UEFA、CL第1節の注目は「ハーランド、マネ、古橋亨梧」

2022.09.06 21:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本だけなく、全世界の視線を集めることになりそうだ。欧州サッカー連盟(UEFA)公式によるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のプレビューのトップ画像に、セルティックの日本代表FW古橋亨梧が用いられた。

6日、いよいよ今季のCLグループステージがスタートする。
UEFAは5日、公式サイトで第1節の見どころを紹介。「昨季王者のレアル・マドリーはグラスゴーへの困難な遠征に、FWアーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)はセビージャを視界にとらえ、バイエルンはグループステージのキックオフに向けて旅路についている」と、始めている。

トップ画像を彩ったのは3人のストライカーだ。新加入ながらすでにリーグ戦6試合で10得点をマークしているハーランド。FWロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ)という核を放出しながらも、開幕からの公式戦4試合で20得点を挙げたバイエルンをけん引する1人、FWサディオ・マネ

そして、昨季チャンピオンのレアル・マドリーをホームに迎えるセルティックからは、絶対的エースの古橋がピックアップされた。

UEFAによれば、セルティックとマドリーの対戦は過去に1度あり、UEFAチャンピオンズカップ時代の1979-80シーズン準々決勝で顔をあわせている。

このときセルティックはホームで2-0と勝利。当時アウェイでは0-3で敗れたものの、今回もグラスゴーでは波乱を起こす気配を十分に漂わせている。

2017-18シーズン以降、5季ぶりにCLのグループステージを戦うセルティック。名だたるストライカーと肩を並べた古橋には、何か期待せずにはいられない。

1 2

関連ニュース
thumb

現役引退の元日本代表MF中村俊輔がWOWOWの専属コメンテーター就任

昨シーズン限りで現役を引退した元日本代表MF中村俊輔氏が、WOWOWの専属コメンテーターに就任した。 現役時代は横浜F・マリノスやレッジーナ、セルティック、エスパニョール、ジュビロ磐田、横浜FCでプレーし、日本代表としても活躍した中村氏。現役生活に別れを告げると、カタール・ワールドカップ(W杯)では解説者を務めるなどし、2023シーズンからは横浜FCのコーチに就任している。 その中村氏は、チャンピオンズリーグやラ・リーガでのプレー経験もある中、両方の大会を放送するWOWOWの専属コメンテーターとなった。 また、2月からは各界のスーパースターを招いてトークを展開する新番組『中村俊輔プレミアムトークセッション』(全3回)も放送を開始する。 中村はWOWOWを通じてコメントしている。 「この度、WOWOWサッカーの専属コメンテーターを務めさせていただくことになりました。私が常日頃から見ている『スペインサッカーラ・リーガ』のコメンテーターの一員となり大変うれしく思います。また、このような機会をいただいたことに深く感謝しております」 「視聴者の皆様にサッカーの面白さ、楽しさをお伝えできるように努めるとともに『スペインサッカーラ・リーガ』、『UEFAチャンピオンズリーグ』『UEFAヨーロッパリーグ』を通じて常に進化と変化を繰り返すサッカーを学ばせていただければと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます」 2023.01.16 12:55 Mon
twitterfacebook
thumb

「史上最高のゴールの1つ」引退発表のベイル、CL史に残る決勝戦のゴラッソに再脚光「なんという伝説」

引退が発表されたウェールズ代表FWガレス・ベイル(33)のゴールが再び注目を集めている。 9日に現役引退を発表したベイル。サウサンプトンの育成組織からトップチームへ昇格すると、トッテナムでの活躍を経てレアル・マドリーへ移籍し、4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のラ・リーガ優勝など、計15個ものタイトル獲得に貢献した。 昨夏に9年在籍したマドリーを退団したベイルは、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルスFCに1年契約で加入。2022年シーズンは公式戦14試合に出場し3ゴールを挙げていた。 弱冠16歳でデビューしたウェールズ代表でも、歴代最多出場記録の通算111キャップを誇り、2度のユーロ(2016,2020)と64年ぶりとなるワールドカップ(W杯)出場に貢献。通算40ゴールを挙げ、歴代最多得点記録も樹立している。 多方面から引退を惜しむ声や労いの言葉が上がっているベイル。『B/R Football』はそんなストライカーの象徴的なシーンを公式ツイッターでスレッド化。「ガレス・ベイルのキャリアは、すべてが象徴的な瞬間だった」と綴り一番手に紹介したのは、2017-18シーズンのCL決勝、マドリーvsリバプールのハイライトだった。 2018年5月26日、3連覇を目指したマドリーが、13年ぶり6度目の優勝を目指したリバプールと対戦。51分にGKロリス・カリウスのミスからカリム・ベンゼマのゴールで先制したマドリーだったが、4分後にサディオ・マネのボレーで同点とされた。 ベイルはイスコに代わって61分から途中出場。すると、投入からわずか3分後、マルセロからのクロスをバイシクルで豪快にたたき込み、衝撃的な勝ち越しゴールを決めた。 CL史に残るゴラッソを決めたベイルは、試合終盤にも ミドルシュートでネットを揺らし、決定的な3点目を奪取。文句なしにこの試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出された。 多くのファンの記憶にも残っているようで、「今でもライブで見た最高のゲームの1つです」、「史上最高のゴールの1つ」、「なんという伝説」、「21世紀のリバプールやバイエルンよりも象徴的な瞬間がある」、「本当にクール、アラ・マドリード」、「ストリートはガレス・ベイルを忘れない」、「ベイルありがとう」、「素晴らしい選手」などの賛辞が多数寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】17-18季CL決勝、勝ち越し弾となるベイルのオーバーヘッド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Gareth Bale’s career was all about iconic moments [THREAD]<br> <br>(via <a href="https://twitter.com/ChampionsLeague?ref_src=twsrc%5Etfw">@ChampionsLeague</a>) <a href="https://t.co/5tfPwwIjoJ">pic.twitter.com/5tfPwwIjoJ</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1612488976299868161?ref_src=twsrc%5Etfw">January 9, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.10 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

岩渕真奈のアーセナルらベスト8進出チームが決定!なでしこ勢所属のバイエルンやローマ、昨季女王リヨンなども《UWCL》

UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージ全日程が終了し、準々決勝進出チームが決定した。 日本人所属の3チーム、熊谷紗希のバイエルン、岩渕真奈のアーセナル、南萌華のローマも勝ち残っている。 UWCLは第5節の時点で、グループCを除いた6チームがノックアウトステージ進出を決めていた。21日から22日にかけて行われた最終節では、そのグループCと各組の順位争いに焦点が当たった。 グループCはアーセナル、リヨン(ともに勝ち点10)、ユベントス(勝ち点8)の三つ巴となり、21日の最終節ではディフェンディングチャンピオンのリヨンがユベントスとゴールレスドロー。アーセナルは岩渕のゴールを含む大量得点でFCチューリッヒに9-1と快勝した。 この結果、アーセナルとリヨンがグループステージを突破。アーセナルは過去最多となる15回目のベスト8入りを果たしている。 すでに突破を決めているチームの直接対決が行われたのはグループAのみ。チェルシーがパリ・サンジェルマンに3-0と快勝して首位を確定させた。 グループBではドイツ女王の首位・ヴォルフスブルクがザンクト・ペルテンに8-2で大勝し、大会記録となる11回連続の準々決勝進出。2位・ローマはスラヴィア・プラハに3-0で勝利し、UWCL初出場ながらノックアウトステージ進出という健闘を見せた。なお、最終節では南はベンチ入りも出場せずに終わっている。 グループDでは昨季準優勝の首位・バルセロナがローゼンゴードに6-0の圧勝。熊谷がフル出場した2位・バイエルンもベンフィカに2-0で勝利している。 準々決勝はホーム&アウェイ方式で来年3月21/22日と29/30日行われる。 組み合わせ抽選は来年2月10日に行われ、グループ首位と2位が顔を合わせる形に。同国リーグ所属チーム同士の対戦は起こりうるが、グループステージで同居したチーム同士の対戦にはならない。 準決勝は来年の4月22/23日と、29/30日に。決勝は一発勝負で、オランダのPSVスタディオンで2023年6月3日に行われる。 ◆ノックアウトステージ進出チーム (★は優勝経験チーム、※は日本人選手所属チーム) ▽各グループ首位 チェルシー(イングランド) ヴォルフスブルク(ドイツ)★ アーセナル(イングランド)★※ バルセロナ(スペイン)★ ▽各グループ2位 パリ・サンジェルマン(フランス) ローマ(イタリア)※ リヨン(フランス)★ バイエルン(ドイツ)※ <span class="paragraph-title">【動画】岩渕真奈が女子CLで今季初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Ue2FV3MtQlg";var video_start = 6615;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.23 22:50 Fri
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希を擁するバイエルンが今季無敗のバルセロナに土をつける、2万4000人の大声援が力に《UWCL》

なでしこジャパンのDF熊谷紗希を擁するバイエルンが、今季公式戦無敗だったバルセロナ女子に初めて土をつけた。 7日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージ第4節、グループDのバイエルンvsバルセロナがアリアンツ・アレナで行われ、ホームのバイエルンが3-1で勝利を収めた。熊谷は81分から途中出場を果たしている。 ホームのバイエルンは高い位置でのボール奪取から4分にクララ・ビュール、10分には長いボールを起点にリナ・マグルと立て続けにネットを揺らす。折り返して60分にはショートカウンターからレア・シューラーが追加点を挙げると、ジェイゼ・フェレイラに1点を返されながらも逃げ切り勝ちを収めた。 バルセロナは今季も国内リーグ戦で無双しており、45得点4失点で11試合全勝中。UWCLでも16得点1失点で3連勝中だった。バイエルンも第3節で0-3と敗れていたが、2万4000人のホームの大歓声を受けて借りを返した。 ボール保持率は43%でほぼ倍のパスを回され、シュート数「23」を数えながらも、ブロック8本にGKセーブが7つと粘りを見せたバイエルン。アレクサンダー・シュトラウス監督も「激闘の勝利であり、我々は自身を本当に誇りに思える。テクニカルエリアからも観衆の迫力が感じられた。それは間違いなく、選手たちの背中を後押ししただろう」と、詰めかけた大観衆と、それに応えた選手たちを称えた。 これでバイエルンとバルセロナはそれぞれ3勝1敗に。3位・ベンフィカは2勝2敗、ローゼンゴードが4敗で最下位に沈んでいる。今後は15日に第5節、21日に最終節が行われ、上位2チームがベスト8に進出する。 <span class="paragraph-title">【動画】熊谷紗希もクローザーとして出場、バイエルン女子vsバルセロナ女子のハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5kt7GfuvVo4";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 20:12 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯だけじゃない!女子CLでバルサが"らしさ"全開のパスワークからゴラッソ決める

カタール・ワールドカップ(W杯)が盛り上がりを見せているが、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)でも素晴らしいゴールが生まれた。 24日、UWCLのグループステージ第3節、バルセロナvsバイエルンが、Spotifyカンプ・ノウで行われ、3-0でバルセロナが快勝。バイエルンのなでしこジャパンDF熊谷紗希は74分から途中出場を果たしている。 試合を通じて主導権を握ったバルセロナは、前半こそ無得点に終わったものの、後輩開始早々にブラジル女子代表ジェイゼ・フェレイラのヘディングで先制に成功。60分には左サイドをえぐったスウェーデン女子代表MFフリドリーナ・ロルフォの折り返しを、スペイン女子代表MFアイタナ・ボンマティが流し込んでリードを広げた。 さらに、その6分後にはこれぞバルセロナという、精錬されたビルドアップからダメ押しの3点目を奪う。 高い位置からはめに来たバイエルンのプレスをGKも使ってかいくぐると、中盤ではワンタッチのパスを駆使してサイドのスペースへ展開。最後は2018年U-17女子ワールドカップのMVP、FWクラウディア・ピナがボックス手前から鮮やかなミドルシュートを決めた。 この日も4万6937人の観衆を集め、完勝でタイムアップを迎えたバルセロナ。グループステージ3戦を終えて16得点1失点で全勝と、盤石の強さを発揮している。 <span class="paragraph-title">【動画】プレスをかいくぐるパスワークから最後はゴラッソで仕上げ!女子バルセロナが奪った3点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="b4NTgZVQ3cg";var video_start = 300;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.11.25 18:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly