高木利弥が31歳で現役引退を決断、父は“アジアの大砲”高木琢也氏…Jリーグ5クラブでプレーし、昨年11月にカンボジアクラブを退団

2024.02.18 23:40 Sun
プロ入りした山形時代の高木利弥
Getty Images
プロ入りした山形時代の高木利弥
カンボジアプレミアリーグのTiffy Army FCを退団していたDF高木利弥(31)が、現役引退を発表した。帝京高校から神奈川大学へと進学した高木はモンテディオ山形でプロ入り。その後、ジェフユナイテッド市原・千葉、柏レイソル、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2023年7月からカンボジアでプレーしていた。
日本代表として活躍した高木琢也氏を父に持つことでも知られる高木だが、2023年11月にTiffy Army FCから突然契約解除されたことを報告。現役続行を希望し、トライアウトにも参加していたが、このたび引退を決断したことを自身のX(旧ツイッター)やYouTubeチャンネル「アジアの豆鉄砲チャンネル【高木利弥】」で報告した。

ーーーーー
この度、私高木利弥はプロサッカー選手を引退することを決断しました。

はじめに常に側で支えてくれた妻と息子。
ここまでサッカーを続けさせてくれた両親に感謝します。ありがとうございました。
そしてプロキャリアの中で関わっていただいた監督・コーチ、スタッフ
ファン、サポーターの皆さん
特別指定選手の期間を含めますと10年間で、
モンテディオ山形
ジェフユナイテッド市原・千葉
柏レイソル
松本山雅FC
愛媛FC
Tiffy Army FC(カンボジア)
6クラブに所属させていただきました。
このうちの4クラブで降格を経験したということで、
皆さんとは辛い経験を多くした記憶の方があります。
しかし、そんな中でも自分は成長できたと思っていますし、常に背中を後押ししていただけたことに感謝しています。

また、
MIP FC
FC東京U-15深川
帝京高校
神奈川大学
育成年代でお世話になったクラブ・指導者の方々のおかげでここまでプレーすることができました。
父親が元日本代表ということもあって、
学生時代は特に葛藤した時もありましたが、
今となっては他の人にはできない経験をできたなと思います。
自分の息子にそれをさせるかわからないですが。笑

これからは指導者をはじめ、
個人としても色々なことにチャレンジしていきたいと思っています。
サッカーのご縁は本当に狭き世界なので、
また会える日を確信していますし、
楽しみにしています。

最後にYouTubeもぜひ見てくださいね。
10年間ありがとうございました。
ーーーーー

高木はJ1通算38試合、J2通算115試合3得点、J3通算26試合1得点を記録。カンボジア・プレミアリーグでは8試合で2得点を記録していた。


関連ニュース

ルーヴェンで奮闘中のMF明本考浩が浦和からの完全移籍決定!「覚悟をもって闘い続けます」

浦和レッズは18日、ジュピラー・プロ・リーグのOHルーヴェンへ期限付き移籍しているMF明本考浩(26)が7月1日から完全移籍へ移行すると発表した。 2020年に国士舘大学から栃木SCへ加入し、プロキャリアをスタートした明本。翌年浦和へ完全移籍すると、その万能性や豊富な運動量を活かし、3シーズンで公式戦135試合に出場した。 今年1月にはベルギーでの欧州初挑戦が決定。ここまでジュピラー・プロ・リーグやプレーオフ2で公式戦14試合に出場しており、3月30日に行われたプレーオフ2第1節のメヘレン戦では初アシストを記録した。 なお、期限付き移籍決定時にはルーヴェン側が買取オプション付きのレンタルであることを発表。オプションを行使した際には3年契約となることが明かされていた。 明本は浦和を通じてコメントしている。 「OHルーヴェンへ完全移籍することになりました。どんな状況でも力をくれた浦和レッズに関わる全てのみなさま、本当にありがとうございました」 「ACLを優勝したときの熱狂、天皇杯を優勝したときの感動、体験したことがないほど胸が熱くなり、こみ上げるものがありました。3年間浦和レッズの選手として闘えたことは僕の誇りです」 「活躍という形で恩返しできるよう、今よりもっともっと大きな舞台で走り、覚悟をもって闘い続けます。ありがとう、浦和レッズ」 2024.05.18 10:03 Sat

大宮VのMF田嶋みのりが今季限りで現役引退「幸せな選手生活を送ることができました」

大宮アルディージャVENTUSは16日、MF田嶋みのり(29)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 田嶋は、東洋大学からちふれASエルフェン埼玉に加入。WEリーグがスタートする2021-22シーズンに合わせて大宮Vに完全移籍した。 大宮では1年目はWEリーグで1試合の出場に終わったが、2年目の昨シーズンはリーグ戦15試合、WEリーグカップで4試合に出場していた。 今シーズンもここまでリーグ戦17試合に出場し待望の初ゴールを記録。WEリーグカップで3試合、皇后杯で1試合に出場していた。 ケガにも悩まされてきた大宮Vでのキャリアだったが、2試合を残して引退を発表。クラブを通じてコメントしている。 「今シーズンをもちまして、現役を引退する決断をしました」 「幼いころからボールを追いかけて20年以上が経ち、振り返るとすごく充実した生活を送らせていただきました。ときには仲間とぶつかったり、つらい素走りを頑張ったり、うまくいかなくて大泣きしたり、通学に往復4時間をかけた学生時代もありました。大きなケガで大好きなサッカーができないときも、試合に出れなくて悔しい思いをしたときもありましたが、すべての経験が私自身を成長させてくれました。そして、これまでに自分を正しい方向に導いてくれた恩師や先輩方、自分自身の可能性を最大限に引き出してくれた指導者に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです」 「憧れのプロサッカー選手になってからは苦しいことが多く、サッカーを心から楽しめない時期もありました。チーム内の競争に勝ち続け、プロとして結果を出すことができなかったのは、私の弱さだったと思います。それでも、どんなときでも背中を押して応援してくれた方々のおかげでここまで頑張ることができました。どこのチームへ行っても、いつも周りの人に恵まれていました。悩んだとき、すぐに手を差し伸べてくれる大切な仲間にも出会いました。すごくすごく幸せで、宝物のような時間を過ごさせてもらいました」 「これまで所属していたチームの選手の方々、監督、コーチ、トレーナーの皆さま、パートナー企業の皆さま、ファンサポーターの皆さま、サポートスタッフの皆さま、クラブスタッフの皆さま、スクール生、スクールコーチと保護者の皆さま、そしてサッカーを通じて出会えたすべての皆さまに、心より感謝申し上げます。皆さまの支えやご声援のおかげで、幸せな選手生活を送ることができました。本当にありがとうございました」 「残り2試合感謝の気持ちをピッチで表現します。最後まで応援よろしくお願いします!」 2024.05.17 22:10 Fri

千葉が昨季関東大学2部得点王、産業能率大学MF猪狩祐真の来季加入内定を発表…今季は「37」で特別指定に

ジェフユナイテッド千葉は17日、産業能率大学のMF猪狩祐真(21)の来シーズン加入内定を発表した。なお、今シーズンは特別指定選手となり、背番号「37」を背負うこととなる。 猪狩は神奈川県出身で、川崎フロンターレの下部組織育ち、U-12、U-15と過ごすと、日大藤沢高校へと進学。現在は産業能率大学に在籍している。 2023年度は関東大学サッカーリーグ2部で20試合で14ゴールで2部の得点王に。7アシストも記録していた。 今シーズンは4試合を終えてまだ出場がない。 2024.05.17 18:25 Fri

富山が法政大MF溝口駿の来季加入内定を発表 「結果で恩返し」

カターレ富山は17日、法政大学からMF溝口駿(21)の2025シーズン新加入内定および、2024年JFA・Jリーグ特別指定選手承認を発表した。 溝口は横浜FCのJrユース育ちで、法政大学第二高校に進学。豊富な運動量とカットインからの質の高いシュートが特長になるという。 クラブの公式サイトを通じて富山でのプロ入りを喜びつつ、意気込みを語っている。 「このたび、2025シーズンよりカターレ富山に加入することになりました、法政大学の溝口駿です。カターレ富山というクラブでプロサッカー選手のキャリアをスタートできることを大変嬉しく思います」 「ここまで支えてくれた両親やチームメイト、指導してくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちをプレーで表現し、結果で恩返しできるように頑張っていきます」 「カターレ富山のファン、サポーターの皆様、富山の勝利のために自分の持ち味を発揮し、チームに貢献できるように全力でプレーするので応援の程よろしくお願いいたします」 2024.05.17 15:20 Fri

京都新GMに大熊清氏が就任! J1最下位に沈むなかの入閣

京都サンガ F.C.は17日、大熊清氏(59)のゼネラルマネージャー就任を発表した。6月1日付での就任となる。 かつて日本代表でコーチを務め、FC東京や大宮アルディージャ、セレッソ大阪で監督やフロントを歴任した大熊氏。2019年から清水エスパルスのゼネラルマネージャー兼サッカー事業本部長となり、昨年末に退任した。 クラブを通じて、「京都サンガF.C.のスポンサー、ファン・サポーターの皆様、この度、京都サンガF.C.のゼネラルマネージャーに就任することになりました大熊清です」と挨拶の言葉とともに、意気込みを語った。 「伝統と歴史あるチームに大変光栄なお話をいただき感謝いたします。チームが闘う集団へ更に進化するために、フロント、スタッフ、選手と一丸となって仕事に取り組む所存です」 「スポンサー、ファン・サポーターの皆様に愛される強いチーム作りをクラブとともにやっていきたいと思います。今後もご支援・応援をよろしくお願いします」 曺貴裁監督のもとで4年目になる京都だが、今季のここまで明治安田J1リーグではホーム6戦全敗も響き、2勝3分け9敗。先週末にアウェイの浦和レッズ戦も0-3の敗北で4連敗を喫し、最下位に転落した。 2024.05.17 13:35 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly