新指揮官探し難航のスパーズ、モウと入れ替わりにローマ去ったフォンセカ招へいか?

2021.06.10 05:04 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新指揮官探しに難航するトッテナムが、今シーズン限りでローマを退団したパウロ・フォンセカ氏(48)と交渉を行っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏など複数メディアが報じている。

今年4月にジョゼ・モウリーニョ監督を解任し、ライアン・メイソン暫定監督の下で今シーズンのプレミアリーグで7位フィニッシュしたトッテナム。

新シーズンに向けた最重要課題となる新指揮官探しでは、パリ・サンジェルマン(PSG)を指揮しているマウリシオ・ポチェッティーノ監督の再招へい、インテルを退任したばかりのアントニオ・コンテ氏の招へいに動いたが、いずれも交渉はまとまらず。

現在はアヤックスとの契約を更新したばかりのエリク・テン・ハグ監督、ブライトンのグラハム・ポッター監督、前ウォルバーハンプトン指揮官ヌーノ・エスピリト・サント氏など、様々な候補の名前が挙がっている。

そういった中、今回新たな候補として浮上しているのが、ポルトガル人指揮官のフォンセカ氏だ。

ロマーノ氏が伝えるところによれば、トッテナムはフォンセカ氏招へいに向けて3年契約での交渉を進めており、その話し合いには新フットボール・ディレクター就任間近と言われる元ユベントスのファビオ・パラティッチ氏も絡んでいるようだ。

先日にはエバートンの新指揮官候補に挙がっていたフォンセカ氏は、ノースロンドンでの仕事を熱望しており、トッテナムが同氏の招へいを決断した場合、交渉成立の可能性は高いようだ。

フォンセカ氏は前指揮官モウリーニョ監督と同じ戦術的ピリオダイゼーションをベースとする戦術家で、母国ではポルトやブラガなどの指揮官を歴任。また、シャフタール・ドネツクではリーグ3連覇など多くの国内タイトルを獲得した。

しかし、直近のローマでは得意とする[4-2-3-1]の布陣から[3-4-2-1]という新たな布陣を取り入れ、持ち味のポゼッションスタイルをベースに攻撃的なフットボールを志したものの、2シーズンを通じて守備面に多くの問題を抱えた結果、2年連続で目標のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃し、事実上の更迭となっていた。

トッテナムにとって決して理想的な指揮官とは言えないが、奇しくもモウリーニョの新天地となったローマの前指揮官を招へいすることになるのか…。

関連ニュース
thumb

「ロナウドよりもベイル」元マドリーのドクターが見解「彼は最高のアスリート」

元レアル・マドリーのドクターが最高のアスリートについて言及した。 世界最高峰のアスリートは誰かと問われれば、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名を挙げる人は多いだろう。36歳となった今でも、強さ、ジャンプ力、スピードをすべて信じられないほどのレベルで備えた見本のような肉体を誇っている。 C・ロナウドは息子がポテトチップスを食べてコカ・コーラを飲んでいるのを見ると、いい気分にはならないようで、自身も先日のユーロ2020の記者会見では目の前のコーラを退けるなど、印象的な行動もとっていた。 だが、元マドリーのドクター、ヘスス・オルモ氏の考えは少々異なる様子。オルモ氏はC・ロナウドよりもレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルの方がより完全なアスリートであると信じているようだ。スペイン『イデアル』に次のように語っている。 「サッカー選手の身体的パフォーマンスレベルは、他のオリンピック選手とはかけ離れている」 「ただ、今はセルヒオ・ラモスのように近づいている選手も居る。ルーカス・バスケス、クリスティアーノ・ロナウドもだ。ケイロル(・ナバス)は驚異的な瞬発力があり、(ダニエル・)カルバハルは素晴らしいコンディションを持てている」 「ただ、おそらく私が見た中で最高のアスリートはガレス・ベイルだ」 「彼はどんなスポーツでも優れた能力をできる生まれながらのアスリートだ。彼は特異な遺伝学と運動能力を持っていて、技術的な能力もある」 「パフォーマンスがあってのことだが、彼はあらゆる状況から生じるすべての面で私に最も感銘を与えた人物だ」 ベイルはマドリー時代の2017年にレアル・ソシエダ戦で75メートルを独走してのゴールを挙げ、その際に時速22マイル(約35km)というクレイジーな最高速度を記録している。かつて痩せた子供だったベイルが何年もかけて肉体の構築に取り組んできたため、オルモ氏は感銘を受けているのだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】あなたはどっち派?!C・ロナウドとベイルの筋肉美</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gareth Bale&#39;s legs <a href="https://t.co/sWUddWmodR">pic.twitter.com/sWUddWmodR</a></p>&mdash; bob mortimer (@RealBobMortimer) <a href="https://twitter.com/RealBobMortimer/status/886531195214995456?ref_src=twsrc%5Etfw">July 16, 2017</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Recovery time! <a href="https://t.co/1NduH6HkFi">pic.twitter.com/1NduH6HkFi</a></p>&mdash; Cristiano Ronaldo (@Cristiano) <a href="https://twitter.com/Cristiano/status/1367191022963425283?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.04 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ケインの移籍願望に理解示すも、ネビル氏は練習無断欠席を批判「チームメイトを尊重すべきだ」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの振る舞いを批判した。イギリス『ミラー』が伝えている。 毎シーズン際立った成績を残しながらも、タイトルとは無縁の日々が続くケイン。昨シーズンも無冠に終わっており、シーズン終了後にはトッテナム退団を希望する趣旨のコメントを残した。しかし、3年の契約を残すトッテナムは最低でも1億5000万ポンド(約228億円)の移籍金を要求しており、獲得に関心を示すマンチェスター・シティとの交渉に進展はない。 こうした状況に業を煮やしてか、ユーロ2020後の休暇に入っていたケインは2日連続で練習を無断欠席。強硬手段をとることによって、移籍を進める考えだと報じられている しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したネビル氏は、ケインのこうした行動を批判。どんな事情があっても、選手である以上は義務を果たすべきだと語った。 「ハリー・ケインが月曜日にトッテナムのプレシーズンに合流する予定だったのなら、戻ってくるべきだった。トレーニングに来ない選手を擁護することはできない。それはとてもシンプルだ」 「私はハリーと一緒に仕事をしたことがあり、これほどプロフェッショナルなフットボーラーは見たことがなかったよ。これまですべてを正しくこなしていた彼だからこそ、真剣に悩んでいるのだろう。そして何か悪いことが起こって、あんなことをしたのかもしれない」 「しかし、それは弁解にはならない。彼はトレーニングに来るべきであり、チームメイトを尊重すべきだ。チームメイトと一緒に行動をするべきだったが、今では明らかに衝突しているね」 また、ネビル氏はシティとトッテナムの交渉がまとまるかは分からないとコメント。一方で、ケインがトッテナムではタイトルを獲得できないと考えていることについては理解を示した。 「シティは入札を行っているが、その金額は十分ではないね。ハリーは十分だと思っているかもしれないが、ダニエル(・レヴィ)の考えはそうではないのだろう」 「両者が歩み寄ることができるかだが、できればそうなって欲しいね。もし無理ならば、これから数週間は少し面倒なことになるだろう。なぜなら、ハリーは出て行きたがっている。それは間違いないからだ。数カ月前から、誰の目にも明らかだった」 「その理由はわかるよ。彼はトロフィーを勝ち取りたい、リーグタイトルに挑戦したいのだ。トッテナムでそれを実現するのは、おそらくこの先2、3年は無理だろう。この20~30年の間で、1回か2回を除いて彼らはそれができなかったからね」 2021.08.04 14:52 Wed
twitterfacebook
thumb

セルティックが元イングランド代表GKハート、アイルランド代表MFマッカーシーを完全移籍で獲得

セルティックは3日、トッテナムの元イングランド代表GKジョー・ハート(34)、クリスタル・パレスのアイルランド代表MFジェームズ・マッカーシー(30)の獲得を発表した。 ハートは2024年6月30日までの3年契約、マッカーシーは2025年6月30日までの4年契約を締結した。 ハートはマンチェスター・シティやバーミンガム・シティ、トリノ、ウェストハム、バーンリーなどでプレー。2020年8月にトッテナムへと完全移籍した。 キャリアを通じてプレミアリーグでは340試合に出場。127試合でクリーンシートを達成している。また、チャンピオンズリーグ(CL)でも39試合、セリエAでも36試合出場と経験豊富だ。 また一時期はイングランド代表の正守護神を務め、75試合に出場。ワールドカップに1度、ユーロに2度出場経験がある。 マッカーシーは、セルティックの下部組織出身で、ウィガンやエバートン、クリスタル・パレスでプレー。16年ぶりに古巣へと復帰することとなった。 プレミアリーグでは272試合に出場し13ゴール16アシスト。スコティッシュ・プレミアシップでも37試合に出場し6ゴール4アシストを記録している。 アイルランド代表としても42試合に出場している。 アンジェ・ポステコグルー監督は、両選手の獲得についてコメントしている。 「ジョーとジェームズの2人のトップクラスの選手と契約できたことを嬉しく思う。どちらもクラブレベル、国際レベルの両方で豊富な経験を持っており、チームに利益をもたらすだろう。私は両選手と一緒に働くことを楽しみにしている」 「我々のサポーターは両方の選手をよく知っていると思う。彼らはクラブに歓迎し、今後のシーズンに両選手がセルティックでプレーすることを楽しみにしている」 2021.08.04 11:25 Wed
twitterfacebook
thumb

2日連続で練習無断欠席のケインは今週末にチーム合流へ

トッテナムのトレーニングを2日連続で無断欠席しているイングランド代表FWハリー・ケインだが、今週末に一度チームに復帰する見込みだ。『ロンドン・イブニング・スタンダード』など複数のイギリスメディアが報じている。 昨シーズン終了後にクラブレベルでトロフィーを獲得するため、トッテナムからの退団を希望する趣旨のコメントをしたケイン。家族の事情もあり、プレミアリーグ残留を望む同選手は、センターフォワード獲得を目指すマンチェスター・シティ行きが盛んに取り沙汰されている。 そういった中、渦中のスパーズのエースは2日にトッテナムのトレーニング施設を訪れ、新シーズンに向けたトレーニングを開始する予定となっていた。だが、今夏の国内ライバルクラブへの売却を頑なに拒否するダニエル・レヴィ会長らクラブ首脳に対する抗議の意味合いか、同日トレーニング施設に姿を現すことはなかった。 さらに、翌3日も同じようにトレーニングを無断欠席しており、エースの振る舞いに失望するクラブサイドは罰金処分を科す模様だ。 そのため、両者の関係は急速に悪化の一途を辿っているが、現時点でシティがトッテナムの要求する1億6000万ポンド(約243億円)とも言われる高額なオファーを掲示する意思はなく、事態は膠着状態に陥る可能性が高い。 そして、これ以上の状況悪化を望まないケインはひとまず今週末に一度トレーニングに合流し、改めて今後の去就に関する話し合いを行うようだ。 2021.08.03 20:27 Tue
twitterfacebook
thumb

練習ボイコットのケイン、キャラガー氏は強硬手段に苦言「サポーターとの関係を壊すべきではない」

元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏が、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインに苦言を呈した。イギリス『デイリー・メイル』が伝えている。 昨シーズン、公式戦49試合出場33ゴール17アシストの成績を収め、プレミアリーグでは得点王とアシスト王を獲得したケインだが、チームはタイトルを1つもとることができなかった。いまだメジャータイトルと縁がないケインは、こうした結果もありシーズン終了後に退団を希望する趣旨のコメントを残している。 トッテナムからの退団を望む一方で、家族のためプレミアリーグ残留を希望しているケインに対しては、FWセルヒオ・アグエロが退団したマンチュエスター・シティが獲得に接近。しかし、3年の契約を残すトッテナムは最低でも1億5000万ポンド(約228億円)の移籍金を要求していると報じられており、ここまでクラブ間の交渉は進んでいない。 こうした状況を受けてか、ユーロ2020後の休暇に入っていたケインは、合流予定日とされていた2日のチーム練習に姿を現さず。練習ボイコットという強硬手段によって、移籍を進める考えだと報じられている。 下部組織時代から過ごしたクラブへの反抗に対して、マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏は自身の『ツイッター』で理解を表明。タイトルを求める選手の気持ちに寄り添う考えを示した。 「この報道が事実だとして、ハリー・ケインの退団戦術が間違っているとは言わないよ。ハリーはトロフィーを欲しがっているんだ。そして彼はもう若くはない」 一方で、キャラガー氏は自身の『ツイッター』でファーディナンド氏とは真逆の意見を表明。移籍を希望する気持ちに対しては理解を示しつつ、方法が間違っていると非難した。 「(ファーディナンド氏の意見には)同意できない。トレーニングに出てこないという判断は間違っていると思うからだ。彼が(トッテナムを)出ていきたがっているのは皆が知っているし、その理由もよくわかっている」 「だからといって、ハリーは移籍するために自分の名前や、自分を崇拝するサポーターとの関係を壊すべきではない。スパーズはいつだって、彼のクラブであったはずだ」 2021.08.03 17:51 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly