2度追いついたダービーを振り返るアンチェロッティ監督「自信を失うこともなかった」

2020.10.18 17:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、リバプールとの“マージーサイド・ダービー”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。エバートンは17日、プレミアリーグ第5節でリバプールと対戦。好調なシーズンスタートとなっていただけに、王者に対して良い入りをしたかった。

しかし開始3分にサディオ・マネにゴールを許し先制されるも、19分にはハメス・ロドリゲスのCKからマイケル・キーンがヘッドで決めて同点に。後半もモハメド・サラーに勝ち越しを許すが、好調を維持するドミニク・キャルバート=ルーウィンが5試合連続ゴールを記録し、2-2の引き分けに終わった。

引き分けに終わったダービーについてアンチェロッティ監督がコメント。チームとしてしっかりと戦えたとコメント。ドローに終わったが、パフォーマンスは悪くなかったとした。

「気分は良い。しっかりと勝負したかったし、我々はそれができた」

「この試合で必要だったのは、良いパフォーマンスであり、良いスピリットだった」

「キャラクターを示せたと思う。2度追いつくことができ、自信を失うこともなかった」

「我々は少し上手く行かなかったが、最後まで戦い続けた。こういった種類の試合が必要だ」

「私は選手に言った。こういったプレーをして試合に負けて悲しかったことがあるかもしれないが、今シーズン、そしてこの瞬間の我々の信念には影響を与えることはなかっただろう」

「もしパフォーマンスが良くなければ、影響は受けていただろうがね」
コメント
関連ニュース
thumb

エバートンで輝くハメス、“小さな問題”で今節欠場へ アンチェロッティが明言

エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが今週末のゲームを欠場するという。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のプレミリーグ開幕から4勝1分け1敗で首位に立つエバートンは11月1日に行われる第7節で14位につけるニューカッスル・ユナイテッドとのアウェイ戦に挑む。今季初黒星を喫した前節からの仕切り直しが求められるが、ここまでリーグ戦全試合で先発が続くハメスを“小さな問題”で欠いての試合になるようだ。 カルロ・アンチェロッティ監督は3試合ぶりの勝利がかかるニューカッスル戦に先駆けた会見で、「ハメスは全試合出場を続けているが、小さな問題を抱えており、この試合で休む必要がある。次のゲームには出られるだろう」とハメスの欠場を明言した。 また、ニューカッスル戦では主将のアイルランド代表DFシェイマス・コールマンも負傷欠場。ブラジル代表FWリシャルリソンとフランス代表DFリュカ・ディーニュもサスペンションで欠場となるが、アンチェロッティ監督は代わりに出番が回ってくる選手に対する信頼を口にしている。 「選手が欠けているという事実はあるが、チームの質を認識するのが大切。ほかの選手が手にしたプレーの機会で自身の質を示して、チームが上位にとどまるための手助けをしてくれるはずだ」 なお、ニューカッスル戦に向けては「重要な試合だ。できることなら、リーグテーブルのトップにとどまりたいからね。ニューカッスル戦は常に難しい。しかし、我々もフォーカスして、良い精神状態にある。この試合に向けた自信もあるんだ」と意気込みを語っている。 2020.10.31 09:55 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、一発退場ディーニュの処分が軽減!出場停止は1試合に

エバートンに所属するフランス代表DFリュカ・ディーニュの出場停止処分が軽減された。クラブが27日に発表している。 ディーニュは25日に行われたプレミアリーグ第6節のサウサンプトン戦で、72分に相手DFカイル・ウォーカー=ピータースを後ろから倒したことで一発退場に。厳しい判定に、カルロ・アンチェロッティ監督は試合後に「ジョークだろ」と揶揄していた。 本来、一発退場を命じられた選手は、その後3試合の出場停止となるが、判定に不服申し立てを行ったエバートンの要求が呑まれ、1試合の出場停止に軽減されることになった。 この結果、次節のニューカッスル戦は出られないものの、11月7日の第8節のマンチェスター・ユナイテッド戦と同21日の第9節フルアム戦は出場可能に。サウサンプトン戦で今季初黒星を喫していたエバートンにとって追い風となるに違いない。 なお、左サイドバックを主戦場とするディーニュは、ここまでリーグ戦6試合、EFLカップ3試合の公式戦全9試合に出場していた。 2020.10.28 14:53 Wed
twitterfacebook
thumb

殺害予告のピックフォードがボディーガードを雇う、ファン・ダイク事件は熱り冷めず

エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードがボディーガードを雇ったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 17日に行われたプレミアリーグ第5節、リバプールとのダービーでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクと接触したピックフォード。この接触で負傷交代したファン・ダイクは、試合後の検査で右ヒザ前十字じん帯の損傷と診断。手術を余儀なくされ、長期離脱することとなった。 <div id="cws_ad"><br/>◆ピックフォードとの接触でファン・ダイクが痛みに顔をゆがめる(1:10~)<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=91fgrkmgbeld1al24mu6kc3mx" async></script></div> このシーンではファン・ダイクがオフサイドを取られたため、ファウルの判定は出なかったものの、アフターチャージであることで多くの意見が出たなか、ピックフォードはSNSで殺害予告を受け、身を守るためにボディーガードを雇ったという。 『デイリー・メール』によれば、ピックフォードは妻と1歳の子供と一緒に住むチェシャーの自宅に、警備会社のスタッフを配置したようだ。また、専門家からは、居場所を知られないようにすべてのSNSから離れるようアドバイスを受けているという。 ピックフォードはファン・ダイクに対して謝罪。ケガをさせる意図はなく、サッカーではよく起こってしまうことではある。一方で、イングランドサッカー協会(FA)が何の対応もしないことに怒りの声も上がっており、過激なファンたちの怒りもまだ鎮まっていないようだ。 2020.10.28 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクへのプレーが影響? アンチェロッティ監督がディーニュの退場に言及「ジョークだろ」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、サウサンプトン戦での退場に言及した。イギリス『BBC』が報じた。 エバートンは25日、プレミアリーグ第6節でサウサンプトンと対戦。2-0で敗れた。 開幕4連勝と好スタートを切ったエバートンは、第5節でリバプールとの“マージーサイド・ダービー”を戦い2-2のドロー。無敗でサウサンプトン戦に臨んだが、リーグ戦初黒星を喫した。 アンチェロッティ監督は今季初黒星について「試合に負けたことは残園だが、今までのことは忘れてはならない。正直なところ、本当によくやっていた」とコメント。「我々はこれからも良い結果を出し続けなければならない。ここがポイントだ。あまりガッカリする必要はない」と敗戦を受け入れながらも、前を向くことが大事だとした。 この試合では、2点ビハインドの72分にリュカ・ディーニュがドリブルで突破したカイル・ウォーカー=ピータースを追いかけて後ろから倒し一発退場となっていた。 この判定についてアンチェロッティ監督は不公平だとコメント。リバプール戦でGKジョーダン・ピックフォードがDFヴィルヒル・ファン・ダイクを負傷させたこと、FWリシャルリソンがMFチアゴ・アルカンタラを負傷させ退場したことが影響しているとの見解を語った。 「レッドカードはジョークだろう」 「リバプール戦でのピックフォードとリシャルリソンのプレーについて、この1週間多くの話がなされてきたという事実が、判定に影響を与えた」 「このような形で、ディーニュの様な選手を3試合も失うことは公平ではないと訴えたい」 2020.10.26 11:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「さほど落ち込む必要なんてない。まだ首位」 連勝ストップのエバートン指揮官は前向きな姿勢崩さず

エバートンのカルロ・アンチェロッティがプレミアリーグ開幕からの進撃ストップ後、前向きな姿勢を打ち出した。 今夏の積極補強も実を結び、開幕から無傷の4連勝で首位を走るエバートンは25日に敵地で行われた第6節でサウサンプトンと対戦して、0-2の黒星。首位の座こそ守ったものの、今季初黒星を喫して、昨季王者リバプールに勝ち点で並ばれてしまった。 だが、アンチェロッティ監督はあまり悲観的になっていないようだ。試合後、クラブ公式チャンネル『EvertonTV』で敗戦を悔やみつつ、前向きな姿勢を崩さなかった。 「この敗北は我々の信念と野心に影響を及ぼすものじゃない。まだ順位表で良いポジションにいて、それこそが重要だ。遅かれ早かれ、負ける日は来る。それが今日だったんだ」 「今はこれまでと同じスピリットや姿勢、信念と向上心で、きちんと振る舞っていかないとね。負けたのは残念だが、これまでの歩みを忘れるわけにいかない。正直、よくやっている」 「これからも良い結果を手にし続けていくためにも、継続が必要だ。ここがポイントだ。さほど落ち込む必要なんてない。まだ首位。それは我々からすれば、アンビリーバブルな偉業だ」 「その位置にとどまり続けられるよう頑張らないといけない。良い試合じゃなかったが、我々にとって、良い試合をした後のゲームだった。我々よりも優れた彼らが勝っただけだ」 2020.10.26 10:15 Mon
twitterfacebook