J2最下位の相模原が8人目の補強、東京VのMF松橋優安を期限付きで獲得

2021.08.10 11:23 Tue
©︎J.LEAGUE
SC相模原は10日、東京ヴェルディのMF松橋優安(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。

期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。東京Vとの試合には出場できない。なお、背番号は「39」となる。
松橋は東京Vの下部組織出身。ジュニア、ジュニアユース、ユースと昇格し、2020年にトップチーム昇格。1シーズン半で明治安田生命J2リーグ通算29試合に出場していた。

松橋は両クラブを通じてコメントしている。

◆SC相模原
「SC相模原のみなさん、はじめまして! 東京ヴェルディから期限付き移籍で加入することになりました、松橋優安です。チームの力になれるよう全力で闘いたいと思います!よろしくお願いします!」
◆東京ヴェルディ
「この度、SC相模原に期限付き移籍することになりました。この決断は決して簡単ではありませんでした。僕はヴェルディが大好きです。だけどまだ何も恩返しできていません。だからこそ今よりもさらに強く、たくましく、そして成長して帰ってきます!待っててください。行ってきます!」

相模原は現在明治安田J2で最下位に位置。今夏は途中就任の高木琢也新監督の下、DF藤原優大(19/浦和レッズ)、DF木村誠二(19/FC東京)、MF髙山薫(33/大分トリニータ)、MF兵藤慎剛(36/無所属)、MF成岡輝瑠(19/清水エスパルス)、FW兒玉澪王斗(19/サガン鳥栖)、FW澤上竜二(27/セレッソ大阪)と若手を中心にすでに7選手を補強しており、松橋が8人目の補強となった。
関連ニュース

相模原が藤枝退団のMF徳永裕大を獲得、2018年以来の復帰

SC相模原は19日、藤枝MYFCを退団していたMF徳永裕大(29)の加入を発表した。 徳永はガンバ大阪の下部組織出身で、関西学院大学に進学後、SC相模原に加入。テゲバジャーロ宮崎、藤枝でプレーし、再び相模原に復帰することとなった。 これまでJ2通算11試合1得点、j3通算102試合6得点を記録していた。 2018年以来6年ぶりに復帰する徳永はクラブを通じてコメントしている。 「SC相模原に関わる全ての皆様、今シーズンから加入することになりました徳永裕大です。この時期に獲得してくれたSC相模原の為に、戸田監督のもと、1試合でも多くの勝利に貢献できるように全力で闘います!!J3優勝、J2昇格する為に共に闘いましょう!!」 2024.02.19 11:45 Mon

DF川﨑裕大が神奈川県1部で現役復帰!過去に広島や横浜FCなどでプレー「今年は怪我なく頑張ります」

神奈川県社会人サッカーリーグ1部に属するYOKOHAMA FIFTY CLUBは2日、DF川﨑裕大(31)の加入を発表した。 神奈川県綾瀬市出身で、ジュニアユース時代は横浜FCの育成組織に在籍していた川﨑は、2015年に流通経済大学からサンフレッチェ広島へ加入。以降、横浜FC、カターレ富山、SC相模原でプレーした。 アキレス腱断裂などの大ケガと戦いながら、J1、J2、J3を合わせて71試合に出場。2022年シーズンを持ってプロ選手としての引退を発表し、昨年はサッカースクールなどでの活動に従事していたが、1年ぶりに復帰を果たすこととなった。 川﨑はクラブの公式X(旧:ツイッター)を通じ、次のようにコメントしている。 「この度Yokohama Fifty Clubに入団させてもらうことになった、川崎裕大です。今年は怪我なく、チームの昇格に貢献出来るように頑張ります」 そのほか、FIFTY CLUBは同日に南葛SCからFW岡田翔平が加入することも発表。チームにはJ通算99得点のFW大久保哲哉らが在籍し、関東リーグ昇格を目指している。 2024.02.03 18:48 Sat

水戸や札幌などでプレーしたMF菊岡拓朗が現役引退を発表、J通算300試合以上出場

COEDO KAWAGOE F.Cは29日、MF菊岡拓朗(38)が現役を引退することを発表した。 静岡県の清水東高校出身の菊岡は、法政大学を経て2008年に水戸ホーリーホックへ加入。抜群のキック精度を武器に、以降は東京ヴェルディ、栃木SC、北海道コンサドーレ札幌、SC相模原でプレーし、2019年に日本フットボールリーグ(JFL)のラインメール青森へ加入した。 青森では3シーズンを戦い、SHIBUYA CITY FCを経て2023シーズンからは川越でプレーし、チームの関東リーグ2部昇格へ貢献。J2通算241試合26得点、J3通算75試合2得点、JFL通算61試合4得点という成績を残した。 なお、菊岡は天皇杯の埼玉県予選を兼ねる「第15回埼玉県社会人サッカートーナメント会長杯(天皇杯) 兼 彩の国カップ埼玉県サッカー選手権大会」の予選終了をもってスパイクを脱ぐとのことだ。 16年間走り続けたファンタジスタは、川越の公式サイトを通じて次のようなコメントを残している。 「この度、プロサッカー選手を引退する決断をしました」 「まずはじめに水戸ホーリーホック、東京ヴェルディ、栃木SC、北海道コンサドーレ札幌、SC相模原、ラインメール青森、SHIBUYA CITY FC 、COEDO KAWAGOE F.Cの関係者の皆様、ありがとうございました。人との出会いに恵まれここまでプレーすることができました」 「勝ちたい、誰にも負けたくない、誰よりも上手くなりたい、その気持ちが私の原動力でした。私に携わっていただいた指導者の皆様、ありがとうございました。そしていつも一番近くで応援してくれた家族のみんな、ありがとう。いつもパワーをもらっていたよ」 「これからまた新たな夢に向かって邁進していきたいと思います。16年間ありがとうございました。菊岡拓朗」 2024.01.31 21:25 Wed

相模原がDFパブロ・ヒアンを獲得! 昨季はブラジル3部でプレー「自分の目標は、チームをJ2昇格させること」

SC相模原は31日、ブラジルのスポルチ・レシフェからブラジル人DFパブロ・ヒアン(22)の加入を発表した。 ブラジルのマラニャオン出身のパブロ・ヒアン。スポルチ・レシフェでプロキャリアをスタートさせると、これまでFCアトレチコ・セアレンセやECサン・ジョゼへのレンタル移籍を繰り返していた。 昨シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエC(ブラジル3部)のECサン・ジョゼでプレー。リーグ戦12試合を含む公式戦18試合に出場していた。 相模原でプレーすることが決まったパブロ・ヒアンが、クラブを通じてコメントしている。 「初めましてパブロ ヒアンです。自分の目標は、チームをJ2昇格させることです。そのために常に努力しチームの助けになれるようにしたいです。 よろしくお願いします」 2024.01.31 15:25 Wed

相模原がDF綿引康の交通事故を報告…原付と接触し運転手が脳震盪と鎖骨骨折

SC相模原は22日、DF綿引康の交通事故を報告した。 事故は18日(木)の13時47分頃、相模原市中央区中央2丁目付近の交差点にて発生。綿引の運転する車が信号のない交差点を通過中、左側から走行してきた原付バイクを避けきれずに接触事故が発生した。 事故発生後、綿引は速やかに救護活動をするとともに警察・救急等各方面に連絡をし対応を行い、原付バイクの運転手は軽度の脳震盪と鎖骨骨折と診断されているという。 相模原は「怪我をされた方の一日も早い回復を心よりお祈り申し上げるとともに、関係者の方々にも重ねてお詫び申し上げます。クラブとしても同選手を含めて選手、スタッフ、職員に対し、改めて安全運転の徹底を指導してまいります」と陳謝している。 2024.01.22 20:40 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly