ドイツ代表率いるフリック監督が初の会見「もちろん目標は世界の頂点」

2021.08.10 22:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツ代表の指揮官に就任したハンジ・フリック監督が、就任後初の記者会見を実施。今後の意気込みなどについて語った。ドイツサッカー連盟(DFB)が伝えた。

フリック監督は、2019年11月に解任されたニコ・コバチ監督の後任としてバイエルンの監督に就任。すると、そのシーズンはチームを立て直し、ブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグの三冠を達成する。

2020-21シーズンもDFLスーパーカップ、UEFAスーパーカップ、クラブ・ワールドカップを制し、六冠を達成。ブンデスリーガも9連覇を達成していた。
そのフリック監督は、ユーロ2020で退任が決まっていたヨアヒム・レーブ監督の退任に伴い、ユーロ後からドイツ代表監督に就任することが決定。8月1日から正式に就任し、10日に初めての記者会見を行った。

フリック監督は、2006年から2014年までは、退任したレーブ監督のアシスタントコーチを務めており、2014年のブラジル・ワールドカップでは優勝を経験している。

その後バイエルンのアシスタントコーチに就任したため、DFBを離れたが、今回復帰となった。

「私のキャリアは、当初想像していたようにはいかないものだ。代表監督としてここに座っていることを本当に嬉しく、誇りに思うし、DFBが私を信頼してくれていることに感謝する」

「DFBには、仕事上でも個人的にも、本当に感謝している人がたくさんいる。だから、戻れたことはとても嬉しい」

久々にDFBに復帰したフリック監督。バイエルンでの功績、そして再び世界一になるべく、周囲の期待は高い。それは理解しているようで、これまでの形を継続しつつチームを作っていきたいとした。

「期待値が高いのは当たり前だ。ドイツは成功してきたチームであり、チームも私も同じように期待している」

「私はヨアヒム・レーブと同じ道を歩んできた。この3年間を除けば、彼は素晴らしい成功を収めてきた。今起こっていることは、過去のものとは何も関係ない。彼がした仕事は素晴らしく、彼に多くの借りがある」

「彼がチームを導き、自信を与えた姿を、私も見せていきたいと思っている。私は絶対的なチームプレーヤーだ」

「全員が1つになるというメンタリティで臨んでもらいたい。最後に勝者としてピッチを後にするためには、全員が全てを捧げること。それこそが、私と私のチームの模範となるものだ」

そのフリック監督だが、契約はユーロ2024まで。しかし、その前の2022年にはカタール・ワールドカップが控えており、まずはヨーロッパ予選を勝ち抜くミッションが待っている。

「ワールドカップまではあと6回しか活動ができない。無駄にできる時間はほとんどない。選手と直接話すことはもちろん、国際試合の合間にも選手に声をかけ、常に連絡を取り合うようにしている」

時間がない中でチームを作りながら出場権を獲得しなければいけないドイツ。フリック監督は世界一になることが目標だとしながらも、各チームの良いところを取り込んで、進化していきたいと語った。

「もちろん、目標は世界の頂点に戻ることだ。それは確かに簡単なことではないが、我々は多くのクオリティを備えたチームがある」

「それは一夜にして起こることではないが、目標を達成するためにできる限りのことをする。スペインやイタリアの試合の、熱意と情熱が刺激的だったことがわかる」

「彼らは早い段階で相手にプレッシャーをかけようとした。高いポゼッションは成功のための良い方法だった。みんなの良いところを取り入れ、ここに持ってくれば良い。一歩一歩、あるべき姿に戻る努力をしなければならない」

また、バイエルンでも指導していたFWトーマス・ミュラーやDFマッツ・フンメルス、DFジェローム・ボアテングらを代表に呼ぶのかという質問には「最高の選手が招集されている。彼らが最高のパフォーマンスを発揮するならば、それは可能だと私は思っている。彼らはチームの一員だ」とコメント。高いパフォーマンスをチームで見せれば、招集する可能性はあると語った。

ドイツ代表は9月に行われるカタール・ワールドカップ欧州予選で、リヒテンシュタイン代表(9/2)、アルメニア代表 (9/5)、アイスランド代表(9/8)と対戦。1カ月後のリヒテンシュタイン戦がフリック監督の初陣となる。

関連ニュース
thumb

DFB会長がフリック監督の続投を発表「全幅の信頼を寄せている」

ドイツサッカー連盟(DFB)の会長を務めるベルント・ノイエンドルフ氏が、ドイツ代表を率いるハンジ・フリック監督の続投を発表した。 ドイツ代表は11月20日から開幕したカタールW杯で優勝候補の一角と目されていたが、蓋を開けてみると初戦の日本代表戦でまさかの黒星を喫し、続くスペイン代表戦は1-1のドロー。グループE最終節のコスタリカ代表戦こそ4-2で勝利したものの、3位に終わり2大会連続でW杯グループステージ敗退となった。 フリック監督の去就が注目される中、DFBのノイエンドルフ会長は7日に「2024年に自国で開催されるユーロはドイツサッカーにとって素晴らしい機会になると確信している。我々の目標はこの大会をスポーツ面の成功させることだ。ハンジ・フリック監督がチームと共に、この挑戦を成し遂げることに全幅の信頼を寄せている」と、フリック監督への信頼を強調した。 また、フリック監督は「私とスタッフは自国でのユーロに向けて楽観的だ。カタールで示せた以上の成果を出すことができる。(カタールでは)絶好のチャンスを逃してしまったが、これを教訓として学ぶことができる。ホーム開催のユーロでドイツ全土が再び代表チームをサポートしてくれることを望んでいる」とコメントした。 2022.12.08 06:01 Thu
twitterfacebook
thumb

失意に沈むDFB、ディレクターのビアホフ氏が退任…契約を2年前倒しで打ち切り

ドイツ代表がカタール・ワールドカップ(W杯)で失意のグループステージ敗退に終わったなか、ドイツサッカー連盟(DFB)が5日にチームディレクターのオリバー・ビアホフ氏(54)の退任を発表した。 DFBによれば、両者は同日付けで双方合意のもと、2024年までの契約を解消。会長のベルント・ノイエンドルフ氏は連盟の公式サイトで「オリバー・ビアホフは多大な貢献をしてきた。ここ数大会はスポーツ面の目標に届かなかったが、最高の瞬間もあった」と感謝の言葉を綴った。 「彼の仕事はブラジルW杯の成功とともにあり続けることだろう。激動の時代にあっても、常に自分の目標とビジョンを追い求め、DFBに大きな足跡を残した。DFBスタッフを代表して、オリバー・ビアホフ氏が我々とドイツのサッカーのためにしてくれたことすべてに感謝したい」 ドイツはグループステージで敗退した前回の雪辱を期し、カタール大会に臨んだが、初戦の日本代表で逆転負けして痛恨の躓き。最終的に1勝1分け1敗までもっていったが、スペイン代表に得失点差で及ばずの3位となり、2大会連続のグループステージ敗退という憂き目に遭った。 現役時代に自身もドイツ代表のストライカーとして活躍したビアホフ氏は2004年にチームマネージャーとなり、様々な役職で自国の発展に注力。2014年のブラジルW杯優勝にも貢献して、2018年から現職を務めたが、カタールでの責任を取る形で失脚した格好だ。 2022.12.06 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「日本戦は違うやり方が必要だった」まさかのW杯敗退のドイツ、OBは指揮官の采配に苦言

元ドイツ代表MFのローター・マテウス氏が、カタール・ワールドカップ(W杯)早期敗退を受けてハンジ・フリック監督やドイツサッカー連盟(DFB)を批判した。 11月20日から開幕したカタールW杯で、優勝候補の一角と目されていたドイツ。しかし、蓋を開けてみると初戦の日本代表戦でまさかの黒星を喫し、続くスペイン代表戦は1-1のドロー。グループE最終節のコスタリカ代表戦こそ4-2で勝利したものの、3位に終わり2大会連続でW杯グループステージ敗退となった。 衝撃的な結果にメディア、OB、ファンからの猛烈な批判が寄せられる中、マテウス氏もドイツ『スカイ』でフリック監督の采配を批判。十分な準備ができていなかったと指摘しつつ、それでも指揮官は続投するはずだと予想した。 「私はこれまでハンジ・フリックを批判したことはなかったが、チームのリハーサルが十分でなかったことは監督のミスとして責めなければならない。私にとって彼は、正しい監督だと思っている。それでも、特に初戦の日本戦やその準備においては、おそらく違うやり方が必要だった」 「ピッチ上のプレーで言うならば、4年前のロシア大会とは異なった敗退の仕方だと思う。4年前の我々は、3試合を通じて悪いプレーだったからね。今大会のチームが2試合半で見せたパフォーマンスは、優れたものだった」 「2024年に行われるユーロでも、フリックがベンチに座る責任を負ってくれるはずだと私は信じる。彼は自信に満ちており、2024年に向けたチームはこれから他より一足早く現れると確信しているよ」 また、マテウス氏はカタールの人権問題について他チーム以上の行動を促し、選手たちに余計なプレッシャーをかけたチーム・マネージャーのオリバー・ビアホフ氏やドイツサッカー連盟(DFB)を批判。一貫しない姿勢を不愉快に思っていたようだ。 「当然、この結果はオリバー・ビアホフにも責任がある。彼は外部からの圧力や不安をまったく止められなかったのだからね。彼だけでなく、会長やDFBの責任者も、監督とチームに対して冷ややかな対応だった」 「DFBは自分たちの過ちについて率直に話してほしいところだ。例えば、ノイエンドルフ会長は大会前にドーハでのあらゆることを批判していたくせに、いざ試合が始まると(FIFAの会長である)ジャンニ・インファンティーノの隣のスタンドに座り、カメラに向かって微笑んでいた」 「選手たちもそれはわかっていただろう。ここで抗議の意思を見せるようプレッシャーをかけてきた連中が、カメラの前で微笑んでいるのを見たのだ」 2022.12.05 18:09 Mon
twitterfacebook
thumb

「誰もが行えることではない」元日本代表監督のハリルホジッチ氏が日本を称賛、クロアチア戦は「本命は存在しない」と予測不能とコメント

元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、今大会の日本代表について言及した。 カタール・ワールドカップ(W杯)で世界に驚きを与えた日本。ドイツ代表、スペイン代表と過去の優勝国であり、今大会でも優勝候補に挙げられた強豪国をどちらも下し、グループ首位でラウンド16に進んだ。 その日本だが、悲願のベスト8に向けて対戦するのがクロアチア。2018年のロシアW杯では準優勝の成績を残していた。 グループステージでは1勝2分けという結果に終わり2位で通過したが、実力があることは間違いない。日本にとっても、難しい相手になるだろう。 ハリルホジッチ氏はモロッコ代表をW杯に導いていたが、大会前に解任の憂き目に。本来であれば、クロアチアとも対戦する予定だった。そんな中、クロアチア『sportske novosti』のインタビューに応じたハリルホジッチ氏が、今大会の日本について言及した。 「日本はとても組織的で良いチームだ。試合で彼らのパターンを見ると素晴らしいことがわかる。これは幾何学的なものであり、規律ある方法で動きのラインを守り、人とスペースをカバーすることにとても厳格さを見せる」 「多くのチームにはそのような守備の規律はない。そして彼らは反撃の瞬間を待ち、反撃に出れば縦に走り、全速力で相手にダメージを与える」 「ドイツ、スペインはそれを肌で感じ、日本人は一瞬で深いところに入り、3、4人の選手で素早い『カウンター』を終わらせた。誰もが行えることではない」 かつて自身が指揮したチームを知る選手も複数名いる状況。4年間での日本の進化を感じているようだ。 また、今大会については多くのサプライズがあり、日本を含め驚かせた国があると語り、敗退したドイツ代表やベルギー代表には問題があり、近年は大きな差はなくなりつつあると見解を示した。 「予想通り、驚きがたくさんあった。W杯をプレーするのに奇妙な時期であること、さらに一部の強豪国は『簡単にできる』と考え、半分程度の力でいくつかの試合を行った。もちろん、それで打撃を受けた」 「弱いチームは存在しない。チームが肉体的にも精神的にも完全に準備されていない場合、奇妙で驚くべき結果が起こることが、改めて確認された」 「ドイツとベルギーの敗退は、確かに最大のサプライズだが、どちらもこれ以上に値するものではなかった」 「彼らのプレーのやり方、彼らの姿勢によって、これほどまでに早く家に帰ることとなった」 「一方でいくつかのチームは本当に良い試合を見せた。日本、モロッコ、そしてフランスを破ったチュニジアだ。クオリティの差はますます小さくなっている」 「今日のサッカーは、例えば10年前よりもはるかに不確実性が高まっている。細かい部分で決まり、結果を出すには運が重要な役割を果たすことになる」 日本とクロアチアによるラウンド16。クロアチアが本命かという質問にハリルホジッチ氏は、「今は何も予測できない」と語り、「私はノックアウトステージには、本命は存在しないと考えている」と見解を示した。 「客観的に見て、弱いチームは、有利に見られるチームが突破するのがとても難しい守備のブロックを戦術的に配置する。そのようなチームは引き分けでも問題がなく、その後延長戦に進む」 「改めて言うが、ノックアウトステージには本命はない。だから、クロアチアが日本戦に勝利する本命というわけでもない」 2022.12.05 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

「まだ適切な言葉が…」 独代表の19歳ムシアラにW杯GS敗退の傷

ドイツ代表MFジャマル・ムシアラはカタール・ワールドカップ(W杯)の早期敗退に整理がついていないようだ。 ハンジ・フリック監督のもと、今大会に臨んだ2014年大会王者のドイツ。前評判ではスペイン代表とともにグループEの突破本命と目されたが、逆転負けした初戦の日本代表戦で出鼻をくじかれ、1勝1分け1敗の3位で敗退した。 個人としても無得点に終わった一方で、守備陣を翻弄して1アシストとフットボール界でも指折りのヤングスターと評される所以を示す随所に披露。だが、2大会連続でグループステージ敗退の自国とともに憂き目に遭った。 その苦い経験で終わってしまったカタールW杯から数日が経った19歳だが、まだ心に深い傷を負ったままのようだ。4日に自身のSNSで初出場だった今回のW杯を振り返り、整理ができずにいる現状とともに、再起を期した。 「今はまだ適切な言葉を見つけるのが難しい。今回のW杯ではもっと求められ、僕らももっとプランがあった。それは間違いない! だから、今は失望感が強い。この経験を数週間で処理し、これからの糧にしていきたい。2023年ではフルモチベーションで攻めていく。たくさんの応援とメッセージ、本当にありがとう。それは僕にとって大きな意味を成す」 <span class="paragraph-title">【SNS】ドイツ代表の19歳有望株、W杯早期終了の整理がいまだつかず</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Momentan fällt es mir noch schwer die richtigen Worte zu finden. Diese WM sollte mehr für uns werden, wir haben uns viel mehr vorgenommen. Definitiv! Die Enttäuschung ist gerade riesig. <a href="https://t.co/dJtppOjZtX">pic.twitter.com/dJtppOjZtX</a></p>&mdash; Jamal Musiala (@JamalMusiala) <a href="https://twitter.com/JamalMusiala/status/1599388067407704065?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.05 16:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly