2連勝で11戦無敗の横浜FCが首位浮上!熊本は3連勝で昇格PO圏内キープ【明治安田J2第28節】

2022.07.24 21:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
24日、明治安田生命J2リーグ第28節の2試合が各地で行われた。

味の素スタジアムで行われた東京ヴェルディvs横浜FCは、アウェイの横浜FCが0-1で勝利した。

同勝ち点で並ぶアルビレックス新潟が前日に敗れたことで、首位浮上のチャンスを得た2位の横浜FCは、チーム内に複数名の新型コロナウイルス感染者が出たことで、前節の徳島ヴォルティス戦が中止となった11位の東京Vとのアウェイゲームに臨んだ。
互いに試合の入りは背後へのボールを使いながら相手の出方を窺う。そういった中、開始8分には古巣対戦の山下諒也の右サイドでの抜け出しからゴール前に飛び込んだ渡邉千真がワンタッチボレーを狙うが、これは枠の右。さらに、直後の右CKでハイネルのクロスをガブリエウがダイビングヘッドで合わすが、これはクロスバーを叩く。

以降もセカンドボールへの反応、山下のスピードを生かした攻めでアウェイチームが優勢に試合を運ぶが、時間の経過と共に東京Vが押し返す。前線からの強度の高い守備で相手のリズムを崩すと、ビルドアップの局面でもインサイドハーフを起点に相手の守備を剥がして深い位置まで攻め込むシーンを作り出す。ただ、クロスの精度や崩しの局面で意図が合わず、決定機には至らない。それでも、森田晃樹らが幾度か良い形でシュートまで持ち込み、ほぼイーブンの状態で試合を折り返した。

ゴールレスで迎えた後半、入りこそホームチームが優勢に運んだものの、前半同様に拮抗。東京Vは新井瑞希佐藤凌我と早い時間帯に切り札2枚を切っていく。

一方、横浜FCは67分、接触プレーで脳震とうの疑いがあった山下に加え、渡邉を下げて前回対戦でゴールのイサカ・ゼイン、切り札のサウロ・ミネイロとこちらもゴールを奪いに行く采配を振るう。

膠着状態が続く中、73分にはこの試合最大の決定機が訪れる。東京Vの相手陣内でのボール奪取からボックス左でパスを受けた新井が得意の左斜め45度から右足のコントロールシュートを放つ。だが、枠の右隅を捉えたシュートは今季リーグ初出場のGK市川暉記が圧巻のワンハンドセーブではじき出した。

すると、ピンチの後にはチャンスあり。77分、横浜FCは左CKの場面でキッカーのハイネルがカーブをかけた滞空時間の長いボールを入れると、ファーに飛び込んだ岩武克弥が頭で押し込んだ。

ビハインドを負った東京Vは80分、梶川諒太を下げて鹿島からの新戦力の染野唯月をデビューさせる。以降はホームチームが攻勢を仕掛ける状況が続いたものの、身体を張った守備で凌ぎ切った横浜FCが0-1のまま試合をクローズ。2連勝で11戦負けなしとし、首位浮上に成功した。

えがお健康スタジアムでは直近4試合で3勝1分けと好調のロアッソ熊本がツエーゲン金沢を3-0で下した。

19分、黒木晃平が右へ張った杉山直宏へ預けてオーバーラップを仕掛けると、三島頌平からのリターンを受けてボックス右の深い位置からクロス。高橋利樹が右足で合わせて先制に成功した。

リードして折り返した後半早々には杉山の左足がさく裂。ボックス右角付近でボールを持つと、高橋、竹本雄飛とのワンツーを駆使してボックス手前のやや右から利き足を振り抜き、51分に鋭いライナー性の一撃を左隅に沈める。

さらに65分にはボールを握って金沢を押し込むと、右サイドでのパス回しから三島がスルーパス。右のポケットを陥れた杉山が左足で流し込み、この日2点目を挙げて金沢を突き放した。

終盤には守勢の時間もありつつも、しのぎ切って3試合連続のクリーンシートを達成。3連勝でJ1昇格プレーオフ圏内の6位をキープしている。

◆第28節

▽7月24日(日)
東京ヴェルディ 0-1 横浜FC
ロアッソ熊本 3-0 ツエーゲン金沢

▽7月23日(土)
いわてグルージャ盛岡 1-3 FC町田ゼルビア
アルビレックス新潟 2-3 ファジアーノ岡山
徳島ヴォルティス 0-0 FC琉球
ベガルタ仙台 1-2 V・ファーレン長崎
モンテディオ山形 0-1 ザスパクサツ群馬
栃木SC 2-1 レノファ山口FC
大宮アルディージャ 0-0 ブラウブリッツ秋田

▽未定
水戸ホーリーホック vs 大分トリニータ
ジェフユナイテッド千葉 vs ヴァンフォーレ甲府

関連ニュース
thumb

山形が主力の加藤大樹と契約更新、今季J2で38試合6ゴール

モンテディオ山形は5日、MF加藤大樹(29)の契約更新を発表した。 加藤がびわこ成蹊スポーツ大学、SP京都FCを経て、レノファ山口FC入りの2016年にプロ入り。その後、ツエーゲン金沢でのプレーを挟み、2020年から山形に活躍の場を移した。 山形移籍3年目の今季も主力を張り、明治安田生命J2リーグでは38試合出場で6ゴール。J1参入プレーオフでも2試合に出場した。契約更新に際して、来季の抱負を語っている。 「2023シーズンもモンテディオ山形でプレーさせていただく事になりました。今シーズンの悔しさを糧に来シーズンこそはJ1昇格を掴み取りましょう。よろしくお願いします」 2022.12.05 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉GK松原颯汰が契約更新 「J1昇格しましょう!」

ジェフユナイテッド千葉は5日、GK松原颯汰(20)との契約の更新し、2023シーズンもプレー決定を発表した。 流通経済大学付属柏高校卒の松原は特別指定選手も経験して、2021年から千葉に正式入団。同年9月からシーズン終了までセレッソ大阪に貸し出され、今季から千葉に復帰した。 その今季は今年9月末に左ヒザの内側半月板を損傷して翌月上旬に手術を強いられ、全治4~5カ月の見込みとなったが、プロデビューを果たすなど、公式戦2試合でプレーした。 松原はクラブの公式ウェブサイトを通じて、契約更新を喜び、決意を新たにしている。 「来シーズンもジェフユナイテッド市原・千葉で戦えることになりました。サポーターの皆さんの前で多くプレーできるように、そしてより多くの勝利を皆さんと喜びあえるよう頑張ります! J1昇格しましょう!」 2022.12.05 17:29 Mon
twitterfacebook
thumb

J2秋田、MF藤山智史と契約更新「更なる高みを目指します」

ブラウブリッツ秋田は5日、MF藤山智史(28)の契約を更新したことを発表した。 三重県出身の藤山は四日市中央工業高校から鹿屋体育大学を経て、秋田に入団。デビューシーズンとなった2017年からポジションを掴み、明治安田生命J3リーグ優勝に貢献した。 2020年にはAC長野パルセイロへと移籍したが、2021年7月に秋田に復帰。以降も主力としてプレーしており、今季はJ2で31試合に出場して2得点を記録した。 契約更新を受け、藤山は決意を新たにしている。 「ブラウブリッツ秋田に関わる全ての皆様、2022シーズンもたくさんのご声援、ご支援ありがとうございました。来シーズンもブラウブリッツ秋田でプレーさせていただきます。個人としてもチームとしても更なる高みを目指します。来シーズンも共に戦いましょう!熱い応援よろしくお願いします!!」 2022.12.05 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

金沢が守護神・白井裕人と契約更新 「内容も結果もついてくる試合を」

ツエーゲン金沢は5日、GK白井裕人(34)との契約更新を発表した。 千葉県出身の白井は流通経済大学付属柏高校を経て、流通経済大学に入学。2012年に松本山雅FCへと入団し、プロデビューを飾った。 2017年には金沢に加入。初年度から守護神として活躍し、今季も明治安田生命J2リーグにおいて41試合でゴールマウスを守った。 契約更新を受け、白井はクラブを通じてコメントしている。 「来シーズンもツエーゲン金沢で闘わせていただくことになりました。今日本中に感動を与えてくれている日本代表のように、2023年は内容も結果もついてくる試合を1試合でも多くし、みなさんに感動を与えられるよう頑張ります!」 「まだまだコロナ禍の続く日々ではありますが、1人でも多くの方にご来場いただき、僕たちにパワーを送っていただけたらと思います。2023年もよろしくお願いします」 「そして12時間後には日本代表の決勝トーナメント初戦、クロアチア戦があります!日本中で応援しましょう!応援は必ず選手の力になります!ガンバレニッポン!!」 2022.12.05 16:32 Mon
twitterfacebook
thumb

長崎、育成出身の安部大晴が契約更新 「来シーズンこそは飛躍できるよう」

V・ファーレン長崎は5日、MF安部大晴(18)の契約更新を発表した。 安部は長崎のアカデミー出身で、2種登録選手も経験し、今年から正式昇格。公式戦3試合に出場して、天皇杯ではプロ初ゴールを決めた。 「2023シーズンもV・ファーレン長崎に関わるすべての方々と共に戦えることに喜びを感じています! 今シーズン以上に覚悟と責任を持ち『J1昇格』できるよう頑張ります! そして個人としても来シーズンこそは飛躍できるよう取り組んでいきたいと思います!」 2022.12.05 15:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly