アサモア、カリアリ加入へ向け現地に出発! ゴディン&ナインゴランと再会か

2021.01.26 02:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨季限りでインテルを退団し、現在は無所属の元ガーナ代表DFクワドゥオ・アサモア(32)が、新天地がカリアリで決定機的となったようだ。イタリアの著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が報じている。

ウディネ―ゼでプロデビューしたアサモアは、2018年にユベントスを退団しインテルに加入。加入初年度は公式戦42試合に出場し2アシストを記録する活躍を見せたが、アントニオ・コンテ監督の就任した昨季はケガの影響もあり出場機会が激減。

契約最終年となった今シーズンに至っては、セルビア代表DFアレクサンダル・コラロフや元イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンの加入で完全な構想外となっていた。これを受け、アサモアは昨年10月にインテルと契約を解消していた。

今回の報道によれば、すでにアサモアはカリアリのメディカルチェックを受けるため、本拠地のあるサルデーニャ島に向かっている模様。なお、メディカルチェックの前に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査を受ける必要があるとのことだ。

現在セリエAの18位に位置するカリアリには、インテル時代の同僚であるウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンと元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが所属している。

関連ニュース
thumb

カリアリ、2月に解任したディ・フランチェスコ氏との契約解消を発表

カリアリは7日、2月に解任していたエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(51)との契約を双方合意の上で解除したことを発表した。 かつてサッスオーロやローマなどを率いたディ・フランチェスコ氏は2020年8月にカリアリの監督に就任。1月にカリアリとの契約を2023年まで延長したが、成績不振から翌月に解任されていた。 解任後もなかなか新天地が決まらないディ・フランチェスコ氏の給料を負担していたカリアリだが、この度早期の契約解除で合意に至ったとのことだ。 なお、イタリア『Tuttomercatoweb』によればディ・フランチェスコ氏はエラス・ヴェローナの新指揮官に就任する予定だという。 2021.06.08 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

カリアリに痛恨ドローのミラン、CL出場権争いは最終節で決着へ《セリエA》

ミランは16日、セリエA第37節でカリアリをホームに迎え、0-0で引き分けた。 前節トリノ戦をイブラヒモビッチを負傷で欠いた中、7発圧勝とした3位ミラン(勝ち点75)は、勝利すれば来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得となる中、トリノ戦のスタメンからカスティジェホに代えて出場停止明けのサーレマーケルズを起用した。 残留を決めた15位カリアリ(勝ち点36)に対し、ミランが敵陣で試合を運んでいくと、18分にサーレマーケルズが強烈なミドルシュートでGKを強襲した。 その後も一方的に押し込む展開としたミランは、31分にカラブリアがミドルシュートで牽制したが、自陣に引くカリアリを崩し切れない、前半追加タイムには好位置での直接FKをチャルハノールが狙うも壁に当たり、前半をゴールレスで終えた。 後半からサーレマーケルズに代えてレオンを投入したミランは、2列目を右からディアス、チャルハノール、レオンと並べた。そのミランが引き続き攻めあぐねると、54分に大ピンチ。しかし、ゴール至近距離からのパヴォレッティのヘディングシュートはGKドンナルンマが防いだ。 さらに65分、CKからゴディンのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここも守護神ドンナルンマがファインセーブで凌ぐ。 流れの悪いミランは後半半ば以降もチャンスを生み出せず時間が経過していく。終盤にかけては攻勢に出たミランだったが、ゴールは奪えず0-0でタイムアップ。 3位を死守しているミランだが、4位ナポリに勝ち点で並ばれ、5位ユベントスには1ポイント差とされた中、2013-14シーズン以来のCL出場権獲得は最終節アタランタ戦に委ねられることになった。 2021.05.17 05:42 Mon
twitterfacebook
thumb

試合終了間際被弾で痛恨ドローのナポリ、CL圏外転落の可能性《セリエA》

ナポリは2日、セリエA第34節でカリアリをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節トリノに快勝として3位浮上としたナポリ(勝ち点66)はオシムヘンを最前線に、2列目に右からロサーノ、ジエリンスキ、インシーニェと並べる[4-2-3-1]で臨んだ。 3連勝で降格圏を抜け出した17位カリアリ(勝ち点31)に対し、ナポリが押し込む展開とすると、13分に先制する。インシーニェの浮き球パスをボックス内で受けたオシムヘンがDFを制してシュートを蹴り込んだ。 先制後もナポリが試合をコントロールしていたが、前半半ば以降にピンチ。まずは28分、ルーズボールに反応したパヴォレッティに右ポスト直撃のシュートを浴びる。 さらに42分、パヴォレッティのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKメレトが好守で凌いだ。 ナポリが1点をリードして迎えた後半、51分にナポリに追加点のチャンス。しかし、デンメの強烈なミドルシュートはバーを直撃した。 その後も攻め立てたナポリは61分、ジエリンスキがGK強襲のシュートを浴びせれば、インシーニェやオシムヘンがゴールに迫っていく。 終盤にかけてもナポリが主導権を握る展開が続いていたが、試合終了間際の追加タイム4分に落とし穴。ダンカンのロングフィードに反応したボックス右のナンデスにボレーで蹴り込まれた。 このまま1-1でタイムアップ。勝ち点1を積み上げるに留まり、このあと試合を行うユベントスが勝利を収めると、CL圏外の5位に後退する可能性が生まれている。 2021.05.03 00:27 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリに降格圏脱出の勝ち点3献上のローマが痛恨の敗戦…トップ4絶望的となった中でELユナイテッド戦へ《セリエA》

セリエA第33節、カリアリvsローマが25日にサン・エリアで行われ、ホームのカリアリが3-2で勝利した。   2戦未勝利でトップ4フィニッシュが絶望的となった7位のローマ(勝ち点55)。来週ミッドウィークにマンチェスター・ユナイテッドとのヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグを控える中で降格圏に沈む18位のカリアリ(勝ち点28)と対戦した。注目の先発は負傷明けのスモーリングを復帰させたほか、サントンやファシオ、カルレス・ペレスといった控え選手を起用し、ジェコやムヒタリアンといった一部主力を温存した。   試合は開始早々に動く。4分、相手陣内右サイド深くで強引に仕掛けたナンデスがボックス内に侵入してグラウンダーのクロスを入れると、中央に飛び込んだジョアン・ペドロが巧みなワンタッチでファーに流す。これをフリーのリコギアニスが冷静に流し込んだ。   緩い入りからいきなり先手を奪われたローマはここからボールを握って相手を押し込んでいく。17分には右サイドから細かいタッチのドリブルでボックス付近まで運んだカルレス・ペレスが左足を振り抜くが、これは惜しくも枠の左に外れた。   その後はなかなか決定機まで持ち込めない停滞した状況が続くローマだったが、前半半ば過ぎに同点に追いつく。27分、バイタルエリアで縦に仕掛けたペッレグリーニが絶妙なショートスルーパスをボックス右に走り込むカルレス・ペレスに通すと、最初のシュートは右ポストを叩くも跳ね返りを自ら回収してゴール至近距離からのシュートをきっちり決め切った。   早い時間帯の同点ゴールによって落ち着きを取り戻したアウェイチームは、ジョアン・ペドロの決定機をGKパウ・ロペスのファインセーブで凌ぐ場面こそあったものの、冷静にゲームをコントロール。35分にはFKの場面でカルレス・ペレスのクロスをボックス右のファシオがヘディングシュート。だが、これはGKヴィカーリオの好守に阻まれた。   1-1のイーブンで折り返した試合は、後半もカリアリがシメオネ、ローマがマジョラルと立ち上がりに決定機を作り合うオープンな入りに。その中で、残留に向けて勝ち点3必須のカリアリが後半も先に前に出る。57分、ボックス手前でシメオネからの短い落としを受けたマリンが強烈な右足のミドルシュートをゴール左隅の完璧なコースに突き刺した。   再び追う展開となったローマは週明けのユナイテッド戦も考慮しながら59分に3枚替えを敢行。スモーリング、ペッレグリーニ、サントンを下げてクリスタンテ、ムヒタリアン、カルスドルプと主力を投入する。だが、直後の64分には相手に与えた右CKの場面でキッカーのマリンがニアに入れたボールをジョアン・ペドロに頭で合わせられ、痛恨の3失点目を喫した。   その後、69分にカルレス・ペレスの左CKをファシオが頭で合わせてすぐさま1点を返したローマは、ここからリスクを冒して同点、逆転を目指していく。制空権を握るセットプレーを軸にマンチーニ、カルレス・ペレスがゴールに迫るが、相手の粘りの守備に撥ね返される。   試合最終盤には長身センターバックのファシオを上げた決死のパワープレーを仕掛けたものの、最後までゴールをこじ開けることはできなかった。この結果、カリアリに降格圏脱出となる重要な勝ち点3を献上したローマは格下相手の連敗で逆転でのトップ4フィニッシュが絶望的となり、厳しいチーム状態でユナイテッド戦に臨むことになった。 2021.04.26 03:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ダルミアンのゴールでウノゼロ勝利のインテル、2位ミランと11ポイント差をキープ《セリエA》

インテルは11日、セリエA第30節でカリアリと対戦し、1-0で勝利した。 8日に延期されていた第28分の節サッスオーロ戦を消化し、リーグ戦10連勝としたインテル。第29節終了時点で2位のミランとは11ポイント差で、11シーズンぶりのスクデットに迫っている。 すでに前日にミランが勝利を収めた中、11連勝を狙う今節のスタメンは前節から4人変更。ハキミ、ガリアルディーニ、バレッラ、ラウタロ・マルティネスに代わって、バストーニ、センシ、ブロゾビッチ、サンチェスが起用された。 立ち上がりはリズムを作る前にカリアリに押される時間帯もあったインテルだが、時間の経過と共に相手を押し戻していく。その中で、ギアを上げるかのように、エリクセンがボックス手前から強烈なミドルシュートでカリアリゴールを強襲。だが、この試合がセリエAデビューとなる24歳のGKヴィカーリオが好セーブを見せる。 ここからほとんどワンサイドゲームを展開していくインテル。18分にサンチェスがネットを揺らしたが、ここはオフサイド。24分には、リーグ戦11試合ぶりの出場で今季2度目の先発となったセンシが、左45度の角度から右足シュートへ。こちらは惜しくも右に外れてしまったが、ホームチームがいつ得点してもおかしくない展開となる。 それでもデビュー戦とは思えない安定したパフォーマンスを見せるGKヴィカーリオを中心にカリアリが水際で失点を防ぐ。40分のダルミアンの至近距離からのシュートも防ぎ、無失点で後半を迎えると、その立ち上がりのセンシの強烈なシュートもヴィカーリオがファインセーブ。 完全に調子に乗ってしまったか、57分のエリクセンのブレ球ミドルシュート、61分のルカクの右足シュートもGKヴィカーリオがセーブ。69分の右CKの場面では、デ・フライが頭で合わせるが、これはクロスバーに直撃してしまう。 70分の時点でインテルのシュートは12本。その内7本が枠に飛んでいるものの、ここまでネットを揺らせず。そこで交代カードを切り、サンチェスとヤングを下げて、ラウタロ・マルティネスとハキミを投入した。 するとこの交代が功を奏す。77分、右ウイングバックに入ったハキミがルカクとのワンツーで深い位置まで侵入。ゴール前への折り返しをダルミアンが押し込んで、ようやく堅い扉を開いた。 その後、エリクセンやセンシ、そして殊勲のダルミアンを休ませたインテルは、終盤にパヴォレッティのヘディングシュートでゴールに迫られるが、最後まで失点を阻止し、ウノゼロ勝利。リーグ戦11連勝でスクデットにまた一歩近づいた。 2021.04.11 21:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly