【Jリーグ出場停止情報】浦和FWレオナルドが次節湘南戦を欠場

2020.11.30 22:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは30日、明治安田生命Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手情報を発表した。新たに明治安田J1で出場停止となったのは、浦和のFWレオナルドのみ。12月12日に行われる第32節の湘南ベルマーレ戦が累積による出場停止の対象となっている。

明治安田J2からは、FW中山仁斗、MF平野佑一(共に水戸ホーリーホック)やMF見木友哉(ジェフユナイテッド千葉)、MF小西雄大(徳島ヴォルティス)、MF長沼洋一(V・ファーレン長崎)が次節欠場。一発退場の中山は1試合の出場停止処分となった。

明治安田J3の前節(第30節)で決定機阻止によってレッドカードを受けていたFC岐阜のDF柳澤亘と今治FCのMF楠美圭史にも、それぞれ1試合停止処分が下っている。

【明治安田生命J1リーグ】
FWレオナルド(浦和レッズ)
第32節vs湘南ベルマーレ(12/12)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DF小川諒也(FC東京)
第31節vsサンフレッチェ広島(12/12)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

GK高丘陽平(横浜F・マリノス)
第34節vs横浜FC(12/19)
今回の停止:1試合停止

DFティーラトン(横浜F・マリノス)
第34節vs横浜FC(12/19)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

FWマルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス)
第34節vs横浜FC(12/19)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J2リーグ】
FW中山仁斗(水戸ホーリーホック)
第38節vsジュビロ磐田(12/2)
今回の停止:1試合停止

MF平野佑一(水戸ホーリーホック)
第38節vsジュビロ磐田(12/2)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF見木友哉(ジェフユナイテッド千葉)
第38節vs東京ヴェルディ(12/2)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF小西雄大(徳島ヴォルティス)
第38節vsギラヴァンツ北九州(12/2)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF長沼洋一(V・ファーレン長崎)
第38節vs大宮アルディージャ(12/2)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J3リーグ】
DF宗近慧(Y.S.C.C.横浜)
第31節vsAC長野パルセイロ(12/6)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF普光院誠(アスルクラロ沼津)
第31節vsガンバ大阪U-23(12/6)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DF柳澤亘(FC岐阜)
第31節vsガイナーレ鳥取(12/5)
今回の停止:1試合停止

MF楠美圭史(今治FC)
第31節vsブラウブリッツ秋田(12/5)
今回の停止:1試合停止

DF小笠原佳祐(ロアッソ熊本)
第31節vsいわてグルージャ盛岡(12/5)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF田辺圭佑(鹿児島ユナイテッドFC)
第31節vs福島ユナイテッドFC(12/5)
今回の停止:警告の累積による1試合停止
関連ニュース
thumb

鹿島がコーチ2人の退任を発表、ギリェルメ氏はザーゴ監督の下へ

鹿島アントラーズは27日、トップチームの熊谷浩二コーチ、ギリェルメ フィジカルコーチの退任を発表した。 熊谷コーチは、三本木農業高校から1994年に鹿島へ入団。2004年にベガルタ仙台へと移籍し、2005年に現役引退。引退後は鹿島へ戻り、強化部のスカウトやユースコーチ、ユース監督を務め、2019年はスカウトを務め、2020年1月からコーチに就任していた。 ギリェルメ フィジカルコーチも2020年1月に鹿島に加入。アントニオ・カルロス・ザーゴ監督とともに就任した。 なお、クラブの発表によると熊谷コーチは本人からの申し出があり、双方合意の下での契約解除となったとのことだ。 また、ギリェルメ フィジカルコーチは、ボリビアのクルブ・ボリバウからオファーを受け、契約解除後に就任するとのこと。クルブ・ボリバウは14日にザーゴ監督の就任を発表しており、再びザーゴ監督とタッグを組むこととなる。 2021.07.27 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグが飲水タイムの継続を発表、来季は再検討

Jリーグは26日、飲水タイムに関して、今シーズン中は継続して実施していくことを発表した。 2021シーズンは2020年から続く新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止のため、選手の飲水ボトルの共有を認めていない。 これまではゴールの脇やピッチサイドに飲水用のボトルが置かれて、選手が試合の合間に自由に水分補給していたが、コロナ禍においては禁止。飲水タイムやケガなどで中断した際に、ベンチから選手個々にボトルが渡されて、水分補給をしていた。 なお、原則として前半に1回、後半に1回の飲水タイムを設けるとのこと。WBGT値(気温、湿度、日射・輻射などの周辺熱環境を総合して計測する暑さ指数)の基準を下回っている場合、両チームの合意があれば飲水タイムは無しとすることも可能となる。 2022シーズンに関しては、その時点の状況を鑑みて再検討されるとのことだ。 2021.07.26 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】鳥栖戦で警告のC大阪DF松田陸が中断明けの仙台戦で出場停止に

Jリーグは26日、出場停止選手の情報を更新した。 東京オリンピック開催中につき、しばらく中断期間に入っているJリーグ。だが、J1ではAFCチャンピオンズリーグ参加組の未消化試合など一部の試合がこの間に行われており、今回の更新ではJ1から追加されることになった。 今回新たに出場停止となったのは、セレッソ大阪のDF松田陸。24日に行われた明治安田J1第22節のサガン鳥栖戦で警告を受け、累積警告により出場停止となる。 【明治安田生命J1リーグ】 DF森重真人(FC東京) 第23節 vsサガン鳥栖(8/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF田中聡(湘南ベルマーレ) 第23節 vs鹿島アントラーズ(8/9) 今回の停止:1試合停止 DF松田陸(セレッソ大阪) 第23節 vsベガルタ仙台(8/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 MF嶋田慎太郎(ツエーゲン金沢) 第24節 vsV・ファーレン長崎(8/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 FWブレンネル(いわてグルージャ盛岡) 第16節 vsヴァンラーレ八戸(8/28) 第17節 vsAC長野パルセイロ(9/5) 第18節 vs鹿児島ユナイテッドFC(9/11) 今回の停止:3試合停止 2021.07.26 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島がカイキのゴール守り切り10勝目! G大阪はホームで連敗【明治安田J1第2節】

24日、明治安田生命J1リーグ第2節のガンバ大阪vs鹿島アントラーズがパナソニック スタジアム吹田で行われ、0-1で鹿島が勝利を収めた。 ホームのG大阪は、リーグ戦で4試合負けなしの状態で挑んだ直近のヴィッセル神戸戦で今季初の逆転負けを喫した。それでも勝てば降格圏を脱出できる中、神戸戦から中3日ということもあり、スタメンを6人入れ替えて試合に臨む。 対する鹿島は、前節の柏レイソル戦からおよそ2週間ぶりとなる実戦。その柏戦は1-2で敗れ、公式戦7試合負けなしという好調の歩みが止まったため、今節でまた調子を取り戻したいところ。なお、今日の試合は相馬監督は体調不良のため、パシェココーチが代行として指揮を執る。 立ち上がりからロングボールを前線に送り続けた両チーム。だが、試合が落ち着くと鹿島がボールを握ってサイドから攻め込む展開になる。セントラルハーフ、サイドハーフ、そして2トップの1人がタッチライン際で細かくパスをつないでG大阪のゴールに迫っていった。 一方のG大阪は[5-4-1]のブロックを組んで守備を固め、カウンターから点を取りに行く狙いを見せる。ボール奪取時には2シャドーとペレイラに預け、ウィングバックの上がりを待って手数をかけずに素早く相手ゴールへ向かっていく。 すると12分、相手のパスをインターセプトした矢島が、ハーフラインより10mほど前のところからロングシュート。ボールは高い位置を取っていたGK沖の頭上を越えていったが、わずかに右へ。決まればスーパーゴールだったが先制点とはならなかった。 ボールを握り続けた鹿島にも前半終了間際に決定機が訪れる。44分、後方からのロングパスを収めたエヴェラウドをアラーノが追い越し、スルーパスを受けてペナルティエリア内に侵入。しかし、懸命に戻った黒川の足に当ててしまい上手くミートできず、勢いを失ったボールはGK東口にキャッチされてしまった。 両チームともに決定機らしいシーンは一度しかなく、ゴールレスのまま試合を折り返した。だが後半が始まってわずか14秒、鹿島にビッグチャンス。左サイドからのクロスをエヴェラウドがフリーで合わせたが、ゴール右に惜しくも外れてしまう。その3分後にはアラーノがペナルティエリア左からフリーでシュート。しかし、これはGK東口に防がれてしまう。 後半に入って押し込まれ続けるG大阪は、61分にペレイラを下げてパトリックを投入。神戸戦でも点を取っており、ディフェンスラインの裏を狙えるタイプのストライカーが前がかりになった鹿島の裏を狙うが、終始単発的なカウンターしかできなかった。 すると72分の鹿島、荒木の絶妙なスルーパスを受けたカイキがGK東口と1対1になり、落ち着いて決めて待望の先制点をゲット。途中出場の2人で点を取ることに成功した。 リードを得た鹿島はここまでとは一変して相手にボールを持たせるようになる。奪っては少ない手数で攻めて、あわよくば追加点を狙う戦い方に変更した。 92分にはエヴェラウドに代えて松村、アラーノに代えてシルバを投入して確実に試合を終わらせに行く。そのまま上手く時間を使った鹿島が1点のリードを守り切り、リーグ戦10勝目を挙げた。 ガンバ大阪 0-1 鹿島アントラーズ 【鹿島】 アルトゥール・カイキ(後27) 2021.07.24 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

開始8分で2点先取の鳥栖、終盤にPK献上でC大阪と痛恨ドロー【明治安田J1第22節】

明治安田生命J1リーグ第22節、サガン鳥栖vsセレッソ大阪が24日に駅前不動産スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 現在4位に位置している鳥栖は、直近の名古屋グランパス戦で勝利し、5試合ぶりの白星を挙げた。3位のヴィッセル神戸との勝ち点差は1試合少ない状態で4ポイントとなっており、上位に食らいつく為にも重要な一戦となる。前節からスタメンの変更はなく、オリンピックで林を欠く中、小屋松と酒井の2トップで試合に臨む。 一方のセレッソ大阪は、前節のFC東京戦では2点ビハインドから一時は逆転したものの3-3のドロー。なかなか勝ち切ることができずリーグ戦8試合未勝利となっている。こちらも前節からスタメンの変更はせず、大久保と加藤による大ベテランと若手の2トップを組んだ。 鳥栖のキックオフで開始された試合は、1分足らずでいきなりネットが揺れる展開となる。センターバックのエドゥアルドがバックラインから右前線へロングフィード。これを受けた小屋松がドリブルで中央へ持ち込み、駆け上がってきた酒井へスルーパスを送ると、酒井はトラップから倒れ込みながらもゴール右下にシュートを決めた。 開始45秒のゴールで先制した鳥栖は、8分にもC大阪のゴールに襲い掛かる。サイドを広く使ったパスワークから、左の高い位置でボールを受けた中野がグラウンダーのクロスを送る。これはC大阪ディフェンスにクリアされたものの、大畑がボックス左手前でこのボールを拾い再度グラウンダー性のクロス。これをファーでフリーとなっていた小屋松がゴールへ流し込み追加点を奪った。 ここまで鳥栖にチャンスを確実に決められていたC大阪は、18分に反撃の狼煙を上げる。右サイドの高い位置で鳥栖のディフェンスにプレスをかけ、クリアボールを身体に当てた坂本。このこぼれ球をボックス右で加藤が拾うと、DFを1人はがしてシュートを放つ。グラウンダー性でゴールへ向かっていたボールは、DFに当たり跳ね上がってゴールイン。C大阪が1点を返し、打ち合いの様相を呈してきた。 試合開始早々から2点を奪って以降は、C大阪にゴールを封じられていた鳥栖。このまま試合を折り返すかに思われた前半アディショナルタイム、背番号10が相手を突き放す。ミドルサードでボールを奪ったエドゥアルドからパスを受けた樋口は、ハーフラインからドリブルを開始。フリーでバイタルエリア右までボールを運びシュートを選ぶと、グラウンダー性の強烈なミドルシュートが対角のゴール左下に突き刺さり、再び2点差とした。 後半になっても鳥栖の勢いは衰えず、56分にもC大阪ゴールへ迫る。仙頭の左CKにエドゥアルドが反応し、相手ディフェンダーを抑えながら胸トラップ。やや大きくなったものの、身体を捻りながら振り向きざまにシュートを放つと、これが相手DFに当たりゴールへ吸い込まれた。 しかい、ここで主審がオンフィールドレビューに入る。VARチェックの結果、エドゥアルドのトラップ時にハンドがあったとみなされ、ノーゴールの判定となった。 ここまで鳥栖のペースに飲まれ続けていたC大阪だが、68分に敵陣中央からの原川のFKがクロスバーを直撃すると、ここから怒涛の波状攻撃を見せる。セカンドボールを拾った高木のシュートはゴールライン上で相手DFにクリアされるも、今度は左サイドから清武が右足クロス。これは鳥栖GK朴にキャッチされるも、着地と同時にファンブルしたところを坂本が粘り強く繫ぎ、最後は加藤がボックス中央から豪快にシュートを突き刺した。 これで同点まであと1点と迫ったC大阪。根気強く攻撃を仕掛けていると、86分にビッグチャンスが訪れる。鳥栖陣内中央でボールを受けた坂本が、相手を抑えながらボックス内までドリブルで前進。ここで仙頭に腕を引っ張られる形で転倒し、PKを獲得する。 一度はオンフィールドレビューが入ったものの、PKの判定は変わらず、キッカーの坂本が冷静にゴール中央へグラウンダーで流し込み、アウェイチームがついに同点に追いつく。 試合開始早々から2点を挙げた鳥栖だったが、終わってみればドロー。C大阪は前節に続けて3-3のドローで9戦未勝利となっており、ACLのグループステージ突破とは裏腹に厳しいリーグ戦を強いられている。 サガン鳥栖 3-3 セレッソ大阪 【鳥栖】 酒井宣福(前1) 小屋松知哉(前8) 樋口雄太(前46) 【C大阪】 加藤陸次樹(前18) 加藤陸次樹(後24) 坂元達裕(後42)【PK】 2021.07.24 21:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly