U-19日本女子が攻守に圧倒!4発快勝の2連勝で開催国フランスとの最終節へ《SLC》

2023.05.20 21:45 Sat
Getty Images
フランス遠征中のU-19日本女子代表は19日、SUD Ladies Cup 2023第2節でU-20パナマ女子代表と対戦し、4-0で勝利を収めた。チームの初陣となった初戦のU-20カメルーン女子代表戦を3-0で勝利した日本は、中2日でのパナマ戦でスタメンを8人入れ替えた。左サイドバックを猪瀨結子(マイナビ仙台レディース)が入ったほか、最前線はウイングタイプの笹井一愛(ノジマステラ神奈川相模原)が務めた。
この日は初戦のような強風はなく、穏やかな天候の下でスタート。[5-3-2]でセットアップするパナマに対し、序盤からボールも主導権も握った日本は20分、柏村菜那(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)の丁寧なクロスに笹井が頭で合わせて先制点を挙げる。

4分後には再びのサイド攻撃から追加点を奪取。猪瀬が左サイド深くで粘って戻し、榊原琴乃(AC長野パルセイロ・レディース)がボックス左角付近からクロスを送ると、飛び込んだ大島暖菜(大宮アルディージャVENTUS)は触れられなかったが、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

リードを広げた直後にはシステムを変更し、猪瀬をインサイドハーフに置いた3バックにもトライ。37分にはバイタルエリアから笹井が放ったシュートをGKがはじき、こぼれ球に氏原里穂菜(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が蹴り込んで3点差に。同時に大島も詰めており、チームとしてゴールに向かう姿勢や約束事が垣間見えた。
ハーフタイム明けの3枚替えとともに再び4バックに戻した日本は、各自が積極的な仕掛けやシュートを見せる。内容や点差で圧倒していることもあり、ややアバウトになりかけはしたが、試合終了間際には途中出場・谷川萌々子(JFAアカデミー福島)の縦パスから同じく途中出場の根府桃子(大和シルフィード)がダメ押し弾を決めて試合終了。終始危なげのない戦いを見せた日本が4-0で勝利し、2連勝を飾っている。

U-19日本女子代表 4-0 U-20パナマ女子代表
【日本女子】
笹井一愛(前20)
榊原琴乃(前24)
氏原里穂菜(前37)
根府桃子(後45)

◆U-19日本女子代表
GK
岩崎有波(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)
DF
柏村菜那(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
中谷莉奈(セレッソ大阪ヤンマーレディース)
白沢百合恵(アルビレックス新潟レディース)
林愛花(MVLA Soccer Club)
古賀塔子(JFAアカデミー福島)
猪瀨結子(マイナビ仙台レディース)
MF
氏原里穂菜(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
角田楓佳(三菱重工浦和レッズレディース)
栗本悠加(セレッソ大阪ヤンマーガールズU-18)
谷川萌々子(JFAアカデミー福島)
小川由姫(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
FW
大島暖菜(大宮アルディージャVENTUS)
笹井一愛(ノジマステラ神奈川相模原)
根府桃子(大和シルフィード)
榊原琴乃(AC長野パルセイロ・レディース)

1 2

関連ニュース

なでしこ7選手がプレーするイングランド女子1部のFAWSLが「DAZN」でライブ配信! 熊谷&南がプレーするセリエA女子もライブ配信

「DAZN(ダゾーン)」は29日、2023-24シーズンのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)、セリエA女子のライブ配信を発表した。 FAWSLはイングランドの女子最高位リーグ。現在はチェルシーが4連覇中のリーグで、10月1日に開幕を迎える。 オーストラリア&ニュージーランド女子ワールドカップ(W杯)で準優勝の成績を残したイングランド女子代表選手を始め、多くの国の女子選手も集まるリーグだ。 なでしこジャパンのMF長谷川唯(マンチェスター・シティ)、MF長野風花(リバプール)、MF林穂之香、DF清水梨紗(共にウェストハム)がプレーしているほか、今シーズンからFW宮澤ひなたがマンチェスター・ユナイテッド、FW植木理子がウェストハムに加入し参戦。また、FW浜野まいかもレンタル元のチェルシーに復帰し、多くの選手がプレーすることとなる。 セリエA女子では、なでしこジャパンの主将であるDF熊谷紗希がバイエルンからローマに移籍して今季からプレー。ディフェンスラインを支えるDF南萌華とチームメイトとなり、どんなプレーを見せるのか注目だ。 「DAZN」では、ドイツのフラウエン・ブンデスリーガ、スペインのリーガF、ポルトガルのリーガ BPIも配信中。和田奈央子(ランクFCヴィラヴェルデンセ)がプレー。リーガFにはW杯女王のスペイン女子代表選手が多数プレーするほか、日本人でも小嶋美玖(レクレアティボ・ウエルバ)、米井朋香(エイバル)がプレーする。 その他にも、日本のWEリーグやアメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)も配信。活躍するなでしこジャパンの選手をはじめとした、女子選手をチェックしてみてはいかがだろうか。 2023.09.29 16:55 Fri

決勝MVPにNWSL初ゴール、松窪真心の評価は上昇中「この若い天才が重要なのは明らか」

ノースカロライナ・カレッジに所属するU-19日本女子代表FW松窪真心に対する期待値が上昇している。 松窪は2022年のU-20女子ワールドカップ(W杯)準優勝メンバーで、オーストラリア&ニュージーランド女子W杯に臨むなでしこジャパンのトレーニングパートナーも務めた。 7月にマイナビ仙台レディースからアメリカのナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のノースカロライナへ期限付き移籍。[4-3-3]の中盤の一角として早々に出場機会を掴み、9日に行われたNWSLチャレンジカップ決勝ではチームの2連覇に貢献。アイデア溢れる加入後初ゴールが勝利を手繰り寄せる追加点となり、MVPにも選出された。 17日にはリーグ戦でも初得点を記録。地元紙『ニュース&オブザーバー』は「動き出しやパス能力に非凡な才能を示す天井知らず」と述べ、「新天地へ溶け込む能力にも感銘を受けた」との、GKケイシー・マーフィーの言葉も伝えている。 一方で、加入後まだ2カ月余り。ショーン・ナハス監督は「まだ慣れていない部分もある」と、さらなる要求も忘れない。ボゼッションを意識するチームにおいては、裏へ抜け過ぎても悩ましいのだと、決勝戦後に語った。 「彼女をここに連れてきたのは、ポケットを取ったうえで、(相手の)バックライン沿いに走ることができるからだ」 「ただ、気が付けば、走り越えてしまってウイークサイドのハーフスペースが空くことが非常に多くなっている。すると、彼女にボールを届けられない。これが彼女とラインとの距離間の現状だ」 「だからもう少し我慢してもらって、走り過ぎる代わりにボールホルダーが彼女を見つけられるようにいてほしい。まぁ、それは単に時間が解決してくれる成熟度の問題だが」 NWSLのレギュラーシーズンは残り3試合。松窪以外にも三浦成美、小林里歌子と日本人3選手が在籍するノースカロライナ(勝ち点28)は、首位のポートランド・ソーンズFC(勝ち点32)と4ポイント差の4位に付ける。 同時に、上位6チームに与えられるプレーオフ出場権だが、9位のレーシング・ルイビル(勝ち点24)とも4ポイント差と、大混戦模様。気が抜けない戦いが続く。 同紙は、指揮官の松窪へのさらなる期待を伝えた上で「この若い天才はチャレンジカップ以来成功を続けており、改善の余地がいくつかあるものの、カレッジのNWSLシールド(レギュラーシーズン優勝)獲得へ向けて、重要な役割を果たすことは明らか」と結んだ。評価を高める19歳からは目が離せない。 2023.09.28 21:35 Thu

日本女子代表が7発快勝の首位通過で連覇へ前進!塩越柚歩3戦連発弾などでベトナムを圧倒【第19回アジア競技大会】

28日、第19回アジア競技大会(The 19th Asian Games)サッカー女子グループDのグループステージ第3節、日本女子代表vsベトナム女子代表が行われ、日本が7-0の圧勝で首位通過を決めた。 なでしこジャパンとは別編成で大会連覇を目指す日本は、初戦のバングラデシュ女子代表戦、第2節のネパール女子代表戦をいずれも8-0と快勝。同じく2連勝のベトナムと首位通過を懸けた一戦へ向け、狩野倫久監督は第2戦と同様[3-5-2]を採用した。 GKには3戦連続出場となる浅野菜摘、最終ラインは右から後藤若葉、古賀塔子、佐々木里緒と並び、右ワイドには千葉玲海菜、左ワイドに中嶋淑乃が入る。中盤底の脇阪麗奈と谷川萌々子、小山史乃観がトライアングルを形成し、島田芽依と2トップを組んだ塩越柚歩は比較的自由なポジションを取った。 開始早々の3分に谷川の直接FKで相手GKを脅かした日本は、8分にも千葉の折り返しから中嶋と決定機を作る。これまでの2戦とは異なり、シンプルに蹴り込まれて速攻を受ける場面も散見されたが、難なく対応。16分にクイックリスタートから浴びたタイ・ティ・タオの強烈ミドルはGK浅野がはじき出した。 試合を動かしたのは19分。中盤が流動的な日本は脇阪、小山と縦パスがつながり、ボックス内へ抜け出した塩越が3戦連発となるゴールを決めて先制に成功する。5分後にはまたも小山を経由して左へ展開すると、中嶋のクロスは相手に当たってディフレクションしたが、塩越がきっちりと押し込んでリードを広げる。 優位性を保つ日本はハーフタイムに3枚替えを行い、塩越、島田、佐々木を下げて上野真実、大澤春花、田畑晴菜を投入。第2戦同様、4バックへ移行し、右サイドバックを田畑、左サイドバックを小山が務めた。 50分に大澤から千葉という"千葉Lライン"で決定機を迎えた日本は、これで得たCKから再び加点。谷川のキックからニアへ走り込んだ千葉が強烈なヘディングを叩き込んで追加点を奪うと、54分には上野のシュートがハンドを誘発し、PKを獲得。これを脇阪がGKの逆へ力強く蹴り込み、4点差とする。 69分には見事な連係からゴール奪取。バイタルエリア左の中嶋が落ちて空けたスペースへ、古賀が足の長いスルーパスを送ると、中嶋と入れ替わるようにして大澤が抜け出し、飛び出したGKを越す浮かせたシュートでネットを揺らした。ゆとりのある展開となった日本は、急遽追加招集されたGK松本真未子にも出場機会を与える采配を見せる。 日本は以降も攻撃の手を緩めず、77分に小山のクロスに千葉が合わせると、一度はGKに阻まれたものの、こぼれ球を自ら左足でプッシュ。追加タイム3分にはこぼれ球を拾った天野の落としから大澤が鮮やかな反転シュートを決め、大量7得点を挙げる。 守ってもクリーンシートでゲームを締めくくり、3試合で23得点無失点と、文句なしのグループ首位通過を決めた。 30日に行われる準々決勝には、グループAからEの各組1位と、グループCを除いた4組の2位のうち上位3チームが駒を進める(グループCはカンボジア女子代表の辞退により、2チームで争われた)。 日本の相手はグループCの首位か、グループE2位チームのいずれか。グループCは北朝鮮女子代表の首位が確定、グループEは韓国女子代表の首位通過が濃厚で、ミャンマー女子代表および、フィリピン女子代表が2位に入ると目されている。 日本女子代表 7-0 ベトナム女子代表 【日本女子】 塩越柚歩(前19、前24) 千葉玲海菜(後6、後32) 脇阪麗奈(後10[PK]) 大澤春花(後24、後45+3) ◆日本女子代表メンバー GK:浅野菜摘(EL埼玉)[→69分 松本真未子(マイ仙台)] DF:後藤若葉(早稲田大)、古賀塔子(ac福島)、佐々木里緒(マイ仙台)[→HT 田畑晴菜(マイ仙台)] MF:千葉玲海菜(千葉L)、谷川萌々子(ac福島)、脇阪麗奈(C大阪)[→56分 天野紗(I神戸)]、小山史乃観(C大阪)、中嶋淑乃(S広島R) FW:島田芽依(浦和)[→HT 大澤春花(千葉L)]、塩越柚歩(浦和)[→HT 上野真実(S広島R)] 2023.09.28 19:15 Thu

なでしこ三浦成美、米でのタイトル引っ提げ約1年ぶりの出場「よりゴールに絡んでいけるように」

なでしこジャパンのMF三浦成美(ノースカロライナ・カレッジ/アメリカ)が、スケールアップして帰ってきた。 23日、なでしこジャパンは国際親善試合でアルゼンチン女子代表と北九州スタジアムで対戦。これまでの[3-4-2-1]とは異なる新たな布陣、[4-3-3]を採用し、8-0と大勝を収めた。 開始2分に田中美南(INAC神戸レオネッサ)が口火を切ると、10分には長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド)がPKを沈めてリードを広げる。25分にはCKの二次攻撃から高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)、39分には再び長谷川がネットを揺らし、前半だけで4ゴールを奪取。後半には清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)、杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC/アメリカ)、植木理子(ウェストハム/イングランド)と得点を重ねると、終了間際に清家が芸術的なループを沈め、ゲームを締めくくった。 三浦は熊谷紗希(ローマ/イタリア)に代わって85分から途中出場。昨年7月に行われたE-1サッカー選手権2022以来、およそ1年ぶりの代表戦出場となった。 久しぶりに合流かつ、なでしこジャパンは新システムを採用したが、「ベレーザの時からやっていた形ですし、一緒にやってきたメンバーも多いので、プレーしやすい部分はある」と、慣れたもの。 今年2月に海を渡ると、瞬く間にノースカロライナの中心に。9日にはNWSLチャレンジカップでチームを優勝に導き、自身初の海外タイトルを手にしたばかりだ。 海外経験を経て「自分の幅は広がってきている」との良い感覚を得ている様子。所属クラブでは主にインサイドハーフを任され、アルゼンチン戦でも同ポジションに。中盤は激戦区だが、再定着へ向けて意欲を高めた。 「アメリカに行ってから1個前でプレーすることも増えていて、アンカーだけじゃなくてインサイドハーフ(として)も幅が広がっていると思うので、自分の中でも2個(の武器を)持てたらいいなと思います」 「(日本は)中盤にそれぞれすごい良さのある選手が多いんですけれど、自分もしっかりクラブチームで力を付けている自信があるので、良さを出しながら、結果も出していかなければと思いますし、よりゴールに絡んでいけるように意識高くやっていきたいです」 2023.09.24 17:50 Sun

3トップの一角で存在感発揮のなでしこ猶本光、ポスト直撃のFKは「入るかなという感じだったんですけど…」

なでしこジャパンのMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)も思わず苦笑いだ。 23日、なでしこジャパンは国際親善試合でアルゼンチン女子代表と北九州スタジアムで対戦。これまでの[3-4-2-1]とは異なる新たな布陣、[4-3-3]を採用し、8-0と大勝を収めた。 開始2分に田中美南(INAC神戸レオネッサ)が口火を切ると、10分には長谷川唯(マンチェスター・シティ/イングランド)がPKを沈めてリードを広げる。25分にはCKの二次攻撃から高橋はな(三菱重工浦和レッズレディース)、39分には再び長谷川がネットを揺らし、前半だけで4ゴールを奪取。後半には清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース)、杉田妃和(ポートランド・ソーンズFC/アメリカ)、植木理子(ウェストハム/イングランド)と得点を重ねると、終了間際に清家が芸術的なループを沈め、ゲームを締めくくった。 猶本はこれまでのような中盤ではなく、3トップの右で先発。果敢にポケットを陥れるなど幾度も危険なエリアに顔をだし、ポスト直撃のFKを含めたチーム最多タイとなる4本のシュートを放つなど、前半のみのプレーながらも存在感を示した。 「新しいことにチャレンジしつつ、結果もしっかり出せたのは、チームとして良かった」と、手応えを口にした猶本。28分には前日に「取りにいくのも大事」と話していた、ゴール前でのFKを迎えるも、狙いすました右足のキックは惜しくもポストに嫌われることに。「説明しにくいですけど…ポストに当たってキーパーの背中に当たって入るかなという感じだったんですけど…」と、苦笑するしかなかった。 2023.09.24 17:47 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly