クロアチアがユーロ予選初戦に向けた招集メンバー発表! モドリッチ&ラキティッチも招集《ユーロ2020予選》

2019.03.05 02:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クロアチアサッカー協会(HNS)は4日、ユーロ2020予選に向けたクロアチア代表メンバー24名+予備メンバー4名を発表した。

2019年最初の代表ウィークに向けてクロアチ代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督は、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、MFイバン・ペリシッチ(インテル)など主力が順当に選出された。

ユーロ2020予選でウェールズ代表やスロバキア代表らと同居するグループEに属するクロアチアは、21日にホームでアゼルバイジャン代表と、24日にアウェイでハンガリー代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。

◆クロアチア代表メンバー
GK
ロヴレ・カリニッチ(アストン・ビラ/イングランド)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
シモン・スルガ(リエカ)
ヨシプ・ポサベツ(ハイドゥク・スプリト)※

DF
マリン・レオバツ(リエカ)
アントニオ・ミリッチ(アンデルレヒト/ベルギー)
ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ)
ドゥイエ・チャレタ=ツァル(マルセイユ/フランス)
ボルナ・バリシッチ(レンジャーズ/スコットランド)
デヤン・ロブレン(リバプール/イングランド)
ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ)
カルロ・バルトレツ(ノアシャラン/デンマーク)※
マルティン・ポングラチッチ(ザルツブルク/オーストリア)※

MF
フィリップ・ブラダリッチ(カリアリ/イタリア)
マリオ・パシャリッチ(アタランタ/イタリア)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
ミラン・バデリ(ラツィオ/イタリア)
マテオ・コバチッチ(チェルシー/イングランド)
マルコ・ログ(セビージャ/スペイン)
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ/ロシア)

FW
マルコ・ピアツァ(フィオレンティーナ/イタリア)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
アンテ・レビッチ(フランクフルト/ドイツ)
ヨシップ・ブレカロ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
ブルーノ・ペトコビッチ(ディナモ・ザグレブ)※

※予備メンバー

関連ニュース
thumb

ロカテッリが2発、2戦連続3-0快勝のイタリアが決勝T進出一番乗り《ユーロ2020》

ユーロ2020グループA第2節、イタリア代表vsスイス代表が16日にローマで行われ、3-0でイタリアが快勝した。 5日前に行われた開幕戦のトルコ代表戦を3-0と快勝したイタリアは勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる中、負傷したフロレンツィに代えてディ・ロレンツォのみを変更。引き続き3トップに右からベラルディ、インモービレ、インシーニェと並べる[4-3-3]で臨んだ。 一方、ウェールズ代表に1-1の引き分けに持ち込まれたスイスは、ウェールズ戦と同様のスタメン、[3-4-2-1]のシステムで臨み、ジャカやシャキリ、フロイラーらが先発となった。 スイスが積極的な入りを見せた中、徐々に主導権を奪い返していったイタリアが19分に先制しかける。左CKからキエッリーニがルーズボールを蹴り込んだが、VARが入りハンドを取られた。 キエッリーニが負傷しアチェルビが投入された中、26分にイタリアが先制点を奪いきる。ベラルディがボックス右で縦に仕掛けてゴールライン際から右足でクロス。ゴール前に入っていたロカテッリが難なく合わせた。 サッスオーロコンビで先制したイタリアが前半半ば以降もスイスに攻め手を与えず、1点をリードしたままハーフタイムに入った。 後半からセフェロビッチに代えてガブラノビッチを投入したスイスが前がかる入りを見せた中、52分にイタリアがファインゴールで加点する。 ボックス手前中央でパスを受けたロカテッリが左足を一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 2点を追う展開となったスイスの反撃は64分、ボックス左に侵入したツバーがGK強襲のシュートを浴びせたが、ドンナルンマにセーブされた。 逃げ切りを狙うイタリアがベラルディに代えてトロイを投入した中、75分にはインモービレに3点目のチャンスが訪れるも、シュートは枠を捉えきれない。 それでも終盤にかけてもスイスの反撃を許さなかったイタリアは89分、インモービレのミドルシュートも決まって2試合連続3-0で快勝。最終節ウェールズ戦を前に決勝トーナメント進出を決めている。 2021.06.17 05:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ラムジー&C・ロバーツ弾でトルコを下したウェールズが今大会初勝利を飾る!《ユーロ2020》

ユーロ2020グループA第2節のトルコ代表vsウェールズ代表が16日にアゼルバイジャンのバクー・オリンピック・スタジアムで行われ、0-2でウェールズが勝利した。 11日に行われた開幕戦のイタリア代表戦を0-3で完敗したトルコは、その試合からスタメンを2人変更。デミラルとヤズジュに代えてアイハンとジェンギズ・ウンデルをスタメンで起用。最前線にブラク・ユルマズを据えた[4-1-4-1]の布陣で試合に臨んだ。 一方、12日に行われた第1節のスイス代表戦を1-1のドローで終えたウェールズは、その試合と全く同じスタメンを採用。3トップに右からダニエル・ジェームズ、ムーア、ベイルを並べ、トップ下にラムジーを据えた[4-3-3]で臨んだ。 試合はウェールズが開始早々のに決定機を迎える。6分、ベイルのスルーパスでボックス左に抜け出したラムジーがワンフェイントからシュートを放ったが、これはGKチャクルが右足で弾き出した。 対するトルコは9分、中盤で獲得したFKから素早いリスタートを見せると、右サイド抜け出したウンデルの折り返しからブラク・ユルマズがシュート。しかし、これは相手DFに当たり枠の右に外れた。 その後も一進一退の展開が続く中、ウェールズは24分にもベイルのパスでゴール前に抜け出したラムジーがGKとの一対一を迎えたが、シュートは大きく枠の上に外れた。 決定機を逃したラムジーだったが、前半終了間際に汚名返上のゴールを挙げる。42分、中盤右サイドでボールを受けたベイルがカットインから絶妙なロングパスを供給すると、ゴール前に抜け出したラムジーが胸トラップから冷静にシュートを流し込み、ウェールズが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、1点を追うトルコはヨクシュルとトゥファンを下げてヤズジュとデミラルを投入。すると47分、チャルハノールの鋭い右クロスからファーサイドを駆け上がったウンデルにチャンスが訪れたが、上手く合わせることはできなかった。 さらに54分には、ウンデルの左CKをファーサイドのデミラルが折り返すと、中央でアイハンがフリック。最後はゴール前のブラク・ユルマズがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 積極的な入りを見せたトルコに対し、やや後手に回ったウェールズは60分に決定機。左サイドからドリブルで仕掛けたベイルがチェリクにボックスライン付近で倒されると、主審はPKを宣告。しかし、ベイルのPKは枠の左上に大きく外れた。 その後は互いに選手交代を行っていく中、1点を追いかけるトルコがやや攻勢に出たが、アタッキングサードで集中した守りを見せるウェールズを攻略することができず、時間が経過していく。 するとトルコは、87分にセットプレーから決定機。チャノハノールの左CKをゴール前のデミラスがヘディングシュートで合わせたが、これはGKウォードの好セーブに防がれた。 ピンチを凌いだウェールズは、試合終了間際の95分にショートコーナーを受けたベイルがボックス内へ切り込むと、ラストパスをC・ロバーツがゴールへ流し込み、試合を決定づける2点目を奪った。 この直後に試合終了を告げるホイッスルが鳴り響き、ウェールズが今大会初勝利を飾った。一方、連敗を喫したトルコは決勝トーナメント進出が厳しくなった。 2021.06.17 03:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシアがフィンランドに競り勝ち今大会初勝利《ユーロ2020》

ユーロ2020グループB第2節、フィンランド代表vsロシア代表が16日にサンクトペテルブルクで行われ、0-1でロシアが勝利した。 ユーロ初出場のフィンランドは、4日前に行われた初戦のデンマーク代表戦を1-0と勝利。勝利すればグループステージ突破が決まる中、PKストップを見せた守護神のフラデツキーがゴールマウスを守り、決勝点を挙げたポヒャンパロがプッキと2トップを形成した。 一方、ベルギー代表に0-3と完敗したロシアは3選手を変更。ジルコフが負傷離脱となった中、ミランチュクがスタメンとなり、最前線は引き続きジューバが構えた。 ロシアが攻勢をかける入りとなった中、開始3分にポヒャンパロがダイビングヘッドでネットを揺らしたフィンランドだったが、VARの末にオフサイドに阻まれる。 助かったロシアがその後も前がかる中10分、ミランチュクのラストパスからオズドイエフに決定機が訪れるもシュートは枠を捉えきれない。 引き続きロシアの攻勢が続く中、23分にアクシデント。マリオ・フェルナンデスがピッチに頭を打ち付けてプレー続行不可能となり、カラヴァイエフが投入された。 前半半ば以降もロシアが前がかる展開となったものの、フィンランドの集中した守備の前に苦戦を強いられる。それでも追加タイム2分にゴールを割る。ジューバとのパス交換でボックス右に侵入したミランチュクがDFに対応されながらもコントールシュートを決めきった。 ロシアが1点をリードして迎えた後半、オープンな展開で立ち上がった中、ロシアはゴロビンがミドルシュートで、フィンランドはプッキが枠内シュートを放って牽制した。 主導権争いが続く中、前がかるロシアは66分に追加点のチャンス。だが、ボックス左に侵入してシェマレディノフが放ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも、後半半ば以降はロシアがフィンランドの反撃を許さずに時間を進めていく。そして1-0のままシャットアウト勝利。今大会初勝利を飾り、最終節のデンマーク戦に勝ち抜けの可能性を残している。 2021.06.16 23:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ゴール後に人種差別発言のアルナウトビッチが1試合出場停止でオランダ戦欠場、333万円を自ら寄付

欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチに対して1試合の出場停止処分を下した。オーストリアサッカー協会(OFB)が発表した。 現在は中国スーパーリーグの上海海港でプレーするアルナウトビッチは、オーストリア代表の一員としてユーロ2020に参加。初戦となった13日のグループC第1節の北マケドニア代表戦では、58分から出場すると、89分に駄目押しの3点目を記録。しかし、この際のゴールパフォーマンスが問題となっていた。 このゴールパフォーマンスでは、北マケドニアのDFエグゾン・ベイトゥライとMFエズジャン・アリオスキに対して行われたもの。侮辱的な発言を行ったとされ問題となっていた。 アルナウトビッチは自身のインスタグラムで謝罪しており、「人種差別主義者ではない」としていたが、UEFAはこの行動を問題視。1試合の出場停止となり、17日に予定されているグループ C第2節のオランダ代表戦を欠場することとなった。 アルナウトビッチはこの処分を受けて改めてOFBを通じてコメント。謝罪を行ったもののそれが認められなかったことを受け、自身の行動として人種の融合をサポートする団体に寄付すると発表した。 「僕は手続きが始まる前にも関わらず、自分の判断でゴールを祝った行動に非があると認め、公に謝罪しました」 「双方から残念な発言がありましたが、挑発があっても僕の行動を正当化するものではありません。試合直後に、話し合いと双方の謝罪がありました」 「僕は様々な国や文化の人々と一緒に育ち、多様性を非常に明確に示しています。僕を知っている人ならば、誰でもそれを理解してくれるでしょう。それを強調することは僕にとっては非常に重要です。僕はOFBとともに、社会のあらゆる分野における寛容と融合を支持します」 「僕自身の歴史を通して、融合することがとても重要であるという理由だけで、僕はこの事例をチャンスと考え、僕が後援者として活動しているプロジェクトに2万5000ユーロ(約333万円)を寄付し、自分の行動が多くの結束に良い結果をもたらせることを願います」 「そして何よりも、子供たちや若い人たちの良いお手本になりたいと思っています」 2021.06.16 21:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「彼と一緒にプレーするのが大好き」代表チーム支えるベテランDFをミングスが絶賛

アストン・ビラのイングランド代表DFタイロン・ミングスが、代表のチームメイトであるDFキーラン・トリッピアーを称えた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、トリッピアーはアトレティコ・マドリーで主力として公式戦35試合に出場。チームのラ・リーガ優勝に多大な貢献を果たすと、代表での激しいポジション争いも勝ち抜きユーロのメンバーに選出されている。 トリッピアーは、13日に行われたユーロ2020グループD第1節のクロアチア代表戦で先発出場。ただし、ポジションは本職の右サイドバックではなく、左サイドバックでの起用だった。慣れないポジションにもかかわらず、安定したパフォーマンスでチームの1-0のスコアでの勝利に貢献したトリッピアーは、ファンやメディアからの評価を高めている。 クロアチア戦で共にスタメンを飾ったミングスも、トリッピアーのパフォーマンスを絶賛。常にプレーで周りをサポートしてくれるベテランサイドバックの存在は、自身にとっても大きな助けになっていると語った。 「(クロアチア戦のトリッピアーは)素晴らしかったよ。彼は本当に、過小評価されているとまで言うつもりはないけど、派手な選手とは言えないよね」 「それでも一緒にプレーして、ポジション的に近くにいると、彼が本当に素晴らしい選手だと分かる。本当に良いディフェンダーだ。彼は多くの経験を積んでいて、今シーズンもクラブで大成功を収めた」 「彼は僕を助けてくれたし、他の選手たちことも助けていたね。僕は彼と一緒にプレーするのが大好きなんだ」 2021.06.16 17:38 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly