【独占インタビュー】橋本英郎氏が12月16日に古巣G大阪で引退試合「僕以上に目立ったり、活躍する選手がいてもいい」…2005年モデルのユニフォームに込めた思いも

2023.12.08 18:30 Fri
2005年に初優勝を果たした際の橋本英郎
©GAMBA OSAKA
2005年に初優勝を果たした際の橋本英郎
日本代表としても国際Aマッチ15試合に出場し、今年1月に25年のプロ生活に幕を閉じた橋本英郎氏。12月16日にキャリアの原点であるガンバ大阪の本拠地パナソニック スタジアム 吹田で引退試合を行うのに先駆け、超ワールドサッカーではインタビューを実施し、後編ではG大阪で実現した引退試合を語ってもらった。

【第3回/全3回|前編中編
――どういった経緯でこの引退試合が実現したのでしょうか。

「経緯としては今年、引退会見もガンバのスタジアムでさせていただいたんですけど、クラブの方に引退試合をやりたいという相談をしていました。その相談から前向きに考えていただける話になり、実現する流れになりました」

「僕は去年までおこしやす京都(AC)という関西社会人のチームでやっていましたが、そのクラブでは引退試合がちょっと難しかった。最終経歴のチームで基本的にやる流れっていうのをちらっと聞いてはいましたが、それができないとなれば、どこのチームでもいいような話も聞いていました」
「であれば、ガンバ大阪でと。僕はジュニアユースの頃から合わせると、20年間クラブに関わらせていただいたところもあるので、そのクラブで最後させてもらえたらなということで相談させていただいて、実現する流れになりました」

――橋本さんの功績によって実現した引退試合だと思います。育ったクラブでの引退試合に改めて心境はいかがでしょうか。

「なんて言ったらいいんかな。“すぐ泣きそうやな”って思うぐらいの気持ちはありますね。正直。スタジアムにサポーターの方がどれくらい入るかまだわからないですけど、多くの方に来ていただいて、送り出していただける雰囲気を想像すると、いきなり泣けてきそうな気もします。なので、そうならないように心を穏やかにしっかりと進んでいかなあかんなという思いでいます」

――『ガンバ大阪’05』の着用ユニフォームはチームがJ1初優勝時のモデル。ファンにとっても、橋本さんにとっても思い出深いものでしょうか。

「なぜこのユニフォームを希望したかというと、そこからクラブとしての規模だったり、見られ方だったりが変わりだしたからです。僕が入団した98年の頃は正直、申し訳ないですけど、弱いチームだったんですよ。残留争いもしていました。昔、『スーパーサッカー』(TBS系)で崖っぷちランキングっていうのがあったんですけど、そういうのに顔を出すチームでした」

「たまに上位争いにいくかなと思ったら、だいたい勝負どころで鹿島アントラーズに負けるとか、ジュビロ磐田に負ける、横浜マリノス(現:横浜F・マリノス)に負ける、みたいな感じでもうひと超えができないチームだったんです。そういう歴史があるなかで、2005年に初めてタイトルを獲りました。そこからタイトルを獲れるチームになって、サポーターの方も増えていきました。そして、新スタジアムができて、もっとサポーターの方が増えたという流れになったと思います」

「そういう経緯がありますし、僕は(2005年が)それの一番最初の始まりであり、クラブが変わりだした始まりだと考えています。2005年がなかったら、2008年に僕らがクラブW杯でマンチェスター・ユナイテッドと対戦したり、そういう歴史になるような、みんなに見ていただいたような時期は来なかったんじゃないかなと」

「自分を振り返ったなかで、その2005年が大きなターニングポイントだったので、そのときにいたメンバー全員に声をかけさせてもらって、また集まりたいなと思い、今回そのユニフォームを選びました」

――ご自身も活躍された印象が強いマンチェスター・ユナイテッドと対戦した当時のユニフォームは選択肢になかったのでしょうか。

「(選択肢に)なかったです。みんなの印象というよりかはクラブでというところで歴史を追っかけていってですね。僕自身もそれから日本代表に選ばれて、ACLでアジアの戦いに出られたりしたのは2005年の翌年からでした」

「それまで僕もその世界観を知らなかったですし、やはりタイトルを獲ることで、世間からの見られ方もですし、僕らもタイトルチームの誇りを持ったりとか、振る舞いも変わっていったんじゃないかなと思っています」

――現役時代、ガンバ大阪での引退試合は想像されていたでしょうか。

「(想像)していなかったです。ただ、引退試合をやってみたいなというのはありました。宮本恒靖さんや、鈴木啓太さんの引退試合にいかせてもらって、その空気感だったり、みんなと久々に会ってボールを蹴る楽しさとかは感慨深いものがあったので、もう一度味わいたいなと」

「正直、僕が主役じゃなくてもよかったんです。でも、自分がアクションを起こすことで実現できるなら、その日を迎えたいなと思って動きました。12月16日に自分が主役になりたいかといったら、そこまでなりたいわけではないです。ただみんなと、代表のメンバーと、ガンバのメンバーとボールを蹴ったり、サポーターとその空気感を楽しみたいというのが一番です」

「この引退試合のなかで、もっと僕以上に目立ったり、活躍する選手がいてもいいなと思っているぐらいなので。その理由として、僕は元々、遠藤保仁とか、明さん(明神智和)のような、色んなスター選手の横でプレーした選手。どちらかと言うと、脇役としてプレーした選手が引退試合をやれるというのは他のJリーガーに『橋本でできんの?』と思ってもらえると、みんなの1つの発見になるんじゃないかなと」

「こうやってガンバ大阪さんが開催してくれるのは大きな意味を持っていると思います」

――今回のチームである『ガンバ大阪’05』の顔ぶれはいかがでしょうか。

「そうですね。発表される前に僕が声をかけているので(笑) 嬉しいなという感じですね」

――往年のガンバ大阪を彩った選手たちが集まりました。ご自身の人徳を感じますが。

「それはわからないです。正直(笑)。人徳だとは思ってないですね。強要したとしか思っていないです(笑)」

――特にアラウージョさんの参戦が目を引きます。ご自身が直々に話をしたのでしょうか。

「そうですね。直接喋るところまではいけなかったですけど、通訳を介して、シジクレイアラウージョフェルナンジーニョ(奈良県2部のバンディート生駒で現役復帰)の3人は伝えさせてもらいました。フェルは偶然ですけど、日本に来ているタイミングで会って、少し話ができました」

――今回のメンバーで注目してほしい選手は。

「やっぱりその外国人3人じゃないですかね。シジはガンバですごい貢献しましたし、フェルもベストイレブンになったりしました。アラウージョは1年しかいなかったですけど、得点王とMVPになりました。その後に日本を離れましたけど、一瞬歴史を刻んで去ってしまった選手ですし、また日本に帰ってきてくれるのは面白いんじゃないかなと思います」

――一方で、『日本代表フレンズ』の顔ぶれはいかがでしょうか。

「同じくみんなに声をかけるなかで、本当に来てもらえるか不安感がありましたけど、意図や気持ちを伝えると、応えてくれる選手たちがいっぱいいたので、めちゃくちゃ嬉しかったです。実際、日程や予定をずらしてくれた選手がいっぱいいて、そういう心意気は本当に嬉しいなと思っています」

――『日本代表フレンズ』にも播戸竜ニさんをはじめ、ガンバ大阪でプレーした選手がいますね。

「経緯は2005年のメンバーじゃないからです。加地(亮)もですし、イナ(稲本潤一)もそうですし、ミチ(安田理大)もそうですし、その辺りはみんな、2005年のメンバーじゃないので。ただ、代表で一緒にやったので、代表側に入ってもらいました」

――次に両チームの監督についです。まずは西野朗監督との思い出はいかがでしょうか。

「2005年に西野さんのもとで(J1で)優勝できたことですね」

――岡田武史監督との思い出はいかがでしょうか。

「岡田さんには代表の思い出というと、最後の代表選考で落とされているので、良いもので終わってはいないですけど、一緒にW杯の最終予選を戦わせてもらったり、求める基準の高さを示してもらいました。そのなかで、忖度なしで落とされた印象があります」

「本当に自分の力不足で落とされたので、恨みがあるとか、そういう感覚はありません。その後にFC今治でプレーさせてもらいましたし、色々な場面で思い出があります」

――ご自身、主役でなくてもいいとの話があったが、集まるファンに最後のプレーでどういうメッセージを伝えたいでしょうか。

「プレーでいうと、サポーターの方がどう捉えるかわかりませんけど、僕らが楽しんでいる姿を一緒に楽しんでもらいたいです。僕らが楽しんでプレーしているなかで、サッカーの楽しさだったり、みんなサッカー好きなんだなというのを感じ取ってもらえるような時間になればと思っています」

取材・文:超ワールドサッカー・玉田裕太
関連ニュース

決勝PK弾の宇佐美貴史が開幕2戦連発! 新潟撃破のG大阪が今季初勝利【明治安田J1第2節】

明治安田J1リーグ第2節の1試合が2日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ホームのガンバ大阪がアルビレックス新潟を1-0で下した。 引き分けスタートのG大阪は宇佐美、ネタ・ラヴィ、松田が先発し、新加入のウェルトンもベンチ入り。一方、白星発進の新潟は4選手が入れ替わり、早川、島田、高木、長谷川がスタートから出場した。 ホーム開幕戦のG大阪が立ち上がりから相手のボックス内に攻め込むシーンを作り出していき、5分にファン・アラーノ、14分に宇佐美がそれぞれフィニッシュ。新潟は守備を強いられ、ストレスが溜まる展開となる。 半ばを迎えてもG大阪攻勢のなか、30分に山田が敵陣左サイドを抜け出して折り返すと、ボックス右でフリーの岸本に絶好機が巡るが、新井の好カバーでゴールを割れず。攻めるG大阪だが、0-0のスコアが続く。 一方の新潟は我慢の戦いが続くなか、カウンターで何度か攻めに転じたが、陣地回復に至らず。42分にもネタ・ラヴィのミドルで迫るなど、終始攻め手だったG大阪も最後までゴールを割れず、試合を折り返す。 早いうちに均衡を破りたいG大阪が66分に半田と倉田の投入に動いたなか、仕切り直したい新潟も69分に右サイドからボックス右に味方とのワンツーを駆使して侵攻した松田に絶好機。だが、相手GKの正面を突いてしまう。 すると、G大阪は74分に右CKからのクロスが大外の倉田に通り、右足を振り抜こうとするが、新井がしっかりとカバー。一度は流されるが、後のオンフィールドレビューでG大阪のPKチャンスが告げられる。 キッカーに名乗りを上げたのは決めれば開幕2戦連発の宇佐美。このプレッシャーがかかる場面にも動じず、豪快に右足を振り抜くと、これが勢いよくゴール左に突き刺さり、G大阪がついにリードを手にする。 ついに崩れた新潟は交代カードを切りながら反撃に転じたが、G大阪もダワン、新加入のウェルトン、福岡といった選手を入れながらうまく試合を進め、守っては完封。G大阪がホーム開幕戦で今季1勝目を掴んだ。 ガンバ大阪 1-0 アルビレックス新潟 【G大阪】 宇佐美貴史(後30) <span class="paragraph-title">【動画】宇佐美貴史がPKチャンスから開幕2戦連続ゴール! G大阪を今季初勝利に導く</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>今日もタカシが決めた‼<br>\<br><br>宇佐美がPKを左隅に蹴り込みG大阪が先制<br>青黒を牽引する背番号7が開幕戦に続き貴重なゴールを叩き込む<br><br>明治安田J1リーグ第2節<br>G大阪×新潟<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> LIVE配信 <a href="https://t.co/Jj90cIUWeR">pic.twitter.com/Jj90cIUWeR</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1763832935373766753?ref_src=twsrc%5Etfw">March 2, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.02 17:35 Sat

G大阪新CB中谷進之介が初陣! その出来は? 「PKを与えちゃったんで、あれがなければ…」

ガンバ大阪は24日の明治安田J1リーグ開幕節でFC町田ゼルビアのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。 J1初挑戦の町田は試合の入りから、黒田剛監督のもとで土台とする強度を押し出し、G大阪にリズムを作らせず。17分にオンフィールドレビューでのチェックからPKチャンスを掴み、鈴木準弥が先制ゴールを決めた。 失点後もなかなか攻め手に回れずのG大阪だったが、後半途中から数的優位に立つと、その後の宇佐美貴史、ネタ・ラヴィ、松田陸を送り込む3枚替えで攻撃が活性化。84分に宇佐美の鮮烈FKで勝ち点1をもぎ取った。 名古屋グランパスから今季加入で、三浦弦太とともに最終ラインの中央でフル出場した中谷進之介は勝ち点1という結果をこう振り返った。 「最低限ですね。前半はかなりバタバタしたし、何失点してもおかしくない状況だった。そこから立て直せたのは1つの収穫だと思う」 そんな27歳はセンターバックは昨季J1ワーストタイの61失点を喫したG大阪の守備を立て直す一手として加入。PK献上のシーンは不運なハンドだったが、ほかでは鋭いブロックだけでなく、ロングフィードでも存在感を示した。 昨季、センターバックの軸を定められなかったG大阪からすれば、大きな新戦力の中谷は初陣での出来を尋ねられると、「PKを与えちゃったんで、あれがなければ…」と悔やみつつ、それなりの手応えを口にしている。 「すごくシュートブロックもできたし、足が動いてもいたから、悪くはなかったと思う。なかなかのプレッシャーもあったし、移籍してきて注目もされるなかでの一戦だったから、『負けなくて良かった』というのが正直なところ」 2024.02.25 10:45 Sun

「Gの最高傑作」「生涯記憶に残るFK」G大阪の宇佐美貴史、大好きな後輩・谷晃生から有言実行のゴールが大反響「痺れるわ!」

ガンバ大阪のFW宇佐美貴史の完璧なFKに称賛の声が集まっている。 24日、G大阪は明治安田J1リーグ第1節でFC町田ゼルビアと対戦。アウェイでの開幕戦となった。 相手の町田はクラブ史上初のJ1挑戦となり、その初陣の相手となったG大阪。古巣対決となったGK谷晃生が先発出場した中、前半から町田のペースで試合が進む。 するとPKで失点しビハインドのG大阪。ただ、後半早々に仙頭啓矢が2枚目のイエローカードをもらい退場。G大阪は数的優位となると、84分にボックス手前でFKを獲得した。 キッカーを務めたのは後半途中から出場した宇佐美。よく知る後輩のGK谷との対決となった中、短い助走から完璧に壁の上を越えるシュートを放つと、ゴール左隅に吸い込まれ、G大阪が終盤に同点に追いついた。 完璧なコースに完璧な軌道のFKを沈めた宇佐美。背番号7を背負い、かつてその7番を背負ったFKの名手である遠藤保仁氏がコーチに就任しての初戦で彷彿とさせる見事なFKを沈めた。 ファンは「やっぱり宇佐美だ!」、「Gの最高傑作」、「痺れるわ!」、「生涯記憶に残るFKだな」、「大好きな後輩から点を奪うとは」、「特別な選手なんだよな」、「有言実行なのはさすが」とコメントを寄せている。 宇佐美は開幕を前にしたJリーグのPRイベントで谷と共演しゴール宣言。試合後には「自分の思うところに蹴れれば入ると思ったし、前日の練習でいい感触でFKを蹴れてもいた」とゴールを振り返っていた。 <span class="paragraph-title">【動画】宇佐美貴史が開幕戦で完璧なFK! チームを救う同点弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ubYdemkAfxU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.24 22:55 Sat

「『昨日のまま蹴れれば』という思いでボールをセット」 G大阪FW宇佐美貴史が起死回生の華麗FKで2年連続開幕ゴール

ガンバ大阪のエースで、主将で、背番号「7」を背負う男がチームを最低限の結果に導いた。 ダニエル・ポヤトス体制2年目のG大阪は24日の明治安田J1リーグ開幕節でFC町田ゼルビアのホームに乗り込み、1-1のドロー。2年連続のドロー発進だが、開幕黒星という最悪の事態を回避した。 主将2年目の宇佐美貴史は1点を追いかける55分に指揮官が一挙に切った交代3枠の一手としてピッチに立つと、84分にバイタルエリア中央の左寄りから直接FK弾。鮮やかな一撃が勝ち点1に繋がった。 まさに千両役者の宇佐美だが、チームとして露呈した相手の土俵に乗っての戦いぶりを「町田のペースにズルズルと引っ張られている感じ」と振り返った。 引き分けという結果にも「勝てたゲームだった」ときっぱり。敵地で最低限の結果ともいえるが見方もできるが、3年連続で残留争いが続く状況もあってか、あえて厳しいスタンスをとった。 「ここで負けなかったこと、勝ち点1をとれことでポジティブになるのも大事だけど、勝てなかったことで危機感を募らせるのが今のチームにとって大事だと思う」 「負けなかったと一回リラックスするのではなく、勝ち切れなかったというところで緊張感を煽っていく方がいいかなと僕は感じる」 一方で、自身が入ってからは相手が数的不利というのもあったが、裏抜けも繰り返し、チームの攻撃を活性化。「相手を後ろに引っ張っていけば、自分たちのペースになると思ってやった」と述べた。 そんな31歳FWだが、相手の壁上から綺麗に巻いてゴール左角に突き刺したFK弾は絶品ゴールに。しかも、相手はG大阪ユースの後輩、谷晃生だ。 先の開幕イベントで「彼からゴールを取って、悔しがる晃生を見たい」と話した宇佐美からすると、宣言どおり。谷からは「さすがです」との声もあがったが、2年連続の開幕ゴールとなる起死回生弾をこう回想した。 「晃生がどうのこうのというよりは自分の思うところに蹴れれば入ると思ったし、前日の練習でいい感触でFKを蹴れてもいた。『昨日のまま蹴れれば』という思いでボールをセットした」 宇佐美個人にとっても、開幕戦でのサブスタートは悔しいはずだが、絶品FKで存在価値をアピールする今季のチーム第一号。プレーぶりからは状態の良さをうかがわせ、次節のホーム開幕戦となる3月2日のアルビレックス新潟戦では勝利を目指す。 <span class="paragraph-title">【動画】G大阪キャプテンが開幕戦から完璧FK! チームにとって起死回生の一撃に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>チームを救うのはやはりこの男‼<br>\<br><br>緊迫した場面でキャプテン宇佐美の完璧なFKが炸裂<br>チームを救う至宝の一撃で息を吹き返す<br><br>明治安田J1第1節<br>町田×G大阪<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/cOgjFsff0h">pic.twitter.com/cOgjFsff0h</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1761298681741935096?ref_src=twsrc%5Etfw">February 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.24 22:10 Sat

町田のJ1初勝ち点に貢献のGK谷晃生、保有元G大阪とのいきなりの対戦は「特別な90分間だった」

FC町田ゼルビアのGK谷晃生がドロー決着の一戦を振り返った。 クラブ史上初のJ1挑戦となった町田は24日の開幕節をホームで迎え、ガンバ大阪と対戦。前半にPKから鈴木準弥が先制点を奪うも、仙頭啓矢の退場でラスト30分を数的不利で戦うこととなり、終盤には宇佐美貴史に直接FKを沈められてしまった。 逃げ切りこそならなかったものの、試合終了間際のG大阪の猛攻を凌ぎきり、J1で初の勝ち点を獲得した町田。G大阪から期限付き移籍で町田に加入している守護神・谷は、保有元クラブ相手の一戦を「特別な90分間」と振り返り、後半アディショナルタイムの自らの遅延行為にも言及した。 「結果的に1-1という結果。終わってみて終始申し訳ない気持ちはありますけど、僕もやるしかなくて、遅延行為という形にはなってしまいました。後でガンバの選手たちには謝りました。自分にとっては特別な90分間だったなと思います」 また、谷はG大阪について「自分はやっぱり特別なクラブだと思う」ともコメント。敵として相まみえたことで、サポーターの力の大きさも実感したという。 「ユニフォームを背負っている選手たちもそうですけど、後ろにいるサポーターっていうのも、なんとも言えない威圧感がある。敵に回すと嫌だなっていうふうにすごい今日感じましたし、それも含めて開幕戦で良い雰囲気でできたかなと思います」 一方、ドロー決着に貢献した自らのパフォーマンスにも言及。直接FKからの失点シーンについてはお手上げだったと述べている。 「結果的に1失点してしまったんで、自分としては悔しい気持ちではありますけど。あれは正直宇佐美くんを褒めるしかないかなと思いますし、やられちゃったなっていう感じですね」 「(FKは)自分的にもすごい嫌な位置だなと。もうちょっと近い方がキッカーも蹴りづらいとは思うんですけど、絶妙な、一番蹴りやすい位置だったのかなと思いますし、あれが左側だったら右足も蹴りにくくなると思いますし、壁の位置も変わってきますし、本当に絶妙な位置で。でもあれをしっかり1本決めてくるっていうのは本当にさすがですね」 出場機会を求めてFCVデンデルEH(ベルギー2部)から日本へ戻ってきた中、試合に出るからにはできる限り上を目指したいとも主張。こういった試合もものにしなければならないと語った。 「勝ち点『1』をもたらしたというのか、『2』落としたというのかは自分たちの捉え方なんですけど、自分たちはこういうアクシデントがあっても勝利っていうもので、勝ち点『3』という結果で、示さなければいけないと思いますし、それぐらいタフなチームにならないと、上にはいけないと思う」 「自分は試合に出る限りは本当に上位で戦いたいなと思っていますし、今日に関して言えば最低限かなと思います。自分が帰ってきてJ1の中で何を残せるかというのは、今日はまだリーグ戦の1試合ではありますけど、今後続いていくリーグ戦でもっともっと自分の存在感だったり、そういうものを示していければ良いなと思っています」 2024.02.24 21:57 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly