首位いわきが11試合ぶり敗戦、松本勝利でトップ3は再びの大混戦に【明治安田J3第25節】

2022.09.18 20:13 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
17日から18日にかけて明治安田生命J3リーグ第25節の7試合が各地で行われた。

ありがとうサービス.夢スタジアムでは、首位・いわきFCと7位・FC今治が対戦した。

いわき攻勢の展開ながらも互いにチャンスを作り、今治はパク・スビンが決定機を迎えるも、GK坂田大樹が好セーブ。対するいわきは日高大のミドルがディフレクションしてクロスバーに嫌われた。
ゴールレスで迎えた後半、均衡を破ったのは今治。50分、カウンターへ転じると、左サイドの中盤でうまく相手と入れ替わった中川風希が持ち運び、グラウンダーのクロスを送る。ボックス内でインディオがゴールを背にした状態からつま先でフリックし、駆け上がってきた三門雄大が右足を一閃。強烈な一撃がGKの手を弾いてネットを揺らした。

いわきは終盤に猛攻仕掛けるも最後までゴールを奪えず。三門の加入後初ゴールを守り切った今治が3試合ぶりの勝利で6位に浮上し、昇格戦線を伺っている。

一方のいわきは11試合ぶりの黒星。首位の座は変わらずも、後続との差を詰められることとなった。

3位・松本山雅FCはホームに13位・ガイナーレ鳥取を迎えた。前半に小松蓮、ルカオのゴールで2点を先行すると、後半に1点を返されながらも逃げ切り勝ち。5連勝で暫定ながらも2位に順位を上げている。

15位・SC相模原と対戦した5位・藤枝MYFCは、藤枝が久保藤次郎のゴールで11分に先制するも、35分に秋山貴嗣が退場処分に。ただ、数的不利となったものの、残りの時間を耐えしのぎ、3連勝で順位を1つ上げた。

望月一仁暫定監督の正式就任が決定した14位・アスルクラロ沼津は、4位・カターレ富山を退けて8試合ぶりの勝利を収めた。

また、8位・AC長野パルセイロと、10位・福島ユナイテッドFCの一戦は、長野星輝のゴールで福島が勝利。17位・ヴァンラーレ八戸は9位・FC岐阜を下し、4試合ぶりの白星を手にしている。

◆明治安田生命J3リーグ第25節
▽9/17(土)
Y.S.C.C.横浜 0-0 カマタマーレ讃岐
アスルクラロ沼津 1-0 カターレ富山
ヴァンラーレ八戸 3-1 FC岐阜

▽9/18(日)
松本山雅FC 2-1 ガイナーレ鳥取
藤枝MYFC 1-0 SC相模原
FC今治 1-0 いわきFC
AC長野パルセイロ 0-1 福島ユナイテッドFC

▽9/19(月・祝)
鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州

※台風14号の影響で中止
テゲバジャーロ宮崎 vs 愛媛FC

関連ニュース
thumb

今治がFW髙瀬太聖ら若手4選手との複数年契約更新を発表「新しい景色を見るために」

FC今治は5日、MF佐藤璃樹(19)、MF松井治輝(20)、FW髙瀬太聖(19)の複数年契約更新を発表した。 鹿児島県出身の佐藤は、神村学園高校から今シーズン今治入り。明治安田生命J3リーグ第8節のカマタマーレ讃岐戦でプロデビューを飾ったが、9月に右ヒザ外側半月板を損傷。デビューシーズンはリーグ戦1試合の出場にとどまった。 松井は昨シーズンに神戸弘陵学園高校から加入すると、公式戦2試合に出場してJリーグデビュー。今シーズンはJ3リーグ第22節の鹿児島ユナイテッドFC戦が唯一の出場になった。 今治市出身の高瀬は、今治が掲げる地元の地域育成システム「今治モデル」の一期生として、昨シーズン入団。ルーキーイヤーから公式戦14試合に出場する活躍を見せると、今シーズンもリーグ戦25試合に出場して2ゴール1アシストの成績を残した。 今治と複数年契約を締結した3選手は、クラブを通じてそれぞれ新シーズンへの意気込みを述べている。 ◆佐藤璃樹 「2023年もFC今治の選手として戦います!みなさんと新しいスタジアムで新しい景色を見るためにチームのために全力で頑張ります!よろしくお願いします!!」 ◆松井治輝 「来シーズンもFC今治でプレーさせて頂くことになりました。今シーズンは8月の鹿児島戦しか試合に出てチームの勝利に貢献することが出来なかったのですが、来シーズンはもっと多くの試合に出て、自分のプレーでJ2昇格に導けるよう日々成長していきます!熱い声援よろしくお願いします!」 ◆髙瀬太聖 「来シーズンもFC今治でプレーさせて頂けることになりました。今シーズンは自分にとっても結果があまり残せず悔しい気持ちでいっぱいでした。これまで以上に強くなり、ピッチでゴールを決める姿をファン、サポーターの皆さんに多く見せれるように精一杯頑張ります!」 「J2昇格に向かってもう一度、一緒に戦いましょう!そして最後に皆さんと喜びを分かち合えるよう、最後まで熱い応援よろしくお願いします!」 2022.12.05 15:52 Mon
twitterfacebook
thumb

霜田新体制の松本、神奈川大学FW新井直登の来季加入内定を発表

松本山雅FCは5日、神奈川大学のFW新井直登(21)の来季加入内定を発表した。 新井は神奈川県出身で、川崎市立橘高校から神奈川大学へと進学していた。 新井はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、2023シーズンより松本山雅FCに加入することになりました、神奈川大学体育会サッカー部の新井直登です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手のキャリアを、松本山雅FCという素晴らしいクラブでスタートできることを、大変嬉しく思います」 「今まで育ててくれた親、指導してくれた全ての指導者への感謝を忘れず自分のゴールで松本山雅FCの勝利、昇格に貢献できるよう全力で頑張ります。ファン、サポーターの皆様応援よろしくお願いします」 2022.12.05 15:23 Mon
twitterfacebook
thumb

宮崎が福岡大学FW永田一真の来季加入内定を発表「熱く情熱的なプレーで楽しませていきたい」

テゲバジャーロ宮崎は5日、福岡大学のFW永田一真(22)の来季加入内定を発表した。 永田は岡山県出身で、岡山学芸館高校から福岡大学へと進学していた。 永田はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、2023年度よりテゲバジャーロ宮崎に加入することが内定しました、福岡大学の永田一真です。幼い頃からの夢であった、プロサッカー選手としてのキャリアをテゲバジャーロ宮崎でスタートできることを大変嬉しく思います」 「まず、乾監督、児玉ヘッドコーチをはじめとするスタッフ陣の方々のおかげでここまで成長することができました。そして、ここまで関わってくださった指導者の皆様にも感謝しています。私のことを信じ、励まし共に歩んできた家族には本当に感謝しています」 「これからはテゲバジャーロ宮崎の永田一真として活躍し結果を残し、恩返しをしていきたいと思っています」 「熱く情熱的なプレーでファン、サポーターの皆さんを楽しませていきたいと思います。応援の程よろしくお願いします」 2022.12.05 15:02 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、修行続いたGK茂木秀が岐阜に完全移籍!

FC岐阜は5日、セレッソ大阪からGK茂木秀(23)の完全移籍加入を発表した。 桐光学園高校卒の茂木はC大阪でプロ入り後、FC町田ゼルビアや水戸ホーリーホックに続くレンタルで今年5月からFC今治に。アンダー世代の代表歴も持つ23歳GKは明治安田生命J3リーグの20試合でプレーした。 来季からはC大阪を完全に離れ、岐阜に活躍の場を求める茂木。今治を含めた3クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「初めまして。セレッソ大阪から加入しました茂木秀です。今シーズンFC岐阜さんと対戦した時のサポーターの応援や圧力は相手チームながらとても嫌な存在でした。それが来年自チームの応援となるとこんな力強いことはないと思っています。選手、サポーター一体となって来シーズンを駆け抜けましょう! このチームのJ2昇格に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。たくさんの応援よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪のサポーターの皆様、この度FC岐阜に移籍することになりました。目標であるトップチームでの出場は叶いませんでしたが、セレッソ大阪でプロ生活を始め、主にU-23で経験を積み、たくさんのいい思い出を作らせてもらいました。このチームでプレーしたい気持ちは変わらないし、いつか必ずまた戻って来て、また会える日を楽しみにしています。セレッソで培った経験を活かして、これからのサッカー人生も楽しみたいと思います! 今まで本当にありがとうございました。これからも引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆FC今治 「サポーターの皆様。半年間の間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。僕自身、FC今治での時間はとても濃く本当に大好きなチームとなりました。来シーズンこのチームでプレーすることはできませんでしたが、このチームで得れたものを活かしてまたいつかこのチームに欲してもらえるような選手になれるようこれからも頑張っていきます。また来年は対戦相手として里山スタジアムに行けるのでまた皆様と会える日を楽しみにしています! 改めて今シーズンの応援ありがとうございました。今後とも茂木秀の応援をよろしくお願いします。#モギヒヤクノトシニ 」 2022.12.05 13:59 Mon
twitterfacebook
thumb

J2昇格の藤枝、DF川島將ら4選手の契約更新を発表 「今年以上に強い気持ちを持って」

藤枝MYFCは5日、DF川島將(30)、DF鈴木翔太(26)、MF榎本啓吾(23)、MF河上将平(25)の契約更新を発表した。 川島は2016年にザスパクサツ群馬から期限付き移籍すると、翌年に完全移籍で加入。2018年にはギラヴァンツ北九州へ完全移籍したが、2019年に藤枝復帰を果たした。今シーズンはチームの主力として明治安田生命J3リーグで31試合に出場し、J2昇格に貢献した。 静岡県藤枝市出身の鈴木は、2019年に東京学芸大学から藤枝入り。加入から2シーズンは出場機会がなかったが、昨シーズンから出場機会を掴み、今シーズンは主力に定着してリーグ戦30試合に出場した。 千葉県出身の榎本は、今シーズンに東海学園大学から加入。J3開幕戦でプロデビューを果たすと、最終的に34試合で4ゴール2アシストを記録。ルーキーイヤーながらシーズンを通して印象的な活躍を示した。 河上は専修大学から2020年に藤枝入団。昨季J3で19試合に出場すると、今シーズンも中盤から安定して出場機会を得るようになり、23試合に出場した。 来季も藤枝でプレーすることが決まった4選手は、クラブを通じてそれぞれの意気込みを述べている。 ◆川島將 「藤枝MYFCに関わる全ての皆様、今年も1年間ご支援ご声援ありがとうございました。自分自身今年にかける思いを強く持って挑んだシーズンでもあったので、こうしてクラブ史上初となるJ2昇格を果たせたこと、最後まで一員として戦えたことを本当に嬉しく思います」 「そして来年もまた藤枝MYFCでプレーさせていただくことになりました。より厳しい戦いになりますが、今は楽しみしかありません。感謝と今年以上に強い気持ちを持って戦っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします」 ◆鈴木翔太 「来シーズンも藤枝MYFCでプレーさせていただくことになりました。今シーズンはJ2昇格という結果を掴むことができうれしく思います。来シーズンはJ2での戦いになります。凄くワクワクしていますし、絶対に倒したいチームもあります」 「また全員で良いチームを作って、J2でも藤枝MYFCのサッカーで魅せていきます。どんな状況でもチームを引っ張っていけるよう覚悟を持って一年間戦い抜きます」 ◆榎本啓吾 「一年間応援ありがとうございました!J2昇格を成し遂げたチームの一員になれたこと、藤枝MYFCに関わる全ての方に感謝しています。来シーズンも藤枝MYFCでプレーさせてもらうことになりました!」 「今年以上にたくさんの喜びと感動、笑顔をお届けできるように、自分らしく、スタイルを曲げずに、観ている人を楽しませるプレーと結果を求めて、誰よりもサッカーを楽しんで闘います!来シーズンも応援よろしくお願いします!」 ◆河上将平 「今シーズンも熱い応援ありがとうございました。チームの目標であったJ2昇格を達成出来たのは、藤枝MYFCに関わる全ての皆様のおかげだと思います。そして、来シーズンも藤枝MYFCでプレーさせていただくことになりました」 「チームの為に戦う。そう思わせてくれる大好きなこのクラブでプレー出来ることに感謝し、来シーズンも頑張ります!引き続き熱い応援よろしくお願いします!」 2022.12.05 13:57 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly