ヴィオラvsインテルで場外乱闘…インテルファン18人が10年間の入場禁止に

2021.09.23 19:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナvsインテルの一戦で場外乱闘が起きていた。21日に行われたセリエA第5節で、3連勝中のフィオレンティーナはリーグ戦無敗のインテルをホームに迎えた。

フィオレンティーナは先制しながらも逆転され、さらに退場者を出して1-3で敗戦。両者の熱量が感じられるゲームとなっていたが、その熱はスタジアムの中だけにとどまらなかった。

互いに好調なだけに両チームのサポーターも熱くなっていたようだ。試合前に両者がぶつかり合い、大乱闘に発展していたとイタリアメディアの情報を下にイギリス『サン』が伝えている。

スタジアムから車で5分に位置するアルベルティ広場。あるサポーターは長物を持って相手を威嚇。さらには発煙筒まで投げ込まれる事態にまで発展している。

事件後、インテルのファン18人が警察から起訴された模様。また、インテルのあるサポーターグループの車の中から木や鉄の棒を発見したとも伝えられている。このサポーターグループには10年間のスタジアム入場禁止措置が執られる予定とのことだ。

警察はまた、昨夜の事件の発端となった人物がほかにいるかどうかを調査中としている。

1 2

関連ニュース
thumb

ヴラホビッチのアーセナル入り近づく? 90億円のオファー受け入れか

フィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)のアーセナル行きが近づいているようだ。イタリア『ラ・レプッブリカ』が伝えている。 セリエAで37試合21ゴールを挙げた昨季に続いて、今季もここまで公式戦23試合で19ゴールを量産しているヴラホビッチ。多くのビッグクラブがその去就に目を光らせる中、昨年末にはクラブが提示した新契約を拒否したとの報道もあり、その注目度はさらに高まりを見せている。 21歳の去就に関する情報が飛び交う中でも、ここ最近取り沙汰されることの多いアーセナル。選手譲渡を含めたオファーを出したともされているが、『ラ・レプッブリカ』によると、5800万ポンド(約90億円)の現金のみのオファーを提示し、フィオレンティーナ側も受け入れる姿勢にあると伝えられている。 なお、フィオレンティーナでは先日、ヘルタ・ベルリンからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(26)がレンタルで加入。ヴラホビッチの去就とは無関係と言われているが、買い取りオプションも付いているとのことで、すでに流出を見据えて準備段階に入っているのかもしれない。 2022.01.15 18:03 Sat
twitterfacebook
thumb

カップ戦敗退のナポリ…スパレッティ監督は落胆 「我々はすべきことをしなかった」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、カップ戦敗退を嘆いた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリは13日に行われたコッパ・イタリア5回戦でフィオレンティーナと対戦した。前半に先制点を許すも、直後にFWドリエス・メルテンスのゴールで追いつくと相手に退場者も出る有利な展開に。しかし、後半にも失点を喫すると終盤にはFWイルビング・ロサーノ、MFファビアン・ルイスが立て続けに退場。9人となりながらも試合終了間際にFWアンドレア・ペターニャのゴールで追いついたが、延長戦では数的不利の状況を打開できず失点を重ね、2-5で敗れた。 コッパ・イタリア敗退となった結果について、試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督も落胆。審判の判定には疑問を呈しつつ、敗戦の言い訳にはならないと語った。 「我々はすべきことをせず、数的有利となった際にも試合をコントロールできなかった。その一方で、フィオレンティーナはこの状況にうまく対処したと思う。ラッキーな出来事によって、リードを奪っていた」 「レッドカードの場面は説明するのが難しいので、ここでは触れない。ファビアンのイエローカードとアルフレッド・ダンカンのファールが同じように扱われることについて、私は理解できないがね」 「とはいえ、試合の半分を数的有利な状況で戦えたのに、それをコントロールできなかったのだ。だから、第一に我々の責任となるだろう」 また、スパレッティ監督は過密日程と離脱者の多さに苦慮していると告白。選手の疲労が溜まっていることを嘆いた。 「今日は何も得るものがない。とてもお粗末な内容だった。我々は3日前と同じ選手たちがプレーをしている。10日ぶりに戻ってきた選手もいるが、3日後にまた同じメンバーで戦わなければならない。試合は山積みであり、今はフレッシュな脚がチームにないんだ」 2022.01.14 14:26 Fri
twitterfacebook
thumb

9人ナポリ、土壇場弾で延長戦に持ち込むもヴィオラの前に敗退《コッパ・イタリア》

ナポリは13日、コッパ・イタリア5回戦でフィオレンティーナをホームに迎え、延長戦の末2-5で敗戦した。 準々決勝進出を懸けた一戦。ナポリはペターニャを最前線に、2列目に右からポリターノ、メルテンス、エルマスと並べた。 ヴラホビッチやニコラス・ゴンサレスをスタメンで起用してきたフィオレンティーナに対し、互角の攻防で立ち上がった中、12分にヴラホビッチのミドルシュートでゴールを脅かされたナポリは、続く18分にはCKからミレンコビッチのヘディングシュートがバーに直撃した。 そして41分に押し切られる。サポナーラのパスを受けたボックス左のヴラホビッチにシュートを決められた。 しかし、2分後にすかさず追いつく。ペターニャのパスを受けたボックス左のメルテンスが見事なコントロールシュートをゴール右に流し込んだ。 そして追加タイムにはミレンコビッチのバックパスミスからGKドラゴウスキがゴールに向かって入れ替わられそうになったエルマスを倒して一発退場。ナポリは数的優位となって前半を終えた。 迎えた後半、ナポリがゴールに迫っていたが、58分に失点する。ビラギのFKは壁に当たったものの、ルーズボールを拾ったペナルティアーク右のビラギにコントロールシュートをゴール左隅に流し込まれた。 失点を受けてファビアン・ルイス、ロサーノを投入したナポリだったが、攻めあぐねてしまう。そして84分にはロサーノが、追加タイム3分にはファビアン・ルイスが退場となって万事休すかに思われたが、追加タイム5分にドラマが。 右サイドからのマルキュイのクロスが流れ、ゴール前のペターニャが蹴り込んだ。このまま2-2で90分を終了。ナポリが土壇場弾で延長戦にもつれ込んだ。 しかしその延長戦では数的不利ということもあって押し込まれたナポリは同前半16分に失点する。左サイドからのマレフのクロスをヴェヌッティにボレーで決められた。 そして同後半3分にはピョンテクに移籍後初ゴールを許して万事休す。試合終了間際にはマレフにもゴールを奪われたナポリは2-5で敗退となった。 2022.01.14 04:41 Fri
twitterfacebook
thumb

1月のニューカッスル行きを断念? トリノのエースFWベロッティは夏まで残留へ

トリノのエースであるイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)は、今シーズン終了まではクラブに留まるようだ。 今シーズン限りでトリノとの契約が切れるベロッティ。クラブとの契約延長の話は進展しておらず、夏にはチームを去ることが既定路線となっている。 ベロッティには、ナポリ、フィオレンティーナの他、ミランが熱心に関心を寄せていたが、今冬での獲得は難しいと断念したと見られている。 一方で、イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルへの移籍が浮上していたとのこと。しかし、ベロッティのトリノ残留の意思は固く、1月の移籍は無くなったようだ。 また、アル・ヒラルはベロッティ獲得の条件に納得したものの、ベロッティ本人が中東行きを望んでいないとのこと。一体夏にどこへ行くのかは現時点で全く見えていない状況だ。 トリノのウルバノ・カイロ会長は、ことあるごとにベロッティが今季限りでチームを去ると口にしており、退団は既定路線。冬の間に射止めるクラブは出てくるのだろうか。 2015年にパレルモから750万ユーロ(約9億8100万円)の移籍金で加入したベロッティは、ここまで公式戦通算238試合に出場し107ゴール28アシストを記録している。 2022.01.11 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがピョンテク獲得! 2年ぶりのセリエAで復活期す

フィオレンティーナは8日、ヘルタ・ベルリンからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(26)を買い取りオプション付きの半年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定している。 なお、イタリア『スカイ・スポルト』などが報じるところによれば、買い取りオプションの金額は1500万ユーロ(約19億7000万円)程度になるようだ。 ジェノアとミランでプレーした2018-19シーズンのセリエAで22ゴールをマークして、大きな輝きを放ったピョンテク。ミランでは翌シーズンから背番号「9」が渡り当てられ、大きな期待を集めた。 だが、そのシーズンは半年で4ゴールと不振に陥り、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが復帰した2020年1月から半ば追い出される形でヘルタへ新天地を求めた。 そのヘルタではここまで公式戦58試合に出場し、13ゴールを記録。ただ、今シーズンはリーグ戦9試合の出場でわずか1ゴールという数字に留まっていた。 フィオレンティーナは今季ここまでヨーロッパコンペティションの出場権獲得を狙える6位に位置しており、今冬の移籍市場ではリールからフランス代表FWジョナタン・イコネを獲得するなど、積極的な補強に動いている。 なお、フィオレンティーナは元々センターフォワードの枚数が少なく、ピョンテクの獲得がセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチの去就に直接影響を与える可能性は少ないようだ。 2022.01.08 22:42 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly