新体制初ゴールはC・ロナウド! ピルロ新監督のユベントスがお披露目、3部ノヴァーラに快勝

2020.09.14 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
ユベントスは13日、セリエCに所属するノヴァーラと練習試合を実施。今夏に就任したアンドレア・ピルロ新体制のお披露目となった。試合はユベントスのトレーニングセンターで開催。1週間後に2020-21シーズンの開幕戦を迎えるユベントスは、主力選手たちが先発出場。GKにはヴォイチェフ・シュチェスニーが入り、ダニーロレオナルド・ボヌッチジョルジョ・キエッリーニの3バック、今夏シャルケから加入したウェストン・マッケニーとアドリアン・ラビオがボランチでコンビを組み、フアン・クアドラード、アレックス・サンドロが両サイドを務めた。トップ下にはアーロン・ラムジーを起用。クリスティアーノロナウドと、今夏加入したデヤン・クルゼフスキが2トップを組んだ。

◆C・ロナウドの今季初ゴール!ピルロ監督率いるユベントスがノヴァーラとの練習試合に臨む

試合は、20分にC・ロナウドがクルゼフスキとのワンツーから右足で先制点を記録。C・ロナウドにとっての今季初ゴールとなった。

その後も攻め立てるユベントスだったが、決定機を生かせず。ラムジーやC・ロナウドがチャンスを迎えるも、ノヴァーラの守備の前に無得点に終わった。

C・ロナウドら7名が前半のみで下がり、バルセロナから加入したMFアルトゥールがデビューする。するとユベントスは後半にゴールラッシュ。56分に途中出場のドグラス・コスタのクロスを走り込んだラムジーが合わせて追加点を奪うと、66分にはマルコ・ピアツァが蹴り込み3点目。アディショナルタイムには、マノーロ・ポルタノーバが2ゴールを記録し、5-0で大勝を飾った。

初陣となったピルロ監督は、練習試合ということもあり、ジャージに帽子というスタイルでチームを指揮。ゴールの際にもあまり表情を崩すことなく、淡々とチームの仕上がりをチェックしていた。

セリエA10連覇を目指すユベントスは、21日にセリエA開幕戦で日本代表DF吉田麻也が所属するサンプドリアと対戦する。

ユベントス 5-0 ノヴァーラ

1-0 20分:クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
2-0 56分:アーロン・ラムジー(ユベントス)
3-0 66分:マルコ・ピアツァ(ユベントス)
4-0 91分:マノーロ・ポルタノーバ(ユベントス)
5-0 93分:マノーロ・ポルタノーバ(ユベントス)

ユベントス
GK:シュチェスニー(46→ブッフォン)
DF:ダニーロ(62→ ルガーニ)、ボヌッチ(46→デミラル)、キエッリーニ(46→ペッレグリーニ)
MF:クアドラード(62→ポルタノーバ)、マッケニー(46→アルトゥール)、ラビオ(46→ベンタンクール)、アレックス・サンドロ(62→デ・シリオ)
MF:ラムジー(62→ニコルッシ)
FW:クルゼフスキ(46→ピアツァ)、クリスティアーノ・ロナウド(46→ドグラス・コスタ)
コメント
関連ニュース
thumb

ピルロ・ユーベが上々の初陣!クルゼフスキのデビュー弾にC・ロナウドのダメ押し弾!吉田は後半から出場《セリエA》

セリエA開幕節、ユベントスvsサンプドリアが20日に行われ、ユベントスが3-0で快勝した。サンプドリアのDF吉田麻也は後半から出場している。 昨季セリエA9連覇を果たしたユベントスは、チャンピオンズリーグでのベスト16敗退を受けてサッリ前監督を電撃解任とした。新指揮官には監督未経験のピルロを招へいした中、注目の初陣で3バックを採用。中盤アンカーにラビオを据え、2トップにはC・ロナウドと新戦力のクルゼフスキを起用した。 昨季後半にサンプドリアに加入し残留に貢献した吉田がベンチスタートとなった中、ハイプレスをかけてきた相手に対し、ユベントスは6分にチャンス。ボックス手前右からダニーロの放ったミドルシュートがわずかに枠の左上に外れた。 さらに11分、ラムジーのスルーパスに抜け出たC・ロナウドがボックス左に侵入してGKを強襲すると、13分に先制した。C・ロナウドの仕掛けでルーズとなったボールをボックス右のクルゼフスキがゴール左へコントロールシュートを流し込んだ。 先制したユベントスは24分、カウンターに転じた流れからC・ロナウドがバー直撃のシュートを浴びせると、34分にもC・ロナウドがルーズボールに詰める決定機を演出。ハーフタイムにかけてもユベントスが主導権を握り、前半を1点リードして終えた。 迎えた後半、吉田、クアリアレッラ、ガストン・ラミレスの3選手を投入したサンプドリアに対し、フラボッタやC・ロナウドがゴールに迫ったユベントスだったが、追加点を奪いきることができない。 71分には途中出場のデ・シリオが際どいカットインシュートを浴びせると、75分にはC・ロナウドの直接FKがGKを強襲。すると78分に勝負を決定付けた。右CKの流れから相手のクリアミスを突いてマッケニーがシュート。これはGKに防がれるも、ルーズボールをボヌッチが押し込んだ。 そして83分のCKからのピンチをGKシュチェスニーが好守で凌いだユベントスは、89分にエースがダメを押す。ラムジーのパスをボックス右で受けたC・ロナウドがゴール左に蹴り込んだ。 このまま3-0で快勝したユベントスがピルロ監督の初陣を快勝で飾り、10連覇へ向け上々のスタートを切っている。 2020.09.21 05:41 Mon
twitterfacebook
thumb

キエッリーニ、ディバラ…、絶対王者ユベントスの今年の開幕戦の相手、サンプドリア戦で決めた歴代ベストゴールTOP5をプレイバック!

いよいよ開幕を迎えた2020-21シーズンのセリエA。現在リーグを9連覇中の絶対王者ユベントスは20日、日本代表DF吉田麻也も所属するサンプドリアとの開幕戦を控えている。 そこで今回は、クラブの長い歴史の中で、幾度となく対戦してきたサンプドリアとの試合で、ユベントスの選手が決めたベストゴールTOP5を厳選した。 <div id="cws_ad">◆ユベントス、サンプドリア戦ベストゴールTOP5<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDYk5SY3lGWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆No.5 アルトゥーロ・ビダル 2014年1月18日に行われたセリエA第20節で、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが見せたエレガントなゴールだ。 0-0で迎えた18分、ボックス手前でボールを持っていたMFポール・ポグバが、中盤から裏へ飛び出したビダルに見事なスルーパスを送る。これを完全にフリーで受けたビダルは、走りながらGKの手前でボールに触ると、絶妙なフリックでゴールに流し込み先制ゴールを決めた。 中盤での闘志あふれるプレーが特徴のビダルが見せた繊細なボールタッチから生まれたゴール。試合はユベントスが4-2で勝利している。 ◆No.4 クラウディオ・マルキージオ 2010年9月12日に行われたセリエA第2節で、元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオ氏が決めた豪快なゴールだ。 0-1とサンプドリアにリードされて迎えた43分、ユベントスがゴール前でチャンスを作り、ボックス左に向けてクロスが入る。これをMFミロシュ・クラシッチが頭で落とすと、後ろから走り込んできたマルキージオがダイレクトボレー。ボックス内から放たれた豪快なシュートは、GKに反応する隙を与えずにゴールネットに突き刺さった。 絶妙なタイミングでの前線への攻撃参加を得意としたマルキージオ氏の良さが光る豪快なゴール。試合は3-3のドローに終わっている。 ◆No.3 ジョルジョ・キエッリーニ 2016年5月14日に行われたセリエA第38節で、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが決めたロケット砲のようなボレーシュートだ。 3-0とリードで迎えた77分に、右コーナーキックのチャンスを得たユベントス。コーナーキックは相手GKにパンチングでクリアされてしまうものの、こぼれ球に反応したキエッリーニがボックス手前から強烈なダイレクトボレー。フルスイングした左足に完璧にミートしたボールは、ロケット砲のような強烈な弾道でゴール左上に決まった。 守備の要として現在は主将を務めるキエッリーニの攻撃陣顔負けのボレーシュート。試合は5-0でユベントスが勝利している。 ◆No.2 パウロ・ディバラ No.3のキエッリーニと同じ試合でアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めた、素晴らしいミドルシュートだ。 この試合ではPKから既に1点を奪っていたディバラだが、2-0とユベントスリードの37分に、ゴール正面、ディフェンスラインの手前の位置でボールを受ける。素早く反転し、シュート体勢に入ったディバラは、左足一閃。低い弾道の矢のようなミドルシュートは、ゴール右に突き刺さった。 現在では背番号「10」を背負うエース、ディバラの鮮烈なミドルシュートがNo.2に選出だ。 ◆No.1 ポール・ポグバ そして最後にご紹介するのが、No.5のビダルのゴールも生まれた2014年1月18日の試合で、フランス代表MFポール・ポグバが決めた、美しいミドルシュートだ。 ユベントスがリードする展開ながら、3-2と1点差に迫られて迎えた78分、ポグバがサンプドリアハーフやや左でボールを受ける。ゴールからは距離があったものの、相手GKの位置を一瞬確認すると、躊躇なくロングシュートを放つ。右足から放たれた豪快なシュートは、若干カーブしながらゴール右に吸い込まれ、見事なゴールが決まった。 難しいシュートも簡単に決めてしまう驚異の力を持ったポグバの凄さが詰まったゴールを、No.1に選出している。 今季の開幕戦となるユベントスvsサンプドリアの一戦は、9月20日の27:45にキックオフを迎える。ユベントスは新指揮官に監督未経験のアンドレア・ピルロ氏を迎えた中、いかなる初陣を歩み出すのか注目される。 2020.09.20 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

フランス代表歴代最多出場記録保持者、リリアン・テュラム【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元フランス代表DFリリアン・テュラム氏(48)だ。 <div id="cws_ad">◆テュラム、ユベントスでのプレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSOWVqWmxaQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> テュラム氏は、グアドループの漁業の拠点となるグランド・テール島の港町ポワンタピートルに生まれた。1月1日の新年を迎えてわずか20秒後に誕生したことで1972年に生まれた最初の子供としてメディアが取材に訪れ、新聞の記事に掲載されたという逸話がある。 1990年にモナコでプロデビューを果たしたテュラムは、1996年にパルマへ移籍。スピードとパワーを併せ持つ身体能力と戦術眼の高さを武器に、世界屈指のDFと評され、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンと元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロと共に世界最高守備トリオと称されるほどの強固な守備を形成した。 その後、ブッフォンとともにユベントスに移籍すると、2001-02シーズンと2002-03シーズンでセリエA連覇。2004年にカンナバーロが加入してトリオを再結成し、2004-05シーズンから連覇を果たした。しかし、2006年夏にGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚したことでスクデットはく奪及び、史上初のセリエB降格処分を受けた。 テュラムはその後、2シーズンのバルセロナでのプレーを経て、パリ・サンジェルマンに移籍するかと思われた矢先、メディカルチェックで心臓の奇形が発覚。再検査の結果、テュラムの心臓は正常であったことが判明したが、実兄がバスケットボールの試合中に心臓発作で亡くなっており、母親を安心させるために2008年8月に引退した。 1994年8月にフランス代表デビューを飾ったテュラムは、自国開催となった1998年のワールドカップで初優勝、ユーロ2000優勝、2003年のコンフェデレーションズカップ優勝に貢献。代表キャリアとしては142試合に出場しており、歴代最多出場記録保持者だ。また、その142試合でゴールを決めたのはわずか1試合だったが、その試合が1998年の自国開催のW杯準決勝クロアチア戦だった。先制を許したフランスだったが、後半にテュラム氏の2ゴールで逆転。決勝でもブラジルを撃破し、悲願のW初優勝を飾っていた。また、テュラム氏は人格者としても知られており、フランス国内での人気は非常に高い。 2020.09.20 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

いよいよシーズンインの指揮官ピルロ「ゼロからのスタート」 セリエA10連覇にも意欲

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が指揮官初挑戦の今シーズン開幕を前に意気込みを語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 当初こそ下部組織の監督としてユベントス凱旋を果たしたピルロ監督だったが、マウリツィオ・サッリ監督の解任を受けて、急きょトップチームの指揮官に昇格。イタリアの絶対王者を束ねる長として、監督経験がないものの、セリエA10連覇を目指すシーズンに挑む。 20日にホームで予定する今季の開幕戦でクラウディオ・ラニエリ監督が指揮を執り、日本代表DF吉田麻也を擁するサンプドリアと相相対するユベントス。いよいよ個人的にも指導者キャリアが本格的にスタートするピルロ監督はその試合に先駆けた会見に出席した。 現役時代に“レジスタ”として名を轟かせたイタリア人指揮官は「難しい試合を予想している。ラニエリのような素晴らしい監督がいて、2つの非常に狭いラインで戦いに挑んでくるだろう」と対戦相手を警戒すると、監督初挑戦ながら10連覇に自信をのぞかせた。 「新シーズンが始まる。ゼロからのスタートだ。自分たちが設定した目標に対して、意欲と貪欲さを持って挑んでいかなければいけない。良いスタートを切りたい。それができれば、アドバンテージになる」 「選手たちがそれぞれの代表活動でプレーして、調子を上げて戻ってきてくれたのは我々にとって好都合だった。攻撃的で、試合を支配するという私のフットボールに対する考えを共有していきたい。何の疑いもない。私はチャンピオンチームを指導しているわけだから、自信はかなりある」 また、負傷者に関しても言及。アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト、ブラジル代表MFドグラス・コスタの欠場を明かした。 「ディバラはゆっくり回復しているが、デ・リフトはしばらく時間がかかるだろう。ドグラス・コスタはここ数シーズンにわたり、コンディションに問題のある選手。強力な選手だが、我々は彼をベストな状態に戻そうとしているところだ」 2020.09.20 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

スアレスのユーベ入りなしか 指揮官ピルロ「難しいだろう」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が20日にホームで行われるセリエA開幕節のサンプドリア戦に先駆けた会見で、バルセロナから狙うウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)の獲得困難を認めた。 今夏に指揮官としてピルロ氏を招へいしたユベントスは構想外のアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインを放出して、新たなストライカーの獲得に着手している。 その候補筆頭に挙がるのがロナルド・クーマン新監督から戦力外通告を受けたスアレス。EU圏外選手枠の空きがないユベントス移籍に向け、イタリア国籍取得に必要な語学テストもパスしたとされる。 しかし、イタリア『スカイ』によれば、ピルロ監督は個人としても指揮官デビューになるサンプドリア戦を控えるなか、スアレスが加入する見通しについて訊かれると、こう返答したという。 「パスポートの取得に時間がかかるのを考えると、困難な状況だ。スアレスがユベントスのセンターFWになるのは難しいだろう」 事実上の断念を認めた格好のピルロ監督だが、ユベントスはローマでプレーするボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表FWエディン・ジェコ(34)も名前が代替候補に挙がっている。 事前の報道によると、ユベントスとジェコはすでに合意に達している模様。渦中のジェコは19日に行われたセリエA第1節のヴェローナ戦でベンチ入りしたものの、最後まで出場しなかった。 2020.09.20 15:45 Sun
twitterfacebook