FIFA年間最優秀監督候補が発表! 男子はジダンやデシャンら11名! なでしこ高倉監督もノミネート

2018.07.24 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、2018年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男女の最優秀監督賞の候補者11名を発表した。▽昨年はレアル・マドリーをチャンピオンズリーグ(CL)連覇とリーガエスパニョーラ優勝の2冠に導いたジネディーヌ・ジダン監督が受賞した男子最優秀監督賞。

▽今回、2018年度の男子最優秀監督賞候補に選出されたのは、昨季限りでレアル・マドリーを退団も史上初のCL3連覇に導いたジダン監督が昨年に続きノミネート。また、クラブチームの監督ではマンチェスター・シティで記録づくめのプレミアリーグ優勝を果たしたジョゼップ・グアルディオラ監督、昨季のプレミアリーグ4位にしてCL準優勝のリバプールを率いるユルゲン・クロップ監督、ヨーロッパリーグを制覇したアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督、それぞれ国内2冠を達成したユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督の合計6人が選出された。

▽また、代表チームではロシア・ワールドカップ(W杯)で躍進を遂げた5か国の指揮官が揃ってノミネート。選手と監督として史上3人目のW杯を成し遂げたフランス代表を率いるディディエ・デシャン監督を始め、下馬評を覆して準優勝を果たしたクロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督、3位と4位チームからベルギー代表のロベルト・マルティネス監督、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督、開催国ロシアをベスト8に導いたスタニスラフ・チェルチェソフ監督が選出された。

▽なお、今回の候補者に関しては2017年7月3日から2018年7月15日までの間に各候補者が行った業績を元ブラジル代表のカカ氏やロナウド氏、元ドイツ代表のローター・マテウス氏、元イタリア代表のファビオ・カペッロ氏らFIFA Legendsの選考委員が評価したものだ。

▽また、女子最優秀監督賞にはなでしこジャパン(日本女子代表)の指揮官としてAFC女子アジアカップ・ヨルダン2018で大会連覇に導いた高倉麻子監督が10人の候補にノミネートされている。

▽なお、今後FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、各国のジャーナリスト、一般のファンからの投票を経て、男女の最優秀監督賞は2018年9月24日にロンドンで開催される『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の表彰式で最終受賞者が発表される。2018年度の男子最優秀監督賞候補11名は以下の通り。

◆2018年度の男子最優秀監督賞候補
マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス/イタリア)
スタニスラフ・チェルチェソフ(ロシア代表/ロシア)
ズラトコ・ダリッチ(クロアチア代表/クロアチア)
ディディエ・デシャン(フランス代表/フランス)
ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ/スペイン)
ユルゲン・クロップ(リバプール/ドイツ)
ロベルト・マルティネス(ベルギー/スペイン)
ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー/アルゼンチン)
ガレス・サウスゲイト(イングランド代表/イングランド)
エルネスト・バルベルデ(バルセロナ/スペイン)
ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー/フランス)

※(クラブ[代表]/国籍)
コメント
関連ニュース
thumb

元フランス代表GKリュフィエが34歳で現役引退…仏5部リーグで指導者転身

元フランス代表GKステファーヌ・リュフィエ(34)が現役引退を決断した。フランス『レキップ』が伝えている。 これまで9シーズンに渡ってサンテチェンヌの守護神を務めたリュフィエだが、昨シーズン終盤に自身の起用法を巡ってクロード・ピュエル監督と激しく衝突。この確執により、今季構想外の扱いとなっていた同選手は今月4日付けでクラブとの契約を解消していた。 リュフィエほどの実力者であれば、他のクラブでのキャリア続行の可能性もあったが、すでに今シーズン終了後の引退を検討していた同選手は、フランス5部に所属する古巣アヴィロン・バイヨンヌで指導者としてのキャリアをスタートすることを決断した。 バイヨンヌのジャン=ピエール・マイナール副会長は、「リュフィエはゴールキーパーのアカデミーを創設し、監督するという独占的な使命を持つことになる。彼は6月に契約が満了したときにキャリアに終止符を打つつもりだったが、サンテチェンヌで起きたことを受け、より早い段階で決断を下した」と、リュフィエの引退および指導者転身を認めた。 モナコ下部組織出身で同クラブでプロキャリアをスタートしたリュフィエは、2011年にサンテチェンヌに完全移籍。卓越したシュートストップ能力を武器に絶対的な守護神に君臨し、2012-13シーズンには自身唯一のタイトルとなったクープ・ドゥ・ラ・リーグ制覇に貢献した。 キャリアを通じてはリーグ・アン通算428試合に出場するなど、公式戦500試合以上でプレーした、 また、フランス代表では同年代のGKウーゴ・ロリス(トッテナム)、GKスティーブ・マンダンダ(クリスタル・パレス)の牙城を破れなかったものの、通算3試合に出場していた。 2021.01.14 00:20 Thu
twitterfacebook
thumb

【珍プレー好プレー】ムバッペがジルーにイラッ! 代表ロッカールームでのやり取りが話題に《2020年10月・珍プレー》

無観客試合の開催や各大会の延期や中止など、特別のシーズンとなった2020年のサッカー界。それでも、フットボーラーたちはピッチ内外で思わず唸るようなスーパープレーの他、クスッとさせてくれる小ネタも提供してくれた。 今回は、2020年に生まれた珍プレーを1月から順に紹介!2020年10月の珍プレーは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペと、チェルシーの同胞FWオリヴィエ・ジルーのやり取りだ。 フランスサッカー連盟(FFF)は、10月11日に行われたUEFAネーションズリーグのポルトガル代表戦(0-0)の舞台裏を映した『YouTube』の公式動画を公開。その中でムバッペと、ジルーのやり取りを切り取ったSNSユーザー(Baba O'Rhum)の投稿が大きな話題を集めた。 同ユーザーが注目したのは、ロッカールームで同世代のMFフセム・アワールと談笑するムバッペに対するジルーの行動だ。 試合前に短く刈り込まれた自身の頭髪に櫛を通して身だしなみを整えていたムバッペに対して、チームメイトと握手しに来ていたジルーは親愛の印か、ペットを可愛がるような形で頭をワシワシと撫でまわした。 すると、ムバッペは先輩が相手ということもあり、直接不満を示すことはなかったが、以前からファンとの記念撮影時のオンとオフの切り替えの凄まじさからフットボール界屈指の“フェイクスマイル”の使い手として知られる21歳は、ジルーが去った直後に氷のような冷酷な表情で、隣のアワールに先輩への不満を伝えた。 そして、直後にはジルーに大いに乱された頭髪に再び櫛を入れて、イラッとした気持ちも含め、再び身だしなみを整えてポルトガル戦に臨むことになった。 映像の流れを見る限り、ジルーに悪気がなかったことは明白だが、ムバッペにあんな表情をさせてしまうのであれば、今後試合前に頭をワシワシとすることは避けた方がよさそうだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペの表情の切り替えはリバプール以上?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">ça me fume Giroud il sait pas ça se fait pas <a href="https://t.co/9CcUul01r2">pic.twitter.com/9CcUul01r2</a></p>&mdash; Baba O&#39;Rhum (@BabafromParis) <a href="https://twitter.com/BabafromParis/status/1315593166964305921?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.29 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールやPSGを指揮した名将・ウリエ氏が73歳で他界…リバプールでカップ3冠を達成

かつてリバプールやパリ・サンジェルマンを指揮したジェラール・ウリエ氏が他界した。73歳だった。 フランス『RMCスポーツ』によると、ウリエ氏は14日の未明に息を引き取ったとのことだ。 フランス出身のウリエ氏は、プロとしてプレーしていなかったなか、26歳で英語教師からサッカー監督になったという異色の経歴。1982年にRCランスの監督に就任すると、チームをUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)へと導くと、1985年に就任したパリ・サンジェルマンではその年にリーグ優勝を果たす。 1988年にフランス代表のアシスタントコーチに就任。ミシェル・プラティニ氏、アンリ・ミシェル氏の下でアシスタントコーチを務めると、1992年7月に監督に就任。その後、U-18フランス代表、U-20フランス代表の監督を歴任した。 1998年にはリバプールの監督に就任すると、2000-01シーズンはFAカップ、ワージントンカップ(EFLカップ)、UEFAカップのカップトレブルを達成。在職中に心臓病で倒れ生死を彷徨ったが復帰していた。 その後はリヨン、アストン・ビラで監督を務めると、2012年7月からレッドブルグループのグローバル・スポーツディレクターとして活躍していた。 2020.12.14 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサFWグリーズマンがファーウェイと契約解除、ウイグル人差別の疑惑を受け発表

バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、中国の通信会社「Huawei(ファーウェイ)」との契約を解除することを発表した。 世界有数のICTソリューション・プロバイダーとして知られ、スマートフォンやタブレットなどの製品も販売している「Huawei」。今回、顔認証システムのテストに関わり、地元当局に「ウイグル警報」を送るテストに関与していることが発覚していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMcHlhR3lQSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> このテストは、人混みの中で顔をスキャンし、年齢や性別、さらには民族を推定する人工知能カメラのテストだったとのこと。その中で、イスラム教徒である少数民族のウイグル人が検出された場合は「ウイグル警報」として、中国警察に報告がいく仕組みになっていたとされている。 ウイグル人は新疆ウイグル自治区や中央アジアに住む、イスラム教徒のトルコ系民族で、中国には約1100万人が生活しているとされている。しかし、2018年には中国政府や約100万人を拘留し、「再教育キャンプ」と定義して虐待などを行なった疑いもある。 このことを受けグリーズマンは、自身のインスタグラム(antogriezmann)を更新。2017年からブランドアンバサダーを務めていた「Huawei」との契約を解除すると発表した。 「Huaweiが顔認識ソフトウェアの使用を通じて、“ウイグル人警告”の開発に貢献したという強い疑惑を受け、僕は会社とのパートナーシップ契約を直ちに終了します」 グリーズマンは、フランス国内での「Huawei」の広告塔となっていた。 なお、「Huawei」はこの疑惑について否定しているとイギリス『BBC』が報道。「Huaweiの価値観と関連性はない。我々の技術は民族グループを識別されるように設計されていない。差別しないことは企業としての我々の価値観の中心にあります」と主張している。 また、グリーズマンの投稿を受け、広報担当は「Huaweiはグリーズマン氏が会社との関係を終了するという決定を悲しんでいます。彼と個人的な話をするための招待状を送りました。社内の最高レベルで全ての人権、平等、差別の問題に対処する現在行われていることを説明し、彼、そしてHuaweiがこれらの懸念をとても真剣に受け止めていることを示し、彼と我々の全ての顧客、そしてパートナーを安心させたいと思っています」とコメントしている。 <div id="cws_ad">◆グリーズマンが契約解除を発表<blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CInqQ5-ptdP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CInqQ5-ptdP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CInqQ5-ptdP/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Antoine Griezmann(@antogriezmann)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.12.11 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

2020年FIFAランキング、ベルギー代表が3年連続でチーム・オブ・ザ・イヤー受賞

FIFA(国際サッカー連盟)は10日、ベルギー代表が2020年のチーム・オブ・ザ・イヤーに選出されたことを発表した。 毎年12月に発表されるFIFAランキングに基づくチーム・オブ・ザ・イヤーに3年連続でベルギー代表が輝いた。昨年はトータルで1082試合の国際試合が行われ、1993年のFIFAランキング導入以降、最多の試合数となったが、今年は新型コロナウイルスの影響で最少の352試合にとどまった。 その中で8試合のうち6勝を挙げたベルギー代表は常にトップをキープし、今回の受賞につながった。ベルギー代表の他にも2位のフランス代表や3位のブラジル代表、4位のイングランド代表も順位不動。トップ5で昨年から変更があったのは5位のポルトガル代表のみとなった。 6位のスペイン代表や7位のアルゼンチン代表は昨年から2つ順位を上げた一方、ウルグアイ代表は8位に後退。9位と10位はメキシコ代表とイタリア代表となっている。 2020年に最もポイントを稼いだチームはハンガリー代表(+44pt)で、順位も52位から40位へジャンプアップ。また、ブルンジ代表(+29pt)は138位と下位ではあるものの、13位アップと最も大きく順位を上げたチームとなった。 なお、日本代表は27位となっている。 ◆2020年FIFAランキングTOP10 1.ベルギー 2.フランス 3.ブラジル 4.イングランド 5.ポルトガル 6.スペイン 7.アルゼンチン 8.ウルグアイ 9.メキシコ 10.イタリア 2020.12.10 19:55 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly