プレミアの選手じゃないのに…メッシがビッグ6得点数で上位

2019.05.03 11:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの対プレミアリーグビッグ6成績が異常だ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

メッシは1日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦(3-0でバルセロナが勝利)で2ゴール。この試合2得点目は相手GKノーチャンスの直接FKからのものであり、自身のクラブキャリア通算600ゴール目となるメモリアルな一撃だった。

この2得点により、メッシはプレミアリーグビッグ6相手の通算得点数を「26」に。これは2011-12シーズン以降の現役選手による対プレミアリーグビッグ6の得点ランキングにおいて、ベルギー代表MFエデン・アザールに並ぶ3位タイの好記録だという。

ランキングの顔ぶれを見ると、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)や元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)らプレミアリーグの錚々たる点取り屋がずらり。同リーグ外の選手はメッシだけだ。

なお、内訳で見ると、最多は対アーセナル戦の9得点。普段、プレミアリーグを主戦場にしておらず、基本的に相対する機会がヨーロッパ主要大会しかない状況を踏まえば、メッシの同ランキング上位入りはより凄みを増す。

◆2011-12以降の対PLビッグ6通算得点ランキング
【43】
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)

【31】
ジェイミー・ヴァーディ(レスター・シティ)

【26】
エデン・アザール(チェルシー)
リオネル・メッシ(バルセロナ)

【22】
ハリー・ケイン(トッテナム)

【21】
ウェイン・ルーニー(DCユナイテッド)
※過去、マンチェスター・ユナイテッド/エバートンでプレー

【18】
ロビン・ファン・ペルシ(フェイエノールト)
※過去、アーセナル/マンチェスター・ユナイテッドでプレー
コメント