新指揮官探し難航のスパーズ、モウと入れ替わりにローマ去ったフォンセカ招へいか?

2021.06.10 05:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新指揮官探しに難航するトッテナムが、今シーズン限りでローマを退団したパウロ・フォンセカ氏(48)と交渉を行っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏など複数メディアが報じている。

今年4月にジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、ライアン・メイソン暫定監督の下で今シーズンのプレミアリーグで7位フィニッシュしたトッテナム。

新シーズンに向けた最重要課題となる新指揮官探しでは、パリ・サンジェルマン(PSG)を指揮しているマウリシオ・ポチェッティーノ監督の再招へい、インテルを退任したばかりのアントニオ・コンテ氏の招へいに動いたが、いずれも交渉はまとまらず。

現在はアヤックスとの契約を更新したばかりのエリク・テン・ハグ監督、ブライトンのグラハム・ポッター監督、前ウォルバーハンプトン指揮官ヌーノ・エスピリト・サント氏など、様々な候補の名前が挙がっている。

そういった中、今回新たな候補として浮上しているのが、ポルトガル人指揮官のフォンセカ氏だ。

ロマーノ氏が伝えるところによれば、トッテナムはフォンセカ氏招へいに向けて3年契約での交渉を進めており、その話し合いには新フットボール・ディレクター就任間近と言われる元ユベントスのファビオ・パラティッチ氏も絡んでいるようだ。

先日にはエバートンの新指揮官候補に挙がっていたフォンセカ氏は、ノースロンドンでの仕事を熱望しており、トッテナムが同氏の招へいを決断した場合、交渉成立の可能性は高いようだ。

フォンセカ氏は前指揮官モウリーニョ監督と同じ戦術的ピリオダイゼーションをベースとする戦術家で、母国ではポルトやブラガなどの指揮官を歴任。また、シャフタール・ドネツクではリーグ3連覇など多くの国内タイトルを獲得した。

しかし、直近のローマでは得意とする[4-2-3-1]の布陣から[3-4-2-1]という新たな布陣を取り入れ、持ち味のポゼッションスタイルをベースに攻撃的なフットボールを志したものの、2シーズンを通じて守備面に多くの問題を抱えた結果、2年連続で目標のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃し、事実上の更迭となっていた。

トッテナムにとって決して理想的な指揮官とは言えないが、奇しくもモウリーニョの新天地となったローマの前指揮官を招へいすることになるのか…。

関連ニュース
thumb

ソン・フンミンがエリクセンにエール!カメラに向かって「クリスティアン、愛している」

トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンが元同僚のデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンにゴールを捧げた。 エリクセンは12日に行われたユーロ2020第1節のフィンランド代表戦で、先発出場を飾っていた。しかし、43分にスローインのボールを受けにいった際、接触がないにもかかわらず突然ピッチに昏倒。心停止してしまった同選手に対して、チームドクターやメディカルスタッフによる懸命の蘇生処置がとられた。その甲斐もあり意識が回復したエリクセンは、現在運ばれた病院で引き続き精密な検査が行われている。 エリクセンには多方面からエールやコメントが送られているが、韓国からはソン・フンミンが行動を起こした。 韓国代表は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でレバノン代表と対戦。2-1で勝利し、最終予選進出を決めた。フル出場したソン・フンミンは66分に決勝点となるPKを沈めると、カメラに向かって駆け寄り、エリクセンがトッテナム時代につけていた「23」を両手で作った後、「クリスティアン、強くあって、愛しているよ」と元同僚にゴールを捧げた。 2人はソン・フンミンがトッテナムに移籍した2015年からエリクセンがインテルに移籍した2020年1月までおよそ4年半にわたって一緒にプレー。イングランド代表FWハリー・ケインらとともにトッテナムの攻撃を牽引していた。 <span class="paragraph-title">【動画】ソン・フンミンがカメラに向かって「クリスティアン・エリクセン、愛しているよ」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Son Heung-min sends a message to former Spurs teammate Christian Eriksen after scoring for South Korea. Holds up fingers for Eriksen&#39;s shirt number and says &quot;Chris, stay strong, I love you.&quot; <a href="https://t.co/XgaOKTk1Yu">pic.twitter.com/XgaOKTk1Yu</a></p>&mdash; Jonathan White (@jmawhite) <a href="https://twitter.com/jmawhite/status/1403984297426448386?ref_src=twsrc%5Etfw">June 13, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.14 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

トッテナム新監督にフォンセカを招へいへ、今季までローマを指揮

トッテナムがパウロ・フォンセカ氏(48)を新指揮官として迎えるようだ。 今年4月にジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、ライアン・メイソン暫定監督の下で今シーズンのプレミアリーグを7位フィニッシュしたトッテナム。 新シーズンに向けた最重要課題となる新指揮官探しでは、パリ・サンジェルマン(PSG)を指揮しているマウリシオ・ポチェッティーノ監督の再招へいやインテルを退任したばかりのアントニオ・コンテ氏の招へいに動いたが、いずれも交渉は決裂した。 そんな中、有力候補として浮上していたのが前ローマ指揮官のフォンセカ氏。イギリス『ガーディアン』によれば、交渉は週末にかけて順調に行われ、招へいにこぎつけたようだ。 なお、契約期間は予定される2年に、1年間の延長オプションが付いている模様。発表は16日に行われる見込みだ。 ポルトガル人指揮官のフォンセカ氏は、母国でポルトやブラガなどの指揮官を歴任した後に、シャフタール・ドネツクで監督に就任。ウクライナでリーグ3連覇など多くの国内タイトルを獲得した実績を買われ、2019年夏にローマの監督に招へいされるも、2年連続で目標であるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃し、今シーズン限りで退任していた。 2021.06.14 16:59 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ会長、ケイン退団危機も「優勝したいのは我々も同じ」

トッテナムのダニエル・レヴィ会長が今夏の移籍市場について話した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは今シーズンのプレミアリーグで7位と低迷し、13年連続の無冠に終わったことから、不動のエースであるイングランド代表FWハリー・ケインの移籍報道が過熱。現在はユーロ2020に参加しているが、大会終了後にも動きがあると見られている。 その一方で、新たなマネージング・ディレクター(MD)として、ユベントスでスポーツ・ディレクター(SD)を務めていたファビオ・パラティチ氏を招へい。今夏の移籍市場での動向に注目が集まっている。 そんな中、クラブ公式サイトのインタビューに応えたレヴィ会長は「特定の選手について公の場で話すつもりはない」としながらも、去就不透明のケインについて言及。「優勝できないことに対する彼のフラストレーションは、クラブやサポーターも感じているということだ。優勝したいのは我々も同じだ」とし、みんな同じ考えであると忍耐を促した。 また、選手の放出についても「ファビオが就任したときに対処しなければならないことのひとつは、どの選手を残留させるか、どの選手に他のクラブを探してもらうかということだ。ここには市場がある。我々や、他のクラブの望むことが必ずしも実現できるとは限らないがね。我々はクラブにとって正しいことなら何でもする」と方針を示し、クラブにとって有益なことを行いたいと語った。 2021.06.14 13:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ファビオ・パラティチがトッテナムのマネージング・ディレクターに就任!

トッテナムは12日、ファビオ・パラティチ氏(48)がマネージング・ディレクターに就任したことを発表した。スポーツ面及びインフラなどの管理と開発に努めるようだ。契約は7月1日から有効となる。 同氏は2004年の現役引退後、サンプドリアでチーフ・オブザーバー兼スカウティング部長に就任し、管理職をスタート。そこで当時同クラブのゼネラル・ディレクターを務めていたジュゼッペ・マロッタ氏に才能を見いだされ、2010年5月に共にユベントスへ移籍した。 ユベントスでは、同時期に会長に任命されたアンドレア・アニェッリ氏によってスポーツ・ディレクター(SD)に就任。実績として、2013年のカルロス・テベス、2015年のパウロ・ディバラ、そして2018年のクリスティアーノ・ロナウドなどの獲得オペレーションを成功させた経験を持つ。 その後、2020年10月にはスポーツ部門全体を統括するマネージング・ディレクターに昇進するも、今年5月に契約満了をもってユベントスを退団していた。 トッテナムでは新監督が未定のままだが、パラティチ氏は新たな国での挑戦を楽しみにしていると意気込みを語っている。 「この素晴らしい機会に感激しており、私を信頼してくれたクラブと会長に感謝している。トッテナムはイングランド及びヨーロッパのトップクラブのひとつであり、野心的な長期計画を持っている」 「私はこの新しいプロジェクトに全力を尽くし、経営陣と協力してクラブの歴史に新たな、そしてできれば成功の章を刻むことを楽しみにしている」 2021.06.13 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム退団希望のオーリエ、PSG復帰迫る! 個人条件で合意

トッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(28)がパリ・サンジェルマン(PSG)復帰に近づいているようだ。 推進力が魅力のサイドバックとして、2017年夏にPSGからトッテナムに活躍の場を移したオーリエ。公式戦110試合出場で8得点の数字を残すが、先日にトッテナムと2022年までの契約を延長しない意思を示して、退団願望を明らかにした。 そんなオーリエはイギリス『Football Insider』によると、先月からPSGと交渉を続けるなかで、個人条件で合意。新たに4年契約を結んでのパリ凱旋となり、PSGもトッテナムの売却条件を満たして、完全合意に差し迫っている模様だ。 一方、新たなスポーツディレクター(SD)としてファビオ・パラティチ氏が着任見込みのトッテナムは新指揮官の招へいにも動いている状況。だが、オーリエは新指揮官の考えに左右されることなく、トッテナムを去ることになるようだ。 なお、トッテナムは今夏、アイルランド代表DFマット・ドハーティに続く新たな右サイドバックの獲得を目指すとのことだ。 2021.06.12 12:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly