メッシ加入でPSGはどう変わる? 夢の3トップは? 起用法を考察

2021.08.11 21:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10日、パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナを退団したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)を獲得した。5日にバルセロナとの契約更新が伝えられると思われた中、まさかの退団が発表。クラブサイドの「財政的・構造的な障害(ラ・リーガの規定)」を理由に、再契約叶わなかった。

それから5日後、10日にメッシのPSG加入が発表。世界中が注目した新天地はフランスのパリに決まった。

PSGは言わずと知れたビッグクラブ。各国の代表選手を揃え、チャンピオンズリーグ(CL)制覇という大きな目標に向けてチームを強化している。

今夏の移籍市場でもメッシ以外に多くの選手を獲得。悲願成就に向けて、着々と戦力を整えている状況だ。

そこで気になるのは、やはりメッシの起用方法。前線にもタレントが揃っているチームで、多くのゴールを生み出すメッシをどう起用するかは、PSGの野望を成し遂げる上では重要となる。

◆ポチェッティーノの変化
Getty Images

昨シーズン途中にトーマス・トゥヘル監督の退任に伴い就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督。基本的に採用するシステムは[4-2-3-1]か[4-3-3]となっている。

前線は1トップに両ウイングを置くシステムを採用しており、トップにフランス代表FWキリアン・ムバッペ、左にブラジル代表FWネイマール、右にアルゼンチン代FWアンヘル・ディ・マリアという並びが多い。

パターンとしてはトップに元アルゼンチン代FWマウロ・イカルディが入ることもある。また、ネイマール不在時には左にムバッペが入ることもあった。

また、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーは、左右のウイングを務めることも可能だ。

[4-2-3-1]でも基本的には変わらない。ボランチが2枚になるものの、トップ下にはネイマールが入ることが多く、その他にはイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティや元ブラジル代表MFラフィーニャが入ることに。両サイドはディ・マリア、ドラクスラー、ムバッペの他、イタリア代表FWモイぜ・ケアンなどが入った。

何れにしてもベースは3トップ。この形はメッシが所属したバルセロナと変わらないシステムだ。昨季終盤こそ、ロナルド・クーマン監督は[3-5-2]や[3-4-2-1]のシステムを採用していたが、メッシとしては慣れ親しんでいるシステムと言える。

しかし、今シーズンのリーグ・アンの開幕戦では、ポチェッティーノ監督は[4-4-2]を採用。選手が揃いきっていないという状況も大きく影響していると見られるが、新たなシステムを採用していた。今後も継続するのかどうか。そもそも選手がいつになったらしっかり揃うのかが、カギと言えそうだ。

◆[4-2-3-1]ならトップ下
©CWS Brains, LTD.

ではメッシが入った場合はどういったシステムとなるのか。まず、昨シーズンからの変化で言えば、前線はケアンがエバートンへと復帰。しかし、他の選手は残留している状況だ。

また中盤にはオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがリバプールから加入。最終ラインではモロッコ代表DFアクラフ・ハキミがインテルから、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスがレアル・マドリーから加入。また、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマがミランから加入した。

下部組織からも選手を昇格させているが、主軸になるにはまだ時間が掛かるだろう。その中に、メッシも加わるという状況だ。

では、[4-2-3-1]のシステムならどうなるか。前線の組み合わせは2列目に3人、1トップという状況だ。現在のメンバーで考えれば、メッシはトップ下での起用となるだろう。1トップにはムバッペが入り、左にはネイマール、右にディ・マリアという感じだろうか。もちろん試合中にポジションは移動するが、基本ポジションとしてはトップ下になると考えられる。

一方で、2列目のサイドでの起用はなかなか考えにくい。サイドハーフとなると守備面での貢献が求められ、守備に時間を割くことも必要とされる。試合中の流れでサイドに位置することはあっても、基本として置かれることはないと考えて良いだろう。

中盤はボランチが2枚。ここも人材は豊富で、メッシをよく知るアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデスやMFイドリサ・グイエ、MFダニーロ・ペレイラ、MFアンデル・エレーラらがいる。どの組み合わせでも高い力を発揮することは間違いなく、攻撃に比重がかかっても大きな問題はなさそうだ。

◆[4-3-3]の右ウイング
©CWS Brains, LTD.

ただ、メッシをサイドで起用するという観点で言えば、[4-3-3]というシステムに変えてくるだろう。より高い位置を取れる3トップにし、バルセロナでも務めていた右ウイングにメッシ、左にネイマール、中央にムバッペという形になるはずだ。

そして中盤は3枚に。アンカーにインサイドハーフが2枚という形になるだろう。インサイドハーフとなれば、ラフィーニャ、ヴェッラッティ、そしてワイナルドゥムも居る。もちろん、パレデスやグイエも起用でき、層はかなり厚い。選手の状態や相手も踏まえて、[4-2-3-1]と[4-3-3]は使い分けてくることになるだろう。

メッシとしては、トップの位置か右ウイングというポジションをやってきただけに、[4-3-3]の右ウイングという可能性は高いとも言える。ポチェッティーノ監督が周りの選手とのバランスをどう考えていくかが注目となりそうだ。

一方で、右に入るとなった場合は、サイドバックも関係してくる。右サイドバックのレギュラーは今夏加入のハキミになるだろう。開幕戦ではゴールを決めるなど、攻撃性能が高く、メッシと縦に並べると攻撃面の怖さは出るが、守備面ではもしかしたら脆さを見せる可能性も考えられる。その辺りのバランスをどう考えるかも注目だ。

◆[4-4-2]で2トップも
©CWS Brains, LTD.

パターンとしては[4-4-2]もあり得るだろう。もちろんこれは選手の状態なども影響すると考えられる。開幕戦のトロワ戦で採用されたが、ユーロ2020やコパ・アメリカ2021などの影響で、選手が揃っていないまま開幕を迎えたことも要因だ。

ちなみに開幕戦はムバッペとイカルディが2トップを組み、右にワイナルドゥム、左にドラクスラーが入った。ボランチはエレーラとペレイラという並び。ベンチには若手が数人入っているところを見ても、このメンバーがベストとは言えないだろう。

[4-4-2]を採用すれば、メッシは2トップの一角に入るはず。しかし、ネイマール、ムバッペとの同時起用を考えれば、[4-4-2]は採用するとは考えにくく、かなり限定されたタイミングでの採用になると思われる。

◆ベストは[4-2-3-1]か
©CWS Brains, LTD.

実際に全ての選手が起用可能となった場合、ポチェッティーノ監督がどういったメンバーを選ぶのかは現段階では不明だ。ただ、最大限の力を出すには、[4-2-3-1]が良いと考えられる。

トップにはムバッペ、トップ下にメッシ、左にネイマール、右にディ・マリアという配置だろう。右はワイナルドゥムでも良いかもしれない。

ボランチはパレデスとペレイラがファーストチョイスになるだろうか。

最終ラインは右にハキミ、中央にセルヒオ・ラモスとブラジル代表DFマルキーニョス、左にアブドゥ・ディアロが入るだろう。そしてGKはイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマとなると予想される。

もちろん、各ポジションに控え選手にするにはもったいないほどの選手が揃っており、状態の良い選手がピッチには立つはず。何れにしても、豪華な面々が揃っていることが改めて感じられそうだ。

◆オプションで[3-4-3]も
©CWS Brains, LTD.


一方で、後ろのメンバーを考えると3バックというシステムも捨てがたい。セルヒオ・ラモス、マルキーニョスに加え、フランス代表DFプレスネル・キンペンベもチームにはいる。4バックにすれば必然的に1人はベンチ。昨季終盤ケガに悩まされたセルヒオ・ラモスは開幕からしばらく欠場が見込まれ、状態が不安だが、3人がベストな状態になれば3バックもあり得るだろう。

そうなると、中盤の右にハキミを上げることが可能に。メッシ、ハキミが並ぶ右サイドにセルヒオ・ラモスが支える形となれば、守備面も不安は軽減される。

チーム全員が万全の状態であれば、4バックではなく3バックという選択肢が最適な可能性も。ポチェッティーノ監督はトッテナム時代に3バックを採用したこともあり、引き出しにないわけではない。考えは広がるばかりだ。

心機一転、バルセロナで初めてもらった「30」を背負ってプレーすることとなるメッシ。どのシステムでもハマる可能性は高く、その力でPSGに悲願のビッグイヤーをもたらすことはできるだろうか。デビューが待たれる。

1 2

関連ニュース
thumb

「微笑ましい」娘とのルーチン公開のPSGワイナルドゥム、ファンは去就にも関心「ニューカッスルでそれをして」

パリ・サンジェルマン(PSG)オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが娘との快活なやり取りを公開した。 昨夏、リバプールからフリートランスファーでPSGに加入したワイナルドゥムは、ここまで途中出場をメインに公式戦25試合に出場。3ゴール2アシストの数字を残している。 そのワイナルドゥムはSNSで自宅での様子を公開。「娘とのカジュアルなハンドシェイクルーチン」と題し、娘との微笑ましい一幕を公開した。 2人のやり取りには多くのファンが反応。「とてもかわいい」、「微笑ましい」、「非常にスタイリッシュ」などほか、「リバプールに戻ってきてください。あなたがいなくて寂しいです」、「アーセナルに来て」、「ニューカッスルでこれをしてください」のように、古巣への帰還や贔屓クラブへの加入を希望する声も寄せられた。 ワイナルドゥムは現在、15日に行われたリーグ・アン第21節のスタッド・ブレストで左足首を痛めて離脱中。左足首の内側側副じん帯の部分的な損傷を伴う捻挫と診断され、全治は3週間程度が見込まれている。昨年12月にはプレミアリーグ復帰も取り沙汰されており、去就にも引き続き関心が集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】ワイナルドゥムと娘のハンドシェイクルーチン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Just a casual handshake routine with my daughter<a href="https://t.co/EF0uksGVLJ">pic.twitter.com/EF0uksGVLJ</a></p>&mdash; Gini Wijnaldum (@GWijnaldum) <a href="https://twitter.com/GWijnaldum/status/1484922164356726785?ref_src=twsrc%5Etfw">January 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.24 21:22 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが解決策探るオーバメヤン、PSGら視線も給与ネックに?

アーセナルはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)を手放すとなっても、選手の給与が問題になるかもしれない。 昨年12月上旬に規律違反で試合のメンバーから外され、主将の地位までも剥奪されてしまったオーバメヤン。若手の台頭も著しいアーセナルにもはや居場所なしの様相を呈しており、移籍が噂される。 イギリス『デイリー・メール』によると、アーセナルもオーバメヤンの処遇について解決策を探っているようで、パリ・サンジェルマン(PSG)をはじめ、欧州の複数クラブから関心があるという。 そのため、今冬中に解決する可能性も十分だが、オーバメヤンのサラリー面がネックに。現週給はアーセナルで最も高額な35万ポンド(約5300万円)といわれ、それが障害になる恐れもあるようだ。 こうした問題と裏腹にサウジアラビアのアル・ヒラルから給与全額負担を約束した今季終了までのレンタルオファーがアーセナルに舞い込んだようだが、オーバメヤンは受け入れそうにない模様だ。 オーバメヤンは2023年まで契約を残すアーセナルを今月中に離れることになれば、欧州トップリーグでのプレー続行を希望しているものとみられている。 2022.01.24 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、フランスで適応に苦しむメッシを擁護 「批判する人間はサッカーをわかってない」

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマがパリ・サンジェルマン(PSG)で適応に苦しむアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを擁護した。 来月15日に1stレグが行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でPSGと対戦するマドリー。優勝候補同士の激突を前に、昨夏にPSG入りしてからリーグ・アンで12試合出場で1ゴール5アシストと鳴りを潜めている印象のメッシのコンディションにも注目が集まっている。 マドリーのエースであるベンゼマもフランス『テレフット』のインタビューで、そんなメッシについて言及。今はまだ適応の時期であり、ゴール以外の場面でチームへの貢献を果たしていると見解を示した。 「彼は世界最高の選手の1人なんだから、成功しないわけがないだろう。今は適応の時期に過ぎず、あまりゴールを決めていないけど、それ以外の場面でピッチで何をしているかを見てほしいよ」 「メッシを批判してはいけない。彼を批判する人はサッカーのことを何もわかっていないね」 新型コロナウイルス感染などによって約1カ月離脱していたものの、23日に行われたリーグ・アン第23節のスタッド・ランス戦で復帰を果たしたメッシ。大舞台でこそ輝く昨年のバロンドーラ―はビッグマッチでどんなプレーを見せるだろうか。 2022.01.24 18:49 Mon
twitterfacebook
thumb

4発快勝のPSG、ポチェッティーノ監督は称賛 「明確なチャンスを作る方法が見つけられた」

パリ・サンジェルマン(PSG)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督がチームの勝利に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 PSGは23日に行われたリーグ・アン第22節でスタッド・ランスと対戦した。前半終了間際にMFマルコ・ヴェッラッティのゴールで先制すると、後半にはDFセルヒオ・ラモスが加入後初ゴールを記録。その後、オウンゴールやMFダニーロ・ペレイラの得点でゴールを量産したチームが4-0で勝利した。 この結果、リーグ連勝を飾ったPSGは2位ニースとの勝ち点差「11」をキープしている。試合後のインタビューに応じたポチェッティーノ監督は後半にチームが示した優れたパフォーマンスを喜んだ。 「試合の入りは良かったが、その後にいくつかのミスがあったことから、なかなか良いチャンスを作れなかった。後半はより良いプレーが見られたね。我慢強く、ランスのプレッシャーをかわして、明確なチャンスを作る方法が見つけられた」 「クリーンシートはチームにとって良いことであり、自信にもつながる。だから、得点したあとで失点しないのは良いことだ」 「今夜のゴールゲッターについて? 勝利が良いものであるのと同じように、いつもは点を取らない選手が点を取ったのだから、当然良いことだね」 2022.01.24 15:44 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG初ゴールのS・ラモス「これからもたくさん決めていけたら」

スペイン代表DFセルヒオ・ラモスがパリ・サンジェルマン(PSG)での待ちに待った初ゴールに喜びの心境を語っている。 今季からPSGに加わったものの、レアル・マドリー時代からのケガを引きずり、出遅れてしまったS・ラモス。昨年11月にようやくデビューを果たしたが、そこから負傷して、稼働率の悪さが目立つ形でシーズンを折り返した。 期待通りの働きといかず、批判的な声も飛び交い出すが、23日のリーグ・アン第22節のスタッド・ランス戦で先発。1-0の62分に左CKからのこぼれ球をゴール前で押し込み、公式戦5試合目の出場にして初ゴールをマークした。 チームも4-0と快勝して、リーグ2連勝。無失点にも貢献したS・ラモスは試合後、『Amazon Prime Video』でコメントした。 「この勝利とこのチームでの1stゴールをとても嬉しく思う。フル出場できたのも嬉しい。ファンのサポートも良いものだった。3ポイントを掴めて良かった。PSGでの初ゴールだが、これからももっと決めていけたら良いね」 「習慣やルーティンの積み重ねが大事。グループに戻ってから3週間が経って、リズムを掴めてきたよ。大切なのは日々、フィジカルを向上させ、最高の自分を披露していくことだ」 「これからも試合が続く。自分の良い姿を披露するのにベストなタイミングだし、何より自分にとってベストなレベルで戻ってこられるのが重要だ。ホームのピッチからも遠ざかっていたし、嬉しいよ。すごく幸せな気分さ」 2022.01.24 11:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly