序列が上がらないベジェリンがアーセナルと契約解除の交渉スタート? ベティス行き希望

2022.08.10 17:13 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)だが、チームからの退団を希望しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

バルセロナの下部組織からアーセナルの下部組織に移籍。2014年7月にファーストチームへと昇格したベジェリン。攻撃的なサイドバックとして期待され、これまで公式戦239試合に出場し9ゴール29アシストを記録している。

しかし、ケガの影響などもありチーム内での序列が低下。昨シーズンはレアル・ベティスへとレンタル移籍すると、公式戦32試合で5アシストを記録。しかし、今夏アーセナルへと復帰していた。

プレシーズンでは右サイドバックとして起用されていたベジェリンだったが、開幕戦となったクリスタル・パレス戦はメンバー外。右サイドバックのポジション争いでの序列はまだまだ下にいる状況だ。

今シーズンは、日本代表DF冨安健洋がケガで出遅れていることもあり、イングランド代表DFベン・ホワイトが右サイドバックの1番手に。冨安、そしてポルトガル代表DFセドリック・ソアレスが控えており、4番手になる可能性が高い。

アーセナルとの契約は残り1年となっている中、ベジェリンは退団を希望。ベティスに留まりたい意向が強く、代理人を通して契約解除の交渉をクラブと進めたいようだ。フリーとなれば、ベティスに移籍するつもりだという。

アーセナルは、2020-21シーズンから合計で17名が退団。その中には、元ドイツ代表MFメスト・エジル、元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットらチームの中心として活躍した選手も含まれている。

また、今夏はラカゼットに加えて、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(ガラタサライ)、フランス代表MFマッテオ・ゲンドゥージ(マルセイユ)、ドイツ代表GKベルント・レノ(フルアム)、ギリシャ代表DFコンスタンティノス・マヴロパノス(シュツットガルト)を放出。さらにDFパブロ・マリも退団することが濃厚とされている。

その中にベジェリンも加わる可能性がありそうだが、交渉はどう進むだろうか。

関連ニュース
thumb

パルティがヒザ負傷でガーナ代表を離脱…ロンドンへ帰還

アーセナルのMFトーマス・パルティがケガのためガーナ代表を離脱した。ガーナサッカー協会(GFA)が発表している。 GFAによると、パルティは24日に行われたブラジル代表戦に先発予定だったが、試合前のアップ中にヒザに違和感を覚え、急遽欠場の判断が下されていた。 その後の各メディアの報告では、ケガは大したものではなく、27日に控えるニカラグア代表戦には出場可能と言われていたが、この度、「さらなる検査のため」として、アーセナルに戻ることになった。 今季のパルティは、太もものケガですでに公式戦5試合を欠場。チームではほとんど替えの利かない存在なだけに。これ以上の離脱は避けたいところだが…。 2022.09.25 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーやアーセナルのオファーを認めたリシャルリソン、トッテナム入りの理由は「単純な話」

ブラジル代表FWリシャルリソンが、今夏のトッテナム移籍の裏側を語った。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 昨シーズンまでエバートンに所属していたリシャルリソン。エバートンでは公式戦152試合で53ゴール14アシストを記録。勝負強さと得点力を高く評価されていた。 今夏の人気銘柄となり、チェルシーやアーセナルが獲得に動いていた中、最終的にトッテナムへと移籍が決定。残念ながらプレミアリーグではまだゴールは決められていないものの、チャンピオンズリーグでは2試合で2ゴールを記録している。 ビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた中、トッテナムへの移籍を決めた理由を明かしたリシャルリソン。チェルシーやアーセナルからの関心を知っていたとしながら、移籍に至った理由は実にシンプルなものだった。 「チェルシーがオファーを出してきたことは知っているし、アーセナルもエバートンに連絡して僕の状況を尋ねて来たと思う。でも、スパーズがそこに入ってきて、移籍金を支払った。単純な話だよ」 「エバートンはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を回避するため、何人かの選手を売却する必要があった。正直に言うと、交渉はとても短かったよ」 「トッテナムがエバートンにオファーを出したと聞いた時、僕はブラジルで休暇を過ごしていた。彼らはビッグクラブだったし、僕は嬉しかったよ」 「その後、クラブが契約を交渉することが全てだったけど、幸いなことに全てが上手くいった」 「交渉中にアントニオ・コンテから電話があり、どれだけ僕を獲得したいかを話してくれたんだ」 2022.09.24 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

本気でタイトル目指すアーセナル、“ネクスト“モドリッチに興味? 移籍金は69億円

チームの強化に余念がないアーセナルは、“ネクスト“モドリッチの獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えた。 今夏の移籍市場でも、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス、ウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコとマンチェスター・シティから希望の選手を獲得するなど、チーム力のアップを図っているアーセナル。タイトル獲得に向けて、さらにチームを強化したいところだ。 ミケル・アルテタ監督とエドゥ氏がタッグを組んでチームを強化している中、今夏も話題になった中盤の選手の補強を考慮。スタッド・レンヌのクロアチア代表MFロヴロ・マイェル(24)の獲得に興味を示しているようだ。 ディナモ・ザグレブから、昨夏レンヌに完全移籍したマイェルは、同郷のレジェンドであるレアル・マドリーのMFルカ・モドリッチの後継者として期待を寄せられている。 レンヌでは公式戦44試合で7ゴール11アシスト。今シーズンも公式戦8試合で1ゴール2アシストを記録している。 クロアチア代表としてもプレーし、9試合で3ゴールを記録。22日に行われたデンマーク代表とのUEFAネーションズリーグでは、チームを勝利に導く1ゴールを記録していた。 すでに様々なクラブが目をつけており、バルセロナやマドリーも関心を寄せている様子。その中で、移籍金は4400万ポンド(約69億円)程度になるようだ。 今シーズンのアーセナルは、プレミアリーグの開幕から5連勝。マンチェスター・ユナイテッドには敗れたが、その後の試合も勝利し、7試合を終えて首位に立っている。リーグ内での競争力を保つためには層の厚さが必要と考えられており、早ければ冬にも獲得に動くようだが、どうなるだろうか。 2022.09.24 21:22 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ遠征中の日本代表、冨安健洋がクラブ事情で離脱…アメリカ戦ではCB&右SBをこなす

日本サッカー協会(JFA)は24日、アーセナルDF冨安健洋の日本代表離脱を発表した。 離脱理由は「クラブ事情のため」。ドイツ遠征中の日本はテストマッチ第2戦として27日にキリンチャレンジカップ2022のエクアドル代表戦を予定しているが、守備の要である冨安なしでの戦いが決まった。 冨安は23日に行われたアメリカ代表とのキリンチャレンジカップ2022にフル出場。4バックのセンターバックでスタートして、右サイドバックと3バックのセンターバックもこなし、2-0の勝利に貢献した。 今季でアーセナル在籍2年目の冨安だが、ケガでの出遅れもあり、ここまでプレミアリーグで先発なし。日本としても今年11月のカタール・ワールドカップに向けて追い込み段階だが、アーセナルに戻ってアピールを期すこととなった。 2022.09.24 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ブカヨ・サカがイングランド男子年間最優秀選手賞を初受賞! アーセナル勢としても初の快挙に

アーセナルのイングランド代表FWブカヨ・サカが、2021-22シーズンのイングランド男子年間最優秀選手賞を受賞した。 2003年に創設された同賞は、イングランドサッカー協会(FA)がイングランド代表チームの最も優れた選手を称える年間表彰。イングランド代表ファンによるオンライン投票で選出される。 現在、スリーライオンズで通算18キャップを刻むサカは、当該期間に9試合に出場し、3ゴールを記録。昨年9月に行われたアンドラ代表戦ではバースデーゴールを挙げる活躍で4-0の勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチにも選出されていた。 そして、2位のMFデクラン・ライス(ウェストハム)、3位のFWハリー・ケインを抑えて21歳での初受賞に。また、アーセナルの選手として同賞を受賞した初の選手にもなっている。 2022.09.23 22:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly