ユナイテッド、ラビオ代理人と交渉中…ユーベは売却視野

2022.08.09 17:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドがユベントスに所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の代理人と交渉中のようだ。

移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、つい先日にラビオ獲得の動きが明るみのユナイテッドは実母で代理人も務めるヴェロニク氏と直接的に接触を図り、個人条件を巡って協議中。エリク・テン・ハグ監督もラビオとの交渉に直接関与しているという。

今季を迎えるにあたって、DFタイレル・マラシア、MFクリスティアン・エリクセン、DFリサンドロ・マルティネスを確保したユナイテッドだが、テン・ハグ新監督が中盤のコネクター役として望むバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを巡る交渉は長く難航を極めている。

そのなか、7日にブライトン&ホーヴ・アルビオンとのプレミアリーグ開幕節を迎えたユナイテッドだが、1-2で敗れ、クラブOBのポール・スコールズ氏から中盤を司ったMFフレッジとMFスコット・マクトミネイに名指しで厳しい声。補強の必要性が改めて浮き彫りとなっている。

なお、ロマーノ氏によれば、ユベントス側は今季が契約最終年のラビオに関して今夏の売却を視野に入れており、クラブ間の話し合いは大きな問題なく、進むものと推察されている。

関連ニュース
thumb

今夏ローマに加入のマティッチ、W杯前にも自動契約更新か

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)がローマとの自動契約更新に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 マティッチは今夏にマンチェスター・ユナイテッドを退団し、チェルシーやユナイテッド時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマに加入。3度目の共闘となるモウリーニョ監督との信頼関係は変化なく、今季もここまでセリエA全試合に出場している。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、2023年6月でローマとの契約が切れるマティッチだが、今シーズンのリーグ戦19試合に出場した時点で1年間の自動契約更新が行われる条項が含まれており、早ければカタール・ワールドカップ前にも契約更新が行われる見込みであることと主張している。 なお、年俸についてはチームがチャンピオンズリーグやその他の欧州大会の出場権を獲得するかどうかにかかっているため、シーズン終了まで確定しないとのことだ。 2022.09.26 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

人気沸騰のカイセドに“先輩”バレンシアの願い 「ユナイテッドに」

ブライトン&ホーヴ・アルビオンで存在感を放ち、人気も高まるエクアドル代表MFモイセス・カイセド(20)だが、“同胞の先輩”アントニオ・バレンシア氏は自身の古巣マンチェスター・ユナイテッド行きを願っているようだ。 昨季後半にブライトン入りしたカイセド。今季のブライトンは中盤の絶対軸だったMFイヴ・ビスマを失ってのシーズンインだったが、運動量、ボールの奪取力、そして推進力をもってさっそくその穴を埋めている。 そうした活躍は早くも移籍話に発展。今夏もビッグクラブからの関心が取り沙汰されたが、最近では今季開幕後にブライトンからグレアム・ポッター監督を引き抜いたチェルシーのターゲット入りが噂されている。 だが、2021年に現役引退のバレンシア氏は自国の新たなスター候補の将来に関して、自身も2009〜2019年までを過ごしたユナイテッドでプレーする姿を期待しているようだ。『La Radio Redonda』で明かした。 「モイセス・カイセドがイングランドのビッグクラブに行けるのを願っている。彼は謙虚な青年で、偉大な選手になるために生まれてきた。マンチェスター・ユナイテッドに行ってくれたらいいね」 2022.09.25 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

「すごく良い感覚がある」 マグワイアが批判的風潮に物申す

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが自身のパフォーマンス批判に反論した。 2019年夏にレスター・シティからユナイテッド入りしたマグワイア。移籍金額8000万ポンド(現レートで約125億6000万円)での堂々加入で、通算149試合の出場数を誇る。 だが、次第に個人のミスがフォーカスされ、批判の的に。加入半年で託されたキャプテンとしての役割においても物足りさをたびたび指摘されたりと厳しい状況が続く。 それでも、歴代監督からレギュラーとして重用され続けたが、今季はエリク・テン・ハグ新監督の下でプレミアリーグ開幕2連敗からサブに追いやられている状況だ。 皮肉にもチームもそこから4連勝とユナイテッド加入後で最も苦境に立たされるが、今月のイングランド代表にも選出され、23日のイタリア代表戦にフル出場している。 ガレス・サウスゲイト監督からも全幅の信頼を寄せる発言がなされるなか、マグワイアはイタリア戦後、イギリス『talkSPORT』で自身に対する批判的風潮に物申した。 「僕は万全だ。プレーする準備もできているし、フィット感もフレッシュさもある。僕の調子を巡って何を言われているかなんて知らないし、読んでもいない」 「夏にイングランド代表として良い試合ができて、良いプレシーズンも過ごせたし、すごく良い感覚があるんだ」 「知っての通り、監督(テン・ハグ)は僕を試合に出さないと決め、それからというもの、チームも勝ち続けている」 「でも、チャンスが巡ったときのために練習場でハードワークしている。それこそ、今の僕がチームのためにやれることのすべてなんだ」 「他の誰かや世間で言われていることは気になんてしない。マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンである僕をネタにしてビッグニュースを作ろうとしているんだと思う」 「それが僕の記事を書く理由だと思うし、彼らはクリックされるのが好きなんだ。でも、僕は全治8週間のケガをしてからユーロに出て、トーナメントの優秀選手に選ばれた」 「錆びついているとか、そんなことはないと思っている」 2022.09.25 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

FAがC・ロナウドを告発…4月エバートン戦での少年ファンのスマートフォン破壊の一件

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、エバートンファンの少年の手を叩き、スマートフォンを破壊したとされる一件でイングランドサッカー協会(FA)から告発されたことが分かった。 ロナウドは今年4月9日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第32節のエバートン戦の試合後、ピッチからロッカーに引き下がる際、通用口へとつながる通路でファンの少年の持っていた携帯を怒りに任せて叩き落とし、その場を去っていた。 この件は、周りのサポーターが撮影していた動画にハッキリと映っており、SNSで拡散され大事に。これを受け、同選手は自身のインスタグラムを通じて「僕の怒りが爆発してしまったことを謝罪したい」とすぐさま火消しに動くも、多くの批判を招いていた。 その後、マージーサイド警察が「暴行容疑」として関係者に聞き取り調査を実施するなど捜査をスタートした中、先月には警察から警告を受けていたロナウドだが、さらにFAから「不適切かつ/または暴力的行為」の問題で告発された。 FAは23日、「クリスティアーノ・ロナウドは、2022年4月9日に行われたマンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ対エバートンFC戦の後に起きた出来事により、FA規則E33違反で告発された。終了のホイッスル後のフォワードの行為は不適切および/または暴力的であったとされている」と、同選手の告発内容を説明している。 なお、FAによってロナウドの過失が認められた場合、警告や罰金、出場停止処分を受ける可能性があるという。 <span class="paragraph-title">【動画】よりハッキリと、C・ロナウドが少年の手を叩き落とす瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"> <a href="https://t.co/PE1LahZpms">pic.twitter.com/PE1LahZpms</a></p>&mdash (@c7world) <a href="https://twitter.com/c7world/status/1512889318192435208?ref_src=twsrc%5Etfw">April 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.24 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「マグワイアは理想的な状況じゃないが、我々にとって重要な選手」…サウスゲイトの信頼揺るがず

マンチェスター・ユナイテッドで苦境に立たされるDFハリー・マグワイアだが、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督の信頼は揺るぎないようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2019年夏にレスター・シティからユナイテッド入りしたマグワイア。その初年度から中心センターバックとなり、半年後に主将も託されたが、次第に個人のミスがフォーカスされ、多くの批判を浴びる流れが続いている。 今季からユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督の下でもこれまで通りの立ち位置でスタートしたが、プレミアリーグ第3節のリバプール戦からサブに降格。皮肉にも、チームもそこから4連勝と改善傾向にある。 クラブレベルで苦戦しているにもかかわず、今活動でもマグワイアを呼び、賛否の声を生むサウスゲイト監督も「理想的な状況じゃない。それは明らかだね」としつつ、自身のプランにおいて不可欠な存在のようだ。 「ベストプレーヤーたちにはレギュラーとしてプレーして、肉体的にも、精神的にも良い状態を保ってもらいたいところだ。しかし、彼は我々にとって重要な選手だ」 「最高の選手をバックアップするのも重要なんだ。いつだって自分の判断を信じなければならない。彼よりも上のレベルでプレーできる経験豊富な選手がいると思えば、また別の検討材料となるだろうがね」 「彼はチーム内で最も空中戦に強いセンターバック。彼とジョン(・ストーンズ)はボールの扱いが素晴らしいものがある」 2022.09.23 19:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly