プレミア今季最初の月間MVPはキャルバート=ルーウィン! 圧巻5発でエバートン躍進に貢献

2020.10.09 20:08 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは9日、エバートンに所属するイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンが9月度の「EA SPORTS Player of the Month(月間最優秀選手)」に選出されたことを発表した。昨シーズン、キャリアハイのリーグ戦13ゴールを挙げて飛躍のキッカケを掴んだ23歳は、カルロ・アンチェロッティ監督2年目で今夏積極補強を敢行したトフィーズにおいて新加入のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスらのサポートを受けて、序盤から爆発。

今シーズンの開幕戦となったトッテナム戦でチームを1-0の勝利に導く決勝点を挙げると、第2節のWBA戦ではプレミアリーグでキャリア初のハットトリックを達成。さらに、第3節のクリスタル・パレス戦でも1ゴールを挙げ、9月に行われた3試合で5ゴールを挙げる大活躍をみせ、チームの開幕3連勝の立役者となった。

また、10月に入っても勢いが衰えないキャルバート=ルーウィンは、直近のブライトン戦でも1ゴールを挙げて開幕4試合連続ゴール中。この活躍が認められてイングランド代表に選出されると、8日のウェールズ代表との国際親善試合ではデビュー戦ゴールも決めている。

なお、キャルバート=ルーウィンは月間MVP初受賞となるが、エバートンの選手では2017年3月にベルギー代表FWロメル・ルカク(現インテル)が受賞して以来、久々の同賞の受賞となった。

ちなみに9月度の月間MVP候補にはキャルバート=ルーウィンの同僚であるハメス・ロドリゲスに加え、リーズFWパトリック・バンフォード、レスター・シティのMFティモシー・カスターニュ、同FWジェイミー・ヴァーディ、リバプールFWサディオ・マネ、ブライトンDFタリク・ランプティ、トッテナムFWハリー・ケインが選出されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ハメス・ロドリゲスはやっぱりフリー移籍だった! エバートンのSDが明言

昨夏にレアル・マドリーからエバートンに移ったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだが、移籍金はやはりゼロだったようだ。 前回の移籍市場で、恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督に誘われる形でエバートンに移籍したハメス・ロドリゲス。正確無比なボールコントロールとキック精度で攻撃をリードし、開幕5試合で3ゴール3アシストと、華々しいプレミアリーグデビューを果たした。 そんなハメス・ロドリゲスの移籍金に関して、イギリス『スカイ・スポーツ』は2200万ポンド(約31億1800万円)と報じていたが、古巣であるアルゼンチンのバンフィエルドはフリー移籍だったと主張。その裏付けとして、同選手がマドリーから移籍する際には移籍金の一部を受け取る契約を告白し、一銭も入金されなかったことを明かしている。 そして、今回それを確定させる言質が取れた。スペイン『アス』によれば、エバートンのスポーツディレクターを務めるマルセル・ブランズ氏が、14日に行われた株主総会でフリー移籍だったことを明言。昨夏の移籍市場を整理し、以下のように語った。 「パンデミックの大きな影響を受け、最も困難な移籍市場のひとつとなった。その中で我々は6人の選手とサインした。移籍金が発生したのは、アラン、(アブドゥライエ・)ドゥクレ、ベン・ゴッドフリーの3人。フリー移籍はハメス・ロドリゲス。(ニール・)エンクンクはトライアル、ロビン・オルセンはレンタルだ」 これで移籍金ゼロだったことが改めて判明したハメス・ロドリゲス。恩師の下、新天地での更なる活躍を期待したい。 2021.01.15 16:53 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナ蔓延のアストン・ビラ、週末のエバートン戦が再延期に

プレミアリーグは14日、アストン・ビラvsエバートンの試合日程を再延期することを発表した。 アストン・ビラでは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大し、クラスターが発生。それによりプレミアリーグの3試合が延期となっていた。 13日に予定されていたトッテナム戦が延期となり、トッテナムは代わりにフルアム戦が急遽組まれることとなっていた。 アストン・ビラは選手とスタッフの多数が隔離された状態であり、17日に予定されていたエバートン戦の延期を要請。リーグが同意したとのことだ。なお、延期の日程は未定となっている。 また、4日に予定されていながら延期となったニューカッスル戦も再延期。1月23日(土)に開催されることとなった。 2021.01.14 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバ豪快ボレー弾でバーンリー撃破のユナイテッドが3年4カ月ぶりの首位浮上! 最下位ブレイズが待望の今季初勝利!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第1節延期分、バーンリーvsマンチェスター・ユナイテッドが12日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのユナイテッドが0-1で勝利した。 リーグ戦10戦無敗で首位のリバプールと同勝ち点の2位に浮上したユナイテッドが、今季初の首位浮上を懸けて臨んだ16位バーンリーとの第1節の延期分。 EFLカップ準決勝で宿敵マンチェスター・シティに敗戦も、直近のFAカップでは格下ワトフォードを退けてバウンスバックを達成したスールシャール率いるアウェイチームは、その試合で温存したGKデ・ヘア、ブルーノ・フェルナンデスやポグバを復帰させたほか、SNSの人種差別的投稿で3試合の出場停止を強いられたカバーニ、ワトフォード戦で頭部を打って負傷交代したバイリーがスタメンに名を連ねた。 今季アウェイゲームで圧倒的な強さを見せるユナイテッドだが、試合の入りはインテンシティで勝るバーンリーに押し込まれる状況が続く。 それでも、15分を過ぎて相手を押し返したホームチームは17分にB・フェルナンデスがファーストシュートを放つと、20分過ぎにはマルシャルがアクロバティックなボレー、ボックス手前左の得意の角度からミドルシュートと際どい場面を作り出した。 その後も拮抗した展開が続く中、前半半ばを過ぎると、微妙な判定が試合の流れに影響を与える。 28分、バーンリーのCKの流れからショーとグズムンドソンが交錯もそのままプレーが流されると、その流れからユナイテッドのロングカウンターが発動。ボックス付近に抜け出したカバーニがブレイディからアフターチャージを見舞われ、このファウルでブレイディにイエローカードが掲示される。 だが、VARでショーとグズムンドソンの交錯場面までプレーが遡ると、足裏を見せたショーのチャレンジがファウルと判断され、ブレイディのイエローカードが取り消され、逆にショーにイエローカードが掲示される。 さらに、36分にはユナイテッドのCKの二次攻撃からボックス手前左でショーが上げたクロスをファーで競り勝ったマグワイアが頭でゴール左隅に流し込むが、ここはマグワイアのDFピーテルスへのファウルが取られてゴールは認められず。その後はユナイテッドが押し込む展開となったが、45分にボックス手前左でマルシャルが放った決定的なシュートはGKポープのビッグセーブに遭い、試合はゴールレスで折り返すことになった。 迎えた後半、立ち上がりから攻撃のギアを上げたユナイテッドが完全に試合の主導権を掴む。52分にはポグバの豪快な中央突破からボックス左のマルシャルにパスが繋がり、そこからゴール前のカバーニを狙った折り返しが入るも、ここはウルグアイ代表FWがうまくミートできず。さらに、56分、60分と相手を押し込んだ状態でB・フェルナンデスが鋭いミドルシュートを続けて放つが、いずれもGKポープの守備範囲。 押し込みながらも最後のところで相手の堅守をこじ開けられないユナイテッドだったが、個の力でゴールをこじ開ける。71分、中盤でルーズボールを回収したB・フェルナンデスから右サイドのラッシュフォードにパスが繋がる。ここでタメを作って味方の攻め上がりを促したラッシュフォードがペナルティアーク付近へ浮き球のパスを入れると、ポグバが右足のダイレクトボレー。ゴール前でDFロートンにディフレクトしたボールがGKの反応の逆を突く形でゴールネットに突き刺さった。 ポグバの見事なダイレクトボレーで均衡を破ったユナイテッドはリスクを冒して2点目を奪いに行くことはせず、ゲームコントロールを優先しつつ逃げ切り態勢に入る。 試合終盤にかけてはバーンリーのパワープレー気味の攻撃に押し下げられる中、B・フェルナンデスを下げてマクトミネイをピッチに送り込むなど、割り切った戦い方で虎の子の1点を守り抜く選択を取る。 85分を過ぎると、完全に自陣深くに押し込められた中、ブラウンヒル、ヴィドラとボックス内で再三のシュートを浴びる。さらに、89分にはバーンリーのCKの場面で競り合ったマグワイアの上げた腕にボールが当たってあわやPK献上という場面もあったが、ここはVARのレビューの結果お咎めなしに。 その後、マルシャルが絶好のカウンターチャンスを逃したことで最後まで冷や冷やの展開が続いたものの、何とか逃げ切りに成功したユナイテッドがリーグ3連勝を達成。 この結果、リバプールを抜きモウリーニョ体制以来、3年4カ月ぶりの首位に立った。そして、次節はリバプールとの首位攻防戦に臨む。 また、同日行われたプレミアリーグ第18節、ウォルバーハンプトンvsエバートンは、アウェイのエバートンが1-2で勝利した。 試合は開始直後にイウォビのミドルシュートでエバートンが先制も、ウルブスも直後の14分にセットプレーの流れからネヴェスが鮮烈なボレーシュートを叩き込み、両者譲らず1-1のスコアで試合を折り返す。 後半も一進一退の攻防が続いたが、エバートンは77分にセットプレーの二次攻撃からアンドレ・ゴメスの左クロスをキーンが豪快なヘディングで合わせ、勝ち越しに成功。その後、ホームチームの反撃を凌ぎ切ったエバートンが4位に浮上している。 同じくシェフィールド・ユナイテッドvsニューカッスルは、ホームのシェフィールド・ユナイテッドが1-0で競り勝ち、今季18戦目にして待望の今季初白星を手にした。 開幕から15敗2分けと大不振に陥っていたブレイズだが、この試合では前半終了間際に続けて2枚の警告を受けた相手MFフレイザーが退場となり数的優位を手にした。 そして、後半半ばにはボックス内での競り合いの際に微妙な判定ながら相手DFフェルナンデスのハンドでPKを獲得。これをシャープがきっちり決めてブレイズでのリーグ通算100点目とした。 その後、1人少ないニューカッスルの反撃を凌ぎ切ったブレイズが待望の今季初勝利を手にした。なお、開幕18試合目での初勝利はイングランドのトップカテゴリーにおいて1902-03シーズンのボルトン(22試合目)に次ぐワースト2位の記録だ。 2021.01.13 07:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ジョシュア・キングがプレミア復帰か…エバートンら多くのクラブが関心

ボーンマスのノルウェー代表FWジョシュア・キング(28)にプレミアリーグの複数のクラブが関心を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身のキングは、2015年夏にボーンマスに加入し、プレミアリーグで通算161試合に出場し48ゴール15アシストの数字を残していた。 しかし、今季はチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格し、ここまで8試合の出場で無得点。シーズン序盤のケガや、今季限りで契約切れとなるモチベーションの低下が影響しているのかもしれない。 それでもプレミアリーグからは引く手あまたで、ウェストハムやWBAは1500万ポンド(約22億円)の移籍金を支払うこともやぶさかではない様子。一方で、ニューカッスルは契約満了を迎える今夏の獲得を狙っているという。 その中で、最新の動きを見せているのがエバートンだ。今冬での獲得を目論むエバートンは移籍金を抑えるためトレードを提案している模様。これに対し、ボーンマスはキングを現金化したい意向のようだが、MFジャラッド・ブランスウェイトかDFジョンジョ・ケニーとのトレードであれば検討する姿勢とのことだ。 なお、今冬の移籍市場でFWセバスティアン・アラーをアヤックスに売却したウェストハムが補強のために本格的に動くと予想されており、売却により2000ポンド(約28億5000万円)の利益を得ている。 2021.01.11 14:59 Mon
twitterfacebook
thumb

主審が判断ミスを認める、ファン・ダイクが重傷を負ったシーンは「オフサイドに気を取られすぎた」

プレミアリーグで主審を務めているマイケル・オリヴァー氏が、今シーズンの重要な判定に関してミスだったと認めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 オリヴァー氏は、今シーズン担当したプレミアリーグの試合で1つの大きなミスを犯したことを認めた。それは、リバプールvsエバートンのマージーサイド・ダービーでの一件だ。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=91fgrkmgbeld1al24mu6kc3mx" async></script></div> 事件は10月17日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートンvsリバプールの一戦。シーズン序盤好調を維持していたエバートンと首位のリバプールの一戦は大きな注目が集まったが、開始5分に起こったプレーが世界中で物議を醸した。 リバプールのセットプレーの流れで、クロスに飛び込んだヴィルヒル・ファン・ダイクがエバートンGKジョーダン・ピックフォードのアフターチャージで足を挟まれ負傷交代。試合後の検査で右ヒザ前十字じん帯の損傷が見つかり、手術を余儀なくされる重傷となった。 このシーンでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入し、ファン・ダイクがオフサイドポジションにいたためPKはなし。さらにその後のプレーということで、ピックフォードもお咎めなしとなっていた。 しかし、この試合で主審を担当していたオリヴァー氏はこの時の判断について間違いだったことを認め、オフサイドであった判定は変わらなくとも、ピックフォードも退場すべきだったと語った。 「当初はオフサイドなのでPKにはなり得ないので、最初にオフサイドをチェックする必要があると考えていた」 「オフサイドでなければ、私はPKを与えるつもりだとVARにも言ったと思う。私は何度もその場面を見直した。ピックフォードが自分で手を広げている以外には何もしていないと本当に思っている。ただ、ケガが示しているように、間違った方法をとったとも言える」 「私を含め、チャレンジついて考えることはあまり考慮していなかった。オフサイドを与えて、ピックフォード退場させることもできた。後でそれを見て驚いたのは、ピッチで何も抗議されなかったということだ。選手は誰もレッドカードを要求はしていなかった」 「より大きなプロセスを考えることとは対照的に、我々は一歩ずつ進むことに夢中になりすぎていた。PKにはなり得ないという事実だけでなく、チャレンジも検討していた。我々がしたように、オフサイドから再開すべきだったと思うが、ジョーダン・ピックフォードには別のペナルティが与えられるべきだった」 VARが導入されたなかでも起きてしまったこの事件。ミスジャッジは減った一方で、肉眼では判別できないレベルの細かすぎるオフサイドの判定には異論も唱えられている。 しかし、オリヴァー主審はVAR自身はプラスに働いていることを強調。ピッチ内での不平不満は減り、余計な論争を産まなくなったと感じていると明かした。 「VARが強迫観念を与えていることは知っている。しかし、私はそれを望んでいる。ゲームを変えることに関するすべてのことには騒ぎが付いて回る。ただ、明日のランチタイムにそれを無くした場合、週末を通して聞こえてくるの人々が“VARを通した報道”を叫ぶことだけだろう」 「最終的にVARを使用したとしても、それは私の決断だ。フィールドで決定を下すのは私だ。そして、最初に正しく判定できれば、VARが関与する理由はない」 「今、私は前に進むことができ、ピッチサイドのモニターに確認するという2度目のチャンスもある。気が変わったり、そのままにしたりすることができる」 「VARは試合に役立っていると思う。より公正な決定が得られている。選手も受け入れてくれている。モニターに行くと、少なくともどちらも満足しているため、フィールドで受け入れてくれることが増える。それをライブや写真で見ることができる」 「そして、我々が受ける虐待にも役立つ。選手は20分前に起きたことに対して、しつこく不平を言ってくることはない。彼らはそれが発見されたことを嬉しく思う。チェックされたことを嬉しく思う。彼らは自分たちの考えをいい、世界は進んでいく」 2021.01.10 22:45 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly