C・ロナウドこそNo1プレーヤー! マルセロ「彼の比較は無理」

2017.12.11 14:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが同僚のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを「世界最高の選手」と評した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。▽昨シーズンにレアル・マドリーのリーグ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)連覇、史上初のCL5年連続得点王に輝いたC・ロナウド。2年連続のバロンドール受賞に輝き、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並ぶ史上最多5度目の“世界最高選手”の栄誉を手にした。

▽レアル・マドリーで不動の左サイドバックに君臨するマルセロは、スペイン『マルカ』のインタビューでかつての英雄たちを引き合いに出して、良きチームメートであるC・ロナウドのバロンドール受賞の正当性を次のように主張した。

「僕にとって、クリスティアーノこそ世界最高の選手だ」

「(ディエゴ・)マラドーナペレのプレーを見たことはない。でも、彼(C・ロナウド)と比較できる選手なんて存在しない」
関連ニュース
thumb

「ロナウドよりもベイル」元マドリーのドクターが見解「彼は最高のアスリート」

元レアル・マドリーのドクターが最高のアスリートについて言及した。 世界最高峰のアスリートは誰かと問われれば、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの名を挙げる人は多いだろう。36歳となった今でも、強さ、ジャンプ力、スピードをすべて信じられないほどのレベルで備えた見本のような肉体を誇っている。 C・ロナウドは息子がポテトチップスを食べてコカ・コーラを飲んでいるのを見ると、いい気分にはならないようで、自身も先日のユーロ2020の記者会見では目の前のコーラを退けるなど、印象的な行動もとっていた。 だが、元マドリーのドクター、ヘスス・オルモ氏の考えは少々異なる様子。オルモ氏はC・ロナウドよりもレアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルの方がより完全なアスリートであると信じているようだ。スペイン『イデアル』に次のように語っている。 「サッカー選手の身体的パフォーマンスレベルは、他のオリンピック選手とはかけ離れている」 「ただ、今はセルヒオ・ラモスのように近づいている選手も居る。ルーカス・バスケス、クリスティアーノ・ロナウドもだ。ケイロル(・ナバス)は驚異的な瞬発力があり、(ダニエル・)カルバハルは素晴らしいコンディションを持てている」 「ただ、おそらく私が見た中で最高のアスリートはガレス・ベイルだ」 「彼はどんなスポーツでも優れた能力をできる生まれながらのアスリートだ。彼は特異な遺伝学と運動能力を持っていて、技術的な能力もある」 「パフォーマンスがあってのことだが、彼はあらゆる状況から生じるすべての面で私に最も感銘を与えた人物だ」 ベイルはマドリー時代の2017年にレアル・ソシエダ戦で75メートルを独走してのゴールを挙げ、その際に時速22マイル(約35km)というクレイジーな最高速度を記録している。かつて痩せた子供だったベイルが何年もかけて肉体の構築に取り組んできたため、オルモ氏は感銘を受けているのだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】あなたはどっち派?!C・ロナウドとベイルの筋肉美</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gareth Bale&#39;s legs <a href="https://t.co/sWUddWmodR">pic.twitter.com/sWUddWmodR</a></p>&mdash; bob mortimer (@RealBobMortimer) <a href="https://twitter.com/RealBobMortimer/status/886531195214995456?ref_src=twsrc%5Etfw">July 16, 2017</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Recovery time! <a href="https://t.co/1NduH6HkFi">pic.twitter.com/1NduH6HkFi</a></p>&mdash; Cristiano Ronaldo (@Cristiano) <a href="https://twitter.com/Cristiano/status/1367191022963425283?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.04 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

内転筋痛に苦しむクロース、9月末まで離脱か

レアル・マドリーの元ドイツ代表MFトニ・クロースは3日、自身のインスタグラムで恥骨症の治療に専念することを明かした。 クロースはかねてより内転筋痛に苦しみ、今年3月の代表戦を辞退していた。 クロースはインスタグラムにて「ここ数カ月、恥骨に問題があった。しっかり治して長いシーズンに備えたいと思っている。これまでのようにできるだけ早く復帰するよ」とコメント。 なお、スペイン『アス』によれば完治するまでには少なくとも9月末までかかるのではないかと報じている。 2021.08.04 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

攻撃的MFを望むミラン、今季マドリーで構想外のイスコを獲得か

ミランが、レアル・マドリーの元スペイン代表MFイスコ(29)の獲得を画策しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 GKジャンルイジ・ドンナルンマやMFハカン・チャルハノールがクラブを去ったミラン。一方で、ストライカーとしてフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを獲得するなどの補強も進めており、さらなる戦力としてMFブラヒム・ディアスの脇を固める攻撃的MFを所望。候補として、イスコの名が挙がっている。 2013年7月にマラガからマドリーへ移籍したイスコは、昨シーズン公式戦29試合2アシストを記録。しかし、今季からマドリーの監督を務めるカルロ・アンチェロッティ監督の下では構想外ということがクラブ側から伝えられているようだ。 加えて、フランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を望むマドリーは、資金調達のために選手の売却を検討。DFラファエル・ヴァランを5000万ユーロ(約64億8150万円)で売却したものの、さらに4~5名の放出が必要とされており、その中にイスコの名前が挙がっているという。 攻撃的MFが欲しいミランとイスコを売却したいマドリー。両クラブの思惑が一致したこの取引において、マドリーは2000万ユーロ(約25億9260万円)の移籍金を提示しているものの、値引きの可能性もあるようだ。 2021.08.03 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

重鎮CB流出のマドリー、レスターのフォファナに注目か

レアル・マドリーが、レスター・シティのU-21フランス代表DFウェズレイ・フォファナ(20)に関心を持っているようだ。 今夏にDFセルヒオ・ラモスとDFラファエル・ヴァランの2人の重鎮が去ったマドリー。一方で、バイエルンを退団したDFダビド・アラバが加入し、時期ディフェンスリーダー候補のDFナチョ・フェルナンデスとは契約延長を発表している。また、23歳のDFエデル・ミリトンも成長著しい。 この3選手を中心としたセンターバックのローテーションが見込まれる中、ジャーナリストのファブリス・ホーキンス氏によると、マドリーはバックアッパーかつ将来的な投資として20歳のフォファナに注目しているという。 サンテチェンヌ出身のフォファナは昨夏にレスターに加入。プレミアリーグ1年目ながら28試合に出場し、190センチの長身とビルドアップ能力を遺憾なく発揮した。昨季のベストイレブンに推す有識者も少なくなく、フランスのA代表招集も時間の問題だろう。 しかし、その分だけ市場価値も高い。伝えられるところによると、レスターは8000万ユーロ(約100億円)と値踏みしているようで、いかにマドリーとはいえ簡単に手が出せる金額ではない。 マドリーではパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペの獲得オペレーションを優先する意向があるとのことで、フォファナに関しては具体的な動きは今のところ見られないようだ。 2021.08.03 14:13 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、“チーム1st”示す内容で新契約にサインへ!

フランス代表FWカリム・ベンゼマ(33)がレアル・マドリーとの新契約にサインするようだ。 2009年夏にリヨンから加入して以降、数々のチームタイトルに寄与するベンゼマ。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団してから本格的に点取り屋としての才能を輝かせ、今や欠かせない存在だ。 継続的な活躍ぶりを受けて、先のユーロ2020で久々の代表復帰も果たしたフランス人ストライカーとレアル・マドリーの契約は2022年夏まで。スペイン『ABC』によると、新たに2023年までの契約を結ぶという。 ベンゼマは当初こそ2024年までの3年契約をもらったが、重荷になりたくないという理由で拒否。2023年までの契約に関しても自身のプレーが見合ったものでないと感じたら即退団できる条件を含んでいる模様だ。 また、チームの苦しい財政事情がフォーカスされるなか、新契約のサラリー面に関してもシーズンを追うごとの減俸で合意。1年目は10%減、2年目は15%減という内容を受け入れての新契約締結になるようだ。 今年12月に34歳の誕生日を迎えるなか、チーム事情も汲んでの新契約締結に近づくベンゼマ。新シーズンはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが去ってのシーズンとだけあって、より精神的支柱としての働きも期待される。 2021.08.02 12:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly