ラ・リーガ初挑戦のガットゥーゾ監督、バレンシアでの初陣勝利に喜び「魂をこめてプレーした」

2022.08.15 17:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、ジローナ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

今夏にガットゥーゾ監督が就任したバレンシア。初陣となるラ・リーガ開幕節ではジローナをホームに迎えた。

前半アディショナルタイムにスペイン代表FWカルロス・ソレールがPKで先制を奪取するも、52分には後方から危険なタックルを見舞ったスイス代表DFエライ・キュメルトがレッドカードによって退場。10人での戦いを強いられることとなったが、残り時間を逃げ切り、1-0で勝利を収めた。
ガットゥーゾ監督は試合後、キュメルトの退場は妥当であったと話しつつも、チームのパフォーマンスについては称賛した。

「前半のチームのプレーにはとても満足している。キュメルトへのレッドカードは正しいと思う。レフェリーについて話すのは好きではない 」

「素晴らしいプレーを見せられたし、良いプレッシャーが相手に掛けられていた。1人少なくなっても、ファンの応援を受けながら、魂をこめてプレーした」

「我々は良いプレーをし、試合ごとにファンに我々のメンタリティを気に入ってもらわなければならない。チームが魂を込めてプレーし、ファンの好むフットボールを展開することで、スタジアムで我々にとって重要なことを示すことができる」

また、新戦力の選手たちについても「とても良い。(サムエウ・)リーノはボールのあるところにもないところにも、よく動いてくれている。(サムエル・)カスティジェホも同様だ。ニコ(・ゴンサレス)はとてもよくフィットしてくれた。チーム全体が良い集団になっていると思う」とそれぞれ評価。その一方でさらなる補強が必要だとも語った。

「もしチームを完成させたいのなら、競争力と解決策を持つために2、3人の選手と契約しなければならないと思う」

「一番重要なのは、補強する選手をよく吟味することだ。サラリーも確認する必要があると思う。なぜなら機能的な選手であっても、給料は大きな問題となるからだ。これから解決策を見つけ、チームを完成させるために努力すると思う」

関連ニュース
thumb

低迷バレンシア… ガットゥーゾ監督がチームのメンタリティ改善に意欲「相手に怯えている」

バレンシアのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がアスレティック・ビルバオ戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 バレンシアは26日に行われたコパ・デル・レイ(国王杯)準々決勝でアスレティックと対戦。1点ビハインドの43分にオウンゴールで同点とするも、前半のうちに勝ち越しを許し、後半にもPKで追加点を献上。その後の反撃も乏しく1-3で敗れ、敗退が決まった。 試合後には数百人のサポーターがスタジアム近辺で抗議の大合唱。ラ・リーガは昨年11月を最後に勝利がなく、降格圏と3ポイント差の12位とあってか、オーナーのピーター・リム氏とガットゥーゾ監督を槍玉にしたチャントが歌われたという。 ガットゥーゾ監督は試合後の記者会見で「困難に直面した矢先に去るのは私のやり方ではない」と辞任を否定した上で、選手たちのメンタリティの欠如を指摘している。 「100%を出し切ったが、それでも質は低かった。相手に怯えているようにも見えた。このようなゲームをしてしまうと私は謝罪せざるをえない。私にはその責任がある」 「何が起こっているかをよく分析する必要がある。明日は選手たちとコミュニケーションをとるよ。なぜ選手たちが恐れているのか、なぜいつも前半に失点するのか…。彼らから意見を聞くべき部分もある」 また、本拠地で国王杯敗退を喫した事実をサポーターに詫びている。 「メスタージャに来た45000人に謝りたい。我々はほとんどの時間帯で自分たちのプレーができなかった。サポーターたちもその状況を好まないだろうし、我々全員が教訓を突きつけられた。試合中のブーイング? それも尊重する」 2023.01.27 13:57 Fri
twitterfacebook
thumb

「僕らはメンタリティに問題が…」降格圏迫るバレンシア、カスティジェホも弱気に?

バレンシアのスペイン人MFサムエル・カスティジェホが、チームの現状に口を開いた。スペイン『Relevo』が伝えている。 ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督率いるバレンシア。11日のスーペル・コパ準決勝ではレアル・マドリー相手にPK戦までもつれ込む死闘を演じたが、ラ・リーガは降格圏と3ポイント差の12位と、苦しい戦いを強いられている。 ここ数年は財政難もあり、2000年代初頭に欧州を席巻した強さは見る影もない。昨夏にミランから加入したカスティジェホは、23日に行われたアルメリア戦後のインタビューで、チームにメンタリティが欠如していると語った。 「僕らはメンタリティに問題を抱えていると言わざるをえない。とりわけ自分たちがゴールを決めた時に不安が広がっているように思う。なぜなら、今日のようにいとも簡単にゴールを奪い返されるからだ」 この一戦は2-2のドロー決着。バレンシアは先制点の6分後に同点とされ、65分に勝ち越し点をゲットするも、9分後には再び同点とされている。 また、ガットゥーゾ監督が試合後の会見で「順位表を気にする必要はない」と語ったのに対し、カスティジェホは「バレンシアが何位で、どこが上に、どこが下にいるかを気にしている」と吐露。降格圏が迫っているためか、やや弱気になっているようだ。 2023.01.24 15:43 Tue
twitterfacebook
thumb

「補強してくれ」ガットゥーゾ切望「1カ月近く待っているのに誰も来ない」

バレンシアのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、クラブに補強を懇願している。 今季から闘犬ガットゥーゾに率いられるバレンシアは、開幕前にアンドレ・アウメイダやウーゴ・ドゥロ、エディンソン・カバーニを補強しシーズンイン。だが、ここまでは連勝が一度もなく、わずか5勝の低空飛行が続いている。 23日にはリーグ戦3試合ぶりの勝利を目指すアルメリア戦が控えているが、ガットゥーゾ監督はシーズン後半の巻き返しには補強が不可欠と考えている模様。しかし、苦しい台所事情でクラブは補強に二の足を踏んでおり、今冬の補強はここまでゼロとなっている。 「3週間も1カ月近く待っているのに誰ともサインできていない。どれだけ市場にお金を出せるかだ。一日中話しているのだが、フェアプレーを尊重しなければならないようだ」 「もし誰かが入ってきたらそれは助けになるだろう。私は待っているよ。ただ、もし新たな選手が来るのなら、それはちゃんと戦力でなければならない」 2023.01.23 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ギニア代表CBディアカビと新契約! 2027年夏まで

バレンシアは16日、ギニア代表DFムクタル・ディアカビ(26)との契約を2027年6月30日まで延長した旨を発表した。 ディアカビはリヨンアカデミー出身。192cmのサイズを誇るセンターバックで、2016-17シーズンのトップチームデビューから通算55試合の出場数を記録して、2018年6月にバレンシア入りした。 バレンシアでは通算142試合の出場数を誇り、在籍5年目の今季もケガによる離脱もありながらラ・リーガ12試合でプレー。今季が契約最終年だったが、バレンシアでもう4シーズンを過ごすと決めた。 スペイン『マルカ』によると、ディアカビは今季限りでフリーとなる状況から、プレミアリーグクラブのオファーを待つ選択肢もあったとのことだが、バレンシアでの居心地の良さが決め手になったようだ。 2023.01.17 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

カスティジェホ負傷離脱のバレンシア、セビージャで構想外のヤヌザイに注目か

バレンシアが、セビージャのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(27)の獲得に興味を持っているようだ。スペイン『ElDesmarque』が報じている。 元マンチェスター・ユナイテッドのヤヌザイは、2017年夏にソシエダに加入しスペインへ上陸。5シーズンの在籍で通算167試合23得点21アシストを記録するなど主力の1人として活躍した。 今季からセビージャに新天地を求めたが、ここまでの公式戦の出場は6試合のみ。指揮官交代が追い風とはならず、ホルヘ・サンパオリ監督の下でリーグ戦で一度先発しているが、ハーフタイムで交代を命じられている。 一方、バレンシアではサム・カスティジェホが手首骨折で推定2カ月の離脱を強いられることに。代わりのウインガーとしてヤヌザイに注目しているという。 『ElDesmarque』によれば、バレンシアはレンタルでの獲得を希望している模様。ただ、給与がネックとなっており、その点についてさらに詰める余地があると、同メディアは指摘している。 2023.01.16 14:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly