ミラン相手に3度追いついたフォンセカ監督「勝利するためのプレーをしていた」

2020.10.27 11:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマを率いるパウロ・フォンセカ監督が、打ち合いとなったミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。26日にセリエA第5節でミランと対戦したローマ。3回ビハインドになるも、FWエディン・ジェコ、MFジョルダン・ヴェレトゥ、DFマラシュ・クンブラのゴールで追いつき、3-3の引き分けに持ち込んだ。

試合後のインタビューに応じたフォンセカ監督は「試合の進め方は良かった」と試合を振り返り、選手たちの姿勢を褒めた。

「ポジティブな面は、3ゴールを決めたことだが、ネガティブな面は3ゴールを許したことだ。しかし、とても互角の試合だった」

「序盤の数分で失点してしまったが、その後は勇気を持って、クオリティの高いビルドアップをして、チームは良い反応を見せた。しかし、我々はピッチのファイナルサードの決定機で、何度もミスを犯してしまった」

この試合では、ローマとミランにそれぞれPKのシーンがあったが、この件については「私は何も言いたくない。間違いを犯す可能性があることは理解している。審判が今日ミスをした場合、彼は両チームに対してミスを犯したことになる」と語るに留めた。
コメント
関連ニュース
thumb

パルマ撃破のローマが3連勝! ムヒタリアンのドッピエッタにマジョラルがセリエA初弾《セリエA》

セリエA第8節、ローマvsパルマが22日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-0で快勝した。   直近4勝2分けの6戦無敗で4位に位置する好調のローマは、直近3戦連続ドロー中の16位パルマを相手に今季初の3連勝を狙った。インターナショナルマッチウィーク付近にエースのジェコを含め新型コロナウイルスの陽性反応者を出していたホームチームは直近のジェノア戦から先発3人を変更。GKをミランテに戻したほか、ペッレグリーニに代わってビジャール、食中毒のスモーリングに代えてクリスタンテを3バックの中央で起用した。   キックオフ直後こそ相手に押し込まれる入りとなったローマだが、すぐさま試合の主導権を奪い返す。開始8分にはマジョラルのラストパスに反応したヴェレトゥがボックス内でシュートを放つが、これはうまくミートし切れず、相手GKセペのセーブに遭う。   その後はペドロ、ムヒタリアン、マジョラルの3トップが良い距離感、関係性で起点を作り、スピナッツォーラとカルスドルプの両ウイングバックも常に高い位置取りで攻撃に絡んでパルマを完全に押し込む。すると、28分には左サイドのボックス付近でボールを持ったスピナッツォーラのグラウンダーのパスに対して、マジョラルが中央から斜めの動きでニアゾーンへ抜け出し、冷静に左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。   マジョラルのセリエA初ゴールで先手を奪ったローマはすぐさま突き放す。32分、左サイドのスピナッツォーラからのパスをペナルティアーク付近のマジョラルがマイナスに落とすと、ムヒタリアンが右足の見事なドライブシュートをゴール右隅に突き刺した。   さらに、攻撃の手を緩めないローマは40分にもロングカウンターから右サイドのカルスドルプからの絶妙なクロスをファーに走り込んだムヒタリアンが冷静に右足インサイドで流し込み、前節のトリプレッタの勢いそのままにこの試合でもドッピエッタを達成した。   前半のうちに試合を決めたローマは後半に入ってゲームコントロール優先の戦い方にシフト。60分過ぎにカラモー、クルティッチらを投入する3枚替えを敢行したパルマに対してやや押し込まれる時間が続くも、安定した守備で失点を許さず。逆に、鋭いカウンターからペドロや2戦連続トリプレッタを狙うムヒタリアンが決定機に絡んでいく。   その後、80分にスピナッツォーラ、ペドロ、ビジャールを下げてコロナウイルス感染から回復したペッレグリーニやディアワラに試運転の場を与える余裕の采配を見せたホームチームは、最後までパルマに主導権を与えず、ホームで3-0の快勝。ジェコら一部主力の不在を感じさせない力強いパフォーマンスで今季初の3連勝を飾った。 2020.11.23 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ペッレグリーニがコロナ陰性に、復帰はELクルージュ戦か

ローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが20日、自身のインスタグラムで新型コロナウイルスの検査が陰性となったことを明かした。 ペッレグリーニは9日に行われたコロナ検査で陽性判定を受け、軽い症状があると明かしていた。その後、代表招集を辞退して自己隔離に入っていた中、この度陰性判定を受けたと報告した。 ローマは22日にセリエA第8節でパルマと対戦するが、ペッレグリーニのコンディションを考慮し、26日に行われるヨーロッパリーグ第4節のクルージュ戦が復帰戦になると見込まれている。 2020.11.21 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

コロナ陽性判定続くジェコ、パルマ戦欠場へ

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが、新型コロナウイルスの検査で引き続き陽性反応を示しているようだ。イタリア『ANSA』が報じている。 同メディアによれば3度目の検査を受けたジェコは、ウイルスは微量だったものの陽性判定を受けたとのこと。20日夜に結果の出る最新の検査で陰性となっても22日に行われるセリエA第8節パルマ戦を欠場する可能性が高いとのことだ。 ジェコは今月6日にコロナ陽性判定を受けて以降、自己隔離を続け、代表ウィーク前に行われた前節ジェノア戦を欠場していた。 2020.11.21 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマが新GMを招へい、36歳ベンフィカの現GMを引き抜き

ローマは18日、ポルトガル人のチアゴ・ピント氏(36)を新たなゼネラルマネージャー(GM)に任命したことを発表した。契約期間は2021年1月1日からとなる。 2012年から2017年まではベンフィカの傘下であるバスケットボールやバレーボール、フットサル、ホッケーといったスポーツ部門の統括を担当していたピント氏。2017年以降はベンフィカのサッカー部門でGM職を担っていた。 ローマではモンチ・スポーツ・ディレクター(SD)が退任して以降、ジャンルカ・ペトラーキ氏、モルガン・デ・サンクティス氏らがSDを務めてきたが、いずれも前オーナーとの確執により短命に終わっていた。 ローマの新GMとなったピント氏についてダン・フリードキン会長は「チアゴはワールドクラスの才能を持っている。彼とたくさん話をする中で彼の仕事への情熱、前向きな姿勢、何よりも勝者のメンタリティが、ローマが今後目指していく方針と一致していた。彼の驚くべきエネルギー、妥協のない倫理観、才能を見極める力が、イタリアとヨーロッパでタイトルを争うチームに今後ローマが成長していく助けとなるはずだ」とコメント。 また、ピント新GMは「ベンフィカを離れる決断は難しいものだったが、活力に満ちた新オーナーの下、ローマの復活を目指すプロジェクトを手助けする機会を手にしない決断はできなかった。プロとしてこのチャンスを掴みたいと思った」と就任に至った経緯を述べた。 2020.11.19 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スモーリングが重度の食中毒で次節パルマ戦欠場か

ローマの元イングランド代表DFクリス・スモーリングが重度の食中毒にかかっているようだ。 ローマによれば22日に行われるセリエA第8節パルマ戦までの準備期間が3日しかないことから体調が万全に戻る可能性が低く、スモーリングがパルマ戦に出場する可能性は低いとのことだ。 今季開幕後、完全移籍でマンチェスター・ユナイテッドから再加入したスモーリングは、直近のセリエA2試合にフル出場し、連勝に貢献していた。 2020.11.18 23:30 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly