ラウンド16が出揃ったCL、史上最高の勝率を誇る選手は?

2020.12.11 19:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)をグループステージから11試合全勝という圧倒的な強さで制覇したバイエルン。今シーズンのグループステージでも5勝1分けと、連勝こそストップしたものの、その強さは本物だ。

2018-19シーズンのCLでは、リバプール相手に敗れラウンド16で敗退していたバイエルンだったが、グループステージでは、4勝2分けの無敗。近年のCLで目を引く勝率の高さを残している。

◆C・ロナウドがカルデロンで決めたアトレティコキラーぶりを見せつけるハットトリック


イギリス『GiveMeSport』は、『Transfer Markt』のデータをもとに、CL史上最高の勝率を誇る選手を調査。対象はCLで30試合以上プレーした選手としている。

上位10人をみると、5人がバイエルン所属の選手となっており、バイエルンの近年の強さを物語っている。その中でもトップに輝いたのはフランス代表FWのキングスレイ・コマンだ。パリ・サンジェルマン(PSG)に在籍していた2012-13シーズンから、現在までフランス、イタリア、ドイツでリーグ優勝を続けているコマンはCLでも高い勝率をキープ。勝利の女神のような存在と言えるかもしれない。

コマンに続いたのはレアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデスだ。マドリー下部組織出身のナチョは、控えの立場であることが多いものの、2015-16シーズンからの3連覇など、栄光を知る男だ。

3位に入ったのは2000年代前半のバルセロナを支えた元スペイン代表DFのガブリ氏。やや意外な名前となったが、通算35試合に出場して27勝と勝率76.5%を誇っている。

そして、10位にはマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした元ブラジル代表MFのアンデルソン氏が入っている。ポルト時代に1勝1分け1敗、ユナイテッドで27勝7分け3敗を記録しており、通算では、40戦28勝で勝率70%となっている。

なお、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはドルトムント時代と合計して94戦61勝の勝率64.9%、ユナイテッド、マドリー、ユベントスでCLをプレーしているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは通算173試合で111勝の64.2%となっている。

◆CL最高勝率選手(30試合以上)
1.キングスレイ・コマン(ユベントス、バイエルン):79.4%
試合数:34
勝利数:27

2.ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー):77.1%
試合数:35
勝利数:27

3.ガブリ(バルセロナ):76.5%
試合数:34
勝利数:26

4.ヨシュア・キミッヒ(バイエルン):75.5%
試合数:49
勝利数:37

5.ジェローム・ボアテング(バイエルン):72.5%
試合数:80
勝利数:58

6.ダンテ(バイエルン、ヴォルフスブルク):70.3%
試合数:37
勝利数:26

7.ダビド・アラバ(バイエルン):70.1%
試合数:87
勝利数:61

8.トーマス・ミュラー(バイエルン):70%
試合数:120
勝利数:84

9.イスコ(バレンシア、マラガ、レアル・マドリー):70%
試合数:70
勝利数:49

10.アンデルソン(ポルト、マンチェスター・ユナイテッド):70%
試合数:40
勝利数:28

11.ケイロル・ナバス(PSG、レアル・マドリー):69.8%
試合数:53
勝利数:37

12.ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー):69.4%
試合数:56
勝利数:39

13.ハビ・マルティネス(バイエルン):68.3%
試合数:63
勝利数:43

14.マヌエル・ノイアー(シャルケ、バイエルン):67.8%
試合数:115
勝利数:78

15. マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ):67.7%
試合数:62
勝利数:42

16. トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール):67.7%
試合数:31
勝利数:21

17.カゼミロ(ポルト、レアル・マドリー):67.2%
試合数:64
勝利数:43

17.ネイマール(バルセロナ、PSG):67.2%
試合数:64
勝利数:43

19.ルイス・スアレス(アヤックス、バルセロナ、アトレティコ・マドリー):66.7%
試合数:63
勝利数:42

20.セルジ・ロベルト(バルセロナ):66.7%
試合数:51
勝利数:34

21.パウロ・セルジオ(バイエルン):66.7%
試合数:36
勝利数:24

22.アイトール・カランカ(レアル・マドリー):66.7%
試合数:33
勝利数:22

23.パウロ・ソウザ(ユベントス、ドルトムント、インテル、パナシナイコス):66.7%
試合数:30
勝利数:20

24.マルセロ(レアル・マドリー):66.3%
試合数98
勝利数:65

25.アドリアーノ(セビージャ、バルセロナ、ベシクタシュ):66.1%
試合数:56
勝利数:37

26.ベルナルド・シルバ(モナコ、マンチェスター・シティ):66.0%
試合数:47
勝利数:31

27.ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント、バイエルン):64.9%
試合数:94
勝利数:61

28.ハビエル・マスチェラーノ(リバプール、バルセロナ):64.6%
試合数:96
勝利数:62

29.アドリアン・ラビオ(PSG、ユベントス):64.4%
試合数:45
勝利数:29

30.クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユベントス):64.2%
試合数:173
勝利数:111


コメント
関連ニュース
thumb

生粋の点取り屋レヴァンドフスキが見せたエレガントなヒールパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが決めたヒールアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIckV6dUlHOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2010年夏に加入したドルトムントで大ブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに移籍。絶対王者バイエルンの絶対的エースとして活躍を続けている。 圧倒的な決定力でゴールを量産するレヴァンドフスキだが、ポストプレーも得意としており、2017年4月1日に行われたブンデスリーガ第26節のアウクスブルク戦では、素晴らしいアシストを決めている。 3-0とバイエルンリードの62分、バイエルンがボックス手前でショートパスを繋ぐと、ゴール前のレヴァンドフスキにパスが入る。そのままレヴァンドフスキがシュートするかと思われたが、ここで相手の意表を突くヒールパスを選択。ゴール左にパスが出ると、MFチアゴ・アルカンタラがこのボールになんとか触り、見事なゴールとなった。 試合はバイエルンが大量6ゴールを奪い、大勝を記録。レヴァンドフスキはハットトリックと2アシストで5得点に絡む圧巻の活躍を見せた。 2021.01.23 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミュラーの悪魔的アウトサイドトラップ炸裂で相手守備陣を翻弄【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 トーマス・ミュラー(当時29歳) 国籍:ドイツ 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:185cm ミュラーはバイエルンの下部組織育ちで、2008年にトップチームデビュー。公式戦通算562試合209得点206アシストを誇り、9度のブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)制覇などの複数タイトル獲得に貢献している。 【試合詳細】 日程:2019年7月30日 大会:アウディ・カップ 対戦相手:フェネルバフチェ 時間:後半13分(5-0) <div id="cws_ad">◆ミュラーの悪魔的トラップ!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRcW9DRVJFMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 前半のうちに5-0と勝負を決めたバイエルンは58分、相手からボールを奪うと最終ラインのDFニクラス・ジューレが最前線めがけてロングボールを送る。 カウンターで完璧に抜け出したミュラーは、後ろから来たボールを右足のアウトサイドで絶妙トラップ。かなり威力のあるボールだったが、難なく収める。 そして、相手GKハルン・テキンが飛び出しているのを見ると、冷静に無人のゴールへと流し込んだ。 親善試合とは言え、後ろからのロングボールをアウトサイドで前に流す見事な技術にあっぱれだ。 2021.01.23 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツの至宝、サネが完璧なコースに蹴り込んだ美しいFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆サネが決めたパーフェクトFK<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtZXp5ZHNmSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> シャルケ、マンチェスター・シティでの活躍を経て、2020年夏にバイエルンに加入したサネ。長年不動の両ウイングを担ってきたFWアリエン・ロッベンと、FWフランク・リベリの後釜として期待されている。 突破力抜群のドリブルと、パンチのあるシュートで相手の脅威となるサネだが、プレースキックも得意としており、2021年1月13日に行われたDFBポカール2回戦のホルシュタイン・キール戦でも美しいFKを決めている。 1-1と同点で前半を折り返して迎えた47分、バイエルンがボックス前右でFKを得ると、キッカーはサネ。短めの助走から強烈な直接FKを放つと、左足のシュートは変化しながらゴール右上、GKの届かない完璧なコースに決まり、見事な勝ち越しゴールとなった。 試合はその後、キールが試合終了間際に追いつくとPK戦へもつれる展開に。両チーム5人目まで全員が成功したが、バイエルン6人目のシュートがセーブされ、2部のキール相手にまさかの敗戦を喫している。 2021.01.22 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団濃厚のJ・ボアテング、OBは契約延長を勧める「良い役割を果たしている」

バイエルンのレジェンドである元ドイツ代表MFローター・マテウス氏が、古巣に対して元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(32)との契約延長を求めた。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 2011年夏にバイエルンに加入したJ・ボアテングは、これまで2度の3冠(リーグ戦、国内カップ戦、チャンピオンズリーグ)達成に貢献。クラブに大きな栄光をもたらしてきた。今シーズンも公式戦20試合に出場しており、ハンジ・フリック監督にとっても重要な戦力になっている。 一方で、バイエルンとJ・ボアテングの契約は2021年夏で満了を迎えるものの、クラブ側に契約延長の意思はなく、今シーズン限りでの退団が既定路線だ。加えて、オーストリア代表DFダビド・アラバも2021年夏で契約満了となるため、バイエルンは一度に2人の主力DFが退団する予定となっている。 こうした状況を受け、マテウス氏はバイエルンに対して考えを改め、J・ボアテングとの契約延長をするべきだと語った。 「バイエルンは移籍にそこまで費用を費やしたくないクラブだ。そしてJ・ボアテングはここ2年、バイエルンで良い役割を果たしていると思う。特にフリックの下で彼は開花し、かつての自分を取り戻せたね。アラバが去る以上、彼と1~2年の契約延長を考えるべきだ」 「守備はバイエルンにとってすでに大きな穴になっている。J・ボアテングとアラバが一度に去り、(リュカ・)エルナンデスはいまだフィットせず、(二クラス・)ジューレは不調に陥っている」 「バイエルンは移籍市場で積極的に活動する必要があるだろう。だが、私にとってはJ・ボアテングとの契約延長の方が、より良い選択肢だと思う」 2021.01.22 14:08 Fri
twitterfacebook
thumb

名手クロースがバイエルン時代に決めた豪快な無回転ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クロースの豪快な無回転ロング<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ1UXFVSlNCNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 16歳で名門バイエルンの下部組織に入団したクロースは、同クラブでプロデビュー。レンタル移籍を経てファーストチームに定着すると、主力として2012-13シーズンの3冠などに貢献した。 類稀なパスセンスで試合を組み立てる力を持つクロースだが、2010年10月29日に行われたブンデスリーガ第10節のフライブルク戦では、豪快な一撃を決めている。 3-1とバイエルンリードの80分、MFバスティアン・シュバインシュタイガーのパスを相手陣内左サイドでクロースが受ける。ドリブルでやや中央に入ったクロースは、ゴールからまだ距離がある位置からロングシュートを放つ。無回転気味の強烈なシュートは、軌道の読めない細かい変化をしながらゴール左上に決まった。 試合は、このゴールでリードを広げたバイエルンが4-2で勝利している。 2021.01.21 16:00 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly