神童FWや名守護神も…世界最高峰の戦い、ユーロ2020本戦出場を逃した選手たち

2020.11.19 11:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来年夏に開催予定のユーロ2020。強豪ひしめくヨーロッパの中のNo.1を決めるこの大会では、ワールドカップ(W杯)に勝るとも劣らないハイレベルな戦いが繰り広げられる。

12日の予選プレーオフ決勝では、6大会ぶりの本戦出場となるスコットランド代表や史上初の主要国際大会出場となるマケドニア代表など、最後の4枠が確定し、出場24カ国が出揃った。

◆市場価格1位の男が見せたスーパープレー

しかし、出場権を掴み取ったチームがあれば、出場を逃したチームもいる。クラブレベルでは世界最高峰の活躍を見せる数多くの選手たちが、大舞台で脚光を浴びるチャンスを逃している。

『Transfer Markt』は、「ユーロ2020出場を逃した最も市場価値の高い選手トップ30」を紹介。目覚ましい活躍を続けるあの神童や世界最高峰の守護神などがランクインした。

ランキングには、市場価値3000万ユーロ(約37億円)以上の選手が7名も入るなど、ワールドクラスの選手が多数入っている。特にスペイン、スウェーデンと予選同組となり、惜しくも本戦出場を逃したノルウェーのエースで、ドルトムントの“神童”アーリング・ハーランドとレアル・マドリーの“神童”マルティン・ウーデゴールが、それぞれトップ5に入るなど、ノルウェー代表は黄金世代の到来を感じさせる結果となった。

また、多くのタレントが揃うバルカン諸国からも、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ、バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチら、世界的名手たちの名も見られた。

そんな注目選手たちを押しのけ、市場価値で1位に選ばれているのが、アトレティコ・マドリーの絶対的守護神である、スロベニア代表GKヤン・オブラクとなった。

ヨーロッパの中では、サッカー後進国とされるスロベニアは、2010年の南アフリカW杯以来、主要国際大会とは無縁の状態が長く続いている。

来年のユーロ2020では、彼らの雄姿を観ることはできないが、2年後に迫った2022年のカタールW杯での健闘に期待だ。


◆ユーロ2020出場を逃した最も市場価値の高い選手トップ30

1位:ヤン・オブラク(スロベニア/アトレティコ・マドリー):約111億1000万円
2位:アーリング・ハーランド(ノルウェー/ドルトムント):約98億8000万円
3位:セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(セルビア/ラツィオ):約80億円
4位:ミラレム・ピャニッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/バルセロナ):約61億7000万円
5位:マルティン・ウーデゴール(ノルウェー/レアル・マドリー):約55億6000万円
6位:フィリップ・コスティッチ(セルビア/フランクフルト):約39億5000万円
7位:コスタス・マノラス(ギリシャ/ナポリ):約39億5000万円
8位:ニコラ・ミレンコビッチ(セルビア/フィオレンティーナ):約34億6000万円
9位:マラシュ・クンブラ(アルバニア/ローマ):約30億9000万円
10位:ルカ・ヨビッチ(セルビア/レアル・マドリー):約30億9000万円
11位:トーマス・ストラコシャ(アルバニア/ラツィオ):約27億1000万円
12位:ミロト・ラシツァ(コソボ/ブレーメン):約27億1000万円
13位:アレクサンドル・ミトロビッチ(セルビア/フルアム):約27億1000万円
14位:アレクサンデル・セルロート(ノルウェー/RBライプツィヒ):約24億7000万円
15位:ネマニャ・マクシモビッチ(セルビア/ヘタフェ):約24億7000万円
16位:マット・ドハーティ(アイルランド/トッテナム):約24億7000万円
17位:ステファン・サビッチ(モンテネグロ/アトレティコ・マドリー):約24億7000万円
18位:ドゥシャン・タディッチ(セルビア/アヤックス):約24億7000万円
19位:ヘンリク・ムヒタリアン(アルメニア/ローマ):約24億7000万円
20位:サンデル・ベルゲ(ノルウェー/シェフィールド・ユナイテッド):約22億2000万円
21位:ニコラ・マクシモビッチ(セルビア/ナポリ):約22億2000万円
22位:ギルフィ・シグルドソン(アイスランド/エバートン):約22億2000万円
23位:ベダト・ムリキ(コソボ/ラツィオ):約21億円
24位:ドゥシャン・ヴラホビッチ(セルビア/フィオレンティーナ):約19億8000万円
25位:オディセアス・ヴラチョディモス(ギリシャ/ベンフィカ):約19億8000万円
26位:ルカ・ミリボイェビッチ(セルビア/クリスタル・パレス):約19億8000万円
27位:ネマニャ・マティッチ(セルビア/マンチェスター・ユナイテッド):約19億8000万円
28位:ジャマル・ルイス(北部アイルランド/ニューカッスル):約18億5000万円
29位:ベラト・ディムスティ(アルバニア/アタランタ):約18億5000万円
30位:ヨシプ・イリチッチ(スロベニア/アタランタ):約18億5000万円

関連ニュース
thumb

母国で大人気のルイス・ディアス、ゴール直後に多くのファンにもみくちゃに…

母国コロンビアに帰省中のリバプールFWルイス・ディアスが改めてその人気ぶりを証明した。イギリス『CAUGHT OFFSIDE』が伝えている。 今冬の移籍市場でポルトからリバプールに加入したディアス。自身の悲願であるチャンピオンズリーグ(CL)初制覇は逃したものの、2つの国内カップ獲得、プレミアリーグ2位フィニッシュの原動力となる見事な活躍を披露した。 リバプールで初めてフルシーズンを戦う来シーズンに向けて、母国コロンビアで休暇を過ごす25歳FWは、先週末に故郷ラ・グアヒーラ近郊のフェデリコ・セラーノ・ソト・スタジアムのリニューアルオープンを記念したエキシビジョンマッチに出場。 短い出場時間となったものの、母国での人気ぶりを改めて証明した。 投入直後から持ち味のボールスキルやノールックパスで観客を沸かせたディアスは、うまくゴール前に抜け出して左足の柔らかなシュートでゴールを記録。すると、スーパースターのゴールに大興奮の一部ファンが同選手とゴールの喜びを分かち合うため、ピッチ内になだれ込み、取り囲まれてもみくちゃになった。 安全面を考えると、今回のピッチ侵入は褒められたものではないが、スーパースターとして故郷に凱旋したディアスは周囲の反応に少し驚きながらも、その歓迎ぶりを楽しんだはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴール直後にもみくちゃに</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Luis Díaz played a few minutes yesterday in a match at the reopening of the Federico Serrano Soto Stadium in Riohacha, La Guajira. An iconic moment<br><br> He scored a goal and people invaded the field to hug him. The pride of his land <a href="https://t.co/BUTBX6fIdq">pic.twitter.com/BUTBX6fIdq</a></p>&mdash; Pipe Sierra (@PSierraR) <a href="https://twitter.com/PSierraR/status/1538201022237229057?ref_src=twsrc%5Etfw">June 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.06.20 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

エジルがプロゲーマーに転身か?! 代理人が明かす「フォートナイトがかなり上手い」

フェネルバフチェの元ドイツ代表MFメスト・エジルがプロゲーマーに転身する可能性があるようだ。 昨年1月にアーセナルからフェネルバフチェに移籍したエジル。加入2シーズン目の今季はキャプテンを任され、リーグ前半戦は16試合の出場で7ゴール2アシストと躍動していた。 ところが、今年に入って腰椎の問題で1カ月の離脱を強いられると、3月に復帰するも、同月20日の試合を最後にベンチ外に。そして、来季から新たに就任が決まっているジョルジェ・ジェズス新監督は、エジルを戦力とみなしていないことを明らかにしている。 フェネルバフチェとの契約を2024年まで残しているエジルだが、ここにきて去就が不透明な状況に。そんな中、代理人のエルクト・ソユット氏がイギリス『テレグラフ』に語ったことによると、33歳はプロゲーマーへの転身も視野に入れているようだ。 「彼は今後よりeスポーツに熱中していくだろう。ひょっとするとプロゲーマーになるかもしれない」 「本当にゲームが上手いのだ。特にフォートナイトの腕前はすごい。いつか彼がその大会に出たとしても、私は驚かないだろう」 「『M10 Esports』というeスポーツチームを運営しており、そのプレイヤーも抱えている。ドイツにはゲーム専用の家もあるのだ」 「彼はフットボールが好きだ。ただ、FIFAやフォートナイトも同様なのだ」 2022.06.18 16:26 Sat
twitterfacebook
thumb

元ロシア代表主将デニソフ氏が母国のウクライナ侵攻を批判「殺されるかもしれないが…」

元ロシア代表MFイゴール・デニソフ氏(38)が母国のウクライナ侵攻を批判した。スポーツジャーナリストであるノベル・アルスタミアン氏が運営する『YouTube』でのインタビューで答えている。 ゼニトで活躍し、ロシア代表としても54試合に出場してキャプテンも務めていたデニソフ氏。現在、ロシアに住んでいるデニソフ氏だが、そんな中で戦争反対を訴えた。 政府への直接的な批判は自身の身の安全に関わることだが、その恐怖に屈せず戦争反対を主張した。 「戦争反対を訴えることで彼らは私を刑務所に入れたり、殺したりするかもしれない。それでも私は自分が正しいと思うことを言いたい。ロシアに留まっているのはこの国が好きだからだ」 また、ウクライナへの軍事進攻が始まった2月24日にはウラジミール・プーチン大統領に対して手紙を送っていたという。 ロシア在住のロシア人が政府を批判することが稀な現状の中、デニソフ氏の勇気ある発言が戦争終結へ向かうキッカケになることを願うばかりだ。 2022.06.17 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

DFの顔の高さに足!?“史上最速の男”ウサイン・ボルトの「驚異的ジャンプ力」に仰天「合成疑った」

史上最速の男の身体能力は伊達ではないようだ。 現役時代に数々の世界記録を打ち立て、世界陸上では11個、オリンピックでは8個の金メダルを獲得したウサイン・ボルト氏。100mで9秒58、200mで19秒19という世界記録は未だに破られていない。 生粋のマンチェスター・ユナイテッドファンで、陸上引退後は本気でプロサッカー選手を目指してたボルト氏は、『UNICEF(ユニセフ)』が主催するチャリティーマッチ『Soccer Aid』に出場。多くのレジェンド選手や著名人とともにイングランド選抜と戦う世界選抜の一員としてプレーした。 段違いのスピードで勝利に貢献したボルト氏だったが、そのジャンプ力も圧倒的だった。『433』が公開したのは、ハイボールを競り合うボルト氏の姿。驚異的な跳躍力をみせ、ジャンプのために踏み込んでいるイングランド選抜のDFジェイミー・キャラガー氏の頭の高さにボルト氏の太ももが来ている。 この圧倒的な高さにはファンも「ジャンプ力エグいな」、「合成疑ったわ」、「飛びすぎなんよ」と反応。走りで世界中のファンを沸かせたボルト氏が、高さでもファンを魅了していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ボルト氏の驚異的なジャンプ力の証拠となる1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cet9GA1rW_Y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cet9GA1rW_Y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cet9GA1rW_Y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.13 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラFWベイリーの家族が車両大破の事故に遭うも奇跡的にケガはなし

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーの家族が深刻な自動車事故に巻き込まれていたことが判明した。イギリス『バーミンガム・ライブ』が伝えている。 現在、ジャマイカ代表に招集中のベイリーは、7日にホームでCONCACAFネーションズリーグのスリナム戦(3-1で勝利)に出場。だが、試合が始まる直前に母親とパートナー、息子が乗っていた自動車が激しく横転する事故に見舞われていたことが分かった。 ベイリーは11日、自身の公式インスタグラムを通じて試合直前に家族の事故の一報を知らされたこと。安否が不明な状況でのスリナム戦でのプレー、最終的に大きなケガがなく生還したことを明かした。 「忘れられないゲームデー。試合のほんの少し前、僕は最も悲惨な電話を受けた。家族が恐ろしい自動車事故に遭ったと知らされた」 「僕の頭の中をよぎったことは、言葉では言い表せない。その瞬間は、家族が生きているという希望を持ち続けること以外、何も重要ではなかった。すぐにキャンプから病院へ向かったが、それは今までで一番長い車の旅だったように思う。神の恩寵により、家族はケガもなく、今日もここにいる。そんな状況にもかかわらず、家族は僕に試合でプレーするように祝福してくれた」 「ベストゲームではなかったかもしれないけど、家族のためにプレーした。国のためにプレーしたことが、自分の世界が混乱しているときに励みにもなった。今日、家族が自分と一緒にここにいることに感謝するばかりだ」 「心配してくれた人たちには、感謝を伝えたい。僕らのプライバシーを尊重していただけるようお願いしたい」 なお、ベイリーはスリナム戦でプレーした自身の写真と共に家族が乗っていた事故車両を写した画像を投稿。その激しく損傷した車体を見る限り、家族が大きなケガなく生還できたことは、まさに奇跡的と言える。 <span class="paragraph-title">【画像】車体は激しく損傷も家族は無傷</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CeoqIMkoRDn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leon Bailey (@leonbailey)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.06.13 08:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly