フラメンゴが“ガビゴル“のゴールでアトレチコ・パラナエンセを下し昨季のリベンジ! 3度目の南米王者に《コパ・リベルタドーレス》

2022.10.30 20:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
30日(現地時間29日)、南米のクラブチャンピオンを決めるコパ・リベルタドーレスの決勝が行われた。フラメンゴvsアトレチコ・パラナエンセのブラジル勢同士の対決は、1-0でフラメンゴが勝利。3度目の優勝を果たした。

昨年も決勝に進みながら、パウメイラスに敗れていたフラメンゴと2005年以来の決勝進出となり、初優勝を目指すアトレチコ・パラナエンセの一戦。今シーズンのカンピオナート・ブラジルレイロ・セリエA(ブラジル1部)では、フラメンゴが3位、アトレチコ・パラナエンセは7位に位置している。
フラメンゴはチェルシーやアーセナルでプレーしたDFダビド・ルイスや、アトレティコ・マドリーでプレーしたDFフィリペ・ルイス、“ガビゴル“の愛称で知られるFWガブリエウ・バルボサらが先発。チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルや元ブラジル代表MFジエゴ、ブラジル代表FWエヴェルトンらはベンチスタートとなった。

対するアトレチコ・パラナエンセは昨季までマンチェスター・シティでプレーしたMFフェルナンジーニョが先発した。

試合はフラメンゴが主導権を握って進むが、アトレチコ・パラナエンセも危険なシーンを作り出していく。

互いに譲らない決勝となるが、前半アディショナルタイムにボックス右からのエヴェルトン・リベイロのクロスを、ファーサイドに飛び込んだカブリエウ・バルボサが押し込んでフラメンゴが先制する。

リードを許して前半を終えたアトレチコ・パラナエンセ。後半も、互いに相手ゴールに迫る展開となるが、フィニッシュワークの精度を欠いてしまい、ゴールを奪えない。

焦りが見えるアトレチコ・パラナエンセはFKなどでもゴールに迫るが、最後まで得点を奪えずにタイムアップ。フラメンゴが逃げ切り、3度目の南米王者に輝いた。

フラメンゴ 1-0 アトレチコ・パラナエンセ
【フラメンゴ】
ガブリエウ・バルボサ(前49)

1 2

関連ニュース
thumb

「最高に不愉快な出来事」信じられない時間稼ぎ…南米王者に導いたFW、主審に背中叩かれ突然倒れ込む

ここまでの狡猾さはさすがとしか言えないだろう。 27日に行われたコパ・リベルタドーレス決勝。パウメイラスとフラメンゴのブラジル勢同士の対決となった決勝は、延長戦にまでもつれ込む白熱の展開となった。 連覇を目指すパウメイラスト、2019シーズン以来となる3度目の優勝を目指すフラメンゴの一戦。フラメンゴは、昨シーズンまでアーセナルでプレーした元ブラジル代表DFダビド・ルイスや長らくアトレティコ・マドリーでプレーしていたDFフィリペ・ルイスらが先発した。 試合は、延長戦にもつれ込むと、1-1で迎えた95分、延長戦から投入されてフレッシュなデイベルソンが、最終ラインでダビド・ルイスからバックパスを受けたアンドレアス・ペレイラに猛然とプレスを仕掛ける。すると、ここでペレイラがボールコントロールを誤った上、リカバリーしようとしたGKへのバックパスも短くなると、ボックス内で難なくボールをかっさらったデイベルソンがGKとの一対一を制し、パウメイラスが2-1で勝利した。 見事な勝利を収めたパウメイラスだが、延長後半の最終盤では不思議なプレーが生まれた。 延長後半アディショナルタイム3分、決勝ゴールを決めたデイベルソンが相手選手と少し揉めるも何事もなく、その場を立ち去ろうとする。主審は試合をスピードアップさせるため、デイベルソンの背中を軽く叩くと、いきなりデイベルソンがその場に倒れ込んでしまう。 残り時間が少ないこと、チームがリードしていることを考えての明らかな時間稼ぎ。相手選手にやられたならまだしも、主審がプレーを促すために背中を叩いただけなのに、激痛でも走ったかのような痛がりようだった。 これには理解を示すファンがいる一方で、「2021年のサッカー界での1番の出来事だ」、「これまでに見た中で最高に不愉快な出来事」と揶揄する声も。いくらなんでも限度というものがあるのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】そんなに痛かったのか!? 主審が背中を叩き選手が倒れ込んで痛がる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Incredible time-wasting effort from Deyverson in the last minute of the Copa Libertadores final <a href="https://t.co/bnd0QejpvV">pic.twitter.com/bnd0QejpvV</a></p>&mdash; Matthew Stanger (@MatthewStanger) <a href="https://twitter.com/MatthewStanger/status/1464726629549318150?ref_src=twsrc%5Etfw">November 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxMUgybllSeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.11.28 22:04 Sun
twitterfacebook
thumb

南米サッカー協会がコパ敗退後に大暴れしたボカ・ジュニアーズ関係者8名への制裁を発表…

南米サッカー協会(CONMEBOL)が、コパ・リベルタドーレス敗退後に暴動を起こしたボカ・ジュニアーズの6名の選手と2名の関係者に対する制裁を発表した。 事件が起きたのは、7月20日に行われたコパ・リベルタドーレスのラウンド16・2ndレグのアトレチコ・ミネイロ戦。試合はゴールレスに終わった1stレグに続き、2ndレグも0-0のスコアで90分の戦いが終了し、延長戦でも決着が付かず、PK戦の末にアトレチコ・ミネイロが勝利した。 しかし、両者の対戦ではボカのホームで行われた1stレグでボカのゴールが微妙なオフサイド判定で取り消しとなったほか、2ndレグでもVARによってボカの正当と思われるゴールが取り消しとなるなど、物議を醸す判定が目立っていた。 そういった事情もあり、試合後には敗退を不服とするボカの選手たちの怒りが最高潮に達し、試合関係者が避難したとされるアトレチコ・ミネイロのロッカールームに押し入る暴挙に。鎮圧に乗り出した地元警察と衝突するなど、クラブ幹部を含む8名が現行犯逮捕されていた。 CONMEBOLの発表によれば、MFクリスティアン・パボンとFWセバスティアン・ビジャには6試合の出場停止とそれぞれ3万ドル(約337万円)の罰金、マルコス・ロホには5試合の出場停止と2万5000ドル(約280万円)の罰金、DFカルロス・イスキエルドズには4試合の出場停止と2万ドル(約224万円)の罰金、MFディエゴ・ゴンサレスには3試合の出場停止と1万5000ドル(約168万円)の罰金、GKハビエル・ガルシアには2試合の出場停止と1万ドル(約112万円)の罰金の処分を科した。 また、同クラブの取締役であるラウル・カスキーニ氏とマルセロ・デルガド氏には、ともに3万ドル(約337万円)の罰金と2年間のCONMEBOL主催試合への出席禁止処分を発表した。 なお、現時点でボカ・ジュニアーズは処分に対する声明などを発表していないが、CONMEBOLによれば7日以内に不服申立てを行うことができるとのことだ。 2021.10.10 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

パウメイラスが21年ぶりの南米制覇!CWC最後の切符を獲得《コパ・リベルタドーレス》

南米のクラブ王者を決める大会であるコパ・リベルタドーレス2020決勝のパウメイラスvsサントスが30日にマラカナンで行われ、1-0でパウメイラスが21年ぶり2度目の王者に輝いた。 1999年以来、実に21年ぶりの南米制覇を狙うパウメイラスは、元アルビレックス新潟のMFホニや今大会5ゴールを挙げている元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノを先発で起用。 一方、ネイマールを擁した2011年以来となる南米の頂点を目指すサントスは、大会後に鹿島アントラーズへの移籍が決まっているMFディエゴ・ピトゥカや期待の新星FWカイオ・ジョルジが先発に名を連ねた。 2006年以来となるブラジル名門対決となった一戦は、立ち上がりから球際で激しいぶつかり合いを見せる中、互いに相手陣内に攻め込む場面は作り出すも決定機は作り出せず。 そんな中、最初のチャンスはパウメイラスに生まれる。37分、マルコス・ローシャのパスでボックス右に飛び出したヴェイガがダイレクトシュートを放ったが、これはゴール左に逸れた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、やや押し気味に試合を進めるサントスは77分、右サイドからカットインしたピトゥカがボックス手前から左足一閃。さらにGKヴェヴェルトンの弾いたこぼれ球をボックス手前のジョナタンが左足で狙ったが、シュートは枠の上に外れた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、後半アディショナルタイムに試合が動く。96分、パラメイラスのスローインを妨害したとしてサンパウロのクーカ監督が遅延行為で一発退場となる。 するとパラメイラスは99分、右サイドでボールを受けたホニが早いタイミングでクロスを入れるとファーサイドで競り合ったブレーノがヘディングシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHMGlQZTdvQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 結局、これが決勝点となりパウメイラスが1-0で勝利。21年ぶりの南米制覇を成し遂げ、2月にカタールで開幕するクラブ・ワールドカップ出場権を獲得。なお、2月8日に行われる初戦でティグレス(北中米カリブ海王者)vs蔚山現代(アジア王者)の勝者と対戦する。 パウメイラス 1-0 サントス 【パウメイラス】 ブレーノ(後54) 2021.01.31 07:40 Sun
twitterfacebook
thumb

コペンハーゲン守護神がEL記録の1試合13セーブ! 赤い悪魔の前に立ちはだかった“聖カール”

マンチェスター・ユナイテッド相手に善戦したコペンハーゲンの守護神がヨーロッパリーグ(EL)における1試合最多セーブの偉業を成し遂げた。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 コペンハーゲンは10日、EL準々決勝でユナイテッドと対戦し、延長線の末に0-1で敗れ、ベスト8敗退となった。 新型コロナウイルスの影響により、中立地ドイツでのシングルマッチ方式の短期トーナメントにレギュレーションが変更した中、デンマークの名門にもジャイアントキリングのチャンスがあったものの、90分間を0-0のイーブンで終えた後の延長前半に与えたPKをポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスに決められ、無念の敗退となった。 しかし、同試合では鬼神のごときゴールキーピングを見せたスウェーデン代表GKカール=ヨハン・ヨンセンに多くの賛辞が寄せられた。 ヨンセンは終始劣勢を強いられる試合展開の中、前半から再三のビッグセーブを披露。もちろん、VARによる2度のゴール取り消しや3度のポスト直撃など運に恵まれた面もあったが、ヨンセンのパフォーマンスは非常に印象的だった。 試合後に出された公式スタッツによると、ヨンソンは同試合で13本のシュートをセーブし、そのうちの7本はボックス内から放たれたものだったという。そして、1試合での13セーブは2009年のELスタート以来、最多セーブ記録だ。 さらに、ヨンソンは今季のELの戦いにおいて42本の枠内シュートを浴びてきたが、そのうちの37本をセーブし、そのセーブ率は88%という圧巻の数字だ。 赤い悪魔の前に最後まで立ちはだかった“聖カール”の活躍を受け、SNS上では大きな話題に。 元イングランド代表FWのギャリー・リネカー氏は、「ヨンソンはばかばかしく思えるほど凄い。とんでもないパフォーマンス」と称賛の声を挙げれば、「オブラクやアリソンクラスのパフォーマンス」など、多くの賛辞が寄せられた。 また、あるチェルシーファンは、スペイン代表GKケパ・アリサバラガを引き合いに出し、ヨンソンのこの試合でのセーブ数と、リーグ再開後のケパのセーブ数が同じであることを揶揄し、新守護神候補として獲得に動くべきとのやや自虐的な投稿もあった。 2020.08.11 15:02 Tue
twitterfacebook
thumb

南米サッカー、コパ・リベルタドーレスを再来月まで延期

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、コパ・リベルタドーレスを延期することを発表した。 徐々に南米大陸にも感染が広がる新型コロナウイルス(COVID-19)。13日にはすべての国で感染が確認され、17日にはブラジルで初の死者が出た。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqTElsQWt2USIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> CONMEBOLはすでに今年6月に開催を予定していたコパ・アメリカ2020を来年まで延期することを決定。3月のワールドカップ予選も延期となっており、それらに続いてコパ・リベルタドーレスの延期も決断したようだ。 コパ・リベルタドーレスはグループステージの真っ最中で、12日に全6節のうち第2節を開催。17日から19日にかけて第3節が行われる予定だったが、今回の決定により、5月5日まで一時中断することになった。 連盟は声明で「ウイルスの拡散を防止し、当局が推奨する防止プロトコルを実行するために、クラブには適切な対応を維持するよう尾根以外しています。コミュニティ全体が協力し合い責任を持つ時であり、サッカーも例外ではありません」とコメントしている。 2020.03.19 15:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly