アタランタがヴェローナの逸材CBロヴァート獲得! スパーズ行き望むロメロ後釜に?

2021.07.31 20:28 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは31日、エラス・ヴェローナからU-21イタリア代表DFマッテオ・ロヴァート(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となるが、1年間の延長オプションが付随している。なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は800万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。

パドヴァの下部組織出身のロヴァートはジェノアのプリマヴェーラでのプレーを経てセリエCのパドヴァでプロキャリアをスタート。その後、2020年1月にヴェローナに引き抜かれると、同年7月のアタランタ戦でセリエAデビューを飾った。

昨シーズンはアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(ローマ)、コソボ代表DFアミル・ラフマニ(ナポリ)と2人の主力の移籍によって出場機会を掴むと、セリエA24試合に出場。

高い戦術眼を生かしたカバーリングセンス、ラインコントロールを軸に地対空安定した対人対応、的確な配球と、総合力の高いセンターバックとして評価を高めていた。

なお、昨シーズンまでヴェローナを率いていたイバン・ユリッチ前監督はアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の愛弟子として知られており、両指揮官の志向するスタイルは非常に近い。

そのため、ロヴァートのアタランタへの順応は非常にスムーズに進むはずだ。

なお、ロヴァートの獲得を受け、トッテナム行きを熱望するアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)の交渉に動きが出てくるかもしれない…。

関連ニュース
thumb

吉田ら離脱でCB手薄なサンプドリアがヴェローナからマニャーニをレンタル!

サンプドリアは16日、エラス・ヴェローナからイタリア人DFジャンジャコモ・マニャーニ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 190cmの長身センターバックのマニャーニは、セリエCのシラクサでのプレーが評価されると、ペルージャでのプレーを経て、2018年夏にユベントスへ完全移籍。しかし、即座にサッスオーロへ買い戻しオプション付きのレンタルに出されると、以降はブレスト、ヴェローナへのレンタル移籍を繰り返し、2020年9月にはヴェローナに完全移籍で買い取られることになった。 そのヴェローナでは在籍1年半で公式戦41試合に出場。今シーズンここまではセリエA14試合に出場していた。 サンプドリアではガンビア代表DFオマル・コリーがアフリカ・ネーションズカップ参戦中で、日本代表DF吉田麻也も右太ももの負傷で1カ月程度の離脱が見込まれており、センターバックの補強が急務となっていた。 2022.01.16 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

【2021-22セリエA前半戦ベストイレブン】インテルから最多4選手選出

2021-22シーズンのセリエA前半戦が12月22日に終了しました。本稿では今季のセリエA前半戦ベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 GKマイク・メニャン(26歳/ミラン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:13(先発回数:13)/失点数: 12/出場時間: 1170分 10月中旬から約1カ月戦列を離れる時期があったものの、ミランの新正GKとして見事なパフォーマンスを披露した。ドンナルンマの代役として加入し、プレッシャーのかかる状況だったが、見事にはねのけて見せた。身体能力の高さを生かしたゴールキーピングに加えて安定感もあり、ドンナルンマが移籍した穴を感じさせなかった。 DFジオバニ・ディ・ロレンツォ(28歳/ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:1/出場時間:1710分 今季開幕前に行われたユーロでイタリアの優勝に貢献したディ・ロレンツォ。その経験を糧に挑んだ新シーズン前半戦、フルタイム出場で好調ナポリの一翼を担った。対人守備の強さを生かしたプレーを軸に、機を見た大胆なオーターラップで攻撃面でもアクセントとなった。攻守に質の高いプレーでナポリ不動の右サイドバックの地位を築いている。 DFミラン・シュクリニアル(26歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:2/出場時間:1530分 加入4季目の今季も3バックの右担当として安定感あるプレーを続けている。ソリッドな守備で自身のエリアを突破されることはほぼ皆無と、インテリスタとしては彼の存在があるだけで一安心といったところか。 DFフィカヨ・トモリ(24歳/ミラン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:17(先発回数:16)/得点数:0/出場時間:1471分 昨季チェルシーからレンタルで加入し、完全移籍に切り替わった今季、その期待通りの働きを見せた。相棒のDFケアーが負傷離脱することが多かった中、トモリが新ディフェンスリーダーとして重要な働きを担った。身体能力の高さを生かした守備範囲の広さ、堅実なディフェンスと、GKメニャンと共に前半戦のミランを後方から支えた。 DFアレッサンドロ・バストーニ(22歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:0/出場時間:1365分 レギュラーとして戦い抜いた昨季を経て、今季も成長を遂げている。試合を通して押し込む展開の多いインテルだが、その中でバストーニの攻撃面での貢献は日に日に増している印象だ。元々精度の高い左足から繰り出されるフィードも武器だったが、ここ最近は自身が持ち上がってのプレーで相手の守備を崩す場面も多く、バリエーションが増している。 MFニコロ・バレッラ(24歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:17(先発回数:17)/得点数:1/出場時間:1373分 ユーロでイタリア代表の優勝に貢献したバレッラ。年々飛躍を遂げているインサイドMFは、前半戦を終えて8アシストと多くのゴールシーンに絡んだ。ゴール数こそ1点に留まったが、シュートへの意識も高く相手にとってさらに危険な存在となっている印象だ。 MFマルセロ・ブロゾビッチ(29歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:19(先発回数:18)/得点数:0/出場時間: 1575分 29歳と円熟のクロアチア代表MFが黒子役ながらピッチ上のリーダーとして君臨した。的確なパスワークで味方を生かし、安定感あるゲーム運びの一助となった。 MFピオトル・ジエリンスキ(27歳/ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:19(先発回数:15)/得点数:5/出場時間:1185分 ファビアン・ルイスと共にナポリの攻撃を牽引。アタッキングサードで決定的な仕事ができるジエリンスキは常に相手に脅威を与えられる存在だ。両足から繰り出される精度の高いシュートでゴールを狙い、パスワークもそつがなく的を絞らせない。FWオシムヘンが伸び伸びとプレーできているのも彼の存在があるからに他ならない。 MFファビアン・ルイス(25歳/ナポリ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:15(先発回数:15)/得点数:5/出場時間:1287分 12月に負傷により戦列を離れるまで圧巻のパフォーマンスを披露した。ナポリ加入4季目の今季、ゲームメークからフィニッシュワークまで質の高いプレーを披露。正直、ケガさえなければ前半戦のMVPに相応しいパフォーマンスだった。 FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21歳/フィオレンティーナ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:19(先発回数:19)/得点数:16/出場時間: 1788分 FWムバッペやFWハーランドらと共に次世代のサッカー界を牽引するであろうストライカーの一人。昨季21ゴールを挙げてブレイクしたセルビア代表FWは、試合毎に粗さが削り落とされ、洗練された点取り屋へと変貌していっている。後半戦もどれだけゴールを重ねるか注目される。 FWジョバンニ・シメオネ(26歳/ヴェローナ) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211227_6_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 出場試合数:19(先発回数:14)/得点数:12/出場時間:1336分 今季、カリアリからヴェローナにレンタルで加入したシメオネ。昨季序盤もゴールを固め取りしていたが、今季はよりコンスタントにゴールを奪える選手に成長しつつある。とりわけユベントス戦やラツィオ戦、アタランタ戦と強豪相手にもゴールを奪っている点を評価したい。 2022.01.06 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

デパオリがサンプドリアからヴェローナにレンタル移籍

ヴェローナは3日、サンプドリアからイタリア人DFファビオ・デパオリ(24)レンタルしたことを発表した。契約は2022年6月30日までとなる。 キエーボの下部組織出身のデパオリは2019年夏にサンプドリアに加入。そのシーズンはセリエA29試合に出場したが、昨季はアタランタとベネヴェントにレンタル。アタランタではリバプール戦でチャンピオンズリーグデビューも果たしている。 今季¥はサンプドリアでスタートさせたが、ここまでの出場は6試合で108分のみ。心機一転に3つ目のクラブへのレンタルを決断した。なお、契約には買い取りオプションが付いている。 2022.01.03 19:26 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴェローナに逆転勝利のアタランタが6連勝《セリエA》

アタランタは12日、セリエA第17節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 前節ナポリ戦を3-2で制して5連勝とした4位アタランタ(勝ち点34)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグではビジャレアルに敗れてグループステージ敗退に終わった。そのアタランタはD・サパタやイリチッチらがベンチスタートとなってムリエルやパシャリッチがスタメンとなった。 10位ヴェローナ(勝ち点23)に対し、ムリエルを最前線に、2シャドーにパシャリッチとミランチュクを据えたアタランタは、守勢の入りを強いられると、17分にピンチ。ボックス内のシメオネに反転シュートでオンターゲットを記録されるもGKムッソがセーブした。 しかし22分、押し切られる。ファラオーニの浮き球パスでボックス右に抜け出したシメオネにGKの股間を抜くシュートを決められた。 失点したアタランタの反撃は33分。ミランチュクのヒールパスを受けたボックス中央のパシャリッチが右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 すると37分、試合を振り出しに戻す。ムリエルのパスをボックス中央で受けたペッツェッラがボールをキープ。スイッチしたミランチュクがシュートを蹴り込んだ。 リズムが出てきたアタランタは39分、パシャリッチのコントロールシュートで逆転に迫ったが、ここはGKモンティポにセーブされ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半開始7分、アタランタは失点のピンチ。しかし、タメゼのボレーシュートはゴールライン前のデミラルがクリアした。 すると59分には好機。CKの流れから直前に投入されていたイリチッチのラストパスを受けたデミラルが決定的なシュートに持ち込んだが、GKモンティポのセーブに阻まれた。 それでも62分、アタランタが逆転する。ルーズボールを拾った中央のコープマイネルスが左足を振り抜くと、DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 終盤にかけては危なげなく試合を進めたアタランタが2-1で勝利。CL敗退のショックを乗り越え、リーグ戦6連勝とした。 2021.12.13 01:01 Mon
twitterfacebook
thumb

好調ハマーズが新たなチェコ代表獲得に動く? セリエA屈指の大型攻撃的MF

ウェストハムがエラス・ヴェローナのチェコ代表MFアントニン・バラク(27)の獲得に動いているようだ。イタリア『Calcio Hellas』が報じている。 現在、プレミアリーグで4位と堂々とトップ4争いに食い込んでいるウェストハム。また、ヨーロッパリーグ(EL)ではグループ首位通過を決めており、シーズン中盤戦から終盤戦に向けては過密日程を強いられることになる。 そういった中、クラブは今冬の移籍市場においてイタリア代表DFアンジェロ・オグボンナの長期離脱によって手薄なセンターバック、フル稼働が続くジャマイカ代表FWマイケル・アントニオのバックアップ、アルジェリア代表FWサイード・ベンラーマのアフリカ・ネーションズカップ参戦が見込まれる2列目が重要な補強ポイントとなっている。 その中で2列目の補強に関しては、昨シーズン後半戦で驚異的なパフォーマンスで攻撃をけん引したマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFジェシー・リンガードの獲得を優先事項としてきたが、未だ交渉は難航中だ。 これを受け、新たなターゲットとして浮上しているのが、セリエA屈指の攻撃的MFとして知られるバラクだ。 2017年7月に母国のスラビア・プラハからウディネーゼへと完全移籍したバラクは、直近2シーズンはレッチェ、ヴェローナにレンタル移籍を繰り返し、今夏正式にヴェローナの一員となった。 チェコ代表として28キャップを誇る190cmのMFは、トップ下やセントラルMFを主戦場に、屈強なフィジカルと高精度の左足から繰り出されるラストパスや強烈なシュートを最大の特長とする8番タイプのプレーヤーだ。 今シーズンのセリエAでは15試合5ゴール3アシストの数字を残しており、国内外のクラブからの関心を集めている。 そして、MFトマス・ソウチェク、DFヴラディミール・ツォウファル、MFアレックス・クラルとチェコ人選手の活躍が際立ち、先日にはチェコ人実業家の株式取得が発表されたウェストハムは、4人目のチェコ人選手としてバラクに強い関心を示しているようだ。 『Calcio Hellas』によると、ウェストハムは同選手の獲得に1700万ポンド(約25億6000万円)程度のオファーを準備しているようだ。 2021.12.08 00:38 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly