ゴール数増のフォーデンがFWA年間最優秀選手に! シティからは2年連続、「助けなしでは得られなかった」

2024.05.04 13:45 Sat
シティMFフィル・フォーデン。
Getty Images
シティMFフィル・フォーデン。
マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンが2023-24シーズンにおけるフットボールライターズ協会(FWA)の男子年間最優秀選手に輝いた。
PR
ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと、才能に磨きをかけるシティの至宝は今季、決定的な選手としてより存在感を大きくし、ここまで公式戦48試合で24得点10アシスト。ゴール数は2020-21シーズンの16得点を大きく上回る自己ベストで、新たなレベルに到達しつつある。
シティからは昨季のノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに続いて、2年連続の受賞となり、プレミアリーグとFAカップの2冠を目指す今季のチームを力強くリードしている23歳は喜びの思いとともに、決意を新たにした。

「フットボール記者協会の年間最優秀選手に選ばれたのはすごく光栄なこと。この賞をいただけてすごく、すごく嬉しいけど、チームメイトの助けなしでは得られなかった。シティには特別な選手たちがいて、その一員であるのを光栄に思う」

「チームメイトのみんなやペップ、コーチ陣のサポートとアドバイスに感謝する。日々、できるだけ最高の状態になれるよう努力しているけど、すべて監督や、チームメイトの全体が常に向上心を持ち、より良くなろうとする姿勢のおかげだ」
「それと、この機会に投票してくれたみんな、そして他の候補者にも感謝したい。この賞を受賞できてすごく誇らしいよ。今はできるだけ力強くシーズンを締めくくること、そしてシティのより多くのトロフィー獲得に貢献することに集中している」

なお、フォーデンは今回の投票で42%の支持を獲得。チームメイトのロドリをはじめ、デクラン・ライスマルティン・ウーデゴールオリー・ワトキンスコール・パーマーとの争いを制した。

PR
関連ニュース

宿敵シティに昨季リベンジ完遂のユナイテッドが2015-16シーズン以来13度目の優勝! 土壇場で来季EL出場権獲得【FAカップ】

FAカップ決勝のマンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドが25日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-2で勝利したユナイテッドが2015-16シーズン以来13度目の優勝を果たした。 先週末に前人未踏のプレミアリーグ4連覇を達成したシティは、今シーズン2冠達成を狙った。大会連覇も懸かるシティズンズは、直近のウェストハム戦から先発3人を変更。センターバックをルベン・ディアスとアカンジからストーンズ、アケに入れ替えたほか、ドクに代えてコバチッチを起用した。 一方、プレミアではクラブワーストの8位フィニッシュとなり、リーグ戦の結果ではヨーロッパ出場権を逃した。すでにテン・ハグ監督の解任が既定路線となった中、赤い悪魔は来季ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得と2季連続タイトルを目指して宿敵撃破に臨んだ。直近のブライトン戦からは先発2人を変更。負傷などのアクシデントかベンチ外のカゼミロに代えてヴァランを起用し、アマドに代えてラッシュフォードを起用。ガルナチョを右、ラッシュフォードを左に配置した。 2シーズン連続のマンチェスター・ダービーとなったFAカップファイナル。互いにテンション高く試合に入ると、ラッシュフォード、ハーランドと両チームのアタッカーがボックス内への際どい抜け出しで見せ場を作る。 ここからオープンな攻防が期待されたが、以降はボールを握って中盤、相手陣内で攻め手を窺うシティ、堅守速攻で応戦するユナイテッドという構図の下で睨み合いの状況に。 その流れでシティはフォーデン、グヴァルディオルの左サイドでアクセントを付けつつハーランドを攻撃の終着点に。ユナイテッドは快足の両ウイングを背後に走らせる形でチャンスの一歩手前まで持っていく。 すると、その拮抗した中でミスからスコアが動いた。30分、自陣でボールを奪ったユナイテッドは左サイドバックのダロトが対角のロングフィードを供給。このボールに対してはDFグヴァルディオルが先にアプローチするが、ボックスぎりぎりまで飛び出したGKオルテガとのコミュニケーションミスでヘディングでのバックパスがそのままゴール方向に向かうと、並走していたガルナチョが無人のゴールへそのまま蹴り込んだ。 ここまでの崩しの局面での苦戦に加え、ミス絡みの失点でビハインドまで背負ったシティは以降もリズムを掴み切れず。これに対して、ここまでの戦いに手応えを感じたユナイテッドが今度は狙い通りの形から追加点まで奪って見せた。 39分、左サイドに張ったラッシュフォードから正確なサイドチェンジがガルナチョに渡ると、そのままボックス付近まで運んだアルゼンチン代表FWは、ワン=ビサカのポケットへのランニングで空いた中央へ走り込むブルーノ・フェルナンデスに横パス。ここで背番号8はシュートではなく冷静に左で浮いたメイヌーを使うと、イングランド代表MFの丁寧な右足シュートがゴール右隅に決まった。 よもやの連続失点を喫したプレミア王者は何とか前半のうちに点差を縮めるべく攻勢を強めるが、攻守両面で高い集中力を見せる赤い悪魔を相手に決定機はおろか効果的にシュートまで持ち込めぬままハーフタイムを迎えた。 グアルディオラ監督は2点ビハインドを追う後半に向けて2枚替えを敢行。アケとコバチッチを下げてアカンジ、ドクを投入。[4-1-4-1]に並びを変えて早い時間帯のゴールを目指す。 立ち上がりはユナイテッド優勢も、ハーフタイムの修正とドクの投入で徐々に主導権を握ったシティ。55分にはボックス左でのドクの仕掛けから横パスに反応したハーランドがクロスバー直撃の決定的なシュートを放つ。さらに、56分にはデ・ブライネを諦めてアルバレスを投入する。 ここからさらに攻勢を強めると、59分にはウォーカーの目の覚めるミドルシュートにセットプレー流れからのアルバレスのシュートでゴールに迫るが、ここはGKオナナの好守などに遭う。 1点入れば一気に流れが変わりそうな状況ではあるものの、ユナイテッドが粘りの守備で2点差を維持。幾度か決定機を作るシティも、最後の部分で仕留め切れない。後半半ばを過ぎると、ユナイテッドは足が攣ったマルティネスとラッシュフォードを下げてエバンス、ホイルンドを同時投入。これでホイルンドが最前線、B・フェルナンデスが左にポジションを変えた。 痺れる後半終盤の攻防ではユナイテッドが冷静に時計を進めていたが、百戦錬磨のシティズンズはこのまま終わらない。87分、ボックス手前左角でDF2枚を相手に鋭いカットインを仕掛けたドクが右足を振り抜くと、ゴール前の密集を抜けたグラウンダーシュートがGKオナナの手をはじいてゴール左隅に吸い込まれた。 これで一気に試合が分からなくなると、7分が加えられた後半アディショナルタイムでユナイテッドは殊勲のガルナチョとマクトミネイを下げてリンデロフ、マウントを同時投入。[5-4-1]の後ろ重心で専守防衛の構えを見せる。 この最終盤の攻防では最終的に赤い悪魔の意地がシティを上回り、このまま2-1でのクローズに成功したユナイテッドが見事に昨季のリベンジを果たし、2015-16シーズン以来13度目のFAカップ優勝。土壇場で来季EL出場権を手にした。一方、宿敵相手に敗れたシティは大会連覇を逃す形となった。 2024.05.26 01:02 Sun

「離れたくなんかない」 渦中のブルーノがユナイテッド愛を語る…一方でクラブとの野心一致も求む

ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがマンチェスター・ユナイテッド愛を口にした。イギリス『BBC』が報じている。 2020年1月にスポルティングCPから加わってからというもの、今季から主将の大役も託され、すっかりとチームの中心と化すブルーノ。今季も公式戦47試合で15得点12アシストでチームを引っ張る。 ただ、今季のユナイテッドはプレミアリーグでクラブワーストの8位に終わったりと失意のシーズンとなり、新たに就任したジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、この夏に大きく動くと推察される。 その流れでブルーノの将来にもオファー次第で移籍の可能性が取り沙汰され、いくつかの発言でも不透明感が漂うが、『the Players' Tribune』でユナイテッドに対する愛着を語った。 「僕は世界中のどこよりもオールド・トラッフォードに足を踏み入れるのを愛している。離れたくなんかない。これ(ユナイテッドでのプレー)は僕にとって、常に究極の夢なんだ」 そのなかで、「とにかく自分とクラブが求めるものを一致させたいだけだ」と今のユナイテッドが目指すものと自身が抱く野心をすり合わせる必要性も説いた。 「どんなファンと話をしても、口を揃えて言うだろうけど、リーグ戦で争ったり、チャンピオンズリーグでプレーしたり、カップ戦のファイナルに辿り着きたい。それこそが僕らのスタンダードだ」 また、FAカップこそ決勝に進出したが、上述したプレミアリーグの結果も含めた今季にも「もどかしいよ。誰もがそう感じているんじゃないかな? それが今季を表す唯一の言葉だ」と述べた。 「僕に聞こうが、ファンに聞こうが、同じことを言うだろうね。大一番に勝った瞬間は何度もあったし、これをベースにしていくぞって感じだったけど、そうならなかった」 2024.05.25 11:55 Sat

解任予想のテン・ハグ監督だが…「ユナイテッドでの将来が確約済み? そんなの不要」

解任の未来が取り沙汰されるマンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督(54)だが、続投を示唆した。 今季で率いて2年目になるテン・ハグ監督だが、ケガ人の多さにも狂わされ、失意のシーズンに。FAカップ決勝こそ勝ち進むが、連覇がかかったカラバオカップ、チャンピオンズリーグで早々に敗退し、主戦のプレミアリーグではクラブワーストの8位で終戦した。 今季を少しでも良い形で締めるという意味でも、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権もかかるFAカップが挽回のラストチャンスとして残るが、イギリス『ガーディアン』で25日に行われる決勝の結果に関係なく、解任されるのではないかとの見方が強まる。 そんなオランダ人指揮官だが、イギリス『BBC』によると、23日の試合前会見で「来週に自身の将来を巡ってクラブと話し合いか?」を問われると、こう話した。 「いや、もうしたし、日曜日から休暇に入るつもりだ。私はそれに値すると思う」 また、「契約が来季まで残るクラブでの将来が確約済みか?」との問いにも「そんなの不要だ。我々は来季に向けて頑張るよ」と返した。 2024.05.25 10:05 Sat

ユナイテッドがテン・ハグ監督解任を決断と現地報道…FAカップの結果は関係なく終了後に解任へ

マンチェスター・ユナイテッドが、エリク・テン・ハグ監督(54)の解任を決断したようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 今シーズンはプレミアリーグで不安定な戦いに終始し、プレミアリーグになってから過去最低の8位でフィニッシュしたユナイテッド。FAカップは決勝まで残っており、今週末にプレミアリーグを4連覇したマンチェスター・シティと対戦する。 ユナイテッドは、FAカップで優勝しなければ来シーズンのヨーロッパの大会に出場できない状況。新オーナーを迎え、心機一転図りたい中で、つまづいた出出しになる可能性がある。 そんな中、『ガーディアン』によれば、ユナイテッドはFAカップの結果など関係なく、テン・ハグ監督を今シーズン限りで見切ることを決定したという。 2022年7月1日からユナイテッドで指揮を執るテン・ハグ監督。この2シーズンは困難に巻き込まれ続けていたが、昨年はプレミアリーグで3位、EFLカップ(カラバオカップ)で優勝を果たしたが、今シーズンはリーグで苦しい戦いが続いた。 今回の解任は新たなオーナーになるジム・ラトクリフ氏らの決断だとみられている。 なお、後任候補には、バイエルンの監督を退任するトーマス・トゥヘル監督や、チェルシーの監督を退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督、イプスウィッチ・タウンをプレミアリーグ昇格に導き、過去にはユナイテッドでアシスタントコーチも務めていたキーラン・マッケンナ監督、ブレントフォードのトーマス・フランク監督、昨シーズン途中までチェルシーを指揮したグレアム・ポッター氏らが浮上している。 2024.05.24 23:05 Fri

EL出場権獲得もかかるFA杯決勝へ…テン・ハグ監督「簡単ではないがチャンスある」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がFAカップ制覇に向け、意気込んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 チャンピオンズリーグ(CL)はグループステージ最下位で敗退、プレミアリーグは8位フィニッシュと失意のシーズンを送ったユナイテッド。25日には挽回のラストチャンスとなるFAカップ決勝のマンチェスター・シティ戦が控える。 2年連続でファイナルでのマンチェスター・ダービーに臨むテン・ハグ監督は試合に向けた記者会見でタイトル獲得の重要性を強調。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権もかかるなか、昨シーズンのEFLカップ(カラバオカップ)に続くタイトルへのラストチャンスを掴むつもりだ。 「トロフィーを獲得することが全てであり、我々にはその大きなチャンスがある。過去10年間、このクラブはあまりトロフィーを獲得していないが、この2年で2つのトロフィーを獲得するチャンスがある」 「うまくいかなかったシーズンだが、我々はこのような状況にあり、チャンスはある。決して簡単ではないが、我々はそこを目指して戦わなければならないし、目指すつもりだ」 「昨シーズンもやったように信じなければならない。そして知っての通り、我々は強い相手に対して度々ベストなサッカーをしている。土曜日もそれができると期待している」 また、今シーズンは不調のまま終わろうとしているFWマーカス・ラッシュフォードについてもコメント。ユーロ2024に臨むイングランド代表の候補メンバーからも外れたが、この悔しさをバネにしていると語った。 「彼は調子が良さそうだ。キャリアには浮き沈みがあるが、落ち込みもエネルギーになる。トレーニングでそれを目にした」 「彼は非常にやる気に満ちているだろうし、自らの足でそれを語るはずだ。彼には大きな才能があるし、すでに素晴らしいキャリアを築いている。これを乗り越え、さらに多くのゴールを決めていくと確信している」 2024.05.24 18:59 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly