C・パレスの新指揮官はヴィエラ氏に決定か! 条件面で合意

2021.06.29 22:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新監督探しに難航するクリスタル・パレスだが、パトリック・ヴィエラ氏(45)の新指揮官招へいで合意に至ったようだ。イギリス『アスレティック』が報じている。

パレスは今シーズン限りでロイ・ホジソン監督が退任。後任候補として、元チェルシー監督のフランク・ランパード氏や元ウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント氏、そしてバーンリーのショーン・ダイチ監督、元ドルトムント監督のルシアン・ファブレ氏、前バレンシア監督のハビ・グラシア氏らの名前が挙がっていた。

そういった混迷の指揮官探しだったが、イギリス屈指のフットボール・ジャーナリストであるデイヴィッド・オーンスタイン氏が伝えるところによれば、現時点で正式な契約には至っていないものの、ヴィエラ氏とパレスが条件面で合意に至ったという。

前述のファブレ氏のように合意から一転、破談という結末の可能性はぬぐえないが、今回に限っては交渉成立が濃厚のようだ。

現役時代にアーセナルやユベントス、インテル、フランス代表で輝かしい実績を残したヴィエラ氏。現役引退後はマンチェスター・シティのユースカテゴリーでの指導を皮切りに、ニューヨーク・シティFCと今シーズン途中までニースを率いていた。

ここまで指揮官としては目立った成績を残せていないが、新シーズンのプレミアリーグでは古巣アーセナルやシティを相手に番狂わせを起こすなど、パレスを躍進に導けるか…。

関連ニュース
thumb

C・パレスのヴィエラ監督が選手に呼びかけ 「より高い水準を目指そう」

クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が2021-22シーズンを振り返り、チームとしてのさらなる成長を誓った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 現役時代はアーセナルやユベントス、インテルなど数々のビッグクラブでプレーし、1998年に開催された自国開催のワールドカップ(W杯)では優勝メンバーとなった元フランス代表のヴィエラ監督。ニューヨーク・シティやニースなどの指揮を経て、2021-22シーズンからC・パレスに赴くと、昨年10月には後にプレミアリーグ連覇を成し遂げるマンチェスター・シティとのアウェイ戦を2-0の勝利で飾るなど、優れた手腕を発揮し、12位でフィニッシュした。 資金力に乏しいクラブを8シーズン連続のプレミア残留に導き、リーグの年間最優秀監督賞にもノミネートされたヴィエラ監督はクラブ公式サイトによるインタビューで、選手たちの絶え間ない努力を褒め称えつつ、来シーズンのさらなるパワーアップを呼びかけた。 「シーズンが深まるにつれて選手たちが進歩していった。このことには本当に満足している。来シーズンは彼ら一人ひとりに対して、より高いレベルの選手となることを要求するだろう。我々コーチングスタッフも試合展開の向上を目指さなければならない。選手には我々コーチングスタッフに対して新たな選択肢を提示してくれることを期待しているよ」 クリスタル・パレスはこれまで堅守速攻をベースとしてプレミア残留を目指すのがノルマだったが、ヴィエラ監督は就任1年目から攻撃的なスタイルを展開し、プレミアの舞台でクラブの過去最多タイとなる「50」得点、失点数「46」を記録。得失点差が「+4」となり、クラブ史上初めて得点数が失点数を上回るシーズンとなった。だが、ヴィエラ監督はまだまだゴールを積み重ねられると確信しているようだ。 「私たちはゴール数を増やせるはずだ。早く判断し、早く動き出し、そしてチャンスを作る。ゴールを奪うためのポジションを見つけて侵入する。ポゼッションやディフェンスの改善だって可能だ。私は周囲の人間に対して高い要求をする。自分自身に対してはもっと厳しい姿勢だ。来シーズンはチーム全員でより高い水準を目指そう」 2022.06.21 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

C・パレス、WBA退団のGKサム・ジョンストン獲得へ

クリスタル・パレスがWBAを退団したイングランド代表GKサム・ジョンストン(29)を獲得することで合意に至ったようだ。著名なイングランド人ジャーナリストであるアラン・ニクソン氏が報じている。 マンチェスター・ユナイテッドのユース出身であるジョンストンは、トップチームでの出場機会はなかったものの、2016-17シーズンから2シーズン在籍したアストン・ビラで台頭。2018年にはユナイテッドからの完全移籍でWBAに加入した。 そのWBAでは2020-21シーズンのプレミアリーグでのプレーを含め、在籍4シーズンで公式戦167試合に出場するなど守護神として活躍。また、出場試合数は3試合に留まるが、定期的にイングランド代表にも招集されている実力者だ。 WBAとの契約延長を固辞し、今シーズン限りでの退団が決定したイングランド代表GKに関しては、トッテナムなど幾つかのプレミアリーグのクラブが関心を示してきたが、新天地はイーグルスになる模様だ。 ニクソン氏によると、ジョンストンとパレスは2026年までの4年契約という条件で合意。近日中にも移籍が公式にアナウンスされる見込みだ。 今シーズンのパレスではスペイン人GKビセンテ・グアイタ(35)が守護神を担い、元イングランド代表GKジャック・バトランド(29)がセカンドGKを担ってきた。だが、グアイタと守護神を争うジョンストンの加入によって、バトランドの移籍が濃厚となった模様だ。 2022.06.18 15:20 Sat
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、マッカーサー&トムキンスの両ベテランと1年契約延長

クリスタル・パレスは7日、元スコットランド代表MFジェームズ・マッカーサー(34)とイングランド人DFジェームズ・トムキンス(33)の両選手と、2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 2014年夏にウィガンから加入したセントラルMFのマッカーサーは、これまでパレスで公式戦249試合に出場して19ゴール23アシストを記録。今季はプレミアリーグ21試合(うち先発は15試合)に出場していた。 一方、2016年夏にウェストハムから加入したセンターバックのトムキンスは、これまでパレスで公式戦124試合に出場して9ゴール2アシストを記録。今季はプレミアリーグ8試合(うち先発は6試合)に出場していた。 2022.06.07 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

PFA年間最優秀選手候補に2年連続受賞中のデ・ブライネら! 9日に発表へ

イングランドプロサッカー選手協会(PFA)は1日、2021-22シーズンのプレミアリーグにおけるPFA年間最優秀選手候補を発表した。 今季も優勝争い、残留争い、はたまたヨーロッパ大会の出場権争いで大いに盛り上がったプレミアリーグ。まだ余韻が残るなか、イングランド国内でプレーする選手を対象としたPFA年間最優秀選手賞の候補6名が決定している。 見事に連覇を成し遂げたマンチェスター・シティからは3年連続受賞の期待がかかるベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが唯一の候補入り。2位のリバプールからはエジプト代表FWモハメド・サラーら最多3選手がノミネートした。 また、トップ4フィニッシュに成功したトッテナムからはイングランド代表FWハリー・ケインが入ったが、サラーと並ぶ23ゴールでアジア人初の得点王に輝いた韓国代表FWソン・フンミンが候補からもまさかの落選となっている。 そして、マンチェスター・ユナイテッドからはタイトル争いどころか、チャンピオンズリーグ出場権すらも逃したりとチームとして散々だったなか、18ゴールと一人気を吐いたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが選出された。 なお、最優秀若手選手の候補者も発表。受賞者は9日に発表される。 ◆PFA年間最優秀選手候補 ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール) ハリー・ケイン(トッテナム) サディオ・マネ(リバプール) クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド) モハメド・サラー(リバプール) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) ◆PFA年間最優秀若手選手候補 フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ) コナー・ギャラガー(クリスタル・パレス) リース・ジェームズ(チェルシー) ジェイコブ・ラムジー(アストン・ビラ) ブカヨ・サカ(アーセナル) エミール・スミス・ロウ(アーセナル) 2022.06.02 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

罵倒したファンにローキックのヴィエラ監督はお咎めなしか?

ピッチに侵入したファンと揉めていたクリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督に対しての処分は行われないようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 事件が起きたのは19日。プレミアリーグ第33節の延期分でエバートンと対戦したクリスタル・パレスだったが、残留争いをする相手に2点をリードする。 一方のホーム最終戦だったエバートンは、勝てば残留が確定する可能性がある中、後半に立て続けに3ゴールを記録。3-2で見事に逆転し、最終節を残してプレミアリーグ残留を決めていた。 事件は試合後に発生。奇跡的な逆転劇で残留を決めたことに興奮したエバートンサポーターが大量にピッチになだれ込む事態に。その中で、1人のエバートンファンがピッチにいるヴィエラ監督へ罵声を浴びせかけていた。 あまりにもしつこいファンにヴィエラ監督が激怒。相手を掴むとローキックを見舞うことに。他のエバートンファンが間に入ったことで、その場は収まっていた。 相次ぐ問題を起こしているファンのピッチへの侵入は大きく問題視されている中、『BBC』によればイングランドサッカー協会(FA)は特にこの行為に措置を下さないと報道している。 マージーサイド警察もヴィエラ監督とファンの両方と話をし、事件に対して捜査を行うことはないと発表しているようだ。 しかしながら、ピッチへの侵入に関しては、FAが調査を行っているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】大逆転勝利で調子に乗ったファンの罵倒にヴィエラ監督がローキック!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XG92WBEWGhw";var video_start = 10;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.26 09:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly