キエーザ招集もヴェレトゥ不在…フィオレンティーナがICC招集メンバー発表!2019.07.12 21:23 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは12日、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2019に臨む招集メンバーを発表した。今回のアメリカラウンドには当初ローマが参加予定だったが、ヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦からの参加が決定したことにより、先月13日にフィオレンティーナの代替参戦が決定した。(その後、ミランのEL出場辞退でローマはグループステージストレートインに)

フィオレンティーナは先日、クラブの新オーナーとなったアメリカの実業家ロッコ・コミッソ氏のお膝元であるアメリカツアーに向けて、エースのFWフェデリコ・キエーザやFWジョバンニ・シメオネ、MFマルコ・ベナッシら主力を順当に選出。また、マンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられるDFニコラ・ミレンコビッチもメンバー入りを果たした。

その一方で、ローマとミランが獲得に強い関心を示すMFジョルダン・ヴェレトゥに関しては招集メンバーを外れており、今夏の退団が濃厚と見られる。なお、キャプテンのDFヘルマン・ペッゼッラに関してはアルゼンチン代表としてコパ・アメリカに参戦した影響で招集外となっている。

フィオレンティーナは現地時間7月16日にグアダラハラ戦、同20日にアーセナル戦、同24日にベンフィカ戦を戦う予定だ。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆フィオレンティーナ招集メンバー
GK
バルトロミエ・ドラゴウスキ
ニコッロ・キオッラ
ピエトロ・テラッチアーノ

DF
ニコラ・ミレンコビッチ
ロレンツォ・ヴェヌッティ
アレクサ・テルジッチ
ヤコブ・ラスムッセン
ルカ・ラニエリ
ペトコ・フリストフ
ダビド・ハンコ
ヴィクトル・ウーゴ
フェデリコ・チェッケリーニ
クリスティアーノ・ビラギ

MF
マルコ・ベナッシ
セバスティアン・クリストーフォロ
ブライアン・ダボ
ヴァランタン・エイセリック
リッカルド・サポナーラ
シモン・ジュルコフスキ
マルコ・メリ
エラルド・ラクティ
ガエタノ・カストロヴィッリ
ニッキー・メジャ・ベロコ

FW
フェデリコ・キエーザ
ジョバンニ・シメオネ
リッカルド・ソティル
ドゥシャン・ヴラホビッチ
クリストバル・モンティエル
クリスティアン・コフィ
ハイメ・バエス
コメント
関連ニュース
thumb

フィオレンティーナ、スパーズ退団のジョレンテに関心

フィオレンティーナが昨季限りでトッテナムを退団した元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(34)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 昨シーズン、16位で薄氷のセリエA残留となったフィオレンティーナは、チーム得点王がMFマルコ・ベナッシの7ゴールと得点力不足に悩まされた。新シーズンに向けては昨季大不振に陥ったFWジヨバンニ・シメオネの復活を促すと共に、新たな攻撃オプションの確立が課題に挙げられている。 そのフィオレンティーナが目を付けているのが、昨シーズン限りでトッテナムを退団したジョレンテのようだ。 『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、ジョレンテ獲得に強い関心を示す同クラブはすでに最初のコンタクトを図っていたようだ。 ただ、ジョレンテに関しては古巣のアスレティック・ビルバオなど母国スペイン方面からのオファーに加え、トッテナムが再契約のオファーを出しているとも伝えられており、交渉難航が予想されている。 これまでビルバオ、ユベントス、セビージャ、スウォンジーと国内外のクラブを渡り歩いてきたジョレンテは、2017年夏にトッテナムに加入。在籍2年間で公式戦66試合13ゴールと思ったような数字を残せていなかった。 しかし、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)では決勝トーナメントに入ってドルトムント戦、マンチェスター・シティ戦での貴重なゴール、奇跡の逆転突破に導いた準決勝アヤックス戦での好パフォーマンスなどシーズン終盤に存在感を発揮。とりわけ、193cmの屈強な体躯を生かした抜群のポストワークは、多くの識者からの評価を集めていた。 2019.07.18 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ICC開幕! フィオレンティーナがシメオネ&ソティル弾で逆転白星スタート《ICC》

インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のフィオレンティーナvsグアダラハラが17日にアメリカで行われ、2-1でフィオレンティーナが勝利した。 昨シーズンのセリエAを16位で終え、今年4月に復帰したヴィンツェンツォ・モンテッラ監督の下、復活を目指すフィオレンティーナ。シメオネやベナッシの他、新加入のGKドラゴウスキ、ヴェヌッティ、クリストーフォロらが先発に名を連ねた。 一方、2018年にはクラブ・ワールドカップ(W杯)にも出場したメキシコの強豪・グアダラハラは、メキシコ代表のプリド、ブリスエラらが先発に起用されている。 序盤はフィオレンティーナが思うようにリズムに乗れず、グアダラハラペースで試合が進む。11分には、一本のパスで左サイドを突破し、ゴール前のクロスにブリスエラが右足を合わせる。しかし、これはゴール右に外れた。 それでもグアダラハラは25分、中盤でパスを受けたJ・ロペスがドリブルで持ち込み、ボックス手前やや左からミドルシュート。これがテルジッチに当たってコースが変わると、GKドラゴウスキは態勢を崩されて反応できず。ボールはゴール左隅に吸い込まれた。 先制点を許したフィオレンティーナはすぐさま反撃に転じる。すると27分、敵陣中央右でFKを獲得し、テルジッチがゴール前に鋭いクロスを供給。ここに飛び込んだのがシメオネ。ニアサイドで頭に合わせ、強烈なヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。 徐々にエンジンがかかってきた両者。そんな中、グアダラハラに勝ち越しのチャンスが訪れる。35分、ボックス手前からモリーナがシュートを放つと、ボックス内でブロックを試みたテルジッチの手に当たってPKを獲得。しかし、プリドの独特なステップから正面に打ったシュートは、GKドラゴウスキに読まれてしまい、追加点とはならない。 1-1で試合を折り返すと、フィオレンティーナは後半開始からカストロヴィッリ、テルジッチ、エイセリックに代えて、サポナーラ、ハンコ、バエスを投入する。 フィオレンティーナは51分、ジュルコフスキのロングボールに抜け出したベナッシがボックス内でシュート。これはGKロドリゲスに阻まれたが、こぼれ球を拾い、ボックス右に侵攻したソティルが切り返しから左足を振り抜く。ボールは左ポストを叩いてゴールに吸い込まれ、逆転に成功する。 スコアを2-1としたフィオレンティーナにアクシデントが起きる。60分、ルーズボールの競り合いの際にベナッシがスライディングを試みると、J・サンチェスの伸ばした足が自身の左足に入り、負傷交代。このタイミングでフィオレンティーナはベナッシに加えて、シメオネ、ソティルを下げ、ヴラホビッチ、トフォル・モンティエル、ジュルコフスキを投入する。 そのフィオレンティーナは68分にジュルコフスキがミドルシュート、69分にヴラホビッチがボックス左からポスト直撃のシュートを放つなど、グアダラハラを攻め立てる。 73分にヴェヌッティ、ラニエリを下げてB・ダボ、フリストフをピッチに送り込んだフィオレンティーナは、グアダラハラの反撃を許さず試合終了。2-1で勝利したフィオレンティーナが白星スタートを切った。 フィオレンティーナ 2-1 グアダラハラ 【フィオレンティーナ】 シメオネ(前27) ソティル(後7) 【グアダラハラ】 J・ロペス(前25) 2019.07.17 11:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、ヴィオラMFヴェレトゥ争奪戦でポールポジションに!

ローマがフィオレンティーナに所属するフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ナント出身のヴェレトゥは2015年にアストン・ビラ入りすると、サンテチェンヌへのレンタル移籍を経て、2017年夏にフィオレンティーナに加入。セントラルMFを主戦場に豊富な運動量で守備から攻撃まで一手に担うゲームメイカーは、昨シーズンの公式戦37試合で5ゴール4アシストをマークしていた。 そのフランス人MFを巡っては最近、ミランやナポリ、アタランタなど複数クラブの関心報道が加熱。そうしたなかで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のメンバーから外れ、今夏の移籍により拍車がかかっている状況だ。 関心を示す一角として動向に注目を集めるローマは、そのヴェレトゥ獲得に向け、2000万ユーロ(約24億2000万円)+ボーナスといわれるフィオレンティーナの要求額に最も近い条件を用意しており、ミランとの一騎打ちとみられる争奪戦で優位に立った模様だ。 なお、そのローマはヴェレトゥとともに、アタランタでプレーするイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)の獲得も近い様子。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるジャンルカ・ペトラーキ氏は、数日中の獲得を試みているとのことだ。 2019.07.16 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのバロテッリにヴィオラ移籍の可能性 ネックなのは…

フィオレンティーナが、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)の獲得を希望しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『la Repubblica』を引用して伝えている。 今年1月にニースとの契約を解除し半年契約でマルセイユに加入したバロテッリ。リーグ戦では15試合8ゴールと上々の成績を収めたものの、新たに就任したアンドレ・ビラス=ボアス監督の構想には入っていなかったようで、今月10日に契約満了が発表された。 フリーになったバロテッリだが、フィオレンティーナへの移籍の可能性が浮上している。指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラ監督や同クラブの会長を務めるロッコ・コミッソ氏は関心をほのめかすと共に、獲得への準備を進めているようだ。 だが、そのためにはバロテッリがこれまで受け取っていたとされる年俸400万ユーロ(約4億8700万円)からの減俸を受け入れる必要があるという。 ただ、バロテッリにはパルマやウェストハム移籍の可能性も伝えられているものの、イタリア代表復帰を目指すのであれば、フィオレンティーナが最善の選択だと同メディアは見解を示している。 2019.07.14 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナのセルビア代表DFミレンコビッチにユナイテッドが接触か

フィオレンティーナのセルビア代表DF二コラ・ミレンコビッチ(21)にマンチェスター・ユナイテッドが接触している事をイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えている。 ミレンコビッチはパルチザン・ベオグラードの下部組織出身。2015-16シーズンに同トップチームでプロデビューし17-18シーズンにフィオレンティーナへ移籍。ここでは主に3バックの右、および4バックの右SBとしてレギュラーを獲得し、昨季はリーグ戦34試合に出場するなど守備の要として活躍した。 ユナイテッドは以前から同選手に興味を持っており、1月に交渉を持ちかけた際は4000万ユーロ(約49億円)の移籍金を提示。だがフィオレンティーナの要求は5000万ユーロ(約61億円)だったため話が流れた。 しかし、今月9日にユナイテッドはミレンコビッチ獲得のため新たな条件を提示したようだ。今やFWフェデリコ・キエーザと共にフィオレンティーナの中心となった同選手。ユナイテッド移籍へ向け進展があるかどうか、今後に注目が集まる。 2019.07.11 13:56 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース