ユーベ退団ラムジーの新天地はMLS? イタリアやトルコの選択肢も

2022.07.29 14:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスを退団したウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(31)に複数のクラブが関心を寄せているようだ。

先日にユベントスとの契約を解除し、フリーの身となったラムジー。2019年夏に加入するも、度重なるケガの影響で実力を発揮できず、再起を図った昨季後半のレンジャーズ移籍も、あまり実りのないものとなってしまった。

ここ数年は停滞感があるラムジーのキャリア。それでも各国のクラブから関心が寄せられているようで、イギリス『デイリー・メール』は、有力な新天地として3つの選択肢を紹介している。

まず、セリエA昇格組のモンツァ。元ミランのオーナーでもあるシルヴィオ・ベルルスコーニ会長がスタープレーヤーの勧誘に熱心で、モンツァで与えられる役割は、ラムジーをもっとも満足させられるものではないかと考えられている。

次にガラタサライ。以前には、元ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が率いるファティ・カラギュムルクとの交渉が明らかにされていたラムジーだが、引き続き、トルコクラブとの交渉にオープンな姿勢とのことだ。

そして、とりわけ有力視されるのがメジャーリーグ・サッカー(MLS)行きだ。特定のクラブ名は明記されていないものの、どうやら複数クラブが目を光らせている模様。今夏は同僚のDFジョルジョ・キエッリーニや同胞のガレス・ベイルも、ロサンゼルスFCへと加入している。

なお、ここでは名前が挙げられなかったが、プレミアリーグのノッティンガム・フォレストも獲得を検討していると伝えられている。

関連ニュース
thumb

「モドリッチかと思った」守備の名手キエッリーニのアウトサイドアシストに驚きの声「美しい」

ロサンゼルスFC(LAFC)の元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが見事なアシストをマークした。 今夏に17年間在籍したユベントスからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAFCへと加入したキエッリーニ。MLS首位に立つチームのセンターバックとして活躍を見せている。 守備の名手であるキエッリーニだが、11日に行われたリーグ第34節のFCダラス戦では攻撃面で驚きのプレーを見せた。 0-0で迎えた前半アディショナルタイム、キエッリーニは最終ラインでボールを持つと、相手の最終ライン裏に抜け出したFWクリスティアン・アランゴに向けて、左足アウトサイドで浮き球のスルーパスを供給。絶妙な回転がかかったパスはアランゴにピンポイントで渡り、美しいアシストとなった。 試合は、LAFCが逆転を許し1-2で敗戦。それでも、キエッリーニのアシストシーンには「モドリッチかと思った」、「元々足元は十分うまい」、「メッシが乗り移ったのか」、「美しい」と絶賛の声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】モドリッチばりのアウトサイドアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This assist by Chiellini on Chicho Arango&#39;s goal. <a href="https://t.co/knLxYwhuVm">pic.twitter.com/knLxYwhuVm</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1568773826808352773?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.13 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鮮やかなフィニッシュで久保が約2年ぶりのゴール! MLSのシンシナティでプレー、今季も23試合に出場

FCシンシナティに所属するFW久保裕也がおよそ2年ぶりにゴールを決めた。 11日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)第34節でシンシナティはホームにサンノゼ・アースクウェイクスを迎えた。 久保はこの試合はベンチスタート。3-0となって迎えた73分にピッチに立つと、4分で結果を残す。 ハーフウェイライン付近でシンシナティがボールを奪うと、縦パス。これを敵陣で受けたブレンネルがタイミングを見計らってスルーパスを送る。 DF3人の間を抜くパスに対し、走り出していた久保が追いつくと、ボックス際からダイレクトでシュート。左足から放たれたシュートは、ゴール右に決まり、GKは一歩も動けず。戻ったDFもあと一歩及ばなかった。 このゴールは久保にとっておよそ2年ぶりのゴールとなった。 京都サンガF.C.の下部組織出身の久保は、その後トップチームに昇格。2013年7月にスイスのヤング・ボーイズへと完全移籍すると、2017年1月にはベルギーのヘントへと完全移籍。2018年8月からはニュルンベルクへのレンタル移籍も経験した。 ヤング・ボーイズでは公式戦137試合で39ゴール15アシスト、ヘントでも公式戦73試合で25ゴール6アシストと結果を残すと、日本代表にも選出。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に招集されて2016年11月にデビューを果たすと、ロシア・ワールドカップ予選で2ゴール2アシストを記録するなど活躍した。 しかし、W杯直前で監督が交代となるとそれ以降は一度も代表に呼ばれず。また、その後に移籍したニュルンベルクでは結果を残せず、2020年1月にシンシナティへ完全移籍していた。 アメリカでの挑戦を始めてからは、デビュー2試合目のアトランタ・ユナイテッド戦で初ゴールを記録。幸先良いスタートを切り、試合にも出続けていた中、ゴールから遠ざか流ことに。2020年10月のコロンバス・クルー戦で7カ月ぶりにMLSでゴールを決めると、その後は出番をもらいながらも結果を残せず。また、従来のストライカーからポジションが変わり、ボランチを務めることも増えていった。 今シーズンも開幕から中盤でプレー。5月以降はベンチスタートが増え、出場時間も減少していたが、久々のゴールを決めることに成功した。なお、チームも6-0で圧勝していた。 <span class="paragraph-title">【動画】鮮やかなフィニッシュ!2年ぶりにゴールを決めた久保裕也</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="zXPxJ9jgBKM";var video_start = 276;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.11 22:55 Sun
twitterfacebook
thumb

「恥ずべき行為だ」判定に怒って蹴ったボールが観客席の女性ファンを直撃…選手は「感情が先走ってしまった」と謝罪

メジャーリーグ・サッカー(MLS)で危険な行為があった。 3日、MLS第33節でニューヨーク・レッドブルズとフィラデルフィア・ユニオンが対戦。ホームのレッドブルズが0-2とビハインドで迎えた後半アディショナルタイムに事件が起きた。 自陣左サイドのタッチライン付近での競り合いの中、DFドゥル・イヤーウッドが相手を倒しファウルが宣告された。次の瞬間、判定に怒ったイヤーウッドはボールを足で転がし、そのまま観客席へ向かって強く蹴りこんだのだ。 イヤーウッドはすぐに我に返り、観客に謝罪しようとピッチからスタンドまで歩み寄ったが、ボールが直撃した女性サポーターの近くにいた男性サポーターがその謝罪を拒否した。 ピッチへと戻ったイヤーウッドには、立て続けにイエローカードが提示され、退場処分となった。 ファンから「恥ずべき行為だ」、「感情のコントロールができないのか」、「プロ失格だ」と批判が相次いだこの行為について、クラブは声明を発表している。 「我々にとって最も大切なのは、レッドブル・アリーナに来場する皆様の安全です。ドゥルは大変反省しており、自分の行為が許しがたいものであることを理解しています。今後、このようなことが起こらないよう対応していきます。我々はドゥルとともにご家族とコンタクトを取り、状況を確認していきます」 また、イヤーウッド本人の謝罪文も発表している。 「土曜の試合で私が蹴ったボールに当たったファンに心から謝罪したいです。自分の感情が先走ってしまい、チーム、そしてニューヨーク・レッドブルズの全てのファンを失望させてしまいました。ファンの皆さんが無事であり、彼らが僕を許してくれることを願っています」 <span class="paragraph-title">【動画】蹴ったボールがスタンドの女性に直撃…女性の目には涙</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Dru Yearwood was sent off after he kicked a ball in the stands and injured a couple of fans. He was turned away from consoling them after he jumped into the stands. <a href="https://t.co/NC0kf7eesk">pic.twitter.com/NC0kf7eesk</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1566443466883833857?ref_src=twsrc%5Etfw">September 4, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.06 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「史上最悪のダイブ」LAギャラクシーFWチチャリートの“奇行”に英紙注目

LAギャラクシーの元メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスのプレーが視線を集めている。 チチャリートの愛称で親しまれている元マンチェスター・ユナイテッドのスター、エルナンデス。8月29日のニュー・イングランド戦では新加入リキ・プッチのお膳立てからゴールを奪い、2-1での勝利に貢献した。 翌9月1日のトロントFC戦でもキャプテンマークを巻いて先発出場。試合は2-2に終わったものの、イギリス『スポーツバイブル』はエルナンデスが見せた一コマに注目。トロントMFマイケル・ブラッドリーとのやり取りを「史上最悪のダイブ」と形容した。 ゴール前でブラッドリーと目を合わせながら次第に近づくと、軽い接触の後に突然大きな叫び声をあげながらピッチへ転がり込んだ。 相当なオーバーリアクションにはファンも苦笑。「幽霊に襲われたようです」、「残りの期間出場停止に」、「倒れた原因は何ですか?」、「男子サッカーをもう見なくなった理由を思い出すために、この種のビデオが必要です」などの声が上がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】史上最悪のダイブと形容されたチチャリートの奇行</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">My demons surrounding me at night when I’m trying to go to sleep <a href="https://t.co/Cp4k3McQkt">pic.twitter.com/Cp4k3McQkt</a></p>&mdash; My Neighbor JoeToro (@mojoejoejoemtz) <a href="https://twitter.com/mojoejoejoemtz/status/1565147824991440897?ref_src=twsrc%5Etfw">September 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.03 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リキ・プッチ衝撃のLA初得点に公式も「OMG!」 ロケット砲には「MLSではチート」との声も

ロサンゼルス・ギャラクシーのスペイン人MFリキ・プッチのゴラッソが注目を浴びている。 リキ・プッチは今夏、バルセロナからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに加入した。 入団会見では「チチャリート(ハビエル・エルナンデス)のゴールをたくさんアシストできるよう願っているよ」と語っていたリキ・プッチは、8月29日のニュー・イングランド戦でキレのあるスルーパスからチチャリートのゴールをお膳立て。有言実行を果たしている。 さらに翌9月1日のトロント戦では衝撃的なMLS初ゴールを記録した。 左サイドでボールを持ったリキ・プッチは味方とのワンツーを駆使し、カットインから右足を一閃。目の覚めるようなキャノン砲をゴール右隅へ突き刺した。 MLS公式ツイッターアカウントも「OMG! MLS初ゴールはスクリーマーだ!」と紹介。「クラッキだ」、「こんなキック力あったの?」、「これでアメリカのレジェンドが変わる」、「MLSではチート」、「リキ・プッチ楽しそう」と、様々な声が寄せられている。 バルセロナでは近年十分な出場機会を与えられていなかったが、アメリカで水を得た魚のように躍動するリキ・プッチ。23歳のアタッカーは新天地でまだまだ結果を残しそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】これがリキ・プッチの実力!MLS初ゴールは鮮烈なミドル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OMG RIQUI PUIG! <br><br>His first MLS goal is a screamer! <a href="https://t.co/snQq2ty5yJ">pic.twitter.com/snQq2ty5yJ</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1565150034085249024?ref_src=twsrc%5Etfw">September 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.01 21:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly