脱却したい中位争い…ミシャ体制7年目のシーズンは新キャプテンの下、成熟度を上げて結果を掴む【J1開幕直前ガイド|北海道コンサドーレ札幌】

2024.02.10 18:45 Sat
©︎J.LEAGUE
2024シーズンの明治安田J1リーグが23日からいよいよ開幕する。今季からは20チーム制となり、降格も3つに増枠しての争いに。ここでは新シーズンの幕開けに先駆け、J1リーグ全チームをピックアップし、北海道コンサドーレ札幌を紹介していく。

【直近3シーズンの成績】
2023シーズン:12位(10勝10分け14敗)
2022シーズン:10位(11勝12分け11敗)
2021シーズン:10位(14勝9分け15敗)
【昨季チーム得点王】
浅野雄也 12ゴール

【今季ノルマ】
上位

【編集部イチオシ】
FW鈴木武蔵
昨季J1:20試合出場/1ゴール
◆脱却したい中位
2023シーズンはミハイロ・ペトロヴィッチ監督が率いて6年目のシーズン。順位は12位とミシャ体制では最低タイの成績に終わってしまった。就任1年目で4位という結果を残しながら、2年目以降は、10位、12位、10位、10位、12位と中位から抜け出せず。その中で目指すのは一桁順位になる。

◆具体性を求める声に応えられるか
可もなく不可もなくという成績を残し続けてしまっている札幌。大きな連敗、連勝が少ないものの、引き分けを含めた未勝利期間が長く生まれることが毎年のようにある。結果として勝ち点が伸び悩み中位となるが、具体的な目標がないのではないかとサポーターは昨季の終盤に横断幕を掲示していた。

今の状況を良しとするはずはなく、確実に一桁順位はノルマであり、上位争いをすることが必要となる。選手の入れ替えも多くある中で、ミシャ監督が築き上げているスタイルの精度をどう上げていくのか。内容は悪くなくとも結果に繋がらないという課題をどう乗り越えるかがポイントとなるだろう。

◆戦力はダウン傾向
ただ、その中でチームとしては戦力ダウンという印象のオフに。田中駿汰ルーカス・フェルナンデス小柏剛とチームの軸だった選手が去り、出番を減らしていた福森晃斗も期限付き移籍で去ることとなった。DF髙尾瑠、FW鈴木武蔵(共にガンバ大阪)、MF長谷川竜也、MF近藤友喜(共に横浜FC)と即戦力を補強も、上積みとは言えない状況。どこへ向かうのか、ファン・サポーターは気になるところだろう。

◆継続の中に力強さを
チームとしてはマンツーマンディフェンスやポゼッション、アタッキングフットボールを展開。マイナーチェンジを毎年しながらも順位に変化がない。特に毎年の課題はフィニッシャーの存在。昨シーズンは浅野雄也が12得点を記録したが、攻撃が完結せず、悪い状態で攻め込まれての失点も多い。結果、得失点差がマイナスになることが多く、それでは中位に甘んじるというもの。攻守の局面で強さを見せて行けるかが、上位に行けるかの分かれ道となるだろう。帰還したFW鈴木武蔵には過去に見せた得点源としての活躍に期待がかかる。また、新キャプテンとなる荒野拓馬がどんなキャプテンシーを見せるのかにも注目だ。

◆2024年冬移籍情報
【IN】
GK阿波加俊太(28)←アトレチコ鈴鹿クラブ/完全移籍
GK中野小次郎(24)←ツエーゲン金沢/期限付き移籍満了
DF家泉怜依(24)←いわきFC/完全移籍
DF髙尾瑠(27)←ガンバ大阪/完全移籍
DF岡田大和(22)←福岡大学/新加入
MF長谷川竜也(29)←横浜FC/完全移籍
MF近藤友喜(22)←横浜FC/完全移籍
MF田中克幸(21)←明治大学/新加入
MF原康介(18)←名古屋高校/新加入
MF田中宏武(24)←藤枝MYFC/期限付き移籍満了
FW出間思努(18)←北海道コンサドーレ札幌U-18/昇格
FW鈴木武蔵(29)←ガンバ大阪/期限付き移籍

【OUT】
GK大谷幸輝(34)→ギラヴァンツ北九州/完全移籍
GK松原修平(31)→水戸ホーリーホック/完全移籍
GKク・ソンユン(29)→京都サンガF.C./期限付き移籍→完全移籍
DF福森晃斗(31)→横浜FC/期限付き移籍
DF西大伍(36)→いわてグルージャ盛岡/期限付き移籍→完全移籍
MF小野伸二(44)→現役引退
MFルーカス・フェルナンデス(29)→セレッソ大阪/完全移籍
MF田中駿汰(26)→セレッソ大阪/完全移籍
MF井川空(24)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍→完全移籍
FWミラン・トゥチッチ(27)→未定
FW小柏剛(25)→FC東京/完全移籍
FW中島大嘉(21)→藤枝MYFC/期限付き移籍
関連ニュース

「めっちゃ綺麗」「お似合いです」女流棋士が札幌練習場でフォトウエディング!ドレス姿に反響「ドレスが芝に映えて素敵!」

女流棋士である渡部愛さんのコンサドーレフォトウエディングが注目を集めている。 渡部さんは北海道出身で、2018年5月に自身初となる女流王位のタイトルを獲得し、翌月に女流三段へ昇段した。2024年1月には野月浩貴八段と結婚。夫婦ともに札幌ファンを公言している。 その2人が19日、札幌の練習場として知られる宮の沢白い恋人サッカー場でフォトウエディングの撮影を行い、「大好きな北海道とコンサドーレに囲まれて夢の時間でした」と綴り、写真を公開。大きな反響を呼んだ。 ドレスはもちろん、札幌のチームからである赤黒。野月さんもタイや靴を含めて同じく札幌カラーでまとめ、宮の沢のピッチから幸せ溢れる姿を届けた。また、2人でPKに挑戦する姿も公開している。 2人の写真には、閲覧者からも「めっちゃ綺麗です」、「お二人共お似合いです」、「赤のドレスが芝の緑に映えて素敵!」、「対局場ではなくサッカー場なんですね」、「良い写真、コンサドーレのサポーター1将棋が強いカップルだな。当たり前だけど」などの声を含め、多数の祝福が寄せられるなど大きな反響を呼んだ。 撮影前日には札幌の練習を見学。「明日もドーム参戦します」との言葉通り、翌日は札幌ドームでサンフレッチェ広島戦を観戦。充実のコンサライフと幸せな時間を過ごしたようだ。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】札幌カラーのドレスがピッチに映える!渡部愛さんのフォトウエディング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">昨日は宮の沢に練習を観に行って、本日はコンサドーレフォトウエディングの撮影でした<br>大好きな北海道とコンサドーレに囲まれて夢の時間でした<br>明日もドーム参戦します笑<br><br>あいプランさま<a href="https://twitter.com/apg_aiplan?ref_src=twsrc%5Etfw">@apg_aiplan</a> Destinaさま <a href="https://twitter.com/destina_bridal?ref_src=twsrc%5Etfw">@destina_bridal</a> <br>お世話になりましてありがとうございました☺️ <a href="https://t.co/x3gq9hAXhA">pic.twitter.com/x3gq9hAXhA</a></p>&mdash; 渡部 愛(わたなべまな) (@nanu_ke) <a href="https://twitter.com/nanu_ke/status/1781289603871514823?ref_src=twsrc%5Etfw">April 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">最後におまけ。前に腕立て伏せやボルダリングの時に笑われたのですが、ボール蹴っても笑われるのなんで笑 <a href="https://t.co/hA4EgURvB4">pic.twitter.com/hA4EgURvB4</a></p>&mdash; 渡部 愛(わたなべまな) (@nanu_ke) <a href="https://twitter.com/nanu_ke/status/1781291668010070330?ref_src=twsrc%5Etfw">April 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.21 20:40 Sun
thumb

スキッベ広島、無敗継続も相性難の札幌にまた勝てず…先制被弾も中野就斗の左足で追い付きドロー【明治安田J1第9節】

20日に札幌ドームで行われた明治安田J1第9節、北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島は、1-1の引き分けに終わった。 1分け5敗のスロースタートとなった19位札幌だが、直近の公式戦はYBCルヴァンカップを含めて2勝1分け。前節アルビレックス新潟とのドローで最下位からも脱出した。 ミッドウイーク開催のルヴァンカップは大幅ターンオーバーで臨んだため、今節は先の新潟戦から先発1人の変更のみにとどまった。 対する広島は4勝4分けと無敗で2位に付ける。懸念は引き分け数と増加傾向にある故障者、加えてリーグ戦における札幌との相性か。 広島は2022年のミヒャエル・スキッベ監督就任以降、ルヴァンカップでは1勝1分けだが、リーグ戦は3分け1敗。ここでもドローの多さが際立つ。 復調札幌のボール保持か、広島のハイプレスか。ペトロヴィッチ監督の古巣戦にもなる一戦は、その予想とは逆の形、札幌のショートカウンターで10分に動く。 札幌は左サイド中盤で満田誠の横パスをカットした荒野拓馬が、すぐさま縦に付けると、スパチョークもテンポ良く1つ前の浅野雄也へ渡す。その浅野がバイタルエリア左からマイナスに戻してスパチョークが右足が振ると、渾身の一撃はブロックに入った中野就斗に当たってコースが変わり、GKの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。 リーグ戦5試合ぶりの先発起用に応えるスパチョークの今季初ゴールで、リーグ戦4試合連続の先制となった札幌。15分の松本泰志の右足フィニッシュもGK菅野孝憲が正面で掴み、26分に浴びた加藤陸次樹の連続フィニッシュにも好セーブで立ちはだかる。 追い掛ける広島は川村拓夢が負傷のアクシデントにも見舞われる。CKからの加藤のシュートを押し込もうと、懸命に足を伸ばした際に痛めたか、その後もしばらくプレーを続けていたが、左わき腹を痛めて44分に小原基樹との交代を余儀なくされ、ビハインドのままハーフタイムを迎えた。 後半へ向けては札幌が近藤友喜に代えてルヴァンカップで2ゴールの小林祐希を、広島は新井直人に代えて越道草太と、両チームが1枚ずつ交代カードを使用。立ち上がりはギアを上げた広島の勢いが勝り、50分に試合を振り出す。 CKから波状攻撃を仕掛けると、ボックス内の大橋祐紀が落とし、ペナルティアーク内から中野が左足を一閃。華麗な一撃を左隅へと流し込んだ。 54分にはオフサイドにはなったが、松本のシュートが左ポストを叩くなど、猛攻が続く広島。75分には大橋が右ポケットをえぐり倒して折り返したが、小原のシュートは力なく、GK菅野の手中に収められる。 守勢続いた札幌は77分にようやく後半最初のシュート。菅大輝が左足を振るが枠の右へ外れた。 終盤は広島の足が止まったことで、札幌のアタッキングサード侵入回数も増え始めたが、83分の浅野の左足もクロスバーを越えるなど、最終局面での精度を欠く。さらには空中戦の着地時に腰のあたりを痛め、その後もプレーを続けていた岡村大八が、88分に限界を迎え、ピッチを後に。田中克幸が投入される。 後半アディショナルタイムの広島は、この日再三ボックス内へ顔を出していた松本が田中とのコンタクトで倒れるも、笛は鳴らず。タイスコアのまま90分を終え、両者ともにリーグ戦2試合連続のドローとなった。 北海道コンサドーレ札幌 1-1 サンフレッチェ広島 【札幌】 スパチョーク(前10) 【広島】 中野就斗(後5) <span class="paragraph-title">【動画】コースを狙った中野就斗の鮮やかな同点弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ここしかないというコースに<br>\<br><br>中野就斗が左足一閃!<br>今季2得点目は待望の同点ゴール<br><br>明治安田J1リーグ第9節<br>札幌×広島<br>LIVE on <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://t.co/6EIMT0L1NI">pic.twitter.com/6EIMT0L1NI</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1781567915117932610?ref_src=twsrc%5Etfw">April 20, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.20 16:00 Sat

【J1注目プレビュー|第9節:札幌vs広島】復調のキッカケを掴むか、無敗継続か…“ミラーゲーム”のポイントは決定力

【明治安田J1リーグ第9節】 2024年4月20日(土) 14:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(19位/5pt) vs サンフレッチェ広島(2位/16pt) [札幌ドーム] <span class="paragraph-subtitle">◆復調の兆しを掴みたい【北海道コンサドーレ札幌】</span> 前節はアウェイでアルビレックス新潟と対戦して1-1のドロー。先制しながらも終盤に失点し、連勝を逃す形の勝ち点1となった。 とはいえ、第2節からの泥沼の5連敗を考えれば、チームは復調の兆しを見せている状況。ガンバ大阪戦ではホームで初勝利を収めており、再びのホームゲームで勝利を掴みたいところだ。 迎え撃つは監督の古巣であり、今季ここまで無敗の広島。上位を相手に結果を残すことができれば、この良い流れを掴むことに繋がりそうだ。 攻撃面はまだまだ改善の余地あり。そして、守備面も前節はリードしながら追いつかれており、チームが良い状態にあるとは言えない。それでも目指すは勝利のみ。再び泥沼にハマって行かないためにも、上位相手にしっかりと結果を残して勝ち点を拾うことが重要になりそうだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:髙尾瑠、岡村大八、菅大輝 MF:浅野雄也、荒野拓馬、宮澤裕樹、近藤友喜 MF:青木亮太、スパチョーク FW:駒井善成 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 出場停止:大森真吾 <span class=“paragraph-subtitle”>◆無敗継続も勝ち切りたい【サンフレッチェ広島】</span> 前節はアウェイでアビスパ福岡と対戦し、1-1のドロー。無敗は継続したが、4勝4分けと白星が先行してほしいところだろう。 とはいえ2位につけており、首位で無敗のセレッソ大阪をぴったりマーク。着実に勝ち点を積み上げていきたいところだ。 今節を皮切りに、広島はカップ戦などを含めて最大で10連戦を迎えることとなる。信じられないほどのタフな戦いが待っている中で、チームは良い結果を出し続けたいところ。ケガ人の影響もあり、ほぼ固定と言えるメンバーで戦い続けることはできないだけに、底上げもしたいところだ。 前節は福岡とのミラーゲームで苦戦を強いられた。噛み合ってしまうシステムを相手にどう崩していくかもポイントとなる。特に札幌はマンツーマンのディフェンスであり、より局面を打開することにアイデアが必要に。運動量を落とさずに決定力の差を見せつけたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:塩谷司、中野就斗、佐々木翔 MF:新井直人、松本泰志、川村拓夢、東俊希 MF:満田誠、加藤陸次樹 FW:大橋祐紀 監督:ミヒャエル・スキッべ 2024.04.20 11:35 Sat
thumb

新潟が秋山裕紀のミドルで連敗止めるドロー! 札幌は2選手負傷に退場者で連勝ならず【明治安田J1第8節】

明治安田J1リーグ第8節の1試合が13日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、アルビレックス新潟vs北海道コンサドーレ札幌は1-1のドローに終わった。 今季初の連敗中で4試合勝利なしの14位新潟はU23アジアカップメンバーから落選の小見洋太が長谷川元希、宮本英治、早川史哉とともに先発。5連敗ストップの今季初勝利を掴み、さらなる巻き返しを期す最下位札幌は古巣凱旋の鈴木武蔵が1トップに復帰したほか、青木亮太も左ウィングバックに戻った。 両チームとも自分たちの色で押し通せるかが勝負の鍵となる戦いは開始2分に谷口海斗のフィニッシュで襲いかかるなど、新潟優勢の入りに。7分と10分にも小見と長谷川のシュートがいずれも枠を叩き、ホームチームのペースで進む。 札幌は16分に鈴木の負傷交代にも見舞われたりもしたが、20分にバイタルエリア中央の荒野拓馬が縦パスを試みると、相手のクリアボールがこぼれ、浅野雄也が左足を一閃。クロスバーの内側を叩いて吸い込まれ、先手を奪う。 22分にも左サイドからの折り返しに浅野がボックス中央で合わせ、追加点に迫った札幌だが、GK小島亨介が許さず。新潟は40分に長谷川がボックス左に仕掛けた流れからボックス中央の松田詠太郎が右足を振るが、宮澤裕樹の好カバーに遭う。 リスタートからセカンドボールの回収率を高め、ペースも引き戻す札幌だが、55分にも馬場晴也が負傷し、またもアクシデントによる交代。片やダニーロ・ゴメスを送り込み、同点を目指す新潟だが、ボールこそ前に運べど、ゴールを割れず。 そのなか、75分に大森が前半に続くイエローカードで退場となり、札幌は残り15分を数的不利で戦う苦境に。札幌が5バックで守りを固める策に出るなか、新潟はこの流れを見るや77分に長倉幹樹と奥村仁を送り込み、反撃に転じる。 すると、新潟全体が押し上げる80分に左サイドの小見が中にパスを出し、これを受けた秋山裕紀が右足ミドル。遠目の位置からだったが、ゴール前の岡村にヒットしたボールがゴール右に突き刺さり、新潟が秋山の今季初ゴールで追いつく。 直後に3選手の交代に動いた札幌を尻目に勝ち越しを狙った新潟は87分にもダニーロ・ゴメスが左足ミドルを放っていったが、次のゴールとはならず。新潟は2連敗ストップも5戦未勝利、札幌は連勝逃すも2戦負けなしとなっている。 アルビレックス新潟 1-1 北海道コンサドーレ札幌 【新潟】 秋山裕紀(後35) 【札幌】 浅野雄也(前20) 2024.04.13 16:00 Sat

いやいや札幌がこんなに苦労するってあんまり想像してなかったぞ?!の巻/倉井史也のJリーグ

いやいや、札幌が降格なんて考えられないでしょ。だって北海道行きがなくなったらおいしい料理がたくさん食べられなくなるじゃないですか。まぁそれ言うと確かに他のとこもおいしいものがたくさんあるんですけど、でもほらやっぱり、ミシャのサッカーって楽しいし、ずっとトップリーグで見ておきたいんですよ。ええ。ホント。ジンギスカン食べたいからって訳じゃないです。ホントよ。 と、それはおいといて。札幌はケガ人が多くてまだ実力発揮してないだけ。大丈夫なんです。その証拠を今から探していくからね!! まず7試合を終えて勝ち点4。これって過去のシーズンの7試合終わった時点の最下位のチームに比べてどうかというと ・2005年:勝ち点5(神戸) ・2006年:勝ち点3(C大阪) ・2007年:勝ち点3(横浜FC) ・2008年:勝ち点2(千葉) ・2009年:勝ち点4(大分) ・2010年:勝ち点4(新潟) ・2011年:勝ち点0(福岡) ・2012年:勝ち点1(札幌) ・2013年:勝ち点2(磐田) ・2014年:勝ち点0(徳島) ・2015年:勝ち点3(甲府) ・2016年:勝ち点2(湘南) ・2017年:勝ち点1(大宮) ・2018年:勝ち点4(G大阪) ・2019年:勝ち点4(鳥栖) ・2020年:勝ち点4(清水) ・2021年:勝ち点1(仙台) ・2022年:勝ち点2(湘南) ・2023年:勝ち点2(横浜FC) ほら! 勝ち点4よりも少ない勝ち点だったのって13チームもあるんですよ。ってことは、今年は混戦模様ってことでしょ? しかも20チーム構成になったからこれまでよりも4試合増えちゃうわけで、こりゃ浮上できるチャンスも多くなるっしょ。 でもちょっと心配なことが。得点と失点の数字が悪いんですよ。7試合で4得点15失点だけど、これって平均得点0.57、平均失点2.14。これって34試合終えた時点だと、得点19失点73点ってことになるんです。じゃあ過去の最下位のチームはどうだったか ・2005年:得点30/失点67(神戸) ・2006年:得点38/失点74(京都) ・2007年:得点19/失点66(横浜FC) ・2008年:得点36/失点70(札幌) ・2009年:得点32/失点56(千葉) ・2010年:得点31/失点82(湘南) ・2011年:得点23/失点64(山形) ・2012年:得点25/失点88(札幌) ・2013年:得点31/失点67(大分) ・2014年:得点16/失点74(徳島) ・2015年:得点24/失点53(山形) ・2016年:得点26/失点66(福岡) ・2017年:得点28/失点60(大宮) ・2018年:得点39/失点59(長崎) ・2019年:得点29/失点51(磐田) ・2020年:得点29/失点48(湘南) ・2021年:得点31/失点71(横浜FC)※34節終了時 ・2022年:得点32/失点57(磐田) ・2023年:得点31/失点58(横浜FC) うーん、得点数は過去シーズンの下から2番目、失点数は下から5番目ってことになるんです。つまりこれから挽回は出来そうだけど、得点数をもっと上げないと苦しいって感じでしょうか。 ここまでのシュート数は53本でリーグの下から3番目、シュートあたりの得点率は下から2番目。ただし、被シュート数はリーグ11位、被シュートあたりの失点率はリーグ最下位と、シュートを打たれるまでは粘るけれど、崩されたときは決定的になってるってことも浮かび上がってて、そうなると攻守両面のバランスをどう取るか、難しい問題が浮かび上がってる感じもします。 まぁ当然監督はこんなことなんて分析済みなんでしょうけどね。おっと、数字を見ると鳥栖や湘南も失点の多さはほぼ変わらない。で、鳥栖も湘南もJ1残留の粘りのあるチームですから、これはきっと札幌も大丈夫……であってほしいなぁ。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2024.04.13 09:00 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly