久保建英のヘタフェ移籍が正式決定! 今季終了までのレンタル移籍

2021.01.08 23:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは8日、レアル・マドリーから日本代表MF久保建英(19)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

2019年7月にFC東京からレアル・マドリーへと移籍した久保。2019-20シーズンのプレシーズンはマドリーで過ごしたものの、マジョルカへとレンタル移籍。そのマジョルカではラ・リーガで35試合に出場し4ゴール5アシストを記録する、上々のプリメーラデビューシーズンを飾った。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間以降はチームの軸となり、残留争いの中で奮闘するも、チームはセグンダ・ディビシオン(2部)に降格していた。


武者修行を続ける久保は、ステップアップし今シーズンはビジャレアルへとレンタル移籍。ヨーロッパリーグ(EL)では、5試合で先発起用され、初戦のシヴァススポル戦では1ゴール2アシストと大活躍を見せていた。

一方、ラ・リーガでは開幕から13試合連続で出場を果たしていたものの、ウナイ・エメリ監督の信頼を得られず先発出場はわずか2度。ほとんどが試合終盤からの途中出場となっていた中、12月後半の3試合ではベンチに座ったまま出場機会なし。すると、今月2日に行われたラ・リーガ第17節のレバンテ戦では、今シーズン初のベンチ外となっていた。

エメリ監督は久保のメンバー外については、出場機会を求めて退団を希望したためと明かしていたが、その言葉通りヘタフェへの移籍が決定した。

問題となっていたレンタル料に関しては、ビジャレアルがマドリーに支払った250万ユーロ(約3億1700万円)の一部を補うことはしないものの、今シーズンの成果による出来高をビジャレアルに支払うことで合意したと報じられていた。

ヘタフェは、今シーズンのラ・リーガで現在16試合を終えて16位と低迷。久保の加入で残留を掴めるか注目が集まる。

なお、ヘタフェは10日にラ・リーガ第18節のエルチェ戦を控えているが、準備期間などを考慮すれば、新天地デビューは20日に開催されるFW岡崎慎司を擁するウエスカとの一戦となりそうだ。

コメント
関連ニュース
thumb

12戦勝ちなしの18位カリアリ、ディ・フランチェスコ監督と契約延長

カリアリは24日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(51)との契約延長合意を発表した。新たな契約期間は2023年6月30日までとなる。 かつてサッスオーロやローマなどを率いたディ・フランチェスコは2020年8月、2年契約でカリアリの監督に就任。セリエAのここまで3勝5分け11敗の18位に位置している。 目下公式戦7連敗で昨年11月末の勝利を最後に12試合も勝利から遠ざかるディ・フランチェスコ監督だが、カリアリが1年間の契約延長に至ることで、連帯を示した形だ。 契約延長を受け、カリアリの会長を務めるトンマーゾ・ジュリーニ氏がクラブを通じて信頼を強調するなか、ディ・フランチェスコ監督も喜びの心境を語っている。 「この契約延長を誇りに思う。クラブに感謝する。結果だけでなく、全体的な評価を意味するものだ。もっと頑張ろうという新たなモチベーションになるよ」 2021.01.26 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトやリヨンで名を馳せたFWリサンドロ・ロペスがMLSのアトランタ・ユナイテッドに加入

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは25日、元アルゼンチン代表FWリサンドロ・ロペス(37)がフリートランスファーで加入することを発表した。 リサンドロ・ロペスは、母国アルゼンチンのラシン・クラブでキャリアをスタート。2005年7月に海を渡りポルトへ加入すると、一躍名をあげる。 ポルトではプリメイラ・リーガで106試合に出場し49ゴール16アシストを記録。2009年7月にリヨンへと完全移籍すると、リーグ・アンでは119試合に出場し59ゴール17アシストを記録。2013年8月にカタールのアル・ガラファへと完全移籍した。 <div id="cws_ad">◆リヨン時代のスーパーゴール集!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4RTBnV0s4NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> カタールでは公式戦48試合で16ゴールを記録。2015年2月にブラジルのインテルナシオナルへと移籍すると、公式戦30試合で7ゴール4アシストを記録。2016年1月に古巣のラシン・クラブへと復帰していた。今シーズンはプリメーラ・ディビシオン(アルゼンチン1部)で20試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 リサンドロ・ロペスが加入するアトランタ・ユナイテッドは、アルゼンチン代表DFとしても活躍したガブリエル・エインセ監督が就任していた。 2021.01.26 16:38 Tue
twitterfacebook
thumb

C・パレス復帰のクラインが新たにサイン! 短期契約を今季終了まで延長

クリスタル・パレスは25日、元イングランド代表DFナサニエル・クライン(29)との契約延長を発表した。 C・パレス下部組織育ちのクラインは2008年にプロデビュー後、2015年夏にサウサンプトンからリバプールにステップアップ。加入初年度から2シーズンにわたり、主力として活躍したが、故障やイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドの台頭で序列を落とすと、2019年途中から再起を期してボーンマスにレンタル移籍した。 そして、昨季限りでリバプールと契約満了後の昨年10月、C・パレスと今年1月末までの短期契約を結び、8年ぶりに古巣復帰。今季のここまでプレミアリーグで13位につけるチームのなかで9試合に出場するなど、公式戦11試合でプレーしている。 今回の契約延長を受け、今季終了までC・パレスの一員としてプレーすることが決まったクラインはクラブ公式サイトを通じて「契約を延長できて嬉しいし、自分のフットボールを楽しめている。選手たちはトップクラスだし、監督やスタッフとの仕事も楽しい。残るシーズンも楽しみだ」と喜びの心境を語っている。 2021.01.26 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセイユのギリシャ代表FWミトログルが母国のアリス・テッサロニキへフリーで加入

ギリシャのアリス・テッサロニキは25日、ギリシャ代表FWコンスタンティノス・ミトログル(32)の加入を発表した。 フランス『レキップ』によると、ミトログルはマルセイユと契約を解除。1年半契約を結び、サラリーは合計100万ユーロ(約1億2500万円)になるとのことだ。 ミトログルは、ボルシアMGの下部組織で育ち、2007年7月にオリンピアコスへと完全移籍で加入。パニオニオスやアトロミトス・アテネなどでプレー。2014年1月にフルアムへと完全移籍を果たす。 その後ベンフィカを経て、2017年8月にマルセイユへと完全移籍。ガラタサライやPSVへのレンタル移籍も経験した。 <div id="cws_ad">◆ミトログルがマルセイユで決めたベスト5ゴール!<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIzZkJEZk1FTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マルセイユでは公式戦50試合に出場し16ゴール1アシストと、期待されたほどの結果を残せず。今季は構想外となっており、ベンフィカ時代の輝きを取り戻すことはないまま退団となっていた。 2021.01.26 09:44 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルと契約解除の元ギリシャ代表DFソクラティスがオリンピアコスに加入、12年半ぶりに母国復帰

オリンピアコスは25日、アーセナルとの契約を解除していた元ギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロス(32)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ソクラティスはAEKアテネから2008年8月にジェノアへと完全移籍。そこからは海外でのプレーが続き、ミランやブレーメン、ドルトムントでキャリアを積んでいく。 2018年7月にドルトムントからアーセナルへ加入したソクラティスは公式戦通算69試合に出場。しかし、2019-20シーズンから徐々に出場機会を失うと、今季はプレミアリーグの登録メンバーを外されるなど、完全に構想外となっていた。 20日に契約解除となりフリーの身となったソクラティスには古巣ジェノアやラツィオなど、かつて3年過ごしたセリエAからの関心が伝えられていたが、12年半ぶりに母国への復帰となった。 <div id="cws_ad">◆アーセナル初日のソクラティス<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRRWNvUzk1ViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ギリシャではユース時代を過ごしたAEKアテネや、そこからレンタル移籍したニキ・ヴォロスでのプレー経験があるソクラティス。ギリシャ代表としても90試合でプレーしたが、母国ファンの前でファイト溢れるプレーを再び見せられるだろうか。 2021.01.26 09:20 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly