【Jリーグ移籍情報/12月14日】湘南、J1残留に導いた浮嶋敏監督の来季続投を発表! FW石原直樹が仙台を契約満了で退団

2019.12.15 06:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。12月14日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆ベガルタ仙台
《契約満了》
FW石原直樹(35)

◆鹿島アントラーズ
《契約満了》
GK川俣慎一郎(30)

◆湘南ベルマーレ
《続投》
浮嶋敏監督(52)

◆清水エスパルス
《退任》
篠田善之監督(48)
《就任》
ピーター・クラモフスキー(41)

◆大分トリニータ
《復帰》
FW馬場賢治(34)←FC岐阜
《契約満了》
FW馬場賢治(34)
FW吉平翼(21)



【J2】
◆モンテディオ山形
《就任》
石丸清隆(46)
《契約満了》
DF加賀健一(36)

◆FC町田ゼルビア
《期限付き満了》
DF志村謄(26)→FKスパルタク・スボティツァ(セルビア)

◆アルビレックス新潟
《完全移籍》
DF広瀬健太(27)→AC長野パルセイロ

◆FC岐阜
《復帰》
DF青木翼(26)←ザスパクサツ群馬
《契約満了》
DF青木翼(26)
《期限付き満了》
FW馬場賢治(34)→大分トリニータ


◆ファジアーノ岡山
《契約更新》
FW赤嶺真吾(36)

◆鹿児島ユナイテッドFC
《契約更新》
DF平出涼(28)

【J3】
◆福島ユナイテッドFC
《続投》
松田岳夫監督(58)

◆ザスパクサツ群馬
《期限付き満了》
DF青木翼(26)←FC岐阜

◆AC長野パルセイロ
《完全移籍》
DF広瀬健太(27)←アルビレックス新潟

◆カターレ富山
《契約更新》
MF花井聖(30)
FW大谷駿斗(22)

◆藤枝MYFC
《契約満了》
FW安東大介(28)

◆ギラヴァンツ北九州
《続投》
小林伸二監督(59)
《契約満了》
MF川島大地(33)

関連ニュース
thumb

G大阪がユース所属のMF中村仁郎、FW坂本一彩と仮契約、来季昇格内定を発表

ガンバ大阪は16日、ユースに所属するMF中村仁郎(18/左)、FW坂本一彩(18/右)との仮契約を発表した。来シーズンからの加入が内定している。 中村は大阪府出身で、166cm、60kgの左利きのMF。ジュニアユースからG大阪に所属している。2019シーズン、2020シーズンはG大阪U-23として通算33試合に出場し5得点を記録。2020シーズンは明治安田生命J1リーグでデビューも果たしていた。 坂本は熊本県出身で、174cm、69kgの右利きのFW。JFAアカデミー福島U-15に所属し、ソレッソ熊本からG大阪ユースに加わった。2020シーズンはG大阪U-23として明治安田生命J3リーグで11試合に出場し3得点を記録していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF中村仁郎 「3歳の時からの夢であったガンバ大阪でプロサッカー選手になることができ、非常に嬉しく思います。これまで多くの壁に当たってきましたが、家族、友達、指導者、そしてサポーターの皆さんなど、今まで私が出会ってきた全ての方々のおかげで成長し、乗り越えてくることができました」 「今までもこれからも感謝の気持ちを忘れず、謙虚にひた向きにサッカーを楽しみますので、応援よろしくお願いします」 ◆FW坂本一彩 「幼い頃から憧れていたこのガンバ大阪でプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまで関わっていただいた方々にプレーで恩返しできるように、そしてガンバ大阪の勝利に貢献できるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2021.09.16 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

柏が日本体育大学柏高校のDF土屋巧の来季加入内定を発表

柏レイソルは16日、日本体育大学柏高校のDF土屋巧(17)の来季加入内定を発表した。 土屋は、当時柏日体高校だった頃のMF広庭輝(2004年)以来となる2人目の入団となる。なお、アカデミー選手育成における相互支援契約締結後は初の入団となる。 土屋はクラブを通じてコメントしている。 「自分の夢だったプロサッカー選手になることができて、本当に嬉しく思います」 「今まで支えてくれた家族をはじめ、多くの方々への感謝を忘れることなく、柏レイソルの勝利やタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう全力でプレーしていきます。これから応援をよろしくお願いします」 2021.09.16 17:08 Thu
twitterfacebook
thumb

町田が山梨学院大学FW平河悠の2023シーズンの加入内定を発表「貪欲にプレーしていきたい」

FC町田ゼルビアは16日、山梨学院大学のFW平河悠(20)が2023シーズンから加入することが内定したことを発表した。 平河は佐賀県出身。佐賀東高校から山梨学院大学へと進学していた。 平河はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2023年シーズンよりFC町田ゼルビアに加入させていただくことになりました、山梨学院大学の平河悠です」 「まず、自分の小さい頃からのプロサッカー選手という夢を、この素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく思います」 「これまで自分の事を支えてくれた両親、お世話になった指導者、そして自分を活かしてくれるチームメイトには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」 「FC町田ゼルビアでは、感謝の気持ちを忘れずに自分らしく貪欲にプレーしていきたいと思います。FC町田ゼルビアのファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願い致します」 2021.09.16 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸が下部組織出身の中央大学GK坪井湧也の来季加入内定を発表「勝利とアジアNo.1クラブという目標に貢献できるように」

ヴィッセル神戸は16日、中央大学のGK坪井湧也(22)の来季加入内定を発表した。 坪井は兵庫県出身で、神戸のU-18に所属。そこから中央大学へと進学していた。 183cm、73kgの坪井はについて神戸は「技術力の高さとスピードがあり守備範囲が広い、キックの精度の高さと判断の早さで攻撃の起点にもなれる」とプレーの特徴を紹介している。 坪井はクラブを通じてコメントしている。 「来季からヴィッセル神戸に加入することになりました、中央大学の坪井湧也です。幼い頃、自分に夢を与えてくれたこのクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを始められることを大変嬉しく思います」 「そして家族をはじめとする今まで自分と関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、今度は自分が沢山の人に夢や勇気を与えられるように日々精進して参ります」 「1日でも早くヴィッセル神戸の勝利とアジアNo.1クラブという目標に貢献できるよう全力で戦いますので、ヴィッセル神戸のファン・サポーターの皆さま、どうぞよろしくお願い致します」 2021.09.16 15:17 Thu
twitterfacebook
thumb

1週間で5人目の大卒ルーキー、J3熊本が静岡産業大学MF東山達稀の来季加入内定を発表

ロアッソ熊本は16日、静岡産業大学のMF東山達稀(22)の来季加入内定を発表した。 新潟県出身の東山は、静岡学園高校から静岡産業大学へと進学していた。 東山は今シーズンの東海学生サッカー1部で3ゴールを記録していた。 東山はクラブを通じてコメントしている。 「来季からロアッソ熊本に加入することになりました、静岡産業大学の東山達稀です。幼い頃からの目標であったプロサッカー選手のキャリアをロアッソ熊本という素晴らしいクラブでスタート出来ることを嬉しく思います」 「また、これまで携わってくれた方々への感謝の気持ちを忘れずに1日でも早くチームの勝利に貢献できるように全力でプレーしていきたいと思っています。応援よろしくお願いします」 熊本は、駒澤大学のMF江﨑巧朗とFW土信田悠生、福岡大学のDF阿部海斗、仙台大学MF藤田一途の来季加入内定も発表しており、大卒ルーキーを積極的に獲得している。 2021.09.16 13:33 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly