久保建英、バルサ下部組織出身のチームメイトに「特徴はよく理解できる」、アレーニャは久保について「連携するのは容易い」

2021.01.19 10:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ⒸGetafe C.F.
ヘタフェに加入した日本代表MF久保建英とスペイン人MFカルレス・アレーニャが入団会見に臨んだ。降格圏に位置していたヘタフェは、ラ・リーガ残留に向けて今冬に選手を補強。ホセ・ボルダラス監督が求めていた攻撃のクオリティを持っている選手として久保、中央でプレーできる選手としてアレーニャをそれぞれレンタル移籍で獲得した。


レアル・マドリー、バルセロナから両選手を獲得したヘタフェは、11日に行われたエルチェ戦でいきなり両選手を起用。アレーニャは先発出場、久保は途中出場を果たすと、久保のプレーが2ゴールを生み出し、残留を争う相手に逆転勝利を収めていた。

すでにデビューを果たしている両選手は、それぞれ入団会見に臨み記者からの質問に応対。互いの印象についてコメントした。

アレーニャは久保について質問されると「タケは皆も知っている通り、とても質の高い選手で、理解し合うのは簡単さ。サッカーをわかっているし、動きや目的もわかっているから、そういう選手とプレーするのは楽なんだ」と久保の能力の高さを評価。「(エルチェ戦では)ゴールが入りそうなプレーもあったし、(ハイメ・)マタのゴールも2人の動きから始まった。切り返しやシュートもとても上手い」と、エルチェ戦でのプレーぶりも評価していた。

久保とは初めてチームメイトになるが「少しずつ、彼とは互いに知り合っていくことになる。僕たちは1度も同じチームでプレーしたことがないからね。タケみたいな選手とは連携するのは容易いし、きっと僕たちはチームが目標を達成するため、大きな貢献ができると思う」とコメント。チームの残留に向けて力になれると語った。

一方で、久保はアレーニャ、そしてMFマルク・ククレジャと元バルセロナの選手と一緒にプレーすることについて問われ「カルレス(アレーニャ)ともクク(ククレジャ)とも一緒にプレーしたことはないけど、彼らとは基本的によく理解し合えている。彼らだけでなく、他の選手も僕を色んな面で助けてくれた。僕が居心地良く感じられるようにね」とコメント。「練習の後にはテクニカルスタッフがチームが守備的に、攻撃的にどうなのかを教えてくれて、それが素早く自分がチームに適応するのに役立っている。バルサのカンテラが持つ特徴は互いによく理解できる助けになっているよ」と語り、バルセロナのカンテラで育った選手同士分かり合えると印象を語った。
関連ニュース
thumb

久保途中出場のヘタフェがアランバリのスーペルゴラッソで10人のバレンシア撃破! 7戦ぶりの白星に《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第25節、ヘタフェvsバレンシアが27日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが3-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英は85分からプレーした。 直近4連敗で6戦未勝利と泥沼の状態にある15位のヘタフェ(勝ち点24)が、12位のバレンシア(勝ち点27)をホームで迎え撃った一戦。3戦連続途中出場の久保はこの試合でもベンチスタートとなった。 共に[4-4-2]の堅守速攻スタイルを採用した両チームは、完全にかみ合う形で立ち上がりからバチバチと球際でやり合う。 中盤での潰し合いが目立つ中、切り替えの精度、最終ラインと2トップの駆け引きでやや勝るヘタフェがよりフィニッシュまで持ち込むが、深刻な得点力不足に悩むホームチームは最後の部分でうまくいかない。 ゴールレスでの折り返し濃厚かに思われたが、ヘタフェの誇る飛び道具が6戦ぶりのゴールをもたらした。39分、相手陣内中央距離のある位置でDFコレイアのヘディングのクリアを回収したアランバリがすかさず右足を振り抜くと、右足アウトにかかった鋭いシュートが戻りながらの対応となったGKシレッセンの手を弾いてゴール右上隅の完璧なコースに決まった。 アランバリのスーペルゴラッソによって1点リードで試合を折り返したヘタフェは、後半立ち上がりに数的優位まで手にする。51分、バックパスを受けたディアカビにプレッシャーをかけてボールを奪ったマクシモビッチが入れ替わり際で倒されると、決定機阻止のディアカビにレッドカードが掲示された。 この好機に畳みかけるホームチームは直後にボックス内に抜け出したウナルの決定機はシュートを枠の右に外すが、55分にはロングボールをウナルが背後に落としたところに抜け出したマタが相手DFの寄せをものともしないキープから右足の強烈なシュートを突き刺し、貴重な追加点を奪い切った。 その後も危なげなく試合を進めるヘタフェは85分、殊勲のアランバリ、マタらを下げて久保、アレーニャ、ティモルを一気に投入し、試合を締めにかかる。 すると、87分には左サイドでのボール奪取からクチョ・エルナンデスがボックス左で放ったシュートのこぼれ球をボックス中央に走り込んだアレーニャが右足ボレーで合わせ、勝利を決定づける移籍後初ゴールとした。 その後、90分にはアレーニャのシュートのこぼれ球に反応した久保がボックス右から右足のシュートを放つが、枠を捉えた際どいシュートはGKの好守に阻まれ、アレーニャに続く待望のゴールとはならず。 それでも、バレンシアの反撃を無失点で凌ぎ切ったヘタフェが6戦ぶりのゴールを含む3ゴールを挙げて待望の7戦ぶりの白星を手にした。 2021.02.28 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルハ・イグレシアスのPK弾に沈んだヘタフェが4連敗…久保は80分からプレーも見せ場なし《ラ・リーガ》

久保建英の所属するヘタフェは19日、ラ・リーガ第24節でベティスと対戦し0-1で敗戦した。久保は80分からプレーしている。 3連敗中の14位ヘタフェ(勝ち点24)が、7位ベティス(勝ち点33)のホームに乗り込んだ一戦。ヘタフェの久保は3試合連続のベンチスタートとなった。 ヘタフェは開始早々の6分にミスからピンチを迎える。カバコのバックパスをボックス内でカットしたロレンが、飛び出したGKをかわしシュート。しかし、これは右サイドネットに外れた。 ボールを持たれる展開の続くヘタフェは、22分にもグアルダードのミドルシュートでゴールを脅かされたが、これはGKソリアが左手一本で弾き出す好セーブで難を逃れた。 押し込まれながらも何とか失点を防ぐヘタフェだが、攻撃では決定機まで持ち込めず、枠内シュート0本で前半を終えた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベティス。58分、ルイバルの右クロスをボックス手前で受けたカナレスがトラップでゴール前まで抜け出しシュート。しかし、これはGKソリアのセーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、ヘタフェは72分にチャンス。中盤でボールを奪ったアランバリがカウンターを仕掛けると、クチョ・エルナンデスとのワンツーでボックス内まで持ち上がりシュート。これは好反応を見せたGKロブレスに防がれた。 千載一遇のチャンスを逃したヘタフェは75分、ロングスローをボックス右で奪い合ったチャクラの手がボルハ・イグレシアスの顔に当たり、PKを献上。しかし、カナレスPKはコースを完璧に読みきった守護神ソリアが弾く。こぼれ球を詰めたカナレスのシュートも枠の上に外れた。 ピンチを凌いだヘタフェは、81分にニョムを下げて久保を投入。しかし、再びチャンスを迎えたのはベティスだった。 83分、ミランダのスローインをボックス左で受けたボルハ・イグレシアスがチャクラに倒され、ベティスがこの試合2度目のPKを獲得。このPKがボルハ・イグレシアスがゴール左に決めた。 結局、これが決勝点となりベティスが勝利。敗れたヘタフェは4連敗となった。 2021.02.20 07:25 Sat
twitterfacebook
thumb

「クボなし、アレーニャなし、ボルダラスはオリジナルに戻った」2試合連続ベンチの久保の評価は上々

久保建英の所属するヘタフェは14日、ラ・リーガ第23節でレアル・ソシエダと対戦し、0-1で敗戦した。久保は58分からプレーした。 2連敗中の13位ヘタフェ(勝ち点24)が、前節5試合ぶりの白星を飾った6位ソシエダ(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。5試合ぶりの勝利を目指すヘタフェは、前節のレアル・マドリー戦からスタメンを2人変更。久保は2試合連続のベンチスタートとなった。 ヘタフェは中々シュートチャンスを作れず、前半を1点ビハインドで折り返すと、58分にDFダミアン・スアレスとMFネマニャ・マクシモビッチを下げて久保とMFカルレス・アレーニャを投入。66分には、直接FKのこぼれ球を拾ったMFマウロ・アランバリのパスを受けた久保が右クロスを供給。これをFWクチョ・エルナンデスが頭で合わせたが、シュートはゴール右に外れた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13kn31hwuanpg1gb3eze737joe" async></script></div> 中々ボールを触れなかった久保だが、ボールを持った時にはチームの攻撃を活性化。現地紙からもその点については評価されている。 スペイン『アス』の採点(3点満点)では、ヘタフェの選手で久保のみが2点の単独最高評価。「今回は純粋なウインガーとしてプレーし、2つの良いアクションで危険を生み出した」としている。 一方、スペイン『マルカ』の採点(3点満点)では、ヘタフェの選手全員が採点なしか1点の評価となり、久保は1点だった。チーム全体については、「ボルダラスは元々のイレブンに戻した。久保なし、アレーニャなし、どちらも途中出場だった。彼はタフでプレッシャーのあるチームを構成した」と2人の新戦力を獲得する前のメンバーに戻したボルダラス監督の判断に注目している。 結局、枠内シュート0で試合を終えたヘタフェは3連敗。19日に行われる第24節ではレアル・ベティスとアウェイで対戦する。 2021.02.15 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「頼りにしていた」システム変更、久保建英が2試合連続ベンチをヘタフェ監督が説明「守備の堅実さを失っていた」

2試合連続でベンチスタートとなった日本代表MF久保建英だが、ヘタフェのホセ・ボルダラス監督がシステム変更について言及した。スペイン『マルカ』が伝えた。 ヘタフェは14日、ラ・リーガ第23節でレアル・ソシエダと対戦。試合は0-1で敗れ、引き分けを挟んでリーグ戦4連敗となってしまった。 久保の他、バルセロナからMFカルレス・アレーニャを獲得したヘタフェは、システムを[4-4-1-1]に変更して戦うと、連勝を記録。降格圏を脱したが、その後の5試合は1分け4敗と結果が出ていない状況だった。 久保が2試合連続でベンチスタートとなった他、アレーニャもベンチスタートとなり、前節のレアル・マドリー戦から従来の[4-4-2]にシステムを変更していた。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=df569wvbmvf51kwoqqghccpva" async></script></div> ボルダラス監督は、試合後にシステム変更の理由について説明。新戦力を評価しながらも、守備面の強さを取り戻したかったと説明した。 「システムもデザインも、今まで使っていた火曜日(レアル・マドリー戦)で採用したものと同じで、何年も使っている。他の試合では変更していたが、最後の2試合は元の戦術に戻した」 「選手がやってきて、彼らは我々を助けにきた。彼らは先発したが、彼らのせいではなく、チームはゴールを与えていた。我々は守備の堅実さを失っていた」 「3試合で10失点していたので、守備的に自分たちを正そうとしていた」 一方で、久保やアレーニャなど新戦力の評価が下がったわけではないと説明。頼りにしていると信頼感を語り、チームの助けになってもらいたいと語った。 「頼りにしていたので、いつでも出番はあった。すでに助けてもらっており、結果が出ていないが、これからも助けてくれるだろう」 2月15日 11:49 2021.02.15 11:55 Mon
twitterfacebook
thumb

低調ヘタフェ、イサク弾に沈み3連敗…久保は58分からプレーも見せ場を作れず《ラ・リーガ》

久保建英の所属するヘタフェは14日、ラ・リーガ第23節でソシエダと対戦し、0-1で敗戦した。久保は58分からプレーした。 2連敗中の13位ヘタフェ(勝ち点24)が、前節5試合ぶりの白星を飾った6位ソシエダ(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。5試合ぶりの勝利を目指すヘタフェは、前節のレアル・マドリー戦からスタメンを2人変更。久保は2試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりからポゼッションで上回るソシエダに対し、ヘタフェは中盤からのアグレッシブな守備でカウンターを狙う。互いに互いに慎重な姿勢を崩さないためにシュートシーンのない展開で推移した中、ソシエダがファーストチャンスをモノにする。 30分、右サイドでパスを受けたサルドゥアがGKの出れない絶妙なクロスを供給すると、ファーサイドから走り込んだオヤルサバルがボレーシュート。これはクロスバーに弾かれたが、こぼれ球をイサクが押し込んだ。 ハーフタイムにかけてはソシエダが勢いを持ってヘタフェ陣内に攻め込んでいく。しかし、集中して守るヘタフェ守備陣を崩すことができず、前半は0-1で終了した。 迎えた後半も膠着状態が続く中、ヘタフェは58分にダミアン・スアレスとN・マクシモビッチを下げて久保とアレーニャを投入。すると66分、直接FKのこぼれ球を拾ったアランバリのパスを受けた久保が右クロスを供給。これをクチョ・エルナンデスが頭で合わせたが、シュートはゴール右に外れた。 1点を追うヘタフェは、73分にウナルとポルティージョ、78分にアンヘルと立て続けに攻撃的な選手をピッチに送り出すと、その後は敵陣に押し込む時間を増やしたが、やはり決定機を生み出すには至らない。 後半アディショナルタイムには、カルロス・フェルナンデスと口論となったボルダラス監督が退席処分となり、万事休す。結局、枠内シュート0で試合を終えたヘタフェは3連敗。一方のソシエダは、18日に行われるヨーロッパリーグへ向けて弾みを付ける連勝となった。 2021.02.15 00:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly