再始動のなでしこジャパンがゴールラッシュ!長谷川唯の2発など大量8得点でアルゼンチンに大勝【国際親善試合】

2023.09.23 14:00 Sat
©超ワールドサッカー
23日、なでしこジャパンは国際親善試合でアルゼンチン女子代表と北九州スタジアムで対戦し、8-0と大勝を収めた。

オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)後、初の対外試合を迎えたなでしこジャパン。池田太監督はこれまでの[3-4-2-1]ではなく、この一戦へ向けて準備してきた[4-3-3]採用し、GKには平尾知佳、最終ラインは右から清水梨紗高橋はな南萌華遠藤純と並んだ。
アンカーを熊谷紗希、インサイドハーフを長谷川唯長野風花を務め、前線3枚は右に猶本光、中央に田中美南、左に宮澤ひなたという顔ぶれに。猶本と宮澤は大外ではなく若干内側寄りにポジションを取り、スペイン代表やバルセロナ女子のように中盤に厚みを持たせた。

なでしこジャパンは相手DFの判断ミスを突いて田中美南がボックス手前右でボールを奪い、自らフィニッシュ。早々の2分に試合を動かす。以降も[4-4-2]で構えるアルゼンチンを圧倒し、10分には宮澤のクロスに飛び込んだ田中美南への反則が取られてPKを獲得すると、これを長谷川が右下隅へ沈め、リードを広げた。

テンポよくボールを回す日本は16分、幅を使った攻撃から猶本が右ポケットからシュート。一方、移動時のトラブルの影響でコンディションの整わないアルゼンチンも[4-3-3]へ移行するも、なでしこの守備にパスコースを見つけられず、マリアナ・ラロケッテが個人技を生かして反転から右足を振るが、GK平尾がしっかりとキャッチする。
24分のなでしこは宮澤の斜めのパスから左ポケットを取った田中美南が強烈な一撃を放ち、GKが弾いたところへ長谷川が詰めるも、クロスバーを叩く。このチャンスは生かせなかったが、直後に得たCKの二次攻撃から再び加点。遠藤のクロスから高橋のダイビングヘッドが炸裂した。

猶本の直接FKが左ポストを叩くなど、好機を量産するなでしこは39分、くさびのパスを収めた田中美南がスルーパスを送り、抜けた長谷川がボックス左へ侵入
。相手2枚を手玉に取り、切れ込んでの右足でネットを揺らす。前半終了間際にも、再三裏を取っていた猶本のカットバックから宮澤の右足が、GKに触れられて左ポストに阻まれるなど、攻撃の手を緩めることなく前半を終えた。

なでしこはハーフタイムに2枚替え。田中美南に代えて今オフにウェストハムへと移籍した植木理子、猶本に代えて北九州出身の杉田妃和を送り出す。アルゼンチンも3人の選手交代を行った。

後半もなでしこのペースが続き、この日は中盤のつなぎ役を十全にこなした熊谷がCKから惜しいヘッドを放てば、杉田の鮮やかドリブル突破から遠藤の頭と、会場を沸かせる。

再びスコアを動かしたのは、60分の交代直後。長野と代わった林穂之香が細かいつなぎから中央を割り、宮澤に代わってピッチに立った清家貴子がこぼれ球に反応してネットを揺らした。

その5分後にはロングフィード1本で裏を取った杉田が、GKとの一対一を冷静に制して凱旋弾。80分にはボックス内の空中戦で植木がファウルをもらい、PKを獲得すると、植木自らGKの逆を突いて沈め、女子W杯でのリベンジを果たす。

85分にはなでしこジャパンに再招集された三浦成美がおよそ1年ぶりとなる代表戦出場を果たし、追加タイム2分には清家が技ありのループで仕上げのゴール。

相手が万全の状態ではないという背景はありながらも、ボール支配が予想されるパリ・オリンピックのアジア2次予選へ向けては、新たな可能性を示す快勝となった。

なでしこジャパン 8-0 アルゼンチン女子代表
【なでしこ】
田中美南(前2)
長谷川唯(前10[PK]、前39)
高橋はな(前25)
清家貴子(後16、後45+2)
杉田妃和(後21)
植木理子(後35[PK])
関連ニュース

なでしこジャパンvs北朝鮮女子代表は24日にサウジアラビアで22時4分キックオフ!現時点で放送は未定

日本サッカー協会(JFA)は22日、なでしこジャパンが臨むパリ・オリンピック アジア最終予選の情報を更新した。 アジアに与えられたパリ・オリンピック出場権は2つ。その1つを掴みたいなでしこジャパンは、北朝鮮女子代表との2試合で決着をつける。 24日にアウェイ・平壌での第1戦が予定されていた中、アジアサッカー連盟(AFC)が中立地開催を提案。試合日が近づく中で開催地が決まらなかった中、20日サウジアラビアでの開催が決定していた。 選手たちはすぐに移動し、現地入りを果たした中、試合会場とキックオフ時間も決定。場所はジッダのプリンス・アブドゥッラー・アル・ファイサル・スタジアム。サウジ・プロ・リーグのアル・アハリ、アル・イテハドが本拠地として使用しているスタジアムだ。 また、キックオフ時間は現地時間24日(土)の16時4分。日本時間は22時4分となり、現時点でテレビ放送は未定となっている。 2021年に行われた東京オリンピックは開催国として予選は免除されていたが、2016年のリオ・デ・ジャネイロ オリンピックは予選敗退の憂き目にあっており、2012年のロンドン・オリンピック以来の予選突破を目指して戦う。 2024.02.22 11:50 Thu

開催地未定だったなでしこジャパンのアウェイ・北朝鮮戦はサウジアラビアで開催!パリ五輪への切符を懸けた戦い

日本サッカー協会(JFA)は20日、パリ・オリンピック アジア最終予選を戦うなでしこジャパンに関して、試合開催地が決定したことを発表した。 北朝鮮女子代表との最終予選でオリンピック行きの切符を懸けて戦うなでしこジャパン。初戦はアウェイの平壌での開催が決定していた。 しかし、アジアサッカー連盟(AFC)が開催地の変更を提案。両国の関係も含めて、中立地の開催を提案していた。 24日に初戦を控える中、試合の4日前についに開催地が決定。サウジアラビアのジッダで開催されることが決定した。 これまでトレーニングキャンプを実施してコンディションを整え、海外組も合流していた中での開催地決定。中東での開催となることで、気候や環境へのアジャストが重要となる中、短い時間での調整が期待される。 2024.02.20 19:35 Tue

なでしこパリ五輪最終予選、国立での北朝鮮戦でドローンショーを実施!使用台数300機で見やすいエリアはホームゴール裏

日本サッカー協会(JFA)は19日、28日に国立競技場で開催される、パリ・オリンピックアジア最終予選の第2戦となる北朝鮮女子代表戦にて、ドローンショーを実施することを発表した。 2大会連続6度目のオリンピック出場を懸け、ホーム&アウェイでの最終予選に臨むなでしこジャパン。運命の国立決戦へ向けてチームを後押しすべく、両チーム選手入場前の選手入場前に、日本代表エンブレムをはじめとした様々なシルエットを国立上空に描く。 「ドローンショー」の開催は、JFA主催試合では初の試み。使用台数は300機を予定している。投影場所は、南サイドスタンド・バックスタンド間の上空とのことで、北サイドスタンド(ホームゴール裏)が一番見やすいエリアになるとのことだ。 そのほか、8歳以下の来場者には先着100名で「JFAスターターキット」がプレゼントされるほか、当日限定のマッチデーグッズや、日本代表の食を支えてきた西芳照シェフ監修の「日本代表カレー」も販売される。 なお、第1戦の会場はサウジアラビアのジッダが開催予定地となるようで、20日夜に移動を開始するようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】なでしこ国立北朝鮮戦、ドローンショーイメージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">なでしこジャパン<br><br>\\ドローンショー開催//<br>2.28(水)に国立競技場で行われる朝鮮民主主義人民共和国女子代表戦の試合前に、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー日本代表</a> の試合で史上初となる『ドローンショー』を開催予定です!… <a href="https://t.co/sm0F1Mckh0">pic.twitter.com/sm0F1Mckh0</a></p>&mdash; JFAなでしこサッカー (@jfa_nadeshiko) <a href="https://twitter.com/jfa_nadeshiko/status/1759506500945645846?ref_src=twsrc%5Etfw">February 19, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.20 16:50 Tue

熊谷紗希&南萌華のローマが女子セリエA連覇へ前進!レギュラーシーズンを2位と8pt差の首位で終える

なでしこジャパンのDF熊谷紗希とDF南萌華を擁するローマが、女子セリエAのレギュラーシーズンを首位で終えた。 10チームで争われる女子セリエAは、2回戦総当たりのレギュラーシーズン18試合を行い、その後プレーオフとして上位・下位それぞれ5チームに分かれ、再びの2回戦総当たりを行う。 勝ち点はレギュラーシーズンからプレーオフへそのまま持ち越され、26試合の結果で順位を決める。同勝ち点の場合は、直接対決の結果が優先される。 優勝チームのほか、3位までにUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)出場権が与えられ、最下位が女子セリエBに降格。9位チームは2部の2位とホーム&アウェイの入れ替え戦を行う。 17日から18日にかけては第1フェーズの最終節となる第18節が行われ、首位に立つローマはアウェイで3位フィオレンティーナと対戦した。 南はセンターバック、熊谷は中盤の底で先発フル出場。序盤から好機を作り続けるローマは43分、ノルウェー女子代表FWエミリエ・ハーヴィが左サイドを切り裂き、グラウンダーの折り返しをイタリア女子代表MFマヌエラ・ジュリアーノが蹴り込んで試合を動かすと、これが決勝点に。1-0で勝利を収めた。 また、DF小林海青が所属する昇格組の9位SSDナポリは、2位ユベントスとアウェイで対戦し、1-4で敗戦。PKを献上し、9分に先制を許すと、以降も失点が重なり、前半だけで3失点。後半アディショナルタイムにさらにリードを広げられ、その後PKで1点を返すも、力の差を見せ付けられた。 最終的なレギュラーシーズンの順位は以下の通り。ディフェンディングチャンピオンのローマはユベントスに8ポイント差を付けて、プレーオフへ臨むこととなった。 ◆女子セリエA レギュラーシーズン終了後順位(勝ち点/得失点差) 1.ローマ(51pt/+40) 2.ユベントス(43pt/+31) 3.フィオレンティーナ(39pt/+17) 4.サッスオーロ(26pt/0) 5.インテル(26pt/-1) ----------------------- 6.ミラン(21pt/0) 7.コモ(21pt/-13) 8.サンプドリア(18pt/-17) 9.ナポリ(6pt/-25) 10.ポミリアーノ(6pt/-32) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】熊谷紗希と南萌華はフル出場のローマがフィオレンティーナに勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DQTns7raevI";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 22:10 Mon

宝田沙織&籾木結花が躍動のレスターが5発逆転勝ち!長谷川唯のシティは首位チェルシーとの大一番制し、勝ち点差ゼロに肉薄【FAWSL】

FA女子スーパーリーグ第14節が16日から18日にかけて各地で行われた。 なでしこジャパンのMF長谷川唯が所属する2位マンチェスター・シティ(勝ち点31)は、アウェイで首位チェルシー(勝ち点34)と対戦し、1-0で勝利を収めた。 今季の優勝を占う大一番と目された一戦は、14分にシティのイングランド女子代表MFジェス・パークが、チェルシーのスコットランド女子代表エリン・カスバートから中盤でボールを奪ってショートカウンターへ転じると、得点ランキングトップを走るジャマイカ女子代表FWカディジャ・ショーが沈め、シティが試合を動かす。 2点差以上の勝利で首位奪還のシティはなおも畳みかけるが、チェルシーも23歳のイングランド女子代表GKハンナ・ハンプトンが好セーブを披露。すると、次第に流れは徐々にチェルシーへ傾くが、シティも若きイングランド女子代表の守護神、19歳GKキアラ・キーティングのショットストップなどでゴールを許さない。 シティリードのまま迎えた最終盤は、チェルシーのハイボール攻勢に対し、シティは全員が自陣に引いての[5-4-1]で対抗。後半アディショナルタイムのチェルシーはイェレナ・チャンコビッチ、シェーケ・ニュスケンと決定機を迎えるが、シティはGKキーティングが神懸ったセーブで立ちはだかり、虎の子の1点を死守。激闘を制し、首位と勝ち点で並んだ。 なお、シティの長谷川はフル出場。チェルシーの浜野まいかはメンバー外だった。 中盤で欠かせない存在となっている長野風花が先発出場した5位リバプール(勝ち点19)は、11位ブライトン&ホーヴ・アルビオン(勝ち点11)の敵地に乗り込み、セリ・ホーランドの決勝点で1-0と辛勝。ポストに助けられる運もあり、最終盤には数的不利に陥るも、逃げ切りに成功した。 宝田沙織と籾木結花が先発した7位レスター・シティ(勝ち点13)は、最下位ブリストル・シティ(勝ち点6)とホームで対戦し、5-2と逆転勝ち。レスターは20分に先制を許すも、籾木が加入後初得点となる鮮やかなループシュートを沈めて33分に同点とすると、前半終了間際には宝田がタップインで逆転ゴールを奪う。折り返しての49分には追い付かれたものの、その後3点を追加し、ブリストルを突き放した。 清水梨紗、林穂之香、植木理子の3選手が揃って先発した9位ウェストハム(勝ち点11)は、残留を争うライバル・10位エバートン(勝ち点11)相手に、0-2と痛恨の敗戦。宮澤ひなたがケガで欠場中の4位マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点24)は、リーグ記録更新となる6万160人の入場者を集めたエミレーツスタジアムでの敵地戦で、3位アーセナル(勝ち点28)に1-3と敗れている。 また、6位トッテナム(勝ち点19)vs8位アストン・ビラ(勝ち点13)は2-1でアストン・ビラが勝利し、中位は混戦模様となっている。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】長谷川唯フル出場のシティがチェルシーとの激闘を制す</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jiDC6MRsYUc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.19 20:20 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly