2カ月連続で選手が愚行のイングランド代表、初招集のキャルバート=ルーウィンが監督からの警告を明かす「彼は思い出させてくれた」

2020.10.07 13:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2カ月連続で招集した選手が愚行を犯してしまったイングランド代表。ガレス・サウスゲート監督は、選手たちに警告したようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

国際親善試合とUEFAネーションズリーグ2020-21に臨むイングランド代表。しかし、代表招集を受けていたチェルシーのFWタミー・エイブラハムとDFベン・チルウェル、そしてドルトムントのMFジェイドン・サンチョ新型コロナウイルスのプロトコルを破ってしまった。

エイブラハムは2日に23歳の誕生日を迎え、3日のクリスタル・パレス戦ごにサプライズで誕生日を祝われたとのこと。上述の3名の選手を含む20名以上が集まるパーティーが行われていた。

代表活動の前にハメを外してしまった3名だが、6名以上の集まりが禁止されているにも関わらず大勢でパーティーを開催。完全にプロトコル違反の行為であり、この件について糾弾されていた。

イングランド代表では、9月の代表活動中にマンチェスター・シティのMFフィル・フォーデン、マンチェスター・ユナイテッドのMFメイソン・グリーンウッドの2名がアイスランドで女性を部屋に連れ込むプロトコル違反を犯し、そのまま代表を追放。今回のメンバーにも招集されていなかった。

2カ月連続で若手選手の愚行が発覚したイングランド代表だが、サウスゲート監督は選手たちに対して改めて警告を発したとのこと。その様子をエバートンのFWドミニク・キャルバート=ルーウィンが語った。

「彼はその行動が何を意味するのか、そしてイングランドのためにプレーすることへの期待について、僕たちに思い出させてくれた」

「特別でなければならず、特に注意し、ルールに従わなければいけない」

エイブラハムとチルウェル、そしてサンチョは8日のウェールズ代表との親善試合を欠場する可能性がある。キャルバート=ルーウィンは3人が謝罪したと明かし、改めて行動に責任を持つ必要があると語った。

「彼らは謝罪した。それが何よりも彼らがしなければならなかったことだけど、僕たちはみんな、国のためにプレーすることの意味を理解している。それを常に頭に入れておく必要がある」

また、ウェールズ戦で起用が予想されるバーンリーのGKニック・ポープもこの件についてコメントしている。

「責任を思い出させるということは、自分自身のために行動しているのではなく、チーム、そして国のためにも行動しているということを証明する点では素晴らしかった」

代表活動前の行動であったため、現時点で3名についての処分などは発表されていないが、フォーデンとグリーンウッドはそのまま追放され、さらに罰金も支払っていた。

関連ニュース
thumb

【ユーロ2020/グループD展望】イングランド&クロアチアが本命も、スコットランドとチェコも粒揃い

ユーロ2020のグループステージが6月11日に開幕する。グループDは、初優勝を目指すイングランドや前回のワールドカップで準優勝の成績を収めたクロアチアが本命も、スコットランドやチェコも粒揃いで侮れない存在となっている。 ◆成長著しい若手タレント軍団~イングランド~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210612_100_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最高順位/3位 予選戦績/7勝1敗(グループA・1位) 監督/ガレス・サウスゲイト 注目選手/FWハリー・ケイン(トッテナム) 今大会で10度目の出場も、最高成績は3位と何度も涙を飲んできたスリーライオンズ。前回大会は躍進のアイスランドが起こした波乱に巻き込まれベスト16で敗退。目標はもちろん優勝だが、6大会ぶりのベスト4進出をまずは目指したい。今予選では対抗馬となり得たのが唯一チェコのみという、ほぼ1強だったグループAを7勝1敗で余裕の首位突破。ただ、その1敗はこのグループDでも同居したチェコに喫したものであることは忘れてはならない。 とはいえ、予選では勝利した7試合は全て4得点以上記録しており、ホームのモンテネグロ戦は7得点、アウェイのブルガリア戦も6得点と、なかなか大量得点が難しい代表戦において他の追随を許さない圧倒的な得点力を誇る。そして、注目選手に挙げたケインはその中で12得点と量産。予選でチームが挙げた総得点37のうち、およそ3分の1を記録し、全チームにおいて最多得点者となった。 そんなエースを支える中盤や守備陣を構成するのは、多くが世界最高峰のプレミアリーグの荒波に揉まれる選手たち。とりわけ、MFフォーデンやMFマウント、FWラッシュフォードといった本大会での活躍が期待される中心選手は20代前半で、フォーデンは今季プレミアリーグの最優秀若手選手にも選ばれた至宝だ。一方でMFヘンダーソンやDFマグワイア、DFカイル・ウォーカーといった経験豊富な選手が脇を固めており、スリーライオンズを優勝候補に挙げるメディアは少なくない。 ◆3年前の経験と若手の融合で再びダークホースに~クロアチア~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210612_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最高順位/ベスト8 予選戦績/5勝2分け1敗(グループE・1位) 監督/ズラトコ・ダリッチ 注目選手/MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー) イングランドに次いでグループステージ突破の本命に数えられるクロアチア。予選ではウェールズやスロバキア、ハンガリーなど結果的に5チーム中4チームが本戦に進んだ曲者揃いのグループで5勝2分け1敗の首位突破。唯一本戦出場を逃した格下のアゼルバイジャンと引き分ける面もあったが、スロバキアやハンガリーから3点以上奪っており、得点力は問題ないようだ。 ユーロでの最高成績はベスト8止まりとなっているクロアチアだが、やはり2018年ワールドカップでの躍進はまだまだ印象深く刻まれている。ダークホース的扱いだったなか、グループステージではアルゼンチンを抑えて首位通過すると、決勝トーナメントではデンマーク、ロシアと対戦相手にも恵まれながら、準決勝でイングランドを延長戦の末に破って決勝へ進出。優勝したフランスには及ばなかったものの、タレント不足を運動量で補った戦い方は見るものを熱くさせた。 そして、そんなクロアチアの注目選手はもちろん主将モドリッチ。準優勝したロシアW杯では大会MVPに選ばれ、さらにその年のバロンドールまで受賞。名実ともに世界最高のMFとして認められた。現チームは代表から引退したMFラキティッチやFWマンジュキッチを除けば、MFブロゾビッチやDFヴルサリコをはじめ、DFロブレンにFWペリシッチなどの中心メンバーは健在。そこにMFパシャリッチやDFブラダリッチ、MFヴラシッチなど、この3年で台頭した若手が融合しており、予選でチーム最多の4ゴールを記録したFWペトコビッチは、マンジュキッチに代わるエースに名乗りを挙げている。 ◆予選は苦しむも躍進の可能性?~スコットランド~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210612_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最高順位/グループステージ敗退 予選戦績/5勝5敗(グループI・3位) 監督/スティーブ・クラーク 注目選手/MFジョン・マッギン(アストン・ビラ) スコットランドは6大会ぶり3度目の出場となる。ただ、その1996年大会もグループリーグ敗退となっており、歴史上決勝トーナメントに進んだことはない。今回の予選でもやはり苦戦を強いられており、ベルギーとロシアが同居したグループIで3位となったが、UEFAネーションズリーグ2018-19の成績からプレーオフに進出。そのイスラエル戦ととセルビア戦はいずれもPKによる辛々の勝利だったが、見事に本戦出場の切符を勝ち取った。 ここまでは今回もグループステージ突破は厳しそうだが、メンバーは意外にも粒揃い。リバプールで不動の左サイドバックに君臨するDFロバートソンをはじめ、マンチェスター・ユナイテッドで主力を張るMFマクトミネイ、今季のサウサンプトンでMVP級の活躍を見せたMFアームストロングなど、プレミアリーグの猛者が集う。 その中で注目選手に挙げるのは、予選でチーム最多の7ゴールを記録したMFジョン・マッギンだ。中盤を縦横無尽に走り回る運動量を武器に攻守で存在感を放つボックス・トゥ・ボックスの選手で、今季のアストン・ビラではリーグ戦37試合に出場3ゴール6アシストの成績を残した。同じポジションでは先に挙げたマクトミネイの他、チェルシー所属の有望株ギルモアなどタレントは十分に揃っており、中盤でいかに優位性を作れるかが突破の鍵となる。 ◆ソーチェク擁する中盤に注目~チェコ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210612_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 最高順位/ベスト4 予選戦績/5勝3敗(グループA・2位) 監督/ヤロスラフ・シルハヴィ 注目選手/MFトマシュ・ソーチェク(ウェストハム) 同グループではイングランドと並んで最多となる10度目の出場。チェコとしては1996年大会のベスト4が最高成績だが、チェコスロバキアとしては1976年に準優勝した経験を持つ。前述のように、予選ではイングランドを下すなどして2位通過。だが、最多得点がFWパトリック・シックの4点と、攻撃面に迫力が欠けるというのがチームの印象だ。 予選以降の試合でも、FIFAランキングで同等以下のチームには勝てても、上位のチームになると沈黙することが多く、ドイツやイタリアに力負けしてきた。また、懸念すべきはネーションズリーグでスコットランドに2連敗していること。初戦でこの壁を越えて勢いをつけたところだ。 注目選手は今季のウェストハムの躍進を支えたMFソーチェク。豊富な運動量とインテンシティで中盤を制圧し、プレミアリーグの台風の目となったハマーズの原動力に。同じクラブで活躍したDFコウファルにも刮目したい。また、国内リーグ3連覇中のスラヴィア・プラハから招集されたMFマソプストやMFセフチク、DFボリルら5人のコンビネーションも武器の一つだ。 【試合日程】 ◆第1節 ▽6/13(日) 《22:00》 イングランド vs クロアチア ▽6/14(月) 《22:00》 スコットランド vs チェコ ◆第2節 ▽6/19(土) 《25:00》 クロアチア vs チェコ 《28:00》 イングランド vs スコットランド ◆第3節 ▽6/23(水) 《28:00》 クロアチア vs スコットランド チェコ vs イングランド <span class="paragraph-title">【動画】イングランド代表がクロアチア代表戦へ調整</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLVUFJbnc5RSIsInAiOiJob2NoaW5ld3MiLCJwbCI6IiJ9"></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/hochinews.js"></script> 2021.06.13 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

初戦からイングランドとのビッグマッチ!モドリッチ「本当の姿を見せたい」

クロアチア代表MFルカ・モドリッチが、ユーロ2020初戦のイングランド代表戦に向けた意気込みを語った。大会公式サイトが伝えている。 互いに初優勝を目指して臨むユーロ2020。グループDの開幕を告げるのは、グループ突破の本命と言われているイングランドとクロアチアによる一戦となる。 クロアチアは2018年のワールドカップでも準優勝した経験もあり、今大会でも優勝候補のひとつに数えられる中、主将のモドリッチは「本当の姿」を見せたいと意気込んだ。 「イングランドは若くて質の高い選手が集まった見事なチームだ。本当に危険な相手になるだろう。でも僕たちは僕たちを信じてビッグマッチに臨む。ここ数試合のように、細かい部分が勝負を決めることになるだろう」 「クロアチア代表としてプレーすることが、どれほど大きな名誉であり、また義務であるかは言うまでもない。これは大きな大会で、チームの皆に大きな期待がかけられている。自分たちの本当の姿を見せられることを願っているよ」 2021.06.13 16:24 Sun
twitterfacebook
thumb

コバチッチとの対戦を楽しみにするチルウェル「最後の笛までは友達ではなくなる」

イングランド代表DFベン・チルウェルが、ユーロ2020初戦のクロアチア代表戦に向けた意気込みを語った。大会公式サイトが伝えている。 悲願の初制覇を目指して10度目の大会に臨むイングランド。13日に控えるその初戦は、2018年のワールドカップで準優勝したクロアチア。スコットランドとチェコも同居したグループDにおいて最大のライバルと目されるチームといきなり激突する。 クロアチアには、チルウェルにとってチェルシーのチームメイトであるMFマテオ・コバチッチが在籍。楽しみとしつつも、手を抜くつもりはないと、対抗心を燃やしている。 「チャンピオンズリーグ決勝の後、話をしたんだ。その前からチェルシーでは本当によく冗談を言い合っていた。彼に会うのは楽しみだけど、試合終了のホイッスルが鳴るまで仲良くする気はないよ!」 チルウェルはまた、クロアチアの主将でキーマンでもあるMFルカ・モドリッチにも言及。チャンピオンズリーグでレアル・マドリーと対戦した際に、その上手さに驚いたことを明かしている。 「ここ10数年、テレビで彼を見ては、そのサッカーの上手さに感心していた。そして、実際に彼を見て、彼と対戦して、相手にするのがどれだけ難しいか、どれだけ賢いか…、そう、彼は素晴らしい選手なんだよ」 「彼との対戦は難しいことだけど、同時に良い挑戦として楽しむこともできるよ」 2021.06.13 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランド代表の選手に歴代選手数が書かれた“レガシーキャップ”をプレゼント!最新は1262番

イングランド代表の選手たちが、各々の番号が書かれた特別な帽子をプレゼントされた。代表の公式サイトが伝えている。 イングランド代表は1872年に世界で初めて公式の国際試合をスコットランドと実施。当時の代表GKを務めたロバート・バーカー氏が「1」番に指定されている。 以来、1966年に行われた母国開催のワールドカップで優勝を果たすなど歴史を積み上げていた“スリーライオンズ(イングランド代表の愛称)”は、今回のユーロ2020に向けて26名の選手を招集。彼らにも新たに番号が振られている。 現在のメンバーで最も長く代表でプレーしているMFジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)は「1170」番。最新は、6日に行われた国際親善試合のルーマニア代表戦でA代表デビューしたGKサム・ジョンストン(WBA)の「1262」番だ。 また、チームを率いるガレス・サウスゲート監督は現役時代の1995年に代表デビュー。「1071」番が与えられている。 イングランド代表は、2019年11月に通算1000試合に到達したことを記念して、このレガシーナンバーを採用することを発表していた。 初優勝を目指すユーロ2020では、13日にクロアチア代表、18日にスコットランド代表、22日にチェコ代表と対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】スターリングはレガシーキャップをお洒落に着こなす</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">England players receive legacy caps—the numbers show their position in chronological order of players who made their debut for their country, all the way back to 1872 <a href="https://t.co/kKAFVNUQJH">pic.twitter.com/kKAFVNUQJH</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1403025906508177411?ref_src=twsrc%5Etfw">June 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.12 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーロに向けたチームの課題語るイングランド代表DF「相手に多くのチャンスを与えている」

アストン・ビラのイングランド代表DFタイロン・ミングスがユーロ2020開幕を前に危機感を抱いている。イギリス『ミラー』が伝えた。 イングランドは11日から開幕するユーロ本大会を前に国際親善試合でオーストリア代表、ルーマニア代表と対戦。ユーロに向けたテストマッチともいえるこの2つの試合をいずれも1-0の勝利で飾ったが、パフォーマンスは低調であり、本大会に向け不安を残すものとなった。 特に守備については、ガレス・サウスゲイト監督も改善の必要性を口にしている。加えて、センターバックとして2試合に出場したミングスもチームの守備に危機感を覚えているとコメント。一方で、チームは課題を克服できると自信を示した。 「僕たちが望んでいたよりも、今は相手に多くのチャンスを与えている。もし(ユーロに出場するような)優れたチームにそのようなチャンスを与えてしまったら、僕たちは罰を受けることになるだろうね」 「そしておそらく、多くのゴールを奪うため前に出るチャンスを、僕たちはそれほど得られない。ワールドクラスの選手は、間違いなくチャンスをものにしてくるはずだ。自分たちは絶対もっと良くなる必要があり、ピンチの数を減らさなければならない」 「とはいえ、守備面は皆が望むような安定性は得られなかったが、2つのクリーンシートは達成できた。このことには満足しているよ。クラブの欧州カップ戦決勝があったことで、選手が不足していた事情もあるからね」 「これまでのところ、僕たちは課題を克服するのに十分な流動性と行動力を持っていると思う。今は選手が不足しているようには見えないし、明確に長時間のグループトレーニングを行っている。チームのトレーニングは順調だ。強度は高く、大会開始の4~5日前には準備万端になっているだろう」 また、ミングスは代表でプレーする喜びに言及。これまではファンとして見ていた大会に参加する興奮を語りつつ、選手としての責任を果たしたいと語った。 「代表でのプレーが大好きだ。ここに呼ばれてからのすべての経験が好きだよ。今はメジャー大会に向かっている。トーナメントのサッカーは、予選や親善試合とは明らかに違うのだろうね」 「正直なところ本当に興奮しているんだ。もし機会があれば試合に出場したいし、何が起こるのか見てみたい。もちろん、僕たちは皆イングランドのファンだ」 「トーナメントが開催されるたびに試合を見ていた。だから、その舞台裏を見ることができて、その一部になれるなんて夢のようさ。もちろん同時にプロとしての自覚を持ち、大会に勝つためここにいるのだと理解する必要はある」 2021.06.11 12:28 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly