アレクサンダー=アーノルドが刺殺された12歳の少女へ哀悼の意「RIP AVA WHITE」

2021.12.02 19:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが亡くなった少女に追悼を捧げた。イギリス『サン』が伝えている。

リバプール市内では先週の11月25日、友人とともに出かけていた12歳の少女アヴァ・ホワイトさんが10代の少年グループに刃物で刺されるという痛ましい事件が発生。救急隊が駆けつけ病院に運ばれたものの、残念ながら死亡が確認されたという。

12月1日に行われたプレミアリーグ第14節、エバートンvsリバプールの“マージーサイド・ダービー”でも両チームがアヴァさんをしのび、大型ビジョンでも哀悼の意を示した。

リバプール市内で生まれ育ったアレクサンダー=アーノルドは試合後、改めてメッセージを表明。「RIP AVA WHITE」と書かれた自身のインナーシャツを披露した。

※R.I.P.:ラテン語のRequiescat in paceまたは英語のRest in peaceの頭文字、安らかに眠れの意

試合中もホワイトさんの年齢と同じキックオフから12分後に中断し、1分間にわたる拍手で追悼が捧げられた。このような痛ましい事件がなくなることを祈るばかりだ。



1 2

関連ニュース
thumb

バイエルンからの関心が噂されるマネ、去就について明言せず「CL決勝後に答える」

移籍の噂が浮上しているリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、去就について口を濁した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2016年夏にサウサンプトンからリバプールに加入したマネ。公式戦50試合に出場してEFLカップ(カラバオカップ)やFAカップの優勝に貢献した今季を含め、ここまで公式戦通算268試合120ゴール48アシストの成績を残しており、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ、クラブ・ワールドカップ(CWC)など、あらゆるタイトルを手にしてきた。 今季はセンターフォワードとして新境地を開拓。ユルゲン・クロップ監督にとって今なお欠かせない選手だが、クラブの契約は来夏までとなっていながら、契約交渉は進展せず。今夏にはバイエルンが獲得に動くと報じられるなど、去就は不透明な状況だ。 リバプールとマネは現在28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリー戦に向けて準備を進めているが、『スカイ・スポーツ』から去就について問われたマネは明言を避け、CL決勝後に明らかにすると語った。 「自分の将来の質問については、CL決勝が終わった後で答えるよ。このクラブに残るのか、残らないのかについては、すべてCLの後だ」 なお、マネと同じく契約が来夏までとなっていながら契約交渉が難航しているエジプト代表FWモハメド・サラーだが、こちらは去就について「来シーズンは確実にチームに残る」と発言しており、両エースで対応が異なっている。 2022.05.26 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

CL決勝を心待ちにするファン・ダイク、コンディションについては「まったく問題ない」

リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を前に体調は万全だと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨シーズンに負った大ケガから復活したファン・ダイクは、今シーズン公式戦50試合に出場。ここまでEFLカップ(カラバオカップ)、FAカップの優勝に多大な貢献を果たしている。 一方で、ファン・ダイクは14日に行われたFAカップ決勝のチェルシー戦で負傷交代して以降、リーグ戦2試合は出番なし。28日に行われるレアル・マドリーとのCL決勝を前に、状態が懸念されていた。 しかし、クラブのインタビューに応じたファン・ダイクはコンディションにまったく問題はないと宣言。身体を回復させる良い機会になったと喜び、CL決勝に向けて気合いを示した。 「身体は大丈夫、まったく問題ないよ。そしてもちろん、土曜日の決勝に向けてとても興奮している」 「肉体的には間違いなくリフレッシュできた。これだけ多くの試合をこなしてきたから、身体も少しは休息を楽しめたようだ。FAカップ決勝戦で少し痛めたのは、休息を必要としているサインだったかもしれない。今は何も問題はなく、特別な夜になることを楽しみにしている」 また、ファン・ダイクはマドリー相手に2017-18シーズンのCL決勝で敗れたことを振り返りつつ、チームはそこから大きく成長したと強調した。 「チームは大きく成長したと思う。より多くの経験を経て、何人かの選手が加わった。そして、あの試合でプレーした選手の多くは、まだチームのためプレーしている」 「あれは僕らにとって初めてのCL決勝だった。もちろん、決勝を経験すれば多くを学べるし、(2018-19シーズンにCL優勝を飾った)マドリードでもそうだった。だから、今回も多くを学べると思う。もちろん、CL史上最高のチームの一つと対戦するわけだが、トロフィーを手にできるよう結果を残す必要がある」 「(CL優勝したときは)もちろん、とても感動した。すべてのフットボーラーにとってCL決勝でのプレーはもちろん、優勝することは大きな夢の実現だろう」 「トロフィーを逃した翌年に優勝できたのも特別だった。家族や子供たちと一緒に戦えたのも大きかったね。今年は(負傷から)カムバックしたばかりのシーズンだから、僕にとってより特別なものに感じられるかもしれない」 「今シーズンは信じられないような1年、タフな1年だった。これからどうなるか見てみたいね。それを楽しみ、何が起こるかを見てみよう」 2022.05.26 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

CL決勝でマドリーへのリベンジ狙うサラー、4年前の負傷は「キャリアの中で最悪の瞬間」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、レアル・マドリーへのリベンジに向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝では難敵ビジャレアルに苦戦しながらも勝利し、優勝した2018-19シーズン以来となる決勝進出を決めたリバプール。ファイナルの舞台では、因縁の深いレアル・マドリーと対戦する予定になっている。 リバプールとマドリーは2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝でも対戦。いずれもマドリーが勝利を収めているが、特に4年前の決勝ではサラーが相手DFセルヒオ・ラモスともつれながら転倒したことで肩を負傷。前半での負傷交代を余儀なくされると、エースを失ったチームは相手に押し込まれる結果となり1-3で敗れた。 記者会見に出席したサラーは、今大会にかける意気込みについて語りつつ、4年前のCL決勝についても言及。負傷で早々にピッチを去ることになった悔しさを明かしている。 「今はとてもやる気がある。前回のマドリーとの対戦、そして日曜日のプレミアリーグを終えた後で、チームの誰もがCLを勝ち取るためにモチベーションを高めているんだ。僕がここに来てから、毎シーズンこのために戦ってきており、皆が楽しみにしているよ」 「(2017-18シーズンのCL決勝では)30分くらいで交代したのを覚えている。あれは僕のキャリアの中で最悪の瞬間だった。本当に、本当に落ち込んでいたよ。あの時は良いシーズンだったのに、CL決勝を30分で終えるなんて、どんなフットボーラーにとっても最悪の出来事だ。試合後、僕は病院にいて、結果はヘンド(ジョーダン・ヘンダーソン)から聞いて知った」 「そのとき、僕はこう思ったんだ。『こんな負け方はできない』とね。フットボールをやっていて、全員かほとんどの選手にとって初めてのCL決勝だった。だから、敗れたことにはとてもとても失望した。でも、その後の夏を経て僕らはチームに戻り、お互いに話をした。僕の記憶が正しければ、ドレッシングルームでヘンドとミリー(ジェームズ・ミルナー)が『もう一度、すべてをやり直そう』と言ったんだ。そして、その翌年に優勝することができた」 2022.05.26 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「もう一度あの感動を味わいたい」CL決勝を前に、リバプール主将ヘンダーソンが必勝誓う

リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝への意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 インテル、ベンフィカ、ビジャレアルを下し、28日にパリで行われるCL決勝進出を決めたリバプール。ファイナルの舞台では、2017-18シーズンのCL決勝や昨シーズンのCL準々決勝で戦い、いずれも敗れたレアル・マドリーと再び対戦する。 先週末に行われたプレミアリーグ最終節の結果、勝ち点差「1」でリーグタイトルを逃したリバプールだが、記者会見に出席したキャプテンのヘンダーソンはチームの雰囲気の良さを強調。今季すでにEFLカップ、FAカップを制しているチームは、最後に残ったビッグタイトルを勝ち取りたいと意気込んだ。 「正直なところ、チームの雰囲気は良いよ。今日のトレーニングもとても良く、週末に向けて若者たちの興奮が伝わってきた。もちろん、日曜日の結果には失望したよ。あと一歩のところで何が起きたのか、理解するのは大変だった。それでも、今季のチームをこれほど誇りに思うことはない。2つのトロフィーを獲得して、土曜日にもう1つ手にする大きなチャンスがあるのだからね。今季最後にもう一度全力を尽くして、CLのトロフィーを持ち帰れるよう頑張りたい」 「(CL決勝は)僕にとってラストチャンスのようなものだと思っている。チャンスはいつ来るかわからない以上、土曜日のこの試合はとても大きなものだ。だからこそ、チームとして、選手としてすべてを出し切りたい。フットボールの世界は何が起こるかわからず、物事はすぐ変わってしまう。それでも僕らは長い間、このチャンスを得るため働いてきた。そしてそれが、CLを制覇するのに十分なものであったと願っている」 「(2018-19シーズンの)マドリードでのCL優勝は、自分のキャリアのなかで最大の瞬間であり、もっとも特別なものだったと言えるね。前年にあと一歩のところで逃したCLをついに勝ち取ったことは、自分にとっても、仲間にとっても、関係者にとっても、本当に感動的な時間だった。だからできれば土曜日にもう一度あの感動を味わいたいし、祝いたい」 また、ヘンダーソンはメディアで頻繁に報じられるリバプールとマドリーの因縁についても言及。2017-18シーズンのCL決勝では前半に無念の負傷交代となったFWモハメド・サラーの気持ちに寄り添いつつ、マドリーに対して必要以上の感情は持っていないと語った。 「正直なところ、モー(モハメド・サラー)の立場なら理解できる。あの試合、あのような形で負傷して退場したことは、彼にとって大変だった。もちろん、僕ら全員にとっても大変だったよ。だから、それは理解できる。でも僕にとっては、CL決勝でプレーする以上のモチベーションは必要ない」 「僕たちの焦点はただそこに行き、パフォーマンスすることだ。それこそ僕らが子供の頃に夢見たことさ。マドリーとのCL決勝戦以上にビッグなものはないだろう。本当にタフな戦いになるだろうね。だから、勝つためには100%の力が必要なのはわかっている。フットボールでは常にそうであり、今回もそうなのは間違いない」 2022.05.26 11:59 Thu
twitterfacebook
thumb

南野拓実にインテル移籍の噂が、出場1008分で10ゴールの働きに興味か?

リバプールの日本代表MF南野拓実(27)にインテルが興味を示しているようだ。スペイン『Fichajes』が報じた。 2020年1月にザルツブルクからリバプールへと加入した南野。プレミアリーグでも1、2を争う強豪に加入した影響もあり、豊富なアタッカー陣の中ではレギュラーに定着できていない。 それでも、今シーズンはプレミアリーグで11試合に出場し3ゴールと少ないチャンスを生かした他、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合で4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録し、チームの優勝に大きく貢献していた。 ただ、いずれのカップ戦も決勝の舞台ではピッチに立たせてもらえず、それまでの貢献は讃えられている一方で、やはり信頼を得ているとは言えない状況だ。 そんな中、リバプールは28日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えており、南野が出場すれば、日本人として初の偉業となる。 しかし、今シーズンのCLではグループステージの4試合の出場に終わっており、決勝トーナメントでは出番が与えられていない。ユルゲン・クロップ監督からの評価は高いが、序列を覆せていない状況がある。 リバプールとの契約は2024年6月30日まで、残り2シーズンある中で、獲得に興味を持っているとされるのがインテルだという。 『Fichajes』によれば、インテルは今季のCL・ラウンド16でリバプールと対戦。その中で、プレーイングタイムが1008分と短い中で10ゴール1アシストと仕事をしている南野に興味を持っているとのことだ。 また、ラツィオやシュツットガルトも注視しているという。 6月には日本代表にも招集されている南野。「チャンピオンズリーグの決勝が終わったら、自分の将来について考える」とメディアに語ったが、果たしてどのような決断を下すだろうか。 2022.05.26 09:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly