初指揮に臨むルーニー、名将たちの指導を生かす「様々な監督から学んだいくつかのことを参考に」

2020.11.20 19:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
暫定ながら、指揮官の1人としてデビューすることになるダービー・カウンティの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、自身の考えを改めて語った。チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティは、今シーズンのチャンピオンシップを11試合戦い1勝3分け7敗の勝ち点6で最下位。昨シーズン10位で終えたチームとしては、大きく低迷し、フィリップ・コクー監督が14日に成績不振で解任されていた。

◆選手兼指揮官のルーニーが選手と一緒に汗を流す!

そこから1週間が経過。未だに新監督が決定していない中、今週末に行われるブリストル・シティ戦ではルーニーも指揮を執るうちの1人になるとのこと。ルーニーはコーチングライセンスがなく、コーチ陣のリアム・ロシアニーシェイ・ギブンジャスティン・ウォーカーとともに4人で指揮を執るようだ。

自身にとっての新たなキャリアを踏み出すことになるルーニーが、クラブのチャンネルで意気込みをコメントしている。

「もちろん、不思議な1週間だった。まずは、ここで良い仕事をしてくれたフィリップ(・コクー)、クリス(・ファン・デル・ヴェルデン)、トヴァン(・シーパーズ)に心から感謝する」

「個人的な視点だけど、僕は彼の下で働き、最初のコーチとしての役割を多く学んだ。そのことに関しては、ありがとうと言わなければならない」

「ただ、僕たちには変化が必要だったと思う」

「明らかに良い状態ではなかった。そして、それは僕にとってのチャンスでもあった。リアム(・ロシアニー)、ジャスティン(・ウォーカー)、シェイ(・ギブン)と新しいアイデアを得たいと思う」

「そして、チームにとってほぼ新しいアイデンティティ、どのようにプレーしたいか、どのようにプレーするのか。そして重要なことは、土曜日の試合に勝つためにどうチャレンジするかだ」

ルーニーはエバートンやマンチェスター・ユナイテッドでプレー。またイングランド代表としてもプレーしたが、エバートン時代にはデイビッド・モイーズ監督に、ユナイテッド時代はサー・アレックス・ファーガソン監督やルイス・ファン・ハール監督ら世界的な名将に指導を受けていた。

ルーニーはそのやり方を押し付けることはしないとしながらも、それぞれの良いポイントを参考にしたいと語った。

「僕は何人かのとても優秀な監督、おそらく史上最高の監督たちと仕事をしてきた。少し僕が思うのは、目の前の選手を理解することが重要だということだ」

「僕は『アレックス・ファーガソンのように、ルイス・ファン・ハールのように、ジョゼ・モウリーニョのように』などとは言えない」

「僕は自分たちの選手と一緒にしなければならないし、それぞれの選手に異なる扱いをしなければならない」

「選手たちはそれぞれ考え方が違う。特定の選手には、他の選手と違う話し方をしなければならないし、正しくマネジメントする必要がある」

「ただ、僕はもう一度思う。様々な監督から得ることができるものはある。僕が何年にもわたって学んできたこと、そしてこの短い期間で学んだことだ」

「僕はそれをしようと思うし、僕は選手と一緒に様々な状況で、様々な監督から学んだいくつかのことを使いたいと思う」

「誰かに聞けばわかるけど、僕は自分のことを答えることができる。僕は野心的だし、マネジメントをしたいと思っている」

「これは過去にも公にしたことがあることだ。今は4人がこのチームを率いるチャンスがあるということだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ルーニーがチームを暫定指揮へ!監督不在の最下位ダービーは復活なるか

元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(35)が、暫定的に指揮を執ることになるようだ。 チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティは、今シーズンのチャンピオンシップを11試合戦い1勝3分け7敗の勝ち点6で最下位。昨シーズン10位で終えたチームとしては、大きく低迷し、フィリップ・コクー監督が14日に成績不振で解任されていた。 <div id="cws_ad">◆今季唯一の勝利に繋がったルーニーの絶妙FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4eFJhekc2aCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そこから1週間が経過。未だに新監督が決定していない中、今週末に行われるブリストル・シティ戦はルーニーも指揮を執るうちの1人になるようだ。 昨シーズン途中からダービーでプレーするルーニーは、チームのキャプテンも務め、今シーズンもチャンピオンシップで8試合に出場し3ゴールを記録している。 しかし、ルーニーはコーチングライセンスをまだ持っていないため、コーチ陣のリアム・ロシアニー、シェイ・ギブン、ジャスティン・ウォーカーとともにマネジメントすることになるようだ。 ルーニーは指揮を執ることについて、クラブ公式サイトでコメントしている。 「僕は野心的だし、マネジメント側に加わりたいと思っている。とてもオープンだよ」 「この状況がいつまで続くのかはわからないけど、仕事をしたくないと言ったら、野心的な人間ではない」 また、暫定監督という立場で指揮を執るのはロシアニー氏になるとのこと。かつてフルアムやハル・シティなどでプレーしたこともあるロシアニー氏は意気込みを語った。 「私の情熱と愛情はコーチングにあり、キャリアを早く終えた」 「32歳でコーチングバッジを手にした史上最年少うちの1人だ。ヘッドコーチと監督になりたい。でも、それは望んでいる中の1つであり、その仕事に相応しいかは別の問題だ」 「ここには私はウェインが監督であるというよりも大きな全体像がある」 チームとして結果が出ていない現状を前にルーニーは「次の2、3試合は勝つ必要がある」とコメント。また、「上手くいけば、僕たちが正式な役割につく上で優位に立てるだろう」とし、結果を残せばこのままのスタッフで続けられるだろうと語った。 2020.11.20 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェイン・ルーニー、コクー監督解任のダービーを指揮へ

ダービー・カウンティの元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(35)が暫定的にチームの指揮を執っていくようだ。 チャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦うダービー・カウンティは昨夏からフィリップ・コクー監督(50)に指揮を託したが、今季は11試合を消化した段階で1勝3分け7敗の24チーム中最下位。2連敗中の7戦未勝利が続くなか、14日に解任を決断した。 コクー氏の退任に伴い、アシスタントコーチのクリス・ファン・デル・ウィーデン氏やコーチのトワン・スケッパーズ氏も去ったダービー・カウンティは現時点で後任を発表していないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ルーニーに指揮を託すという。 今年1月から選手兼コーチとして加わり、今季公式戦9試合の出場で1得点を記録するルーニーだが、今後はリアム・ロシニアー氏やシェイ・ギブン氏、ジャスティン・ウォーカー氏といったコーチ陣のサポートを受け、トレーニングやセレクションを含め、指揮を執る模様だ。 ただ、ダービー・カウンティはルーニーに監督という肩書きを与えておらず、今月末までに決着が見込まれるクラブの買収問題が解決するまで正式な監督を擁立しない見通し。ルーニーは21日に敵地で予定する第12節のブリストル・シティ戦が初陣になるようだ。 なお、以前に将来的な監督就任願望を口にしたルーニーは「フィリップとスタッフが去ったのを残念に思うのと同時に、コーチングスタッフに加わった僕を助け、励ましてくれた彼に個人的に感謝したい。今、重要なのはクラブを安定させ、順位を上げること」とコメントしている。 2020.11.15 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービー監督のコクーが解任、今季1勝でチャンピオンシップ最下位に沈む…

ダービー・カウンティは14日、フィリップ・コクー監督(50)の解任を発表した。 2019年夏にダービーの指揮官に就任したコクー監督は昨シーズンのチャンピオンシップを10位でフィニッシュ。だが、今シーズンは11試合を消化した段階で1勝3分け7敗の最下位に沈んでいた。 なお、暫定監督は置かず、正指揮官が就任するまで今後の指揮は現コーチ陣の4人が務め、その中には選手権コーチの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが含まれている。 後任候補には、マンチェスター・ユナイテッドのトップチームでアシスタント・マネージャーを務めるマイク・フェラン氏(58)が挙がっていると報じられている。 2020.11.15 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービー加入のルーニーがデビュー戦で記録した絶妙カーブアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はダービー・カウンティの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ルーニーがデビュー戦で決めた絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzN29NRVUybiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてエバートンで頭角を現したルーニーは、2004年夏にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。エースとして13シーズンを過ごし、多くのタイトルを勝ち取った。 その後エバートンへの復帰やアメリカでのプレーを経て、現在はイングランド2部のダービー・カウンティでプレーするルーニーだが、そのデビュー戦となった、2020年1月2日のチャンピオンシップ(イングランド2部)第26節のバーンズリー戦では、見事なアシストを記録している。 0-0で迎えた45分、相手陣内中央左でダービーがFKのチャンスを得ると、キッカーを務めたルーニーは、右足でインスイングのクロスをボックス内に上げる。大きくカーブしていくボールが相手DFの頭上を越えると、ゴール前でFWジャック・マリオットがこれに合わせ、見事な先制点を挙げた。 その後ダービーは追いつかれたものの、勝ち越し、2-1で勝利している。 2020.10.28 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーニーがダービーの新指揮官に? コクー監督解任の可能性浮上でオーナーが検討か…

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(34)が、ダービー・カウンティの新指揮官に就任する可能性があるようだ。イギリス『サン』が報じている。 ルーニーは現在、チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーに選手兼コーチとして所属。昨シーズンから指揮官に就任したフィリップ・コクー監督をピッチ内外でサポートしている。 昨シーズンのチャンピオンシップを10位でフィニッシュしたダービーだが、今シーズンは開幕からの4試合でわずか1勝と苦しんでおり、順位は20位に低迷。目標であるプレミアリーグ昇格に向けて厳しい船出となっている。 そういった中、オーナーを務めるメル・モリス氏は、コクー監督の手腕に疑いを持っており、更迭を検討している模様。関係者筋からの情報によると、同オーナーはインターナショナルマッチウィーク前に行われた第4節のノリッジ戦の結果次第で解任を言い渡す予定だったが、ルーニーが試合終了間際に決勝点を決めたことにより、そのタイミングでの解任に踏み切ることはなかった。 ただ、16日に予定されている第5節のワトフォード戦で敗れるようなことがあれば、今度こそ解任に踏み切る可能性が高いようだ。 そして、モリス氏はコクー監督の後任としてルーニーを新たな指揮官に据えたいと考えている模様。ただ、同選手はトップチームを率いるのに必要なコーチングライセンスを取得しておらず、指揮官就任にあたってはライセンスを保有する経験豊富なサポート役が必要となる。 なお、『サン』が伝えるところによれば、現時点での有力候補は過去にダービーで監督経験があり、昨年までインドのチェンナイインFCを率いていたジョン・グレゴリー氏(66)だという。 その一方で、ルーニーの古巣であるマンチェスター・ユナイテッドのトップチームでアシスタント・マネージャーを務めるマイク・フェラン氏(58)も候補に挙がっているようだ。 なお、ルーニーは先日に、「常にそれ(監督)に興味を持っていた。ルイス・ファン・ハールがユナイテッドで監督をしていた頃、ライアン・ギグスが対戦相手を分析していて、僕はトレーニングの後によくその仕事を数時間一緒に見ていたんだ」と、監督業への強い関心を口にしていた。 これまでのプレーヤーキャリアを通じて、フットボールIQの高さを高く評価されてきたルーニー。仮に監督に就任した場合、どんなスタイルのチームを作り上げるのか、非常に注目が集まるところだ。 2020.10.15 15:38 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly