メッシ加入でPSGはどう変わる? 夢の3トップは? 起用法を考察

2021.08.11 21:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10日、パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナを退団したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)を獲得した。

5日にバルセロナとの契約更新が伝えられると思われた中、まさかの退団が発表。クラブサイドの「財政的・構造的な障害(ラ・リーガの規定)」を理由に、再契約叶わなかった。

それから5日後、10日にメッシのPSG加入が発表。世界中が注目した新天地はフランスのパリに決まった。

PSGは言わずと知れたビッグクラブ。各国の代表選手を揃え、チャンピオンズリーグ(CL)制覇という大きな目標に向けてチームを強化している。

今夏の移籍市場でもメッシ以外に多くの選手を獲得。悲願成就に向けて、着々と戦力を整えている状況だ。

そこで気になるのは、やはりメッシの起用方法。前線にもタレントが揃っているチームで、多くのゴールを生み出すメッシをどう起用するかは、PSGの野望を成し遂げる上では重要となる。


関連ニュース
thumb

「チェルシーに来るべき」、チアゴ・シウバがネイマールのチェルシー入り熱望

ブラジル代表DFチアゴ・シウバが同胞FWネイマールのチェルシー加入を熱望している。ブラジル『Jornal do Commercio』が伝えている。 2017年にバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入して以降、ここまで公式戦144試合100ゴール60アシストを記録し、多くの国内タイトルに貢献してきたネイマール。 間違いなく近年のパリの巨人のアイコンの一人と言えるスーパースターだが、ピッチ内外で見せる素行問題や稼働率の低さもあり、現在はアンタッチャブルな存在とは言えない状況だ。 さらに、クラブがフランス代表FWキリアン・ムバッペ中心のチーム作りを進め、ネイマールの同胞レオナルド氏に代わってルイス・カンポス氏を補強責任者に任命したこともあり、今夏の移籍市場での売却の可能性が浮上している。 選手側が保有する1年の延長オプションを除き、契約が2025年まで残っているネイマールに関しては、その高額な移籍金とサラリーによって、そう易々と移籍先を見つけることはできないが、現時点ではチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルというプレミアリーグの3クラブが候補に挙がっている。 そういった中、ブラジル代表とPSGで長らく共演してきたチェルシーDFは、母国のレシフェで行われたイベントの場でセレソンのエースの去就に言及。イングランドでの共闘を熱望した。 「彼はチェルシーに来なければならないね。もしそうなれば、それがベストだろう。彼がコメントする必要はない。今のところ僕は何も知らないけど、そうなることを願っているよ」 現在、チェルシーでは手薄なセンターバックの補強、リーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャの獲得に全力を注いでいるが、新オーナーのトッド・ベーリー氏は新体制での目玉補強としてネイマールの獲得に動く可能性は十分にあるはずだ。 2022.06.29 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがシュクリニアル&レナト・サンチェスと個人間合意か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、今夏獲得を目指した2選手との合意を果たしたようだ。 昨夏はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマと大型補強を敢行。しかし、蓋を開ければリーグ・アンこそ優勝したものの、チャンピオンズリーグ(CL)はラウンド16で敗退と望んでいた結果とは大きく離れて終わっていた。 そのPSGは、ファンからの抗議も起こっており、今夏は大きな改革を求められることに。その中で、スポーツ・ディレクター(SD)のレオナルド氏、マウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任する動きが起きている。 シーズン最後には最大の補強とも言えるフランス代表FWキリアン・ムバッペとの契約延長を勝ち取ったPSGだが、より一層チームの改革が求められることとなった。 そのPSGが獲得を目指しているターゲットの2人、インテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)、リールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)と合意に達したという。フランス『ル・パリジャン』が報じた。 PSGは新たなSDにルイス・カンポス氏を招へいし、新指揮官にクリストフ・ガルティエ氏をリールから引き抜こうと考えている。レナト・サンチェスはミランが獲得に動いていたが、リールで共に働いた両氏と再び働きたいと考えているとのことだ。 ミランはレナト・サンチェスの獲得に向けて、リールに1500万ユーロ(約21億5000万円)のオファーを出したとのこと。一方で、PSGは1000万ユーロ(約14億3500万円)とミランより低い金額のオファーだが、交渉は続いているとのことだ。 また、PSGはシュクリニアルとも個人合意に至っているとのこと。5000万ユーロ(約71億4500万円)+ボーナスのオファーは拒否されたもの、アドオンを含めて7000万ユーロ(約100億円)に引き上げ、交渉がまとまると見られている。 2022.06.29 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、PSGの期待を背負っていたルイズ=アティルがリーグ・アン昇格組のオセールに加入

リーグ・アンに昇格したオセールは28日、U-20フランス代表MFケイズ・ルイズ=アティル(19)の加入を発表した。 契約期間は2025年までの3年間となる。 リヨン生まれのルイズ=アティルは2009年7月に7歳でバルセロナのカンテラに加入。将来のトップチーム昇格が有力視される逸材として知られていたものの、クラブが18歳未満の選手の獲得ならびに登録に関する規定違反を犯した影響で、日本代表MF久保建英らと共に2015年に退団。新天地にパリ・サンジェルマン(PSG)を選択していた。 PSGではプロ契約を結ぶと、セントラルMFや攻撃的MFを主戦場にバルセロナ仕込みのテクニック、攻撃センスを発揮し、トーマス・トゥヘル前監督の下でリーグ・アン7試合に出場。しかし、クラブからの契約延長オファーを拒否した影響もあり、シーズン後半戦はリザーブチームに追いやられていた。 2021年夏にはバルセロナへと復帰。2年の延長オプション付きの3年契約で6年ぶりの古巣帰還を果たしていたが、5月に退団。フリーとなっていた。 オセールは、2021-22シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)を3位で終えると、リーグ・アン入れ替え戦を戦い、サンテチェンヌと対戦。PK戦で勝利し、11年ぶりのリーグ・アン昇格を決めていた。 2022.06.29 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

逸材シャビ・シモンズ、母国の強豪PSVに移籍! 19年加入のPSGとは契約満了

PSVは28日、パリ・サンジェルマン(PSG)からU-19オランダ代表MFシャビ・シモンズ(19)の加入を発表した。契約期間は2027年までとなる。 バルセロナのアカデミー育ちで、新たな神童と謳われるなか、2019年夏にPSG入りしたシモンズ。シニアでの活躍がまだだったものの、逸材の移籍として大きな注目を集めた。 PSG入りから2年目の2020-21シーズンにクープ・ドゥ・フランスでトップチームデビュー。2021-22シーズンには公式戦9試合に出場と出番を増やしたが、契約最終年だった。 以前から噂されたPSV行きを巡っては当初、PSGと契約を更新した上でのローン移籍が有力視されたが、蓋を開けてみればフリートランスファーでの母国凱旋という形で決着した。 フットボールディレクター(FD)のジョン・デ・ヨング氏は「チャビにはPSVで重要な選手になるためのすべてがある。その道を一緒に歩んでいきたい」とコメントしている。 2022.06.29 08:50 Wed
twitterfacebook
thumb

セリエA王者ミラン、ボトマンに続きレナト・サンチェスも逸か

ミランがリールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得に失敗したようだ。フランス『ル・パリジャン』やイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など現地メディアが複数伝えている。 現地メディアによればレナト・サンチェスはパリ・サンジェルマンへの加入を決めたようだ。 ミランは今夏、リールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の争奪戦でニューカッスルに敗れていた。ただ、今回は移籍金ではPSGの1000万ユーロ(約14億3000万円)を上回る1800万ユーロ(約25億8000万円)+出来高を提示していた中、選手本人の意思によって獲得が実現しなかったようだ。 PSGでは新シーズン、リールでレナト・サンチェスを指導したクリストフ・ガルティエ監督が就任予定。その影響があったと現地メディアは伝えている。 2022.06.29 07:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly