フォレスト、タヴァレスのレンタル移籍に向けアーセナルに再アタック… 他4選手の確保にも動く

2023.08.29 17:45 Tue
Getty Images
ノッティンガム・フォレストはアーセナルの元U-21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレス(23)を獲得するため、動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。
PR
2021年夏にアーセナルへと加わり、加入1年目からそれなりに出番を得たタヴァレス。しかし、昨シーズンはウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコの加入などもあり、マルセイユへレンタル移籍。左ウイングバックの主力として公式戦39試合に出場した。
レンタル期間が終了した今夏はアーセナルへと戻ったタヴァレスだが、今シーズンここまでのプレミアリーグ3試合でメンバー外。そんな23歳に目を向けていたのがフォレストで、アーセナルに正式なオファーを提示したと報じられていた。

その後は進展のなかったタヴァレスのフォレスト移籍だが、アストン・ビラも獲得に興味を示したことでフォレストの交渉は決裂していた模様。しかし、移籍市場閉幕が近づく今、フォレストは再びタヴァレスに目を向けているようで、買い取りオプション付きのレンタル移籍を目指し、再入札を行っているという。

なお、フォレストは他にも4人の選手を滑り込みで確保するために動いているとのこと。コリンチャンスのブラジル人DFムリージョは1375万ポンド(約25億4000万円)での移籍が完了間近であり、29日中にメディカルチェックが行われる予定。ギリシャ代表GKオディッセアス・ヴラホディモス(29)の獲得も目指し、ベンフィカに700万ポンド(約12億9000万円)のオファーを提示しているという。
ボローニャの元アルゼンチン代表MFニコラス・ドミンゲス(25)に関しては、スイス代表MFレモ・フロイラー(31)とのトレードを成立させるため交渉中。ナイジェリア代表MFウィルフレッド・エンディディ(26)にも関心があり、レスター・シティにオファーを送っているようだ。

PR
関連ニュース

「完全に流れ変えた」「プレス凄いわ」土壇場の決勝点を呼び込んだ遠藤航のプレスが話題、現地もまずまずの評価「素早いプレーで組み立てた」

リバプールの日本代表MF遠藤航が決勝ゴールに絡んだ。 2日、プレミアリーグ第27節でリバプールはノッティンガム・フォレストと対戦。遠藤はFAカップ決勝でのケガの影響もあり、ベンチスタートとなった。 タイトルホルダーとしての戦いとなった中、フォレスト相手に苦しむリバプール。ゴールレスで迎えた60分に遠藤はダルウィン・ヌニェスと共にピッチに立つ。 それでもフォレストの前になかなか崩せないリバプール。このままゴールレスドローかと思われた中、後半アディショナルタイムに決勝ゴールが生まれた。 ラストプレーともいえる99分、右CKからのクロスはクリアされると、こぼれ球をコンスタンティノス・ツィミカスがシュート。しかし、これはDFに当たりブロックされる。 ボックス内で相手ボールになったところを遠藤が猛然とプレス。するとこれがミスを誘い、こぼれ球をアレクシス・マク・アリスターへ繋ぐと、浮き球のパス。ヌニェスが頭で合わせて、劇的な決勝ゴールとなった。 遠藤も絡んだ決勝点。勝ち点2を拾ったリバプールだが、イギリス『リバプール・エコー』が6点(10点満点)の評価を遠藤につけた。 「フォレストの突破を止めようとした際、警告の可能性を免れていた」 また、リバプール専門メディアの『This is Anfield』は7点(10点満点)をつけている。 「ファイナルサードでは大きなプレーはなかったが、素早いプレーで組み立てていた」 イギリス『デイリー・メール』や『90min』も6点の評価。途中出場となったが、決勝点につながった目立たない大きな仕事はファンにも称賛されており、「ボールちゃんと触ってるな」、「出て勝利を呼び込むの凄いのよ」、「流れを完全に変えてた」、「遠藤神だな」、「アプローチがさすが」、「プレスが凄いわ」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航の素早いプレスが決勝ゴールを生み出すキッカケに</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Ci6IOPLTHtU";var video_start = 259;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.03 13:10 Sun

リバプールが劇的勝利! クロップ監督「最終的には本当にクールな午後に」

リバプールが今週末のプレミアリーグを劇的勝利で飾った。 首位を走るリバプールは2日の第27節でノッティンガム・フォレストのホームに乗り込み、1-0で勝利。0-0で後半アディショナルタイムに入ったが、途中から出て復帰のダルウィン・ヌニェスが値千金の決勝ゴールを決めた。 クラブ公式サイトによると、ヌニェスのゴールが持つ重要性を問われ、クロップ監督は「これからわかるだろう。勝ち点3をもたらす非常に重要なゴールだった。いつだって超決定的で、彼にとっては特に超がつくほど値する」と返した。 また、「11日での4試合はいつだって難しいもの。チームの状況的にも超困難だ。特にスタートが良くなかったのは明らかだが、リズムもなかった」と過密日程の影響も口にしつつ、この試合を振り返っている。 「ディフェンスのブロックに対して、素早くプレーしないといけないし、適切なスペースを突いていかないといけないのに、ボールの後ろに選手が多すぎた。だが、いくつかのチャンスでは自分たちに何かやれるかを示してくれたよ」 「後半に入ってからますます難しくなり、相手も結果を求めて戦い始めた。我々は終盤、4バックとクィービーン(・ケレハー)とワタル(遠藤航)を使って、特別な守備をした。試合がオープンな展開になるなか、マッカ(アレクシス・マク・アリスター)が98分にアイデアを思いついたんだ」 「素晴らしいボールだったし、本当に素晴らしいフットボールで、そこにいたダルウィンがゴールを決めた。我々にとって、最終的には本当にクールな午後だったよ」 リバプールはこれでプレミアリーグ4連勝。次節はミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)の戦いを挟むが、マンチェスター・シティとの大一番となる。 2024.03.03 12:45 Sun

ヌニェスの後半ラストプレー弾で劇的勝利リバプールが首位で次節シティとの大一番へ! 遠藤航は途中出場で復帰【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第27節、ノッティンガム・フォレストvsリバプールが2日にシティ・グラウンド・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが0-1で勝利した。なお、リバプールのMF遠藤航は60分から途中出場した。 次節にマンチェスター・シティとのビッグマッチを控える首位のリバプールは、17位のフォレストとのアウェイゲームでリーグ4連勝を狙った。前節、ルートン・タウンを4-1で一蹴したクロップのチームは、先週末のEFLカップ決勝でチェルシーを撃破し、今季初タイトルを獲得。さらに、過密日程が続くなかで直近のFAカップではクーマス、ダンズの18歳FWの初ゴールによってチャンピオンシップ(2部)で上位に位置するサウサンプトンに3-0の完勝。多くの離脱者をものともしない総合力を示し、好調を継続している。 週明けにヨーロッパリーグ(EL)のスパルタ・プラハ戦を控えるなか、この一戦ではセインツ戦から先発4人を変更。ツィミカスとクアンサー、マコーネル、クーマスに代えてコナテ、ロバートソン、マク・アリスター、ルイス・ディアスの主力が復帰。また、遠藤、ソボスライ、ヌニェスの3人がベンチに戻ってきた。 エランガを最前線に配し、後ろ重心で自陣に堅固なブロックを構えるフォレストに対して、マク・アリスターを起点にボールを動かしながらサイドを起点にチャンスを窺うリバプール。 序盤から睨み合いの展開が続くなか、15分には古巣対戦のオリジが挨拶代わりの強烈なミドルシュートを放つと、23分にはエランガのスピードを活かしたカウンターでGKとの一対一を作るが、ここはケレハーの好守に阻まれる。 一方、ボールは握っているものの、相手を崩し切れないリバプールは、ディアスとマク・アリスターの即興的なコンビプレー、ミドルレンジからのシュートでチャンスを窺う。27分にはクラークのミドルシュートのこぼれにゴール前で反応したディアスに決定機も、ここは相手DFとGKの決死の寄せに阻まれる。 以降はピンチこそなかったものの、枠内シュート0本という攻撃の停滞を払拭できず。フラストレーションを溜める形で前半45分を終えた。 後半も同じメンバーで臨んだリバプールだったが、立ち上がりに続けて決定機を創出。まずは49分、ボックス右に抜け出したブラッドリーのマイナスの折り返しがDFに当たってファーでフリーのロバートソンの足元に流れるが、左足のダイレクトシュートは枠の右に外れる。さらに、直後の51分にはボックス右のマク・アリスターが強烈な右足のシュートを枠に飛ばすが、これは相手DFのブロックに阻まれた。 後半は良いリズムでの攻撃が続くなか、60分にはロバートソンとクラークを下げて遠藤とヌニェスを同時投入。これでアンカーに入っていたジョー・ゴメスと前線に入っていたエリオットがポジションを一列下げた。 ヌニェスの推進力という新たなオプションを手にしたリバプールは、より攻撃に迫力が出てきた一方、リスクを冒して前に出ることでエランガ、途中投入のアウォニイに際どいシーンを作られる。 ゴールレスの状況のまま後半も半ばを過ぎると、クロップ監督は76分にエリオットを下げてソボスライを投入。だが、粘るフォレストの守備を前に最後のところでうまくいかない。さらに、試合終盤にはガクポ、ブラッドリーを下げてダンズ、ツィミカスの投入で攻撃に変化を加える。 8分が加えられた後半アディショナルタイムには互いに勝ち点3を奪うチャンスが訪れたものの、集中した相手の守備を崩し切れず。そして、このままゴールレスで試合終了かに思われたが、首位チームが土壇場で底力を発揮する。 後半ラストプレーとなった99分、右CKの二次攻撃から遠藤が身体を張って相手のクリアを阻むと、ボックス手前右でこぼれを回収したマク・アリスターが浮き球でゴール前に入れたボールをヌニェスが頭で左隅へ流し込んだ。 そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、復帰のヌニェスによる値千金のラストプレー弾で競り勝ったリバプールがリーグ4連勝で首位をキープし、次節マンチェスター・シティとの大一番に臨むことになった。 2024.03.03 02:12 Sun

FAカップ欠場の遠藤航、今週末出場は…? クロップ監督が負傷者情報を共有

リバプールのユルゲン・クロップ監督が日本代表MF遠藤航の現状に言及した。 先のカラバオカップ決勝では120分の奮闘で今季1つ目のタイトルを呼び込み、評価が高まるばかりの遠藤。だが、試合後に松葉杖姿が目撃され、その3日後に行われたサウサンプトン戦とのFAカップ5回戦ではメンバーから外れた。 評価高まるばかりの遠藤が欠場したのはアジアカップ参戦による一時離脱の期間を除くと、公式戦で13試合ぶりのことに。2日に行われるプレミアリーグ第27節のノッティンガム・フォレスト戦では出場となるのだろうか。 イギリスの地元メディア『Liverpool Echo』によれば、ドイツ人指揮官は今週末の試合に先立った会見で、負傷者情報を共有。まずはダルウィン・ヌニェス、ドミニク・ソボスライ、モハメド・サラーについて触れた。 「ダルウィンとドム(ソボスライ)は昨日、ともにトレーニングをした。彼らはいい表情だったし、どんな反応があるかを見極める必要がある」 「モーはそんなに遠くないと思うが、明日は出られない。残念だが、モーに関してはこの状況がもう少し続く。来週のどこかで戻ってくると思うがね」 また、遠藤とアンドリュー・ロバートソンについては1日のトレーニングから復帰予定ではあるものの、状態を確認してみる必要があるという。 「ワタルとロボ(ロバートソン)は(昨日の)トレーニングをしなかったが、今日から参加する予定だ。そういう感じだが、本当にそうなるかを確認しないといけない」 2024.03.02 12:55 Sat

「情けないこと」テン・ハグ監督がB・フェルナンデスへのSNS批判をバッサリ、相手の狙いにも言及「フォレストが狙っていた」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が、SNS上の批判に言及した。イギリス『BBC』が伝えた。 28日、FAカップ5回戦でユナイテッドはフォレストとアウェイで対戦した。 試合はフォレストの圧力の前になかなか良い形を作れず、ゴールを奪えないユナイテッドだったが、終了間際の89分にカゼミロが値千金のゴール。0-1で勝利を収め、準々決勝に駒を進めた。 試合後、テン・ハグ監督は1つの問題について言及。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが狙い撃ちされていたと言及した。 「フォレストが彼を狙っているのが見えた。彼には多くのファウルがあり、彼がボールを持った瞬間、ファウルは彼にとても厳しく迫っていた」 B・フェルナンデスは、24日に行われたプレミアリーグ第26節のフルアム戦で負傷。しかし、ユナイテッド加入後にケガで欠場したことはなく、タフガイぶりを発揮。この試合も先発フル出場を果たした。 しかし、フォレスト戦では厳しいマークに遭い、ピッチを去る時には足を引きずる姿も。ただ、それでもカゼミロの劇的ゴールをアシストし勝利に貢献していた。 一方で、SNSでは演技をすると批判の対象に。テン・ハグ監督は、投稿を批判するとともに、B・フェルナンデスは我慢強い選手であると語った。 「ソーシャルメディアでは、彼を批判しているのを目にする。情けないことだ。彼は重傷を負ったが、土曜日もプレーを続け、この試合に出場するために戦った」 「彼は痛みのいき値が非常に高く、昨年のスパーズ戦でも準決勝(ブライトン&ホーヴ・アルビオン戦)でも同様のことをしていた。それは、彼のリーダーシップを示している」 <span class="paragraph-title">【動画】あえてバウンドさせるトリッッククロス!カゼミロが技ありのヘッドで劇的決勝ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ukFhTfJIKdg";var video_start = 131;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.29 11:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly