを叩いてゴールネットに吸い込まれた。 敵地で先行を許す厳しい展開となったアトレティコはここから反撃を開始。コケやコレアが幾度か良い形でボックス内へ抜け出す形を作り出したが、最後の場面で粘る相手守備を崩し切ることはできなかった。 逆転を期して後半に臨んだアトレティコだが、ミスから出ばなをくじかれる。47分、最終ラインでボールを持ったフェリペがオヤルサバルとセルロートに囲まれて痛恨のボールロスト。そのままフリーでボックス内まで持ち込んだセルロートに難なくオブラクとの一対一を制され、瞬く間に追加点を献上した。 この2失点目を受け、シメオネ監督はコレア、コケ、ロージを下げてルイス・スアレス、クーニャ、レマルを投入する3枚替えを敢行。 ここから攻勢を強めていくが、2点リードで余裕を持った対応を見せるホームチームの堅守を前にゴールが遠い。逆に、幾度か相手に引っくり返されて与えたカウンターチャンスをGKオブラクのビッグセーブで辛くも凌ぐ、苦しい展開が続く。 その後、敗色濃厚のムードの中で78分にはカラスコとデ・パウルを下げてセラーノ、マルティンと2人のカンテラーノを投入し、若き力による攻撃の活性化を期待したが、このままソシエダにうまく試合をクローズされた。 この結果、ホームで快勝のソシエダが準々決勝進出を決定。一方、数日間で2つのコンペティション敗退のアトレティコは2022年も苦境が続く。 2022.01.20 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴァスがアトレティコ移籍を希望 バレンシア指揮官「彼の考えは、ここを出て行くこと」

バレンシアに所属するデンマーク代表DFダニエル・ヴァス(32)が、アトレティコ・マドリー移籍を希望しているようだ。 アトレティコは、今冬の移籍市場でイングランド代表DFキーラン・トリッピアーがニューカッスルに完全移籍。そのため、現在チームには本職の右サイドバックがクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコのみとなっており、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテが中盤と併用される形で同ポジションを務めている状況だ。 これを受け、クラブがトリッピアーの後釜の確保に動く中、有力な候補の一人に挙がっているのが、セルタとバレンシアでラ・リーガ220試合以上に出場しているヴァスだ。 今シーズンはチーム事情でボランチを主戦場とするヴァスだが、本職は右サイドバックやサイドハーフ。複数のポジションをカバーする戦術理解度の高さに加え、その優れた右足のキック精度はトリッピアーの後釜として打ってつけだ。 そのヴァスに関して、バレンシアを率いるホセ・ボルダラス監督は、スペイン『Cadena Ser』で選手自身がアトレティコ行きを希望していることを認めた。 「彼はアトレティコからオファーがあると言っていた。そして、彼の考えは、ここを出て行くことだ」 「そのことについて私自身は決断を下せないが、下せたらと思う。ただ、私はオーナーではなく、ただの監督だ」 「誰が残って、誰が行くかを決めるのは私ではない。彼は自分が重要であることを知っているし、私は彼を全面的に信頼していると言った。しかし、プレーヤーに対して、残るべきか去るべきかを指示することはできない。クラブが決めなければならないことなんだ」 2022.01.17 22:42 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがリールの主力左SBにオファー! 今夏のフリー獲得目指す

アトレティコ・マドリーが今夏の移籍市場でリールのモザンビーク代表DFヘイニウド・マンダヴァ(27)の獲得に近づいているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 昨シーズンのリールの国内リーグ制覇に貢献したヘイニウドだが、今シーズン限りで満了する契約に関する延長交渉は停滞。今夏のタイミングでの退団が決定的と見られている。 過去にナポリ、ポルトからの関心を集めたモザンビーク代表DFに関しては、契約満了まで半年を切った中で国外クラブとの交渉が可能となっている。 そういった中、アトレティコが公式なオファーを掲示し、今夏のフリートランスファーでの獲得に向けて好位置に立っているようだ。 モザンビーク出身のヘイニウドは2015年にベンフィカBに加入し、ヨーロッパでのキャリアをスタート。その後、ベレネンセスへの移籍を経て2019年1月にリールへ加入した。 昨シーズンに左サイドバックの主力に定着すると、高い身体能力と豊富な運動量を武器に、守備では抜群の対人対応で堅守構築に寄与。攻撃では安定した繋ぎと推進力のあるプレーをみせ、リールのリーグ・アン制覇に大きく貢献。個人としてもフランスプロサッカー選手協会(UNFP)が選出する2020-21シーズンの年間ベストイレブンに選出されていた。 2022.01.17 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、トリッピアーの後釜にパブロ・マフェオに興味か

アトレティコ・マドリーが、シュツットガルト所属のスペイン人DFパブロ・マフェオ(24)に興味を持っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 先日に右サイドバックで主力を務めていたDFキーラン・トリッピアーをニューカッスルに放出したアトレティコ。冬の移籍市場のうちに後釜を確保しておきたいところだが、バレンシアDFダニエル・ヴァスの説得はすでに失敗した模様だ。 新たに名前が挙がっているマフェオは、2013年にエスパニョールの下部組織からマンチェスター・シティへと移り、2018年夏にシュツットガルトへ移籍。しかし、シーズン途中に負った足首のケガが祟って出番を失うと、翌シーズンはジローナに、シティ在籍時から数えて4度目のレンタルへ。さらに昨シーズンはウエスカ、今シーズンはマジョルカへレンタル中となっている。 そのため、アトレティコは2023年まで契約を残すシュツットガルトに加え、マジョルカとも交渉しなければならない。ただ、マジョルカとシュツットガルトの間には、マジョルカがプリメーラ残留を果たした場合、350万ユーロ(約4億5600万円)の買い取り義務が発生する条項が存在しているようで、その点がこの移籍の鍵になると予想されている。 2022.01.15 16:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly