セスク、元同僚のチャビ監督率いる古巣バルセロナに言及 「競争力がある」「2人のサブ降格は受け入れ難い」

2022.09.15 18:37 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエBのコモに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが古巣のバルセロナについて言及した。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えている。

セスクにとってバルセロナは下部組織時代のみならず、ファーストチームにも3年間在籍していた愛する古巣。スペイン『RAC1』のインタビューでチャビ・エルナンデス監督やチェルシー時代の同僚選手、2人の大親友の現状について話した。

「チャビはおそらく自分で想像していたよりも早くバルサの監督の座に着くことになったのだろうけど、彼はその準備ができていたね。彼はこれからもチャビという存在であり続け、僕たちに信頼感を与え続けるだろう」
セスクの見解によると、バルセロナは今季のチャンピオンズリーグ(CL)を制することも可能とのこと。「とても競争力があり、素晴らしい選手たち、力強いコーチ陣もいる」と賛辞を送る。

さらに、チェルシー時代の同僚で今季からバルセロナ入りしたDFマルコス・アロンソについては「素晴らしいフリーキッカー。蹴るチャンスを与えられれば確実にゴールを決めるよ」と太鼓判を押した。

その一方、同年代で大親友というDFジェラール・ピケやDFジョルディ・アルバは現在、ベンチスタートが増えつつある状況。セスクは親友2人の現状を心苦しく思う胸中も明かしている。

「2人のサブ降格を受け入れるのは本当に難しい。(ベテランの)彼らにさらに重くのしかかるのは、試合翌日にスタメンの選手が疲労回復するのを待つ間、他のサブメンバーとともに身体を動かさなくてはならないということだ」

また、現パリ・サンジェルマン(PSG)のFWリオネル・メッシについても言及。将来のバルセロナ復帰を期待していると口にした。

「メッシのバルサ復帰が可能かどうかはわからない。バルサがオープンな姿勢ならば、彼の選択肢にも含まれるだろう。いずれにしても最終的には両者の合意が必要で、僕は素晴らしい結末を期待している。メッシはチームで最も愛され、尊敬されていたよ」

関連ニュース
thumb

バルセロナが夏に鎌田大地の獲得か? 現地紙が情報収集中と報道、今季でフランクフルトとの契約が満了

財政難に陥りながらも選手の補強に余念がないバルセロナ。今夏の移籍市場では、フランクフルトの日本代表MF鎌田大地(26)に関心を寄せているという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 鎌田はサガン鳥栖から2017年7月にフランクフルトへと完全移籍。出番が得られずにシント=トロイデンへ1年間のレンタル移籍を経験すると、得点能力が覚醒。フランクフルトに復帰すると、チームの中心選手として頭角を洗わず。 2021-22シーズンはチームをヨーロッパリーグ(EL)王者に導く活躍を見せると、今シーズンもブンデスリーガで15試合に出場し7ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では6試合で3ゴールを記録するなど、攻撃を牽引していた。 日本代表としてもカタール・ワールドカップ(W杯)でプレー。ヨーロッパでの注目が高まり、今冬の移籍市場でも話題に上っている中、フランクフルトとの契約は2023年夏で満了を迎えることとなっている。 フランクフルトとの契約延長はまだされておらず、退団の可能性が高まっていると報じられている中、ドルトムントへの移籍も浮上していた。 この冬の移籍はないと見られているなか、バルセロナは鎌田に関して情報収集。昨シーズンはヨーロッパリーグの準々決勝でも対戦し、鎌田の実力も直接把握している状況。そのため関心が高まっているとされている。 今シーズンの活躍と年齢を考えれば、フリーになれば引く手数多となる鎌田。財政難でもあるバルセロナとしては、サラリーも抑えられる可能性がある鎌田の加入は願ってもないものかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地と堂安律の日本人対決!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SfyHppuW32A";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサに大打撃の可能性、財政難の影響でガビを選手登録できず…2024年夏にフリーになる可能性も?

バルセロナが今後大打撃を受ける可能性があるようだ。『The Athletic』が伝えた。 今シーズン途中、電撃的に現役を引退した元スペイン代表DFジェラール・ピケ。すでにチームを離れてプレーはしていない中、バルセロナはラ・リーガにピケを除外する手続きをとっていた。 一方で、バルセロナ・アトレティックの選手としてファーストチームで活動しているスペイン代表MFガビ(18)を正式にラ・リーガの選手に登録しようと手続きを行ったが、ラ・リーガに拒否されてしまったという。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、収入が大きく激減し、これまで抱えていた負債が積りに積もっているバルセロナ。ラ・リーガのサラリーキャップ内で活動することが難しく、選手の売却をしなければいけない状況となっている。 資金が足りない中でも昨夏の移籍市場では補強を敢行。その結果、ラ・リーガが定める規定をオーバー。前述のピケ、そしてアトレティコ・マドリーへと完全移籍したオランダ代表FWメンフィス・デパイが抜けた分で補えると思っていたが、基準に合わないと判断されてしまった。 バルセロナは今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)もグループステージで敗退し、収入が減少したことも影響。このままでは正式に選手登録されず、夏に他の選手のサラリーを減らすか新たなスポンサーを探して収入を上げるしかない。 また、ラ・リーガもサラリーキャップに関するルールを変更。バルセロナが抜け穴として使っていた作戦はすでに使用できず、新たな選手を獲得して登録するには、スポンサー収入を大きく得るしかない。 ガビのためにチャビ・エルナンデス監督が着用していた「6」を空けているとされるバルセロナ。しかし、アカデミーの選手は「25」以上の背番号しか背負えず、このままでは不可能。ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホも同様の状況であり、ファーストチームの選手として正式に認められていない状況が続いている。 結果として何も改善されていないと判断されたバルセロナ。スペイン『スポルト』によれば、ガビとは2026年夏までの契約があるものの、新たに登録ができない場合は2024年の夏でフリーになる可能性があるとされ、至宝が流出してしまう可能性があるという。 続いている厳しい財政難を解決しなければ、選手を手放すことが増えていくことになりそうだが、黙ってガビを手放すことはしないだろう。 2023.01.26 21:57 Thu
twitterfacebook
thumb

「追いつく可能性が明確にあった」数的不利、ケガ人多数で善戦したソシエダ、指揮官は決定機逸を悔やむ「望んでいたのは勝利」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、バルセロナ戦を振り返った。 25日、ソシエダはコパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦した。 タイトル獲得へ大事な一戦となる中、9連勝中のチームはバルセロナに主導権を握られてしまう。すると38分、ブライス・メンデスがセルヒオ・ブスケッツの足を踏んでしまい、VARチェックの末に一発退場。数的不利となると、52分にウスマーヌ・デンベレにゴールを許してしまう。 数的不利の中耐えていたものの失点したソシエダ。しかし59分には、こぼれ球を拾った久保建英がドリブルを仕掛けると、ボックス内左から相手DFを抜き切らずに絶妙なグラウンダーのパスを通す。これをオフサイドラインにかからずに抜けたアレクサンダー・セルロートは合わせるだけだったが、まさかのシュートミス。クロスバーを越えて行ってしまった。 結局その後はゴールを奪えず、1-0でバルセロナが勝利。ソシエダはベスト8で敗退となった。 試合後イマノル監督は敗退を悔やみ、チャンスを逸したことに言及した。 「我々が望んでいたのは突破することだったので、苛立ちはある。このピッチでこんな相手と11vs11でも難しいのに、1人少なくなり…そして、明確なチャンスがあったにもかかわらず、それをものにできなかった」 「この試合でも1人少なくなってしまい、惜しいことをした。敗退してしまい、残念でならない」 また、善戦したチームを「誇りに思うか?」という質問には「好きではない」とコメント。難しい状況でも善戦したチームを称えながら、チャンスを生かせずに敗れたことを悔やんだ。 「私は誇りという言葉が好きではない。なぜなら、それは我々が負けたことを意味し、我々が望んでいたのは勝利だったからだ」 「欠場者、大ケガをした選手もいる中で、ここまで来たが、何人かの選手にはとても感動した。ベンチにもケガをしている選手がいれば、リザーブチームの選手もいる。やりくりしなければいけない」 「長い時間でピッチ上にはリザーブの3選手がいて、何が起こるかによってバランスをとりながら、注意してコントロールしなければいけなかった。それにも関わらず、1人少なくても戦えていた」 「チームには追いつく可能性が明確にあった。リスクを冒すときと判断した時に我々はそう動いた。そして、明確に追いつけた」 「バルセロナのような相手には現時点ではこういった状況であり、絶好調のデンベレのような選手と対戦することは難しいが、しっかりと競争はできたと思う」 「最後の10分間、彼らはより緊張感があり、1-1に追いつくことは2-0になるよりも可能性があった。このような逆境に直面し、プライド以上に傷つき、苛立っている。そしてそれが現実であり、我々はとても限られた中での戦いだったことも理解している」 <span class="paragraph-title">【動画】同点の大チャンスが台無し…久保建英の完璧クロスをセルロートはまさかのミスキック</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="qXpasr8V_zY";var video_start = 134;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「これはない」「外す方が難しい」「信じられない」久保建英のアシスト未遂にスタッフもガッカリ…セルロートには苦言、久保のパスは「最高のパスだった」

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英のアシスト未遂が話題となっている。 25日、ソシエダはコパ・デル・レイ準々決勝でバルセロナと対戦した。 タイトル獲得へ大事な一戦となる中、9連勝中のチームはバルセロナに主導権を握られてしまう。すると38分、ブライス・メンデスがブスケッツの足を踏んでしまい、VARチェックの末に一発退場。数的不利となると、52分にウスマーヌ・デンベレにゴールを許してしまう。 話題となっているのは59分のシーン。こぼれ球を久保が拾いドリブルを仕掛けると、ボックス内左から相手DFを抜き切らずに絶妙なグラウンダーのパスを通す。これをオフサイドラインにかからずに抜けたアレクサンダー・セルロートは合わせるだけだったが、まさかのシュートミス。クロスバーを越えて行ってしまった。 ボールを触るだけでもネットを揺らせるクロスが来たにもかかわらず、ノーチャンスのシュートを放ってしまったセルロートには多くの意見が寄せられた。 「信じられない」 「既視感がある」 「これはない」 「どうやったら失敗するのか」 「またやったのか」 「外す方が難しい」 サッカーの試合ではたまに見かける信じられないミスショット。一方で、久保のパスには称賛の声が集まっている。 「最高のパスだった」 「久保は脅威であり続けた」 「さすがのパス」 「アシストを失った」 ソシエダのスタッフもガッカリしたこのシュート。チームはベスト8で大会を去ることとなってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の絶妙クロスをセルロートがまさかのミス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">¡Cómo se perdió esta Alexander Sørloth! <a href="https://t.co/ElnuLIvOfj">pic.twitter.com/ElnuLIvOfj</a></p>&mdash; ESPN Deportes (@ESPNDeportes) <a href="https://twitter.com/ESPNDeportes/status/1618358896560836608?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.26 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「もっと野心を持たなければ」ソシエダに勝利のバルセロナ、チャビ監督は得点後のペースダウンに不満「やってはいけないこと」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、レアル・ソシエダ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 25日、バルセロナはコパ・デル・レイ準々決勝でソシエダと対戦した。 ラ・リーガでは首位に立つバルセロナだが、相手は公式戦9連勝中の難敵。タイトルへの一歩を歩みたいなか、序盤から主導権を握り続ける。 決定機を生かせないでいると、久保建英にクロスバー直撃のシュートを浴びせられるなどピンチを迎えた中、前半のうちに数的不利になるアドバンテージもあり、優位に進めていく。 すると52分、スルーパスに抜け出したウスマーヌ・デンベレがドリブルで持ち出し、ボックス内右の角度のない位置から強烈なシュート。これがGKの手を弾いてネットを揺らし先制。その後、ソシエダに盛り返され、あわや失点というシーンを久保に作られるが、1-0のまま逃げ切ってベスト4に進出した。 チャビ監督は試合を振り返り、ポジティブなことが多かったとコメント。ただ、先制した後のチームのパフォーマンスには苦言を呈し、よりアグレッシブにゴールを目指さなければいけないとした。 「今日はほとんどのことはポジティブだ。ゴールの後、我々はリラックスしていたが、それはやってはいけないこと。そして、アグレッシブさには欠けていた」 「1-0で勝っている状況では、相手にも良いチャンスがあることがわかる。特にノックアウト方式の大会では、これを手放すわけにはいかない。今日は我々次第だった」 「60分間は見事な戦いだった。ただ、ゴールを決めて、それで終わりのような感じがあった。でも、そうではない。それは改善しなければいけない」 「もっと野心を持たなければいけない。でもまあ、幸せではある。でも得点しなければいけない」 <span class="paragraph-title">【動画】デンベレ、見事な抜け出しからニアに豪快シュート</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="qXpasr8V_zY";var video_start = 103;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.26 10:17 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly