CL機関紙で特集された古橋亨梧、日本国旗を背負う姿に「W杯に出るべきだった」「4年後こそは」などの声

2022.12.01 20:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックのFW古橋亨梧のさらなる活躍を願う声が多数上がっている。昨夏にセルティックへ加入して以降、結果を残して続けている古橋。今季もすでに二桁ゴールを記録しており、日本のファンのみならず、現地ファンからも絶大な支持を集めている。

チャンピオンズリーグ(CL)にも初出場を果たしたアタッカーは、カタール・ワールドカップ(W杯)の日本代表メンバーからは漏れたが、選外を惜しむ声はいまだに少なくない。
残念ながらセルティックはすでにCL敗退となっているが、古橋は1日に自身のインスタグラムを更新。先月発売されたCLの機関紙『Champions Journal』13号で特集された旨を報告した。

「Champions Journal用の写真。リンクはストーリーに!」

セルティックのユニフォームに日本国旗を携えた姿を披露した古橋。国内から「きょーごが恋しい」、「買ったよー飾ってるよーーー」、「ますます男らしくなって来たね」などのコメントが届いたほか、海外のサポーターからも「キョウゴとハタテはW杯に出るべきだった」、「カタールにいるべきだ」との声が寄せられている。

13号ではほかに、イングランド代表MFジュード・ベリンガム(ドルトムント)、セネガル代表FWサディオ・マネ(バイエルン)、ブラジル代表FWリシャルリソン(トッテナム)、イタリア代表MFジョルジーニョ(チェルシー)、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(チェルシー)らのインタビューやグラビアを掲載している。

「4年後こそは」との声にもあるように、上記の名だたる選手たちと次回大会では顔を合わせることを願うばかりだ。

1 2

関連ニュース
thumb

ギアクマキス獲得失敗の浦和、強奪したアトランタに獲得発表で煽られファンは怒り「初めて嫌いな海外クラブできた」「あからさまな挑発」

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドの公式SNSの動画が物議を醸している。 8日、アトランタ・ユナイテッドはセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)を完全移籍で獲得したことを発表。セルティックでは日本代表FW古橋亨梧の控えという立場だったものの、2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録。今シーズンは公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録しているパワフルなストライカーだ。 そのギアクマキスに対しては、今冬の移籍市場で浦和レッズがオファー。浦和のメディカルチェックをオランダで受け合格するなど獲得に近づいていた。 しかし、ギアクマキスは家族の理由で日本行きよりもアメリカ行きを選択。当初はレンタル移籍のオファーだったアトランタ・ユナイテッドが完全移籍のオファーを提示したことで交渉がまとまった。 ギアクマキスの加入を発表したアトランタ・ユナイテッドだったが、クラブの公式SNSに1本の動画を投稿。飛行機が映された動画で、機長が「日本の埼玉からジョージア州のアトランタに行き先を変更する」とアナウンスする内容だった。 明らかに浦和を意識した動画にはファンも注目。「ふざけんな」、「面白い」、「嫌いな海外クラブ初めて出来たわぁ」、「なめやがって」、「海外らしい煽り方で嫌いじゃない」、「あからさまな挑発」と怒りや呆れ、さらには笑いの反応が入り混じっている。 ギアクマキスとの交渉が難航する中、別のターゲットにもオファーを提示していた浦和。開幕は目前だが、新たなストライカーを獲得することは叶うだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】明らかに浦和を意識したアトランタの獲得発表動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Buckle up, Atlanta <a href="https://twitter.com/hashtag/5StripesDontStop?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#5StripesDontStop</a> <a href="https://t.co/sY9m13HvLW">pic.twitter.com/sY9m13HvLW</a></p>&mdash; Atlanta United FC (@ATLUTD) <a href="https://twitter.com/ATLUTD/status/1623392543265157121?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.09 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アトランタ・ユナイテッド、浦和行きも報じられたギアクマキスの獲得を正式発表!

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは8日、セルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年シーズン終了までとのことだ。 ギリシャ代表で通算11キャップを誇るギアクマキスは、VVVフェンロ時代の2020-21シーズンのエールディビジで得点王に輝き、2021年夏にセルティックに完全移籍。 セルティックでの2021-22シーズンは公式戦29試合で17ゴールを記録し、FW古橋亨梧と共にチームを牽引。しかし、今シーズンは公式戦28試合で9ゴール1アシストを記録しているが、途中出場でのプレーが主となっていた。 ギアクマキスを獲得したアトランタ・ユナイテッドのカルロス・ボカネグラTD(テクニカル・ディレクター)は、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ギオルゴスは以前からクラブが注目していた選手であり、アトランタに彼を連れてこられ嬉しいよ。彼はパワフルなストライカーで、ゴール前に入ってゴールを決めるのが好きだ。高いインテンシティでプレーし、ハードワークするので、攻撃面でも守備面でもチームを助になってくれるだろう」 2023.02.09 05:20 Thu
twitterfacebook
thumb

躍動ぶりに世界も驚愕! カタールW杯後2カ月、高パフォーマンスの欧州組10選

カタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表の敗退が決定してから2カ月が経過した。 “新しい景色”としてベスト8以上の結果を残すことを目標に挑んだ日本代表。結果はベスト16と、またしても壁を越えることができずに終わったが、日本での熱狂ぶり、そして世界からの注目度の上がり方は、過去最高だったと言っても良いものだった。 グループステージで同居した、ドイツ代表、スペイン代表の両W杯王者には勝てないという見方が強かったが、いずれも逆転勝利という結果に。このパフォーマンスは世界中を驚かせ、日本中を熱狂の渦に巻き込んでいった。 その戦いからおよそ2カ月。中断していたヨーロッパのリーグ戦も再開しているが、W杯に出場した選手たちはクラブに戻ってからも輝き放っている。 そこで、W杯終了後からの各選手の活躍ぶりをピックアップ。特に突出した選手たちを紹介する。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_mitoma.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プレミアリーグ:6試合4ゴール FAカップ:2試合1ゴール1アシスト EFLカップ:1試合出場 W杯後に最もインパクトを残しているのは、紛れもなく三笘だろう。ブライトンのレギュラーとして定着した三笘は、W杯後に公式戦9試合でプレー。5ゴール1アシストを記録している。 数字を残していることはもちろんだが、それだけではない。1月29日に行われたFAカップ4回戦のリバプール戦では、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにボックス内でボールを浮かせ、シュートを打たずにもう一度浮かせて蹴り込んだ。テクニック溢れるプレー、そしてリバプール相手の決勝ゴールには世界中から称賛の言葉が送られ、カタールW杯で話題となった“三笘の1ミリ”から継続して世界からも注目を集め続けている。 第2次森保ジャパンでも中心となることは間違いなく、三笘のさらなる輝きは日本の希望とも言える。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF堂安律(フライブルク)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_doan.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト カタールW杯でドイツ、そしてスペインを相手に2ゴールを記録した堂安もクラブで結果を残している。 ウィンターブレイクをはさみ、W杯後は4試合しか行っていないフライブルク。堂安は攻撃を牽引すると、1アシストを記録している。 残している数字こそ少ないが、チームにとっては非常に大きな役割を担っており、上位を争うチームを支えている。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF鎌田大地(フランクフルト)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_kamada.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト DFBポカール:1試合1ゴール カタールW杯では期待されていながらも結果を残せなかった鎌田だが、再開後のブンデスリーガでは再びチームを牽引するプレーを見せている。 チームは4戦無敗。ボランチとして出場を続ける鎌田は、バイエルンとの上位対決で貴重なアシストを記録した。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う中で、今シーズンのCLももうすぐ再開するだけに、注目が集まる。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_2.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> <span class="paragraph-subtitle">◆MF遠藤航(シュツットガルト)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_endo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1ゴール1アシスト 中盤の守備の要として日本代表を支えた遠藤。所属のシュツットガルトではキャプテンとしてプレー。デュエルキングとして活躍する中、今季は4位に甘んじている状況だ。 ただ、再開後のブンデスリーガでは攻撃面で結果を残すことに。再開初戦のマインツ戦ではアシストを、続くホッフェンハイム戦ではゴールを記録した。 ただ、チームは4試合未勝利。降格をしないためにもさらなる活躍が期待される。 <span class="paragraph-subtitle">◆DF冨安健洋(アーセナル)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プレミアリーグ:5試合1アシスト FAカップ:2試合出場 W杯前のケガの影響もあった冨安。シーズン再開後初戦を欠場したが、残りの試合は全て出場している。 プレミアリーグでは首位を走り、19年ぶりの優勝を目指すチームにおいて、途中出場がメインに。ただ、ミケル・アルテタ監督からはクローザーとして、チームの勝利の方程式の1つと計算されている。 元々は守備面が評価され、安定感をもたらすプレーが重視されていたが、このところは攻撃面でも積極性を見せるシーンも。今季初アシストもラッキーな形ではあるが記録しており、優勝チームの一員になれるのか、シーズン後半戦では重要度が増す存在となるだろう。 <span class="paragraph-title">◆MF伊東純也(スタッド・ランス)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) リーグ・アン:7試合出場 “イナズマ純也”というニックネームもつけられ、右サイドをスピード溢れるドリブルで突破する姿が魅力の伊東。クラブに戻ってからも全ての試合で先発出場。終盤までプレーしている状況だ。 チーム内での信頼は完全に勝ち取っているが、今季はまだ1アシスト。再開後もアシストになりかけるシーンは何度も作っており、数字には残っていないがゴールに繋がるチャンスメイクは再三している。 リーグ・アンでも通用している伊東の高いパフォーマンス。チームはリーグ戦14戦無敗。中位に甘んじているが、上位に向かうためには伊東の数字にも期待したいところだ。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF久保建英(レアル・ソシエダ)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_kubo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ラ・リーガ:5試合1ゴール1アシスト コパ・デル・レイ:2試合出場 初のW杯では満足いくほどのパフォーマンスを発揮できなかった久保。悔しさが残った中で、再開したシーズンでは高いパフォーマンスを維持し続けている。 数字を残したのはアスレティック・ビルバオ戦のみだが、1ゴール1アシストで勝利に貢献。ただ、コパ・デル・レイのバルセロナ戦、ラ・リーガのレアル・マドリー戦と古巣であり格上のチーム相手にも高いパフォーマンスを披露し、高い評価を得ている。 ダビド・シルバが不在となった中で、チームでは新たな役割を任されることも増えており、ケガが不安視されるところもある中で、チームの攻撃の軸となりつつある。 <span class="paragraph-subtitle">◆FW前田大然(セルティック)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_maeda.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) スコティッシュ・プレミアシップ:9試合3ゴール1アシスト スコティッシュ・FAカップ:1試合出場 スコティッシュ・リーグカップ:1試合1ゴール W杯では1ゴールを記録した前田。ゴール以上に注目されたのはスピードとスプリント能力を活かした最前線でのハードワークだった。 相手GKへ迫るほどのプレスから、スペイン代表戦の同点ゴールも生まれ、クロアチア代表戦では先制ゴールも記録した。 セルティックではFW古橋亨梧がいるためにチャンスメーカーになることが多い中、3ゴール1アシストをリーグ戦で記録。レンジャーズとの大一番では先制ゴールを記録した。 スピードは健在、プレスの強度も高く、相手より先にポジションを取れるため、クリアボールが当たって入るという2つのラッキーゴールも誕生。ラッキーかもしれないが、前田でなければ決まらないものでもあり、真価を発揮している。 <span class="paragraph-subtitle">◆DF板倉滉(ボルシアMG)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_itakura.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) ブンデスリーガ:4試合1アシスト W杯前の重傷から見事にカムバック。グループステージ3試合でフル出場を果たし、存在感を示した中、再開後のブンデスリーガでもチームの守備の要として活躍している。 再開初戦のレバークーゼン戦では2アシスト目を記録するなど攻撃面でも活躍。ダニエル・ファルケ監督も絶大な信頼を寄せており、板倉のリーダーシップとパフォーマンスを高く評価した。 チームはなかなか結果を残せていないが、板倉が出場することで安定感は増している状況。シャルケ戦では昨年9月以来、12試合ぶりにクリーンシートも達成しており、後半戦の躍動に注目が集まる。 <span class="paragraph-subtitle">◆MF守田英正(スポルティングCP)</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208_morita.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 【カタールW杯後成績】(2/7時点) プリメイラ・リーガ:3試合2ゴール アリアンツカップ:2試合出場 カタールW杯ではコンディションの問題もあり、フル稼働はできなかった守田。それでも中盤で気の利いたプレーを見せており力になっていた。 ケガの影響もあり、再開後のリーグ戦では3試合を欠場。しかし、ブラガ戦では2ゴールを決める活躍を見せて勝利に貢献。上位争い中のチームを支える活躍は健在だ <div id="cws_ad"><hr>カタールW杯で感動を与えてくれた日本代表の16名が大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>欧州の各クラブでも活躍を続ける代表選手たちのプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。<a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】何度見ても驚ける!13のカメラが捉えたリバプール戦の三笘薫スーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Every angle of THAT <a href="https://twitter.com/kaoru_mitoma?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kaoru_Mitoma</a> goal! <a href="https://t.co/9xLmIPFmSQ">pic.twitter.com/9xLmIPFmSQ</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion (@OfficialBHAFC) <a href="https://twitter.com/OfficialBHAFC/status/1620348852824858624?ref_src=twsrc%5Etfw">January 31, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> カタールW杯で感動を与えてくれた日本代表の16名が大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>欧州の各クラブでも活躍を続ける代表選手たちのプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。 <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/5uev4c53" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2023/sega20230208.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> 2023.02.08 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧、セルティックを優勝に導いた昨季カップ決勝を回顧「正直煙で見にくかったけどいい形でゴールできた」

セルティックの日本代表FW古橋亨梧が移籍後初タイトルとなった昨シーズンのリーグカップ決勝のゴールを振り返った。 2021年夏にヴィッセル神戸からセルティックへと移籍し、すぐさまゴールを量産した古橋だったが、2021年12月に負傷してしまう。復帰は年明けになると思われていたものの、想定以上のペースで回復した古橋は、決勝のハイバーニアン戦に先発出場。公式戦3試合ぶりに出場した。 決勝は互いになかなかゴールが生まれない中、51分にハイバーニアンが先制。それでも、スタジアムが沸き立つ中でセルティックがキックオフからパスを繋ぐと、カラム・マグレガーが裏へロングパスを供給。そのパスをボックス左受けた古橋が絶妙なトラップから前を向くと、左足でニアサイドを射抜いた。 さらに、72分にもセンターライン付近でFKを獲得するとトム・ロギッチの素早いリスタートに反応した古橋がDFの裏に抜け出し、絶妙なループシュートでゴールネットを揺らした。 試合はそのままタイムアップ。古橋の2ゴールで逆転勝利を飾ったセルティックが2シーズンぶり20回目のリーグカップを獲得していた。 古橋は、クラブの企画でファンと対談。今でも覚えているものなのかと問われ、試合を振り返った。 「そうですね。覚えてますね。中々得点がお互いに決まらなかった中で、相手がセットプレーから点を取って、ある意味ヤバいという気持ちと、まだ時間あるからどうにかできるだろうという気持ちと、五分五分だった中で」 「その後のキックオフで本当にキャプテンから素晴らしいボールが来て、僕も、正直煙で見にくかったんですけど、本当にいいボールが来て、いい形でタッチできて、ニアにシュートを打つことができて、いい形でゴールできて、あれは本当に大きかったのかなと思います」 「精神的にもゲーム運び的にも、失点した直後にああいうゴールを決められたので、チームとしてもまた勢いをつけられたのかなと思います」 今シーズンのリーグカップでも決勝へと駒を進めているセルティック。古橋は再びゴールでチームをタイトルに導けるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】今でも鮮明に覚えている!古橋亨悟がチームを救った2つのスーパーゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="-4hIwAuulAw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨悟が日本のセルティックファンと対談</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">キョーゴとオンラインで対談インタビュー!<br>誰もが忘れられない昨シーズンのハイバーニアンとのカップ戦決勝で決めたゴールを本人が直接振り返ります <a href="https://twitter.com/hashtag/COYBIG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYBIG</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CelticFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CelticFC</a> <a href="https://t.co/m0dKFRcCJY">pic.twitter.com/m0dKFRcCJY</a></p>&mdash; Celtic FC Japan (@CelticFCJPN) <a href="https://twitter.com/CelticFCJPN/status/1623154659266383874?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.08 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

新監督に推すのはポステコグルー監督?リーズOBの元イングランド代表GKが言及「彼を獲りに行くのを見たい」

ジェシー・マーシュ監督を解任したリーズ・ユナイテッド。クラブOBはセルティックのアンジェ・ポステコグルー監督(57)を連れてくるべきだと主張した。イギリス『サン』が伝えた。 リーズは6日、成績不振によりマーシュ監督の解任を発表。チームは降格圏ギリギリの17位に位置。昨シーズンは見事に残留へと導いた中、今季は期待外れの結果に終わっていた。 後任監督にはかつての指揮官であるマルセロ・ビエルサ氏や、アストン・ビラを指揮していたスティーブン・ジェラード氏などが浮上。そんな中、元イングランド代表GKでリーズのOBでもあるポール・ロビンソン氏はポステコグルー監督こそが指揮をするべきだとした。 「WBAでカルロス・コルベランの話があったことは知っているが、個人的にはポステコグルーがセルティックからやってくるのが見たい」 「彼らは地に足の着いた人を採用しなければいけない。リーグを知り尽くし、選手を熟知している人の名前が挙がっている」 「ただ、私は、人をマネジメントできる人でなければいけないと思っている」 「彼のマネジメント能力と彼がスコティッシュ・プレミアシップで見せた適応力、そして獲得したトロフィーを考えれば、私のお気に入りだ」 「ハリー・キューウェルをアシスタントに迎えており、すでに繋がりはあると考えて良い」 「彼がプレミアリーグに来るのは時間の問題だと思うし、リーズが今すぐに船を出して、彼を獲りに行くのを見たい」 これまでもプレミアリーグクラブからの誘いがあった中で、セルティックで仕事を全うするとしてきたポステコグルー監督。シーズン途中でチームを離れることは考えにくいが、どのような結末を迎えるだろうか。 2023.02.07 21:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly