アーセナル、D・ルイスら今月末で契約終了の4選手が残留! マリ&セドリックは完全移籍に

2020.06.24 17:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは24日、今月末で契約が終了する4選手の残留を発表した。イギリス『BBC』が伝えている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による長期間の中断によって、世界各国のリーグでは通常の契約期間を超えてシーズンを戦っている。

そういった状況の中、国際サッカー連盟(FIFA)は特例として6月30日の契約期間終了後にシーズン完了までの短期間の契約延長を許可。その契約期日は6月23日までとなっていた。
そして、アーセナルでは元ブラジル代表DFダビド・ルイス(33)、スペイン人DFパブロ・マリ(26)、元ポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(28)、スペイン代表MFダニ・セバージョス(23)の4選手がそのケースに該当していた。

アーセナルの発表によると、昨夏にチェルシーから1年契約で加入したダビド・ルイスは、新たに1年間の契約延長にサインしており、2021年夏まで残留することに。

また、今冬にフラメンゴから買い取りオプションが付随したシーズン終了までのレンタル移籍で加入していたマリに関しては、一部で総額1600万ユーロ(約19億3000万円)と伝えられるオプション行使によって完全移籍での加入に。契約期間は4年と見られている。

さらに、今冬にサウサンプトンから今シーズン終了までのレンタル移籍で加入したセドリックは、6月30日に保有元のサウサンプトンとの契約が満了するため、7月1日付けでアーセナルにフリートランスファーでの加入となる。契約期間はマリと同様に4年と見られている。

一方、昨夏にレアル・マドリーから1年間のレンタル移籍で加入したセバージョスに関してはレンタル期間を延長する形で、今シーズン終了まで残留する。

アーセナルでテクニカル・ディレクターを務めるエドゥ氏は、4選手との契約状況について以下のように説明している。

「4人のプレーヤーが今後も我々のスカッドの一員として留まってくれることを心から嬉しく思う。彼らはミケル(・アルテタ)と私にとって長期的なテクニカルプランの一部だ。彼らは我々のスカッドに適切なバランスをもたらしてくれるはずだ」

ダビドは我々にとって本当に重要なプレーヤーだ。彼は今シーズンのほとんどの試合に出場しており、チームにとって重要な存在だ。彼のパス能力、ピッチ内外でのコミュニケーションはチーム全員を助けている」

「残念なことにパブロはマンチェスター・シティ戦で負傷してしまった。ミケルは就任以降、左利きのセンターバックを求めていた。そういった中、我々はパブロに本当に満足している。彼の振る舞い、トレーニングに臨む姿勢、そのメンタリティとクオリティのすべてにね。彼はケガを負ってしまったが、我々は将来に向け彼を留めておけることに満足している」

「セドリックも同様に我々にとっての重要なプレーヤーになるはずだ。残念なことに彼は幾つかのケガに悩まされてきたが、復帰に向けた準備は整いつつある。そして、右サイドバックのポジションで我々に力を与えてくれるはずだ」

「ダニが今シーズンをこのクラブで終えることを嬉しく思う。彼はここまで良い貢献をしてくれている。彼が今シーズンを素晴らしい形で終えることを楽しみにしているよ」

関連ニュース
thumb

ガブリエウ・ジェズスが右ヒザを手術…所属アーセナルが発表

アーセナルは6日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの右ヒザの手術が成功したことを発表した。 2日に行われたカタール・ワールドカップのカメルーン代表戦で右ヒザを負傷し、無念の戦線離脱を余儀なくされたジェズス。 当初は1カ月程度の離脱と見られていたが、その後の検査によって手術が必要なことが判明。そして、カタールからロンドンに戻った同選手はすぐさま手術を受けた。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、数カ月単位の離脱は確実となっており、イギリス『テレグラフ』は3カ月と予想している。 これにより、今夏5200万ユーロで獲得したエースストライカーを長期間失うことになったプレミアリーグ首位のアーセナルは、今冬の移籍市場でセンターフォワードの緊急補強を余儀なくされる見込みだ。 2022.12.07 02:32 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯離脱のジェズス、アーセナルに戻りヒザの手術へ…復帰は3カ月後か

カタール・ワールドカップでヒザを負傷したアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスだが、3カ月離脱の危機に直面しているようだ。 2日に行われたカメルーン戦で右ヒザを負傷し、決勝トーナメントを控えるチームからの離脱を余儀なくされてしまったジェズス。当初、同選手の母国メディアは1カ月程度の離脱を見込んでいた。 しかし、ブラジル『sportv』は4日、手術が必要となる可能性が高いとし、さらなる長期離脱を予想。復帰まで最大3カ月要する見込みが高いと伝えている。 こうなると痛手を被るのはアーセナル。今季から5200万ユーロの移籍金で加入した25歳は、中断前までプレミアリーグ全14試合に先発出場し、5ゴール6アシストと攻撃をけん引してきた。 ここまではわずか1敗で首位を快走し、優勝最有力候補に名乗り出たアーセナルだったが、試練にぶつかることになってしまった。 2022.12.04 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

来夏去就注目のライスがステップアップ願望口に…

ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(23)が来シーズンのステップアップ願望を明かした。イギリス『テレグラフ』が報じている。 現在、プレミアリーグ最高の若手ホールディングMFとしての評価を確立するハマーズのキャプテン。今夏にはステップアップの可能性が取り沙汰されたものの、愛するクラブとの紳士協定によって残留を決断した。 しかし、今夏積極的な補強を敢行したチームは、デイビッド・モイーズ監督の限界を露呈するようなリーグ戦の低迷を強いられており、23歳MFの来夏の退団がより現実味を帯びてきている。 そういった中、現在スリーライオンズの一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)という代表レベルにおける最高峰の舞台を経験するライスは、公式会見の場で自身の去就に言及。 周囲のチームメイト同様にクラブレベルでもチャンピオンズリーグ(CL)のような最高峰の舞台に挑戦したいと、改めてステップアップ願望を口にした。 「皆さんが知っているように、チャンピオンズリーグのフットボールをプレーし、トロフィーを獲得している友人がここにはいる。キャリアは1つしかなく、キャリアの終わりには、自分が何を勝ち取ったのか、プレーした最大のゲームを振り返りたいと思うものだ」 「僕は野心的で、それをやりたいと思っている」 なお、ウェストハムはライスの移籍金を7000万ポンド~1億ポンド(約116億~166億円)程度に見積もっており、移籍先候補に挙がるプレミアリーグのメガクラブにとって十分に支払いが可能な金額だ。 ただ、以前から有力な候補に挙がる古巣のチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールに関してはCL出場権獲得へ微妙な立ち位置となっており、マンチェスター・シティやアーセナルなどと競合した際にはその部分がネックとなりそうだ。 2022.12.02 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ホワイトの代表離脱に「我々は君のそばにいる」 所属先アーセナルがメッセージ

DFベン・ホワイトのイングランド代表離脱に所属先のアーセナルが反応した。 カタール・ワールドカップ(W杯)グループBを2勝1分けで首位突破したイングランド代表。決勝トーナメント1回戦の相手もグループA2位のセネガル代表に決まり、ここからもう1つギアを上げていきたいところだ。 だが、イングランドサッカー協会(FA)は11月30日にホワイトの私事による離脱を報告。すでにイングランド代表が拠点を置くアル・ワクラから離れ、帰国した旨とともに、再合流の見通しがないとも記されている。 そのリリースではプライバシーの尊重も求められたなか、アーセナルがFAに追随する形で渦中のベン・ホワイトに関する声明を発表。多くに触れず、「我々は誰もが君のそばにいる、ベン」とのメッセージを送った。 2022.12.01 16:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly