16年ぶりJ1復帰目指す東京ヴェルディに地球の裏側に居るなでしこ戦士からエール! 長谷川唯「全力で応援したい」、植木理子「心から応援」

2023.12.02 09:15 Sat
©超ワールドサッカー
16年ぶりのJ1昇格を目指す東京ヴェルディに、ブラジルの地からもエールが届いた。2日、2023J1昇格プレーオフ決勝が国立競技場で行われ、J2・3位の東京Vと4位の清水エスパルスが対戦する。
残り1つの枠を争う決戦。1993年のJリーグ開幕を知る“オリジナル10”の対決となる中、東京Vにエールが送られた。

現在ブラジルで活動中のなでしこジャパン。11月30日にはブラジル女子代表と対戦し3-4で敗戦を喫していた。3日にも試合が予定されている中、日テレ・メニーナ、そしてベレーザ(現:日テレ・東京ヴェルディベレーザ)に所属していたMF長谷川唯(マンチェスター・シティ)とFW植木理子(ウェストハム)が2日にメディア取材に応じた。

同じ読売ランドでトレーニングを行っており、ユース時代などで知る選手も多い2人。決戦を前にエールを寄せた。
長谷川は「本当にずっとメニーナに居て、ヴェルディのことはずっと応援していて、試合も観に行っていました」と語り、「J1にいたときはメニーナに所属していなかったんですけど、やっぱり所属チームとして応援しているところがあります。今は違うチームですけど、ヴェルディのことは応援しているので、前回のJ1との入れ替え戦も観に行ったりしていて、今日の試合が本当に楽しみで期待も高まっていて、全力で応援したいと思います」とエールを送った。

時差も大きくある中では「夜中に起きたら観たりしようかなと思っているので、(清水)梨紗と他のベレーザ、元ベレーザの選手と応援しています」と地球の反対側からもエールを送るとした。

また、植木も「自分が育ったクラブがまたJ1に戻れるチャンスがあと1勝であるということで、本当に嬉しいことですし、Jリーグ発足当初にJ1で活躍していたヴェルディはテレビでしか観ていないので、J1でヴェルディらしいサッカーを見られるのが楽しみですし、知っている選手もいますし、心から応援しています」とコメント。古巣の男子チームの昇格を願った。

また、長谷川は自身のSNSに動画を投稿。長谷川、植木に加え、ベレーザ出身のDF清水梨紗(ウェストハム)、GK山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)、FW田中美南(INAC神戸レオネッサ)、MF遠藤純(エンジェル・シティ)、MF宮澤ひなた(マンチェスター・ユナイテッド)と、現在所属しているGK田中桃子、FW藤野あおばとともにヴェルディのチャント「COME ON VERDY」を歌い、エールを送っていた。

試合は2日の14時5分、国立競技場でキックオフを迎える。

1 2
関連ニュース

16年ぶりJ1で横浜FMとのいきなりの大一番…東京Vの若武者が意気込む

東京ヴェルディは、25日に行われる横浜F・マリノスとの明治安田J1リーグ開幕戦で16年ぶりのJ1での戦いをスタートする。 昨シーズンのJ2リーグを3位フィニッシュし、その後の昇格プレーオフを制して16年ぶりのJ1帰還を果たした東京V。 就任2年目で長らくJ2での低迷が続いた緑の名門を“いるべき舞台”に戻した城福浩監督の下、今季J1で最年少となる平均年齢24.1歳の若きスカッドは、日本のトップカテゴリーでの戦いに挑む。 その初陣を飾る新シーズンの開幕戦は、1993年5月15日に行われたJリーグの開幕カードであり、“クラシコ”、“ナショナル・ダービー”とも称される、横浜FMとの黄金カード。 さらに、通常は味の素スタジアムを本拠地として使用する東京Vだが、試合会場は31年前に開幕カードが開催された国立競技場。両クラブを長らく応援してきたファン・サポーターのみならず、Jリーグの黎明期を知るJリーグファンにとって、感慨深い一戦となることは間違いないはずだ。 主将MF森田晃樹、副将DF谷口栄斗と共にヴェルディのアカデミー育ちのMF綱島悠斗は、注目度高まる開幕戦へ誰よりも気合いが入っている選手の一人だ。 「開幕戦はすごい楽しみという気持ちが強いです。やっぱりこれだけ注目してもらえて、多くのファンが見に来ると思うので、そういう注目度の高い試合はやる側もワクワクします」 「SNSを含めいろんなところでヴェルディ情報が流れたり、新宿駅とかの広告や(懸垂)幕とかを見る機会もあって、やってやろうという気持ちがすごい高まっています」 「去年に比べて確実に毎試合毎試合緊張が高くレベルが高い相手になりますが、自分たちのサッカーをすること大切で、自分たちのサッカーができれば勝てない相手はいないと思って、毎試合緊張感を持って、戦っていきたい」 明治大学から加入3年目のMF稲見哲行は、大学の同期であり東京Vに一緒に加入し、今季から横浜FMに移籍したDF加藤蓮との初対決に意気込む。 本職はセントラルMFながら、左右のサイドバックもこなすマルチロールはプレシーズンに右サイドバックでプレーする機会が多く、バンコク・ユナイテッドとのAFCチャンピオンズリーグ2試合でいずれもスタメン出場した加藤とはサイドでマッチアップする可能性もある。 「あいつの活躍だったりというのは常に追っていますし、キャンプ中も連絡を取り合っていました。マッチアップするかもしれないので、絶対負けたくないです。あいつの嫌なことはどんどんしたいなと思いますし、強みは分かっているので、やらせないようにしたいです」 「どこのチームもやっぱり特徴ある選手がサイドにいますし、そういう相手を封じることが自分の仕事だと思いますし、自分としてもそこの自信はあります」 「個人としてはずっとやってきたことをやっとJ1の舞台で発揮できるというチャンスの場だと思っていますし、緊張するタイプではないので、冷静にやってきたことを出せるといいなと。非常に強い相手ですけどチームとしてはやっぱり今季のヴェルディがどういうチームかというのを知らしめる試合にもなります」 ジェフユナイテッド千葉からの新加入で背番号10を背負うMF見木友哉は、中盤と前線を繋ぐリンクマンとして自身初のJ1でのゲームでいきなり活躍が求められるところ。 横浜FMの攻撃を牽引するブラジル人3トップを筆頭に相手のクオリティをリスペクトしながらも攻略のイメージを語る。 「本当に強力な3トップがいるチームというか、そこが一番怖いので、そこを抑えられるかがカギだと思います。ただ、チーム全体としてのレベルが本当に高いので、守備でどれだけ相手に自由を与えないかというのがやっぱりポイントなのかなと思います。コンパクトに強固な守備をしなければ簡単に点を取られてしまうと思います」 「(中盤でコンビを組む森田晃樹)とは試合中にめちゃくちゃコミュニケーションを取ることはないですが、練習を通じて彼が動いたときにどうスペースを埋めるのか。1人真ん中のヘソのところはいなきゃいけないですが、多少の入れ替わりをしながらというところで、コウキ動いたところは、自分がスペースを見たりといいうのは意識しています。ある程度ボールを持たれる展開も予想される中、どうできるかが大事です」 関西学院大学から加入2年目で本格ブレイクが期待されるFW山田剛綺は、自身を含め少ないチャンスの中でいかに決め切るかを開幕戦を含めたJ1での戦いのポイントに挙げる。 「チャンスはめちゃくちゃ多くないかもしれないですが、決め切れるところでものにできていれば、もっと去年も点を取れたと思います。自分自身もチームもですが、そういう最後の質を常にこだわり続けることが得点力を伸ばす一つかなと思います。あとは、良い守備ができれば、良い攻撃もできるというところです」 「去年のプレーオフもすごい緊張して、なかなか平常心ではいられなかったですが、そういう試合ができることはすごいありがたいことなので、そういう緊張を楽しみながら、良い結果を出せるようにやっていきたいです」 その山田剛綺の関西学院大学の先輩で、今季ガンバ大阪から期限付き移籍で加入したFW山見大登は、昨季J1最多得点も攻撃に大きなリスクを冒すゆえに失点数も少なくない相手に、自身の特長であるスピード、突破力を発揮して勝利に貢献したい考えだ。 「マリノスはやっぱりオープンになる展開が多いと思うので、スペースのところで、自分のスピードとドリブルというところを活かして得点に絡むプレーができたらなと思います」 「自分の特長というのはシュート、得点の部分だと思うので、やっぱりその縦を見せながら中というのを、自分としてはもっと出していきたい。やっぱり縦というのは中に行くためにも縦が大事になってくると思うので、そこの部分も出したいです」 「あとは高い位置でボールを奪うことができれば、やっぱり相手のサイドバックも高い位置にいるので、そこの部分でショートカウンター気味というのが、大事になってくるかなと思います」 京都サンガF.C.から期限付き移籍加入のMF山田楓喜は、その山見と共に攻撃のカギを握る選手の一人。「日本のトップでやっていけるサッカー」と相手の力を認めつつも、「全然僕らもやれる」、「開幕戦始まったら分かると思います」とチームへの自信ものぞかせる。 「去年に引き続き、マリノスだなというサッカーをしてますし、これが日本のトップでやっていけるサッカーだなという感じです。ただ、そこまでびっくりはしないというか、全然僕らもやれると思うし、相手は試合慣れしていると思いますが、こっちの方がフレッシュで、多分気合の入れようは全然違うと思うので、開幕戦始まったら分かると思います」 「みんなマリノスと言えば、3トップだと思いがちですけど、ゲームを組み立てているのはボランチの渡辺皓太、喜田(拓也)選手の2人だと思うので、そこをどれだけ潰せるかが重要になってくるので、そこが一番勝負を分けるところです」 「(3日前に120分戦った相手に強度で上回りたい?)そうですね。そこを重点的に今までもやってきたので、そこで上回らないと勝てないので、そこでは確実に上回っていきたいと思います」 「まずは点を取るところとか結果にこだわるのはもちろんですけど、まずはチームが勝つことを優先でチームのために全力で戦ったり、走ったりそういうところが一番ベースとして自分の特徴ではあるので、そこを出しつつ結果で示していきたい」 「どの試合も重要ですけど、最初から波に乗っていくにはここで勝って行かないと厳しくなっていくので、最初は本当に大事だなと思います」 2024.02.24 20:31 Sat

横浜FMとの“クラシコ”で16年ぶりJ1のスタート切る東京V…城福浩監督「我々の積み上げてきたものを確かめたい」

東京ヴェルディを率いる城福浩監督が、25日に行われる横浜F・マリノスとの明治安田J1リーグ開幕戦に向けた強い想いを語った。 昨シーズンのJ2リーグを3位フィニッシュし、その後の昇格プレーオフを制して16年ぶりのJ1帰還を果たした東京V。 就任2年目で長らくJ2での低迷が続いた緑の名門を“いるべき舞台”に戻した百戦錬磨の指揮官は、今季J1で最年少となる平均年齢24.1歳の若きスカッドを率い、日本のトップカテゴリーでの戦いに挑む。 その初陣を飾る新シーズンの開幕戦は、1993年5月15日に行われたJリーグの開幕カードであり、“クラシコ”、“ナショナル・ダービー”とも称される、横浜FMとの黄金カード。 さらに、通常は味の素スタジアムを本拠地として使用する東京Vだが、試合会場は31年前に開幕カードが開催された国立競技場。両クラブを長らく応援してきたファン・サポーターのみならず、Jリーグの黎明期を知るJリーグファンにとって、感慨深い一戦となることは間違いないはずだ。 昨年12月末の開幕カード決定以降、幾度となくその開幕戦について触れてきた城福監督は、大一番を2日後に控えた公式会見の場で改めて横浜FM戦に向けた強い想いを語った。 「もちろん、J1リーグでの我々の立ち位置からすると、簡単な戦いにはならないですが、それでも楽しみでしかない。選手と一緒にここまで積み上げてきたものを、どれだけ出せるか、出せるはずだという思いもあります」 「一瞬の隙を与えれば、仕事をする選手たちが相手にもいるので、痛い目にも合うでしょうが、我々の積み上げてきたものを、確かめたいという思いが強いです」 「どのチームもそのときの全てを懸けてやってきました。そこに差はないですが、ヴェルディのこの経てきた歴史というか、これはもうどのクラブにもない紆余曲折が詰まったというか、その歴史というのはもう、その言い方が正しいかどうか分かりませんが、どこにも真似のできない唯一無二のは良いことも悪いこともあったので…。だからこそ、開幕戦がマリノス戦という舞台が用意されたのではないかと思います」 「この用意されたものというのは、やはり歴史のなせるわざなのかなというふうに思いますし、改めてヴェルディのブランドと言うべきか、ヴェルディが持ちうる可能性を感じさせられた、この年末年始でした。Jリーグに全体に影響を及ぼすような注目度のなかで良い試合ができれば、今後JJリーグの価値に対しても影響を及ぼせるのではないかというぐらいの思いでやりたいと思います」 また、ハリー・キューウェル新監督を迎えた昨季J1リーグ2位の横浜FMについては、直近に行われたAFCチャンピオンズリーグのバンコク・ユナイテッド戦の2試合を見た上で、これまで同様に攻撃的な思考を強く持ったチームとの印象を抱いている。 「攻撃的な思考であることは変わらない印象はありますし、今まで主力を担ってきた選手たちが変わらずいるので、攻撃の特徴っていうのは、変わらないと思います。ただ、特にサイドバックのアグレッシブさというのはまた、より強固になったなというふうに思います」 「何にも増して、ACLを2試合経験しているので、そういう意味でのゲーム慣れをしているというか、良い時間帯も悪い時間帯も含めて、もう2試合経験してきています」 その難敵相手にJ1・大舞台での経験が少ない若きスカッドで臨む上では相手の対策を頭に入れながらも、まずは自分たちのスタイルの徹底、チームとして最大値を出すことを注視している。 「ゲーム慣れしているマリノスに対して我々は初めてのゲームというところだけは気をつけなければいけないですが、それ以外のところに関しては、もう我々の持っているもの全てをぶつけるのみだと思います」 「まずは、自分たちの今持っているものを全て出さしてあげられる状況にしたい。相手対策に偏りすぎず、相手をリスペクトしすぎず、リスクを考えすぎず、ただ先鋭的な戦術に偏りすぎず、しっかりベーシックなものも頭に入れながら、我々の思うところの12時のところにしっかりと針を整えて、ピッチに立たせたい。何よりも自信を持たせて、キックオフを迎えさせてあげたいです」 「今まで今年に入ってからずっと言ってきましたが、チームとして感覚を共有しながら腰が引けたサッカーだけはやらない。これだけは間違いない。我々らしく全員でリスクを背負う。リスクがないサッカーはないので、全員で共有しながらゲームに入りたいです」 最後に、清水エスパルスとの昇格プレーオフ決勝同様に5万人以上の観客の来場が見込まれるビッグマッチに向けては、黄金期を知る往年のファン、新たに興味を持ってくれた新規のファンに対して、新たなヴェルディのサッカーを披露すると共に、低迷期も献身的にクラブを支えたサポーターに報いる戦いを見せたいと、強い覚悟を示した。 「僕は2022年6月に着任しましたが、当時おそらく、ホームの平均入場者数が5000人ぐらい。5000人を切るときもありました。そういう意味では、本当にずっと苦しいときに、応援し続けてくれた方たちとともに戦っていたと思います」 「それが、1年半後にはその10倍の観客の中で戦うわけです。これは、おそらくこのクラブのフロントも選手も経験したことがない。もっと言えば、22年の6月には想像もできなかったことです」 「それでも、ヴェルディのこういう試合を待っていた方々がいるという事実。クラブが元々持っていたポテンシャルというのは頭で分かっていましたが、実際に形としていろんなものが情報として入ってきているので、改めてさすがヴェルディ、やっぱりヴェルディは捨てたもんじゃないなと。ヴェルディを待ってくれてた方というのは本当にいるんだなと。それは本当に苦しいときがあったからこそ、そういう反作用が起こったんじゃないかと思います」 「これが順風満帆で資金的にも環境的にも、20年前と変わらない状況でJ2でやっていたのであれば、おそらくこんな作用にならなかったと思います。本当に苦しい状況が分かっていたからこそ、おそらくこういう現象が僕らから見て感じられるのかなというふうに思います」 「(監督としての)目標はとにかくヴェルディがどこに向かっているのかを見せること。だから負けてもいいわけじゃない、J1にいなきゃいけないんです。ただ、新しいヴェルディというのは、単語だけじゃなくて、こういうサッカーをするんだと、これを目指してるんだということが、見に来てくださる方々に、サッカーに詳しい方にはそれなりに分かるだろうし、そうじゃないビジターの方々にも、何となくヴェルディちょっと尖ってるよね。というふうに思わせるサッカーをしない限り、丸いサッカー(オーソドックス)をやったら、我々はJ1で一番小さい丸なので、それでは勝てないと考えています」 「僕はどのクラブでもそうですが、一番我々がサポーターの方々の存在を感じるのは、やっぱり苦しいときに背中を押してくれるときなんですよ。現場は順風満帆ではないですから。そうではないときに、やっぱり人間というのは背中を押してくれる存在がいて、救われることがあります。だからこそ、この15年のスパンで見ても苦しいときに背中を押してくれるサポーターがいて、僕がやった1年半のときでも、本当に苦しいときに押してくれた存在がいるので、とにかく彼らを喜ばしてあげたいと思うし、彼らと一緒に喜び合いたいと思います」 2024.02.24 20:27 Sat

Jはアジアの審判のレベルアップに貢献してほしい/六川亨の日本サッカー見聞録

ACLのラウンド16で、甲府はアウェーこそ0-3と完敗したが、ホーム国立競技場での試合は終盤に1-1のタイスコアに追いつくなど粘りを見せた。相手の蔚山にはGKチョ・ヒョンウ、DFキム・ヨングォン、ソル・ヨンウらアジアカップでベスト4の守備陣が揃っている。にもかかわらずホームでの善戦を含め、グループリーグ突破など貴重な経験を積めたACLではなかったか。 一方、残念な結果に終わったのが川崎Fだった。山東泰山との試合では、信じられないミスからの失点もあったが、「気迫の違い」を感じた。きれいなサッカーで勝てればいいが、それをできないときにどうするか。反則を推奨するつもりはないが、「ここはイエロー覚悟でストップする」という執念で山東が上回っていたのではないか。その原因がどこにあるのか、アジアカップでの日本にも通じるような気がしてならない敗戦だった。 山東泰山の粘りは正直予想外だったが、クウェートのアハマド・アルアリ主審はうまくゲームをコントロールしたのではないだろうか(アジアカップでは日本対バーレーン戦の主審を担当)。そこで思い出したのが、19日のJリーグ開幕PRイベントに出席した野々村芳和チェアマンの「2024年の取り組み」の1つである「より多くの外国籍審判員の招へい」だった。 野々村チェアマンは、「ヨーロッパの審判だけでなく、次回のW杯やACLを制覇すると考えた時、アメリカや中東の審判を多く連れてきたいと思っている。日本人の審判が世界基準のレフェリングを体感することも重要だ」との構想を明らかにした。 Jリーグは「世界基準」を選手に肌で体感してもらうため、少々の反則では笛を吹かない。フィジカルコンタクトに慣れ、インテンシティの高いプレーを実感するためでもある。ところがアジアカップで目の当たりにした主審の基準は、「接触プレーがあるとすぐに笛を吹く」だった。 Jリーグの基準なら、そのままプレー続行となるところ、すぐに笛を吹いてプレーを止める。そしてサウジアラビアやカタールなど国内でプレーしている選手は、大げさに痛がったりする。これではワールドカップで勝てるはずもない。 だからといって日本の選手も痛がるふりをするよりは、アジア全体のレフェリング技術の向上にJFAとJリーグで貢献するようにした方が、アジアのサッカーのレベルそのものの向上につながるのではないだろうか。 アジアカップの決勝では中国のマー・ニン(馬寧)主審が笛を吹いた。日本対イラン戦も彼だったが、優柔不断な印象が強く、とても巧いとは思えなかった(こちらは個人的な印象です。イラン戦の決勝点につながるロングスローに関しては、主審よりも第1、第2の副審を務めた両オーストラリア人に問題があると思う)。逆に言うと、まだまだアジアのレフェリーは、世代交代もありアジア・レベルにとどまっているということなのかもしれない。 中東をはじめ中央アジアや東南アジア、極東を含めてレフェリーを招待し、Jリーグで笛を吹くことで切磋琢磨してレベルの向上を図れたら、それはそれで素敵なことではないだろうか。 最後に、Jリーグの開幕PRイベントでは95年5月15日の開幕戦、ヴェルディ川崎対横浜マリノスの映像が流された。ゲストで登壇した松木安太郎氏もかなり若いが、マイヤーの先制点に始まり、ラモン・ディアスの決勝点など懐かしい映像に見入った。 そして今週日曜の25日、国立競技場で東京ヴェルディ対横浜F・マリノスの開幕戦がある。30年前の映像についてトークセッションに参加したマリノスGK飯倉大樹は当時の試合について「VHS(ビデオテープ)やダイジェストですり切れるほど見ていました」と振り返った。 彼は1986年生まれのため、93年当時は小学1年生になったばかり。たぶんテレビで眩い開幕セレモニーに心をときめかせたのではないだろうか。そして、なぜダイジェストの名前が出てきたのかというと、それは表紙にあったのだろう。国立での記念すべき開幕戦だが、当時はまだフィルムの時代のため、ナイターの試合は粒子が荒れてしまい、いまのデジタルのようにクリアに再現できない。 それでも記念すべきJリーグ開幕戦のため、ディアスのゴール後の両手を広げたガッツポーズを表紙にした。一方ライバル紙であるマガジンは16日のデーゲーム、鹿島対名古屋戦でハットトリックを達成したジーコを表紙にした。もちろん、この試合を含めて全カードをテレビで観戦してから表紙を決めたのだが、インパクトの強さと多くの観客が集まったことで、ディアスを表紙に選んだ。それが31年後に、現役選手の口から「ダイジェスト」の誌名を聞くとはまったくの想定外の出来事だった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2024.02.22 18:15 Thu

「鳥肌が立った」「感動で涙出る」Jリーグの開幕戦煽り映像にファンが感動…31年前の再現となる東京Vvs横浜FMは必見「これはヤバい」

2024シーズンの明治安田Jリーグは23日に開幕。19日には、開幕イベントが行われ、J1の19クラブの選手が集まった。 野々村芳和チェアマンからは、今後10年、30年と成長していくための改革案とビジョンが語られ、登壇した選手たちからは、新シーズンへの意気込みが語られた。 そんな中、Jリーグは公式YouTubeチャンネルにて19日に開幕戦に向けた「煽り映像」を投稿。2024シーズンの開幕カードから数試合をピックアップして紹介した。 多くの注目カードがある中、やはり今シーズンの開幕カードで一番注目を集めるのは、東京ヴェルディvs横浜F・マリノスの国立競技場での一戦。1993年、Jリーグのオープニングマッチのカードが、31周年を迎える開幕戦のカードで実現した。 横浜FMは、オリジナル10のなかで、鹿島アントラーズと共に降格を経験したことがないクラブ。一方で、東京Vは長らくJ2で過ごした中、16年ぶりにJ1の舞台へと復活する。 かつては読売クラブ、日産自動車と日本サッカー界でも名門と呼ばれた両者であり、ライバル関係でもあったが、この16年でその差は大きく開くことに。それでも、ユースレベルを含め、この2クラブのライバル関係は変わっていなかった。 「煽り映像」では、この一戦を「歴史が渇望した一戦」としてピックアップ。ユース出身の東京V・谷口栄斗、横浜FM・喜田拓也や城福浩監督、ハリー・キューウェル監督のインタビューも交えて盛り上げている。 ファンは「ここから始まる次の30年の開幕戦がまたヴェルディ対マリノスにすることが出来たのは熱すぎる」、「入場は是非ともJリーグアンセムを!」、「鳥肌が立った」、「対照的ですらあるナショナルダービー」、「これはヤバい。涙出る」、「カッコよすぎる」、「感動で涙出る」とコメント。両クラブ以外のファンにとっても、胸が熱くなるものとなった。 その他、昇格組・ジュビロ磐田vs王者・ヴィッセル神戸、初J1のFC町田ゼルビアvsガンバ大阪、開幕カードであるサンフレッチェ広島vs浦和レッズがピックアップされている。 <span class="paragraph-title">【動画】感動の声続出! 31年前の開幕戦再来の煽り映像が話題に</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="h-ZS5B2dGTo";var video_start = 237;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.20 12:57 Tue

「新しい歴史が始まる1日」 東京Vの16年ぶりとなるJ1の戦いがJ開幕再現カードでスタート! 谷口栄斗が決意

「2024Jリーグ開幕PRイベント」が19日に催され、東京ヴェルディからはDF谷口栄斗が出席した。 チームにとって、16年ぶりとなるJ1の舞台。大卒3年目のセンターバックもシーズン開幕が迫っての心境を問われると、「こういう場に来て、いよいよだなと。やっと実感が湧いてきた」と話した。 かつてリーグの盟主だった歴史を持つ東京VのJ1復帰は今季におけるトピックの1つ。東京Vのアカデミー育ちもその大きなをひしひしと感じるようだ。 「ヴェルディにとっても、日本サッカーにとっても重要だと思う」 また、チームとして「まずは残留するのが大事になる。より上の順位が目指せればベスト。去年積み上げた守備は自信がある。それをやれればチームとしてブレないことに繋がると思う」と語った。 そんな東京Vは25日の開幕戦で横浜F・マリノスと対戦。1993年のJリーグ開幕戦の再現カードであり、このイベントでは当時の試合映像が特別に流されるほど、今季開幕の注目カードとなっている。 当時の試合結果は横浜FMが2-1で勝利。24歳の谷口にとって生まれる前の話で、「盛大に開幕した印象があるけど、負けたのは初めて知った」と語った。 東京Vとしては長い年月を経て雪辱を果たす一戦にもなり、「ヴェルディにとっても、Jリーグにとっても、ここから新しい歴史が始まる1日になると思う。素晴らしい試合をしたい」と意気込んだ。 2024.02.19 20:45 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly